【会計報告】沖縄WAPA展・避難支援応援プロジェクトについて

c0046559_2333372.jpg


沖縄WAPA展の会計報告と、新しく立ち上がった沖縄→福島野菜サンタプロジェクトへの募金について

【沖縄WAPA展・展覧会 会計報告】

入金/

展覧会参加費 3000円×8=24000円
搬入搬出補助費 1400円×5=7000円 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
              31000円 

作品売り上げ

5000円×2=10000円 
1500×6=9000円  合計19000円

     5割  作家還元    9500円
     5割WAPAにカンパ   9500円
――――――――――――――――――――――
 収入   展覧会参加費    31000円
     +作品売り上げ     9500円
――――――――――――――――――――――
 収入合計           40500円







 支出
展示打ち合わせ雑費       18900円
DM制作費              10000円  
丸木さん作品郵送費         6410円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計                35310円    




収入―支出             40500円
                 ―35310円
―――――――――――――――――――――――――――――――――
                  +5190円
寄付     村田訓吉共同代表から 4810円 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     + 10000円


●会期中の食費、貸し布団代などは既に沖縄に行ったアーティスト達で清算済です。


    
今回のプロジェクトの収支で出た+10000円を
福島の子どもたちに安全な沖縄産の野菜を贈り、
避難を提案するプロジェクト「沖縄→福島 野菜サンタプロジェクト」に募金いたします。




「沖縄→福島 野菜サンタプロジェクト」は、今回の沖縄WAPA展、会期中のヌチグスイ料理交流会を通じて発足したプロジェクトです。

福島の子どもたちに愛のある安全な食事を食べてもらい、出来たら今後県の疎開補助があるうちにより多くのこどもたちに疎開してもらい、

外で思いっきり遊べる環境で健やかに過ごしてほしいというコンセプトで、沖縄の地元の農家さんや地元のお母さん達、疎開ママ達の出会いによって産まれました。

「野菜サンタプロジェクト」は上原文子さんが企画してくださったヌチグスイ料理交流会のお土産で美味しいご飯をお寺に持って帰ったときに

ご住職の発した「このお野菜を本当は福島の子どもたちに食べてもらいたいねえ」という一言から始まりました。

疎開支援についての情報が掲載されたパンフレットと一緒に、沖縄・地元の農家さんから提供していただいた野菜を、沖縄・長谷寺を通じて梱包を行い、

福島の森愛和尚さんがサンタクロースの格好をして子どもたちを集めてイベントを行ってくれるという皆さんの力を合わせて、実現しました。

 すばらしい出会いに感謝します。



【 共同代表村田訓吉よりメッセージ 】
ジョンとヨーコの平和活動はガンジーの無抵抗主義からつながっています。
増山は彼らに負けない平和活動をしたいといっていました。
僕は勝つとかまけるではなく平和活動はその思いをつないでくことだよと思います。
僕らWAPAの活動は彼ら愛と平和の先導者達に近づけるかもしれないと最近感じています。


【野菜集荷・発送日程】

日時:12月23日(金)午前10時〜16時までの間に、規格外の野菜や食材の提供・子どもたちへのプレゼントなどを提供してくださる方がいいましたら、沖縄・長谷寺に届けてください。運送費のカンパも歓迎です。
場所:沖縄・長谷寺 にて  問い合わせ)岡田弘隆 (おかだこうりゅう)
住所:沖縄県糸満市潮平一番地  電話  098-852-3533
(注)あつまった野菜などはその日中に宅急便で福島に送ります。→福島では12月25日に子どもたちやお母さんに野菜やプレゼントを届けるイベントを開催していただきます。


 


【沖縄県での避難支援】
沖縄では3月11日の時点で福島の住民票を持っていた人全員・宮城岩手の半壊以上の罹災証明書を持っている被災者全員に対し、 

1)往復渡航費無料

2)一ヶ月のホテル代無料(三食付き)

3)最大二年の家賃無料

という破格の条件で疎開支援を行っています。


(参照 東日本大震災に伴う沖縄県への避難者に対する住宅支援について

http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=288&id=24203&page=1

)しかしこの制度はメディアを通じてもなかなか紹介される機会が少なく、多くの福島県民の方々はこのことをしりません。

ぜひこの制度を活用して一人でも多くの子どもたちや若い人たちに安全な沖縄に避難していただける事をWAPAは祈っています。

             村田訓吉 増山麗奈  (WAPA共同代表)






     
[PR]
by renaart | 2011-12-16 12:05


<< 【news】2012年1月7日... 【news】12/25大阪日本... >>