【news】沖縄ヌチグスイ料理教室

沖縄で、地元の在来種の野菜や大豆を守る会の方が、疎開中のお母さん達対象の命薬料理(ヌチグスイ料理)の料理教室を開いてくれる事になった。12/6~9あたり。私も参加します。体にいい薬草や呼吸器や内蔵にきく野菜など 知恵が子ども達を守るはず。

場所は沖縄本島 那覇もしくは糸満あたり。

沖縄では、亜熱帯の美味しい食べ物のことを「命薬ヌチグスイ」という。お母さんはこどもたちに愛を食べさせたい。すくすく大きくなってほしいとおもって自然から恵を頂いてご飯をつくってる。そんな温かくて素敵な言葉


また、
【拡散希望 】 沖縄県では、●福島県全域(311 福島に住民票 その後避難した人も)や岩手宮城で半壊以上、一年間以上の沖縄在住を計画する人を対象として、飛行機代+一ヶ月のホテル代(3食込み)+2年間の家賃補助を行っている。詳細→090-3794-0530(沖縄県被災者受入相談窓口



生き延びる知恵を学びに 

大阪も含めて私たち本土の人間はかなり被曝しているはず 白血病など どんどん表に出ていますが、人間の体は数日間で血が入れ替わるはず
だから食べ物や水 空気がいいところで がっつり 癒せば 大病にならない (と信じたい。)

逆に言えばいくら遠くに言っても国内で外食がんがん食べてたらリスクは同じ。沖縄もチェーン店とかコンビニ食してたら意味ない。

c0046559_823647.jpg

[PR]
by renaart | 2011-11-11 08:02


<< 福島殺人駅伝 浅尾大輔元編集長の新作小説 >>