ADSLが我が家にやってきた。

ああ、やっときたよ、yahoo BB。ADSLがこの青いLANコードにのってえっちらおっちら新宿富久町までやってきた。つらかったな、繋がってない日々。なんか世界と隔離されているようで、自分だけ取り残されているようで。もう私、画像も送れるし、メールチェックもスムーズだし、ネットサーフィンも出来る現代人になったよ。簡単な事じゃないか、コードを3、4本繋げるぐらいで。
でもネットの不自由な日々もなかなかよかったとも言える。ついいつもあると考えないじゃん、ネットとは何か、と。なくなってからわかるその存在。親とか恋人みたいなものでさ。
ずっとぬるま湯みたいな愛でくるまれて生活してきたから、いつの間にかいろんなものがあったから、最近の生活、風呂なし、ネットなし、テレビなし、って言うのは、貴重だったんだよ。今、私は何を必要としているか、という事がちゃんとわかると言うか、大事にものを使う勉強だね、これは。だいたい私は大事なものを破壊したり、無くしたりしすぎてきたのです、いままで。
c0046559_2132557.jpg

ああ、このLANケーブルがくるまでが長かった。固定電話の無いサービスだとNTTの登録の住所が違ってるだの何だのいわれ、大家さんのご慈悲で電話の加入権を貸してい頂き、
かおりんからFAX電話を頂いたのだが、それが送信は出来るが受信は出来ないというはぐれもので、その後巨大なFAX件電話件プリンター件スキャナー件カラーファックスという新機種を購入し、そして何度か電話した後SAKURAYAで一時間以上もかけて店員さんとヤフーの会社の人と電話して、あまりの大変そうさに、おもわず店員さんも1000円分ポイント上乗せしてくれたりして。結局固定電話の方のサービスに切り替えたんだ。最初の契約時から考えるともう名字も吉野から増山に変わっているし、住民票も変わってるから、書類も一から作り替えてさ、大変だった〜。でもこれが、ちゃんと自分で獲得した初めてのLAN。うれしいので今夜はもう2時なのにこれから世界と繋がっている感を噛み締めながらビールでも飲みたい気分です。書き込みしてくれた方にもちゃんとお返事を書くので、みんながんがん書いてね。では。ブラボー
[PR]
by renaart | 2005-02-04 02:24


<< 日韓文化交流の一環として、カン... 洗濯地獄とディズニー祭り >>