今年のまとめ報告

今年も後わずかとなりました。
皆さんにとってどんな一年でしたか?
私にとっては、単独著書を一冊、執筆陣に加えていただいた書籍を2冊出版する事が出来、
東京と大阪と神戸で個展を開催することができ、
念願だったお米の栽培の規模も来年拡大することが決まるなど、
実りの多い年でした。

特に、3年がかりで取り組んできた絵本「げんばくとげんぱつ」をなんとか出版でき、
当初から追悼碑をテーマにした絵本をつくることをを約束していた追悼碑の建設のために奮闘された被爆者の銀林美恵子さんがお亡くなりになる前日に、
絵本をお渡しにいけたことは、一生忘れません。
ご老人とした約束は優先的に守ろう。そう思いました。
「銀林さん、今まで原爆を無くすため、日本中に足を運んでくださりありがとうございました。これからは私たち若い世代ががんばりますので、安心してくださいね」
そう病床にいる銀林さんに伝えました。

流行り廃りに惑わされすぎず、自分の信念を維持し、確実に形にする。人との約束を守る、戦争や貧困をなくすためにアートが出来る事を模索する。
それを一生の仕事にしたい。と強く思いました。

あんまり公言はしてませんでしたがトラブルもありました。
ドイツの脱原発活動を行う著名な博士との本の企画も2度の契約書を交わし、確認を行いながら進めていたのに、
出版が直前で反故にされ、費やした時間や通訳代数十万がパーになってしまったのです。
泣けてきました。
内部被曝をテーマにした事はどうも変な横やりが入る可能性がある、語学力を磨いていく事、トラブルの元になりそうな事を見つけたら早期に解決する事など、未然にトラブルを防ぐ努力を行うことを学びました。

また、連載していた雑誌が休刊になるなど
いままであった固定収入が減りました。
その分、Tシャツや絵画の販売などの収入の割合を意識的に増やしました。
夢を実現するために、不安定な時代でも馬力と基礎体力、甲斐性と実力のあるアーティストになりたいのです。

ただマネージャーや事務員を雇う余裕もない私1人での制作、発送作業には限界があると痛感しました。
発送が遅れたり、ご迷惑をおかけしてしまったお客様には深くお詫びします。
時間を短縮し、事業を安定させるためにホームページからの注文受付サイト、協力者の方々との繋がりを作る必要性を感じています。
また本業であるアートで、国際展に呼んでいただけるメジャーな存在になる事、絵画一枚一枚のクオリティを上げていくなど
いままで避けてきたオーソドックスな努力、絵を磨く作業、業務改善ももっとしなければならない。
そのために増山麗奈のアートマネージメントや、ビジネスパートナーになりたいという方は声をかけてください。自分を鍛え、おし上げてくれるパートナーと出会いたいです。

そんな中2年前から撮影を続けているドキュメンタリー映画「ママの約束」を制作するために
編集機器を購入したり、ソフトを購入することができました。
ン十万円の資材投資を生活の中から捻出する事は大変でしたが、多くの皆さんの応援のお陰で、何とかなりました。感謝しています。
アートと真実を様々な形で発信するメディアセンターを作りたいという夢に少し近づきました。
TVディレクターの大賀慎一さんの力をお借りし、年が開けたらとりためてきた映像をいよいよ集中して編集する作業が始まります。
この映画もまた、ご老人との約束でもあります。
昨年の冬仏教協会前会長の河野太通さんに応援していただき、ドイツに旅立ち、核の廃棄物の問題、再生可能エネルギーの問題を取材しました。
多くの方々にも応援していただき80万円の募金を頂き、ドイツでの撮影をしてきました。雑誌や新聞での発表もできましたが、絶対映画という形で仕上げます。
原発を一基廃炉処理するのに70年、660億円がかかる事や、
地域からエネルギーの自給を行っていく事で人びとの誇りや生活のゆとりが生まれる事をしりました。
来年は念願の小水力発電事業の実験を、地元の神戸市北区で田んぼ仲間たちと始めます。
私たち大人の生きている間には原発を片付け終わらない。どうしても子どもたちに、負の遺産を引き継がせなければならない。
だとしたらせめて核の廃炉への道筋だけはつけてあげたい。そんなことを考えるきっかけになる映画にしたいのです。
これから行くインドへ、日本は原発を輸出しようとしています。
そこで福島の子どもやお母さんとともに、原発の真実を伝え、もっとフェアな未来のために何が出来るのかアートを通じて交流をします。
映画の後半には、そんなシーンを導入する予定です。

12月22日には、千葉麗子さん、志葉玲さんとともに、ノンベクレルの食材でのパーティを行いました。その様子は
これから、被ばく防護を当たり前に、楽しく、ポジティブな感じでやっていこう!生産者と消費者をつなげよう!というコンセプトで冊子にまとめる予定です。
来年は女性誌にも是非進出して、子どもを守る事、フェアな世界を作っていく事をママたちや女性たちに伝えられるようにしたいです。
千葉麗子さんの輝くばかりの美貌とプロ意識には脱帽でした。
ついさぼりがちな美容も、これから向き合っていこう!と思いました。みんなに憧れられるかっこいい女性になれるように気をひきしめていこう!

そして、今興味がある事は、子ども達を放射能から守るだけではなく、
自分たちで感じ、考え、行動し、表現し、人を理解し、簡単には諦めず
地球のために行動できる子ども達を教育する事です。
自分の二人の娘もですし、地球に居る全ての子ども達に
良い教育、生活の場を与えてあげたいです。
核を含む地球の大問題は大人達の世代では解決しきれないのですから、これからの次世代を育成することに力を注ぎたいです。
その中で自分自身も、成長していきたいです。
来年は講演会や執筆のテーマにそういう部分も含めていきたいです。

信頼できる仲間作りを丁寧に行い、自分の足場を作り実力を磨くようにがんばります。
どうぞ今後もご支援ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

LOVE & PEACE
& MERRY X MAS

10月後半〜12月24日まで
ご支援頂いた皆さん 合計  337.470円

yuzu企画 Y木K美さん N野S子 K良Y一さん H川Y美さん Y田C歳さん N村怛さん T松K代さん K野T通さん M原H臣さん S木S司 神戸青年センターさん S木T也さん
A山法律事務所さん T橋M子さん 田中石材 S藤M雄さん S藤I郎さん Y板Sさん アジア子ども支援フジワーク基金 F村Tさん 討論BARシチズン 専福寺
T田Tさん 子どもの未来社さん

【ノンベクプロジェクトにご賛同いただいたみなさん】

みんな地球のこどもじゃんさん 
おどりまゆみさん 
大山結子(うさぎ組組長)さん 
中澤純さん
阿部善穂さん
ゼロノミクマさん
白井愛子さん
高橋美子さん
さくらWORKSさん

【インド行きの費用、募集しています!】
応援よろしくお願いいたします

増山麗奈は絵画、映画、取材発信を通じて、戦争や格差、原発のない世界を作る為に真実を伝えます。活動経費は皆さんのカンパです。

【ゆうちょ銀行】 14260-4104251 [増山麗奈の未来をつくるアート・ 取材活動を応援する会] 【店名】四二八 【店番】428 普通口座 0410425

増山麗奈より
[PR]
by renaart | 2013-12-25 01:40


<< 【news】記者会見のお知らせ 【news】アジア協会を訪問しました >>