【news】麗奈通信2013年10月

手作り感満載の、麗奈通信で近況報告をさせていただきます。
本やTシャツをお買い上げいただいた方に、麗奈通信、プリントして同封させていただいたり、イベントで配ったりしています。
c0046559_10394361.jpg


9月は
S水さん、H野さん、Tさん、
S藤さん I 井さん F村さん
O賀さんなどのみなさんに
(Tシャツ売り上げ含む) 
97000円
福島取材 38000円
交通費  25000円
機材費  35000円
(インク、シルク版、ラミネーターなど)
などに活用させていただきました。
本当にありがとうございました。
フェアな未来をつくる具体的なアクション
アート、ジャーナリズムに活用させていただきます。

増山麗奈のアート、取材活動は皆様の応援によって支えられています。
10月〜11月は出版記念展覧会
12月はインド取材を計画しています。
カンパ大募集中です
ゆうちょ銀行 00160-0-496609 口座名 WAPA


初期から取材をしてきた鮫川村(高濃度廃棄物の焼却)の焼却炉の問題など、伝えるべきことをきちんと伝えたいと思います。
福島第一原発の中でも、これから廃棄物の焼却を計画しているというのですから、日本は吸気被曝と焼却の問題をきちんと考え直さなければ空気も水も汚染されていく一方です。

母親たちの脱被曝革命の中でも、鮫川村の問題を扱ったり、吸気被曝、甲状腺エコー検査など大手出版社でできる限界を探りつつ、執筆させていただいています。
女性で、お母さんで、一般の目線を失わない書き手、なおかつ一番エッジのきいた問題を掘り下げていく増山麗奈は、自分でいうのもなんですが貴重な存在ではないかと思うのです。
まだまだ未熟なところがたくさんあり、特に今回扶桑社さんで執筆をさせていただく中で
ああ、自分はライターとしてここが足りないんだ、だから信頼されないんだなぁという
部分たくさん改めて客観視させていただきました。
改善、成長していけるようにがんばります。
是非、応援してください。


被曝を心配する多くのお母さんがデマだとかヒステリーだという枠に入れられてしまう中、
なんとかその声を中央に、そしてより広くの人に伝え、具体的にいのちを守るアクションに繋げていきたいと願っています。
秘密保全法もヤバいです。通さないゾ。益々今後取材、発信がしにくくなりそうだぞ。でも今こそ肝心なとき。本当に世の中を変えられるかもしれない瞬間でもあります。成長することをあきらめたくないです。
技術向上、発信により力を入れていこうと思います。



また10月に震災以降とても久しぶりに東京での展覧会を行います。
明大前のキッドアイラックアートホールは私が18年前、アーティストデビューとしてニパフのイベントで
下着姿で「I君の○○が私の子宮に届く瞬間をゼロとする!」という一人芝居のようなものを行わせていただいた場所です。その時に母親が私の芸(?)を見て「あんたの発表するものはもう二度と金輪際絶対見に行かないわ!」といいはなちました。その言葉のとおり母は岡本太郎賞をとっても、全国ロードショーで主演ドキュメンタリー「桃色のジャンヌ・ダルク」が上映されても、一度もみにきて
くれませんでした(笑)。そんな私のアーティストとしてのデビューの小屋で、絵本出版記念展を行えるというのは本当にありがたいことだなと思っています。不思議なご縁です。一回りして成長した所を見せたいな。そして久しぶりに東京でたくさんお世話になった方にご挨拶したりできたらいいな。

増山麗奈×志葉玲展
絵画×写真×映像展
「原爆と原発」展
キッドアイラックアートホール
10/31(木)~11/3(日)
12時から19時まで




絵本「げんばくとげんぱつ」ハードカバー(子どもの未来社)
一冊〜4冊 1500円 
5冊まとめてお買い上げいただくと 6000円(一冊1200円)です。
是非お買い上げください。
送料は1〜2冊毎 200円 です。

Tシャツは S M L サイズ
一枚2500円 色は 白とピンクがあります。

ご注文は info@renaart.com またはフェイスブックメッセージで
①お名前
②ご住所
③注文したい品、冊数 枚数
をおかきの上、連絡ください。
振り込み用紙を同封の上、発送いたします。

増山麗奈

[PR]
by renaart | 2013-10-02 10:38


<< Tシャツと絵本 米のとぎ汁活用法 >>