沖縄・運動の代表を隔離〜警察は何を守る組織?〜


1月23日、私が辺野古に行ったとき代表の山城博治(沖縄平和運動センター議長)が
皆がいた所から30メートルほど離れた場所で
10分間ほど10人ほどの警察に取り囲まれていました。
その後、
24日 オール沖縄議員が海上保安庁本部高橋博美次長に抗議。
26日 翁長県知事が海上保安庁本部高橋博美次長と沖縄県警に注意。

などが行われた後も

28日 沖縄県警は、山城さんを20分キャンプシュワブゲート前で拉致、隔離したそうです。

警察に囲まれていたとき、山城さんは腕一本警察に触らず、下を向いていました。
少しでも触れば、公務執行妨害の罪で逮捕される可能性があるからでしょうか。

アブグレイブ刑務所で行われた屈辱的な拷問を思い出します。
周りに10名以上の警察に取り囲まれ 隔離される
このような状況が、どのぐらい 人を精神的に疲弊させるでしょうか。
これが”正当な警備”でしょうか !?

山城さんが隔離されているため、現場の指揮をとるひとがいなくて、
けが人が増えているそうです。

警察のやり方に怒り心頭です。人権侵害です。
法律的には 日米安保条約は憲法より下。
日本は占領国じゃないはず
なんで警察は国民じゃなくてアメリカ軍を守るんだろう。

もう戦後70年経ってる。

外国人基地は国外に出て行くべきだ。

国民ではなく外国人部隊を守るための政府なら、いらない。


[PR]
by renaart | 2015-02-02 16:44


<< 辺野古の鬼は沖縄を見てこなかっ... 沖縄報告の動画です。 >>