<   2005年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

5月3日数寄屋橋前パフォーマンス

5月3日に数寄屋橋前交差点で桃色ゲリラのパフォーマンスを行います。
この日は憲法の日。
私達は憲法9条を改正するのに反対!と言うことをテーマにピンクの風船を配ったり、
白井愛子&ゾイ&ももっちなどとライブ、ライブコラージュ、ベリーダンスなどを行います。
1時から6時ぐらいまで数寄屋橋付近にいますので、もしよかったら応援しに来てくださいね。

万が一桃色ゲリラに参加したいという珍妙な子がいたら、是非参加するように!ピンクの衣装は何着かあるよ。
ディープな社会勉強になりまっせ。
5月3日(火)祝日はお昼の12時 数寄屋橋公園集合。
解散は7時。6時に赤い風船を東京の空に向けて飛ばします。
参加者の必需品は、ピンキーな心、そして各自の衣装(そろえて来れる子は)!
共同通信、毎日新聞なども取材に来てくれるみたい。
写真は私にコラージュされた白井愛子。山口花能さん撮影。
「ぐちょぐちょにしていいよ」といわれたので、ぐちょぐちょにしてあげました。
おかげで私の旧旦那チンドンよしの氏に借りていた着物の帯にも絵の具がついちゃった。ごめんねよしのさん。いつも全部ぐちょぐちょにしてしまうのよ。私。
愛子とは銃弾が飛び交うバクダッドの夜、ホテルで裸で一緒に寝たこともあったよね。
白井愛子の曲を最初去年聴いた時、「あんまり綺麗ごといって、偽善ぽいのう」と思っていたが、最近の愛子はすごみが出て来たと思う。写真の撮られ方もうまくなった。
混沌とした現代の中でぐちょぐちょどろどろばらばらにされながら、最後まで性善説を唱えてほしい。その為に私は愛子を解体しよう。
c0046559_13213496.jpg


数寄屋橋公園とは有楽町駅の前にある小さな公園。岡本太郎の太陽の棟が目印だ。
c0046559_13322961.gif

[PR]
by renaart | 2005-04-30 13:22 | Trackback(1) | Comments(7)

何故か渋谷のラブホに藤田嗣治

レオナール藤田こと藤田嗣治の版画がとある円山町のラブホテルにありました。

藤田は私のフェバレイト画家。予備校時代によく彼の画集を見て絵を描いていたものです。
写真だとわかりにくいけれど、この繊細な線がおしゃれなのです。当時のフランスの人は「東洋の神秘!』と思ったんだろうなあ..。俗の中にも、芸術あり。この藤田の猫のシリーズ、一枚欲しいなあ。我がアトリエネコの家に誰か寄贈してくんないかしら。

c0046559_2202047.jpg


今年の夢。インリン・オブ・ジョイトイと対談して体にボディペイントすること。
それから宮沢りえちゃんに会うこと。

そして絵のことも深く悩む。友人が引っ越しをしたのでその新居に飾る絵を描くのだが、同時にとある病院に飾る絵も頼まれている。そしてずっと遅れていた花の絵の依頼もあるのだ。そして蓮の花の絵も取りかからねばならぬ。皆口をあわせて言うのは「生きている絵。ほっとする絵をかいてほしい」
そういう時期なのかしらん。
私の絵は割とバイオレンス〜的なものが多いが、正直私も心底傷付けたり傷付けられたりするのは、もういいよ、と思う。結構生きてるだけで殺伐としているじゃん。満員電車乗っているだけでへこむし、銀行とかいくと動悸が激しくなるし、請求書とかちゃんと送らなきゃいけないし、時間守らなきゃいけないし、もう現代社会嫌い・・。外に出るだけで、なんか大変じゃん。みんなもうたくさんがんばっているじゃん。そんな人に、優しい言葉をかけるような絵を描きたいですよう。先日保育園でもクマ組の子供たちがママに「この豚!」と言ってごねており、ママの方も泣いていると言う光景があった。大人だって傷つくんだよ。でも子供だって大変なんだね。ああみんなに優しくしてあげたいね。

もっとおおらかで優しい絵を描けたらいいな。
大地の臭いのするものがかけたらいいなあ。お母さんのお腹の中みたいな絵を描きたいです。

今夜はコーエンザイムQ2入りパックをしながら、岡倉天心についての原稿を書きます。
私の肌にも、愛を。
[PR]
by renaart | 2005-04-30 02:24 | Trackback | Comments(0)

パフォーマンス「桃ゲリニュース」御礼

c0046559_2164090.jpg
c0046559_2165237.jpg


パフォーマンス御礼!

先日新宿ロフトプラスワンで行った桃色ゲリラプレゼンツ 幻のパフォーマンス「桃ゲリニュース」皆さんのおかげでなんとか無事終了致しました。写真はマイ・ダーリンであるシバレイ氏撮影。
多田恭子さん扮するコロンビア出身のニューハーフの立ちんぼ「アンジェラちゃん」を日の丸抱えて兵隊へ勧誘する悪い警察女王様の私です。我ながら結構はまってるかも。
新宿は歌舞伎町コマ劇場前の、わる〜いエネルギーを毛穴の隅々まで染み渡らせて、熱演して参りました!
どうも私のまわりには最近迷える子羊たちが集ってくる。しかもひとりひとりがやたら重い人生を抱えており、我がアトリエ猫の家はさながら大都会東京の愛の駆け込み寺。
一昨晩は家に帰ると何故だか家のベットでももっちとゾイとにゃんが川の字になって仲良く寝ていた。おい!ここは誰んちなんだ!
あの〜みんな〜まず私が沈没しそうなんですけど〜・・。世界を救う前に、自分を救いたいんですけど。

というわけで昨日は歌舞伎町の垢を流すべく、二子多摩川のほとりで、菜の花に囲まれてマイナスイオンをすってきました。昼の日の光って、いいなあ・・。おてんとさまの元で清く正しく暮らしたいな・・・。でもどうもさわやかさが板についてない感じ。(=写真)
まあ結局夜は家で宴会で、悪酔いして友人たちに絡み、気がつくと全裸でベットで寝ていたりして、それってママとしてどうよ!あたし!


c0046559_21213643.jpg

[PR]
by renaart | 2005-04-28 21:24 | Trackback | Comments(5)

謎のものもらいに苦しみながら

ばたばた不摂生な生活を繰り返していたら、左目におかしな腫れ物が出来てしまった。(写真)
c0046559_21384165.jpg

目薬を投与するもなかなか治らず、困ったなあ〜。
最近本当に殺人的なスケジュールだったものなぁ。心の余裕もなかった。
今日の昼は一日ほとんど一歩も動けず、ベットに横たわってしまった。
さきほど近所の韓国人Mママにおいしいご飯とお茶とイチゴとコーヒー、フルコースで夕食に招待していただき、少しエネルギーアップ。Mちゃん一家はクリスチャンなので、食べる時に「みんなが元気になれますように、仕事がうまくいきますように、今日もご飯をありがとうございます。アーメン」と手をあわせていただく。
大切なことだな。愛と感謝がなくては.
明日ははれの日、イベントの日。パフォーマンス&炸裂トークをくりひろげます。

明日までに治す!もしくは化粧で隠すので、皆さん来てください。

WATTANの秘境探訪

第一部 ★戦場が培った非戦★
ビルマの戦場を歩き、イラクでは拉致られたWATTANの戦場で培った非戦とは?  『戦争と暴力・大衆運動と表現の自由』について 現代の!戦争体験者が非戦の立場で戦争-暴力について熱く語る。

【出演】WATTAN(FA) 増山麗奈(桃色ゲリラ) ムキンポ(かめよん。) 平野悠(ロフトプラスワン席亭)
 当日は店内で新刊本を販売いたします。
http://www.hanmoto.com/bd/ISBN4-916117-65-4.html

第二部 ★桃ゲリニュース★
イラク戦争とともに結成され平和を訴えてきたアート集団「桃色ゲリラ」が舞台に挑戦! 「桃ゲリニュース」がさらにパワーアップ!
自衛隊員イラクで人質!? スマトラ沖地震現場から生中継!? SEXYベリーダンスでおっぱいぽろり? ・・虚と実、エロと生と死と愛が炸裂するかぶりつき1時間!演劇、歌、踊り,SMなど。
【出演】 増山麗奈 アポロ 白井愛子 多田恭子 竹内知子 ZOI
 【映像出演】わったん。ももっち 鈴木樹梨 志葉玲 /映像制作)アナロジック 寺田篤志  
4月26日(火) 新宿ロフトプラスワンにて
Open/18:30 Start/19:30
チャージ代・\1500(飲食別)


【詳しくはこちら↓】
http://www.mkimpo.com/diary/2005/lpo_05-04-26.html
[PR]
by renaart | 2005-04-25 21:34 | Trackback | Comments(2)

生きてました2

いやいや、忙しかったのです。PCに向かう時間もほとんど取れなくて、
上野と新宿で路上パフォーマンスを繰り広げたり、ららぽーとって言う船橋にあるデパートの中の壁画の仕事を徹夜でやってたり
京都にとある社長さんと秘書の方と美術館&お寺巡りをしたりと、優雅なんだかしんどいんだかわからない日々でした。
とりあえずコーエンザイムQ2入り化粧水とパックを買って、徹夜明けの自分を癒してみます。
心と体がからからなので..

というわけで
写真は生まれて初めて、京都のとある町で芸者遊びをしたときのもの。
16歳の●雛ちゃんがかわいかった!似顔絵を書いてみました。
c0046559_12125847.jpg


ジャーナリストの山口花能さんが26日の告知記事を東長崎機関と言うウェブサイトにのせてくれました。山口さんいつもありがとう☆
http://www.higashi-nagasaki.com/e2005/E01-2005_11.html
[PR]
by renaart | 2005-04-23 12:12 | Trackback | Comments(0)

いろいろな方に助けられて

昨日から日記を怠ってしまったのだが、懲りずに生きておりました。
昨日は浅草うんこビルで舞踊家遠藤文規子のモダンダンスを加藤散人とにゃんと見に行く。
あいかわらずにゃんはモダンダンス風に踊ろうと試みるのだが、それ、どう見ても、暗黒舞踏だよ・・
吾妻橋の麓で加藤散人にお寿司をごちそうになる。おごってもらえるとわかった時点で私はなるべく高くてネタの表面が輝いている特上トロなどを頼みまくってしまい、にゃんもイクラに目を輝かして「宝石みたいだね〜」と言いながら二人で新鮮な寿司を食べまくる。(=写真)
c0046559_16445985.jpg


加藤さん、ごちそうさま〜☆浅草で芝居と寿司なんて最高の日曜日でした!

その後ももっちがアトリエにやって来てくれた。アトリエ大掃除第3弾、床絨毯化計画を決行!床にささっている釘をとろうとするももっちの手つきがちょっと心細かったので、最後のフィニッシュはあたしがペンチで”ふんぬ〜!”とってしまう。その時頭にあったのは先日ゾイに言われた言葉。
「男を虜にする為には、女は出来ること例えばペットボトルの蓋を取ることなんかも”私空けられない〜!”って言って空けてもらわなきゃいけないんだよ。”こいつは俺がいなきゃダメなんだな”と思わせるのがこつ」という言葉。
私はなんかごつくてかわいげが無いかも・・
ももっちにそれを言うと、「男ってのは、女に使われてなんぼですよ!」と輝く笑顔。
「これからも使われてね。」というと「はい!いくらでも!」
かわいいなぁ。ももっち。

その後多田恭子とゾイがアトリエに現れた。
打ち合わせに来てくれたはずなのに、
燃えないゴミ袋をいそいそと捨てにいってくれる今日も美貌の多田恭子。
美しい方にこんなことさせて申し訳ありません。

近所に住む韓国人ご家族のMママからカーテンの支給が。なんと今度でかい冷蔵庫もプレゼントしてくれることに。
我らがアトリエ猫の家、皆さんの愛で少しずつ確実に快適になって来ているぞ。
皆さんありがとうございます〜☆

そういえば先日に新潟でテレビデビューした白井愛子の写真を番組の方に送っていただいた。
すごーい!芸能人みたい!
c0046559_17154598.jpg

[PR]
by renaart | 2005-04-18 16:56 | Trackback | Comments(0)

19日東京芸大突撃パフォーマンス

こんにちはみなさん報告が遅くなってしまって大変申し訳ないのですが、
19日(火)は朝の11時に上野駅公園口集合で、上野公園周辺および芸大で26日の告知パフォーマンスを行いたいと思います。
白井愛子とももっちなどが参加する予定です。
この日記をご覧の方もよかったら参加してくださいね。
[PR]
by renaart | 2005-04-16 22:22 | Trackback | Comments(10)

変な風が吹いて来た

さきほどHPをご覧になった方からメールが来たと思ったら、近所の方だった。
「ひょんなことで桃色ゲリラを知りました。26日のパフォーマンス楽しみにしてます。」
だって。近所なんだから訪ねてくればいいのにわざわざメールというのがなんかうれしい。
みんな見ていてくれるんだなぁ。

昨日はゴールデン街の「ひしょう」というお店でとあるダンディーなおじさまと美人秘書の方と密会。(写真)素敵な大人に出会ってしまった。
c0046559_012975.jpg



運命は不思議に流れていくようだ。最近家にはゾイという美人ベリーダンサーが居座っている。昨日はゾイとにゃん、二人でお風呂に入ってもらった。今日はゾイのお友達のハンサムな中東系お兄ちゃんも遊びに来た。夜シバレイも酒もってやって来て、ゾイのぷるぷる揺れるお肉とベリーダンスを堪能しながら銀河高原ビールを飲む。う〜む贅沢。
いったい、ここは、何処なんだろうか。
にゃんもベリーダンスに挑戦するも染み付いたアングラ魂でどう見ても暗黒舞踏。育ち、だな・・。

ここにゾイが住み着いたら、ただでさえ私の元に集まる男どもでハーレム状態なのに、国籍不詳の虫たちがわんさかよってくるのではないかとちと不安だ。

欲しい物は欲しいと強く願えば絶対に手に入ると思う。

とりあえず次に欲しい物は、才能とチャンスと運。そして有能なマネージメント。
そしてゆっくり穏やかに優しい気持ちで絵が描ける環境と時間。

これから朝までGジャンの制作。

今ゾイから電話。「明日また行くから!」
う〜ん、惚れられたかな?最近は女にモテるがこりゃどうしたことだろうか。
[PR]
by renaart | 2005-04-16 00:01 | Trackback | Comments(2)

テレビとともに生きて来た荒井さん(仮名)

ふう、やっとおわった。昨日今日は某テレビ局の某人気バラエティ番組のセットを作っていたのだ。壁画職人と書く現場仕事はなかなかいつも勉強になる。
何の番組かは企業秘密だが今日書いていたのは真上から見た風景。つまり山の上から見下ろした家や森。
空気遠近法によって遠くにある物は白ちゃけて見えるし〜カメラの位置を計算して遠近法をとって家の角度やら木の角度からを計算する。そして画面に映った時にあまり暗くならないように明るい色彩を心がけて・・彩度を計算する。
そんなことを考えて書いているものだから、つい日常生活でも「あ、あの木と空のアウトラインのぼけ方はなかなかリアルだ・・っていうか本物か。」みたいな感覚で風景をみてしまう。
わたしもひょっとしてだんだんうまくなって来たかも、という感触があるぞ。
大きなスタジオで、隣で制作していたのは、如何にも職人!というおじいちゃん。一人で淡々とパネルや小道具を制作していくのだが、いやあ、うまい!動きに無駄が無いし、刷毛の使い方、絵の具と水の分量、全て計算され尽くされている。無駄に余る絵の具も少ない。仕事が美しい。おぬしただ者ではないな。おじいちゃんは何も語らず黙々とてを動かしているようにみえたが、近くで作業してると小さく鼻歌を歌っていたのが聞こえた。
お話はしなかったのだが、おそらくこの道何十年の大ベテランなのだろう。
御年は70歳ぐらいか?もし20才の頃からこの仕事をやっていたのではないかと推測すると、それはほとんどテレビと同時に育って来た年齢なのではないだろうか?トットチャンネルという黒柳徹子がデビューしたてのころのエッセイがあるが(あれは後年斉藤由貴主演で映画化された。斉藤由貴ファンの私は、泣いた。)そのテレビが生まれてほやほやのときから、何十年もこんな風に同じ姿勢でセットを作って来たのかもしれない。
そのささやかな有り様には哲学が秘められているような気がする。
ひょっとするともうすぐ定年かもしれないけれど、ああ、こんな人に会えてよかった。よ!ニッポンが世界に誇る技術師!
「最近のテレビはバラエティばかりでいつも決まったお笑い芸人が・・」とか批判するのは簡単だけど、ほら、そこ、劇団ひとりのうしろ!そのセット!そのセットのあの四角い窓のとこのアルミのハイライト!!其処に荒井さん(仮名)の人生の技術が凝縮されているかもしれないんだよ!と思うと、いつも見ないテレビも有り難く見れるかもです。
でもね、家のテレビはアンテナが壊れていて安全ピンでかり止めしたら何故か映るんだけどみんな雑音が入ってあんまりよく見れないんだけどね。

画像*今日も絵の具だらけの手。いつか私も芸術職人になる。

c0046559_175328.jpg

[PR]
by renaart | 2005-04-14 16:58 | Trackback(1) | Comments(0)

大学生ももっち、放課後会議

ももっちから電話。「26日のパフォーマンスについて、チラシのこととか、相談したいので、これから会えますか!」という訳で急遽大学の授業が終わった後アトリエにやってくることになった。
いつもの通り熱いももっちは「結構あったかいですね。」とかいいながらウサギの着ぐるみを着て、青春の悩みや革命のことなどを語るのだが、その想いが真剣であればあるほど、着ぐるみを着たその状況がおかしい。(=写真)
c0046559_062460.jpg

これぞ麗奈画伯の華麗なる日常生活!人生も芸術もいつも想像もしない方向に進んでいくのが好きだ。絵を描いているときもパフォーマンスも結論が見え無いまま、その場にあった物から触発されて描くのが好き。突然舞い込んで来た偶然をサーフィンするように物を作っていきたい。
なぜなら本質はどんなに吹き飛ばされようとしても残るし、外界からのノイズに吹き飛ばされてしまいそうになる程度の自意識など鼻くそだからだ。(そういえば高校生のとき数学の先生に「増山、お前なんて鼻くそだ!」といわれたことがある。)シュールレアリズムが無音の世界で作られるセンチメンタルな男の夢だとしたら、私は世界中に股を開いてノイズと寝まくったような、がちゃがちゃな生命をつくろうではないか。最近の男どもは弱すぎてちょっとしたノイズで倒れそうになるけど、もっと図太いものをつくろう。
などということをウサギ姿の不思議なお客さんを見ながら考えていた。
今度4月19日は上野は東京芸大に行って、新規桃色ゲリラ隊員勧誘件26日のパフォーマンスの宣伝パフォーマンスをやることになった。
確かにぶっ飛んだアイデアとは若者の頭にあるので、はじけるようなアーティスト候補生たちを巻き込むのはよいかもしれない。最近芸大には最近先端芸術科という学科も出来、パフォーマンスや映像などの新しい技術もかなり強化しているようだし。変なの拾って来れるといいなあ。

その後ももっちとにゃんと一緒にピースオン事務所を訪れカオリンの手料理をごちそうになる。
急遽5月はニューヨークに行くことになりそうだ。
[PR]
by renaart | 2005-04-13 00:09 | Trackback | Comments(5)