<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

乳な日々

産まれたばかりの赤ん坊に取って、完全栄養食とは、私。
つまり母乳なんです。
私の穴から注入された液体Aと卵子の結合によって出来た生命体。
おなじ穴から出て来たその生命体に、私の体の違う穴から出た液体を注入する。
変な気分だ。
しかもこれ、赤ん坊にとっても免疫を付けるし、母体の子宮収縮にも役立つらしい。
人体って不思議だ。
あれだね。人って穴から液体を出したり入れたりする生き物だね。
むしろ主体は液体で、人体などその器に過ぎないのかもしれません。
地球の70パーセントは、水ですからね・・・。

でも私は根が動物的なのか無尽蔵にぴゅーぴゅー出るので、母乳には事欠かない。
バスの中でも人の子の泣き声などにも反応し、乳がジーンと張る。服にも染みてくるのでこまったものだ。
一日に8回ぐらいあげてますけど、そのたんびに100ccとか200ccとか出ますもんね。
ロリコン、っていうか異常性欲者ならぬ以上母性愛者なのだろうか。犯罪ぎりぎりのライン?
直接吸わせるだけじゃなく、哺乳瓶に搾乳しておいて、私が留守の時や忙しいときはにゃんやダーリンに哺乳瓶であげてもらう。

こんなんで一般生活営めるのか、あたしの乳!
[PR]
by renaart | 2006-01-29 18:32

新世紀の革命家・アーシャ誕生!

1月22日午前8時57分、

第二児を無事出産いたしました!

c0046559_2246566.jpg
c0046559_2246185.jpg



陣痛が始まってから五時間弱、病院についてからなんと2時間。ぽこんと産まれました。
母子ともに健康です。2850グラムの女の子です。これも皆さんの日頃のご愛顧のお蔭です。
ありがとうございます!
産まれた瞬間、私のおっぱいの上でギロリとにらむその鋭い目は、世の腐敗を撃沈する我がダーリンそっくり・・。
乳房を喰い荒らすそのふてぶてしい口もとも・・。ぷぷぷ・・。

命名!
増山藍沙(ますやま・あいしゃ)
あだ名は「アーシャ」。

アイシャ:イスラム教の開祖である預言者ムハンマドの最愛の妻。
     中近東ではとてもポピュラーな名前。
     また、サンスクリット語で「希望」の意味。

--------------------------------------------------------------------   
 アシャ・ワヒシュタ (Aša Vahišta)は、ゾロアスター教において崇拝される善神
アムシャ・スプンタの一人。その名はアヴェスター語で「最善なる天則」を意味する。

パフラヴィー語ではアルドワヒシュト (Ardvahišt)、現代ペルシア語ではオルディー
ベヘシュト (Ordîbehešt)と呼ばれる。正義・真実の神格化であり、精神的には真実
を、物質的には清潔を司る。また、悪神ドゥルジ(偽り)の敵対者である。中世以降
の神学では、火の守護神とされた。
--------------------------------------------------------------------

皆に愛される優しく、強く、タフで、美しい女の子に育ってほしいです。
皆様もアーシャのこと、愛してね♡



実はただいま入院中の産褥患者こと増山麗奈。
外出届を提出し、病院から徒歩10分にある我がアトリエ猫の家に戻ってちゃかちゃか仕事をしています。
もうすぐ戻らないと恐怖の藍沙ちゃん授乳タイムが!
そんな訳でもう戻るのだが、
皆さんにお願いです。3月10日発売号のポパイの新ネタを募集中です。
3月中に都内もしくはその近郊で面白そうなアート企画ありましたら、教えてください。

休めよ・と看護婦さんやダーリンに怒られながら。だってやっぱり仕事したいもの。
いつもどーり面白そうなアートネタがありましたら、コメント欄、もしくは
info@renaart.comまでお知らせください。

目標ウエスト58センチ!美と知性をかねそろえた必殺アート職人を目指して、産後もばりばりでいきたいと思いますので、今後もよろしくです。
[PR]
by renaart | 2006-01-25 11:16

エロの風が・・

以前府中市美術館での展示でお世話になった縛り師のHさんから電話。
2月後半から3月にかけてにエロエロなライブペイントの依頼を頂く。
う〜ん、私も母体である所を抜けて、女に戻りたいころですし、いいですねえ。
なによりそれを目標に痩せれるし!(それかい!)

もう、コルセットぎゅ〜って締めて、ガーターベルトとか履いちゃうぞ!
ばりばりで行くぞ☆もう南瓜とか言わせないぞ。赤〜いマネキュアとか塗っちゃうぞ。ピンヒールだって履いちゃうぞ!
筆も冴え渡るってもんだぜ。

妄想の中ではものすごいいい女な私・・♡

何処でいつやるなどの詳しい情報は、今の所極秘ということで☆
[PR]
by renaart | 2006-01-21 17:11

エロス&ロハス=エロハス

今日はアトリエにフリーライターのSさんがいらした。
某週刊誌の企画でエロス×ロハス=訳して”エロハス”
というエッチかつスローライフの提案ということで、取材をお受けする。
話していて、だんだん愕然とした事実に気づく。

ロハスつうてもあんさん、無農薬野菜だの無添加化粧品だの、すべて高価で、
中流、もしくは下流市民の私達にとって、体にいい、気持いい暮らし、スローな暮らしなど手が出ませんがな〜と言う声もあり。
つまり、お金持ちは軽井沢などで美しく健康に暮らせて、
貧しき人々は添加物だらけの水を飲み、まずい空気を吸い、日当たりの悪い部屋に住み、満員電車に乗って、女性ホルモン漬けの吉野家のアメリカ産牛肉を喰い、マクドナルドのハンバーガーを喰らい、体を壊してゆく、という訳なのかね。細木和子が「日当たりの悪い部屋で毒を喰わされた鳥なんか喰えるか」なんて事を言っていたらしいけれど、
そのブロイラーって、私達の事?ひょ〜かなりやだ〜。

収入に比例して健康格差が今後産まれるのではないか、というのがSさんの持論。
・・結構そうかも。

しかし、それでも少しはましな暮らしがした〜い。と切に願うのであります。
そう、私達の卵巣も、あなた達の精巣も環境ホルモン漬け。そんな我らが孕む次世代ベイビー達も須く有害物質にまみれて産まれてくるのです。

でも我が子には健康で居てほし〜い。

という訳で「(せめて)もう少しはまともに暮らしたい運動」なるものをはじめるかなあ。
もっとまともなものを喰いたい。
人の命を食らって生きていくのは動物としての性ではあるけれども、もう少しは命を無駄に殺さないで生きていきたい。
もっと気持ちいいセックスがしたい。
下から舐め上げるような感じで丁寧にフェラを味わいたい。
もちろんクン二もしてほしい。
すくすくとした環境で子供を育てたい。

それって、環境保護運動とも反戦運動とも絡んでいるようで、なんつうかもう少し地に足のついた、切実な願いなのではないかと思いますわ。

生活の中の手間を便利という事で切り捨てて来てしまったつけが今、来てる気がするよね。
何でも使い捨てて来てしまった私達自身が今、社会から使い捨てされようとしてるのかもしれませんね。大事な人にハガキでお礼状を描くような速度で生きていきたいものです。

ちなみにもうすぐ産まれるであろうベイビーのイメージでお花を買ってみました。

サボテンの花なんだって。あんまりお水をやらんくても生きていくんだって。なんだかこれからくるであろう荒涼とした時代にも生き残れるようなタフな子になってほしいなあ・・という親心を込めて。近所の花屋で350円なり。なんか南瓜みたいだからプレゼントでもらったハロウィンの入れ物に入れてみました。
c0046559_044121.jpg


ダーリンとにゃんが言うには最近の私は丸くって南瓜に似てるらしい。
↓似てるかな・・・?
c0046559_0505797.jpg

くっそーこれから痩せるぞ−。ちなみにこのかわいいピンクのパジャマは「授乳用」と称しておっぱいの所がホックで外せるようになっており、にゃんとダーリンが乳を揉むのにちょうどいいデザインです。家内ラブラブこそ最大の子育てのこつってことですね。(離婚経験者だけに力説)よ!わかってるね!妊婦&産後用服デザイナーは!
育児とエロって、同列に語られる事が少ないけど、男も子供もツボをおさえて飴と鞭を使い分けながら(時にご褒美を与えて)(自分の都合のいいように)育てるという部分に関しては非常に似ていると思うのだが。スキンシップが大事という所もね♡
[PR]
by renaart | 2006-01-20 00:32

濃密なアトリエタイム

先日お伝えしたように、アトリエの上の段は麗奈水彩画用デスク、
下の段はにゃんの部屋。
c0046559_21345977.jpg


にゃん先生は次々と名作をそのアトリエで産み出しているようです。
c0046559_21352137.jpg


今日のアトリエBGMは「とおりゃんせ。」

私はパソコンで執筆中。
[PR]
by renaart | 2006-01-17 21:35

幸せ報告

親友のひかりちゃんから吉報。

桃ゲリのアホパフォーマンス的師匠、秋山祐徳太子氏からお手紙。

日本の誇る左翼ミュージシャン、大正琴の竹田賢一さんから新年のカード

ダーリンから薔薇

にゃんからピンクのチューリップ

イーズカさんから紅茶のポット

久しぶりの友人達からの連絡というのはうれしいものなり。


昨日は一日ジョナサンのドリンクバーでコーヒー以外のドリンクを飲みまくった。たまには自宅から非難して、ファミレスに篭って作業というのも悪くない。紅茶、まずいけど。
感極まってテーブルでぼろぼろ泣きながらノートパソコンを抱えている妊婦な客(しかも五時間ぐらいいるし)って、どう思われるかな。
かなり訳ありな状況?
誤解)出産を控え、旦那とけんかして家出。行く所も無くファミレスで時間をつぶす。ふと昔仲の良かったころのメールなどを見直して、つい泣いてしまう。

いやいや・・・
正解)ファミレスで自伝執筆中、最後の章で自分の確かな文才とベストセラーの予感に感動する作家妊婦。

なのでした!
[PR]
by renaart | 2006-01-17 11:43

健常者の皆さんがうらやましい・・・

昨日は朝から腹痛。つい陣痛かと思って、病院に駆け込む。
そしたら風邪なんだってさ。け・・医者の奴、あの台に乗らせて
「子宮口は開いてないのでまだ、ですね。」
と、それで治療おしまい。
腹痛いしよお、7回もげーげー吐くしよぉ・・なんか全身むくんでるしよう・・・。自伝はまだもう少し残ってるしよお・・。
やってらんねえよ・・ぶつぶつ。
ストレスたまるわ〜と思って、旨いコーヒー飲んだらさ、
胃がひりひりしてお腹痛〜くなって最後まで飲めない。
刺激物を体が受け付けないのだ。
酒駄目、タバコ駄目、浮気駄目・・コーヒーはストレス解消3種の神器を禁止された妊婦に残された最後のオアシスだったのに・・。ストレス解消もできないつ〜のかよ!!!!FUCK!!

と、ぶつぶつ言いながらベッドの上でパソコン広げて自伝書いてます。
インターネットでミクシを覗けば、そこには健康で活動的な友人達のしあわせそうな日々が・・。

ああ、ああ、・・・いいですね!健常者の皆さんはお腹も小さく何処にでもお出かけになられて・・・・。
ぶつぶつと、そーとう何かたまってます。
かなり意地悪な気持ちがむくむくと・・・・。

もう、ネットなんか見ない!電話なんかでない!今日は篭って自伝書きあげるぞ!
LAN ケーブルを切って・・・・・・。皆様、さいなら〜。創作の世界に閉じこもる事にします!
[PR]
by renaart | 2006-01-15 16:22

だるだる執筆

ついに来てしまった。巻きの電話。
「増山さん〜そろそろ予定日ですけど、自伝原稿の方、どうなってます?」
社会批評社のシャチョー、K氏からである。

は・・・部屋の掃除などに燃えている場合ではなかった。

書きます。書きます。書いてます・・。もうすぐ終わります。でもこだわりはじめたら結構時間がかかってしまって。はい。
などと言い分けをして・・。
「さあ、今日はもう他の事はいっさいしないぞ!!パソコン前から動かないぞ!」と決意した瞬間、勢い余って、ダーリンとHしてしまった事はK氏には内緒にしておこう。

しかし、今日はちと体調が悪い。(だったら挿入なんてするな→臨月妊婦!)
リンゴでビタミンなどの補給をし、イーズカさんから頂いた紅茶ポットでYUMEという紅茶を丁寧に入れて、(旨いぜ!イーズカさん!)栄養が体の細胞の隅々まで行き渡った事をイメージトレーニングしてパソコン前に。

でもなんか熱っぽいなあ・・妊婦って基本的には病人だからね。定期検診は保険きかないけど・・。

という訳でただいま、熱さまシートを張りながら原稿執筆中。
ちなみに貧血気味で目のまわりがしょぼしょぼするので、熱さまシートを小さく切って目のまわりに張りながらデスク作業をするのが、俺流。↓妊婦は寒さに弱いのでダウンジャケット着て、腹巻きしてます。
c0046559_17442452.jpg


ベストセラーの裏には血のにじむような努力があるのですよ・・。
いや、こう書いているときのダサさに関しては村上春樹とかにも負けない自信があるわ。みんなそんなかっこつけてなんて書いてられないよね。実際。

ダーリンは食材の買い出しと保育園のお迎えに行ってくれた。
夕ご飯も作ってくれるといふ。(愛してるよ!)

さてその間、作家先生は詰めの作業に入りますか・・。
産みませんってば!書き上げるまでは。

自伝、出版されたら、買ってね。
後、今店頭に並んでいるポパイのポパイフォーラムというコーナーに私の書いた中国アートと中東欧アートについての記事が出ているので、皆さんご拝読の方よろしくです。
[PR]
by renaart | 2006-01-13 17:29

工作三昧

締め切りの仕事を一段落させたので、母体の本能として、巣作りに燃えている。
いやいや、自伝も書くんだけどね。どーも作りたくってしょうがないの。居心地のいい空間。
最近心掛けている事は、部屋のきれいな友達と付き合う事。
彼女達の部屋から帰ってくると、めまいがするのだな、自分の家の汚さに。

「美しくない!」

そして改造欲に火をつけるの。

最近は使い勝手の良さを目指して、部屋の改造にいそしむのが結構好きな自分に気がついた。常に考えてるものね、あの壊れかけた電気に手を加えて夜ベッドで本を読むときの照明を作ろうとか、朝、顔を洗う時の鏡が欲しい。とか。サイズを測り、理想図を頭の中に描き、
そして工夫して作る。
リサイクルショップやら100円ショップやら、オカダややら。
先週まではアトリエ改造。押し入れの下の段にニャン部屋、上の段に麗奈水彩デスク。
これは結構ナイスアイデアなのである。適当にニャンがニャンなりの制作をしている間に私も仕事ができる。

昨日、今日は、家部分!
台所の流しの前の窓に、5800円のアンティークの鏡を一ミリの誤差も無く設置!そしてその前にメイク落とし&洗顔料&ハンドソープ&歯磨き粉などを設置。
左にはちゃんとタオル掛け。
完璧!
ニャンの手が届くところに必要なものを置く。そうすれば、ニャンがいたずらした後勝手に一人で手が洗えるから。その間私は仕事できる。
かなり厚めのパルプ生地でカーテンを作る。この布は高かった。6000円はした。
厚めのカーテンがあれば暖房効率がアップするはず。
しかも毎朝幸せなはず。

最近頭の中を駆け巡る言葉。
適材適所。よく駆ける馬は姿も美しい。
もっと工具を使いこなしたいな〜。ぴたりと来るねじをぱ、ぱ。と道具箱から出したりして。
支持体に対して完璧な塗料をムラなく塗って、かちっと設置したい。
「これが欲しい」という欲求が、過剰な宣伝から、というのではなくて、自分の生活と本能に根付いた形で現れるような感じがする。人としてリハビリですかね。
不思議な現象。何が私に起こっているの?

お向かいのイーズカさんにもらった紅茶をおいしく飲む為に、密閉容器を買った。
これからもっと旨く紅茶を飲む為に、ポットが欲しいなあと思って、イーズカさんに相談したら、
何故かイーズカさんが探してくれる事になった。楽しみだなあ・・・。
美しくなった部屋で、おいしい紅茶などを飲む人生を生きてみたいなあ・・・・。
[PR]
by renaart | 2006-01-13 00:32

他者との関係

もんのすごくさみしがりやかつ爆発的にワガママな私は、長らく他者との関係作りが下手である。
自分の領域と他者の領域というのが何処から何処までかというのがようわからんのだ。

人から借りた絵やCDや本を無くしたりしてしまうのも、そんな現象の一環であると戒めている。
深夜4時に酔っぱらいながら泣き言電話をかけたりするのなどもってのほかである。

「ごめんね♡」と笑顔光線でパンティ見せながら不義理をごまかし続けてきた私も、よもや29歳。肌も体型も急カーブである。今年は三十路の花道をゆく。しか〜も、2児の母なのである。このままではヤヴァイ!傷つきやすいお年頃とか、アーティストだからとか言ってられない!


今、まさに増山麗奈、社会人になる第一歩を踏み出さんとしている。(気がつくの遅い!)
アートライターの仕事というのは1つの原稿を書き上げるにしても、沢山の取材相手、そして編集者との関係を大事にしなくてはいけない。
いや、むしろ、人とのネットワーク命!なのだ。
何処よりも早く、新鮮でディープで旬でガッツなアート情報を収集する。海よりも深く作品の意図を魅力を理解する。そして小泉首相よりも簡潔な言葉でそれを人に伝え、感動させる。その為にはギャラリーさん、美術館さん、編集者さん、映画館さん、作家さんなどとの信頼関係が必須条件だ。
今日も小山登美夫ギャラリーさん、白石コンテンポラリーアートさん、イメージフォーラム・シネマテークさん、現代美術館さん、某新聞、某雑誌の編集者さんに書き上げた原稿のチェックなどをお願いしていたのだ。
電話一本、ファックス一枚、メール一通、非常識であっては相手にしてもらえない。
正月早々、暗ーい声で電話かけてる場合じゃない。敬語間違えてる場合じゃない。
失礼の先にあるもの→それは「次から仕事が来ない」という現実なのだ。

これは今までの緩くて心地よい桃色ゲリラ衆達との関係とは違うのである。
私が書かせていただく原稿の言葉1つに、皆様の日々のお仕事への汗と涙の心意気がつまっているのだ。褒めるにしても、けなすにしても、その重みを噛み締めなければならぬ。

これも必殺芸術仕事人としての任務と心得、今年は信用に値する社会人を目指します。

とはいえ人間レベルの低さは隠しきれぬ私。(昔とある坊さんに”あんたは人より2段階低く産まれた。現在は狐であるが、努力すれば人間になれる。”と言われた事がある。余計なお世話だ。)
おそらく自分では気がつかない野獣匂がぷんぷんとにおっているに違いない。
こんな私と付き合ってくださり、誠に皆様ありがとうございます。
[PR]
by renaart | 2006-01-10 20:37