【news】増山麗奈新著「いかす!アート」現代書館出版(白澤社)発売!

c0046559_13492622.jpg

3年間かけて書き上げた、増山麗奈アートエッセイ「いかす!アート」が遂に発売になりました。映画の宣伝ばっかりやってて、全然本の宣伝をするのを忘れてた!(汗)
「芸術と社会」の関係を体現してきた増山が、第2時世界大戦中の画家達の人生と作品を追いかけ、”権力に飲み込まれる画家””従軍して女を買ってそれを戦後作品として告発する画家””戦後反戦活動をしたけど、戦時中には戦記高揚絵本を描いていた画家””戦時中過激活動をして逮捕された画家”などいろいろな画家を取材しました。「戦争画を描いた=悪、戦争画を描かなかった=正義」なんて白黒つけられる問題ではなく、そのグレーゾーンの駆け引きが面白いのですね〜。パリ・ザルツの旅行記、現代のアヴァンギャルドは?などもう誰にも止められないっ。


●これは映画「桃色のジャンヌ・ダルク」を見てくださった人、これから見てくださる人にとっては「桃じゃん攻略本」として機能するし
(自衛隊のパンティシーン秘蔵エピソードなど!

美術に興味がある人は
●これを読んでいま自分はどう生きるか、何を描くのか、現在のあの作家はこのポジションかなあ
などと楽しんでほしいし

単に麗奈タンが好きな人は
●アートが生まれるエトセトラ
を楽しんでほしいし

「派遣切り」「正社員うつ」など今この時代に違和感を感じている人は
●アメリカ型資本主義の崩壊後、生き延びる為のヒント
を読み取ってくださったら嬉しい。

もちろん
●通勤の時の時間つぶしに・・
でもOKです。


とりあえず、かなり命がけて描いてみました!
難しくなく、アートの第一歩作として是非読んでほしいです。


[書 名]いかす! アート
[副書名]No Warそして エロ&エコの麗奈的アートエッセイ
[著者名]増山麗奈
[体 裁]四六判並製、176頁
[刊行予定]2010年4月
[発行]白澤社
 [価格]1700円(+税)
[内容紹介]
戦争に、表現規制に、商業主義に、エロ&エコで体当たりする若き画家パフォーマー、増山麗奈がつづるはちゃめちゃアートエッセイ。戦争画=殺すアートではなく、生かすアートをめざすことを宣言。表現への飽くなき追求のドキュメント。(白澤社編集部)
[著者紹介・編集担当者より]
著者は、貧困や格差のあおりを被っている若者世代がつくる『ロスジェネ』誌の編集委員で、2児の母でもある。現代の閉塞感にあらがい、得意の母乳パフォーマンスやビキニ姿での路上行動で、超奇抜に超元気に抗議の声を上げつづけている。(朋)


内容情報を加えます:
----------------------------
目次から
第1章 ♥    麗奈タン、自衛隊に監視される!
第2章 ♥♥   戦争の時代を生きた画家たち
 麗奈的コラム①黒川紀章のアスベスト建築をアートで告発!森下泰輔
第3章 ♥♥♥  生きる/生かすアートを求めて
 麗奈的コラム②誰のためのアート?
第4章 ♥♥♥♥ 麗奈的アート革命──いのちをイカすアートを
 麗奈的コラム③ニキ・ド・サンファル—おんなというモンスター
----------------------------
[PR]
by renaart | 2010-04-15 13:51


<< 【news】麗奈タンの[奴隷認... 【news】4/12個展「女電... >>