<   2006年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

周りの熱気

澤田サンダーが熱い。岡本太郎賞に会わせ、明大理工学部に新たな作業場を確保。
隣りに居ると、めらめらと彼の中に渦巻く怒りや嫉妬、てやんでーコラーというようなエナジーを感じる。サンダーは今回の岡本太郎賞に賭けている。

一緒に仕事をする人間が熱いのは悪くない。

多田恭子も熱い。レイバーフェスタにむけて3分の桃ゲリドキュメントを編集。

銀座芸術研究所の森下さんも熱い。初めてあったのに、明治以降の日本の油画主義、日本の美術の皇室万歳主義などの批判を熱く語りまくる。岡本太郎の初期のドローイングが、海外のアートシーンでは二束三文で売買されるという話も興味深い。世界のアートシーンでは、TARO,誰それ?って感じ?でもフランスで成功したという話もきいた事あるんだけど。画廊主はシビアだ。全てが貨幣価値に還元される。アートマーケット的な物とは無関係に自分の絵を3万とか7万とか12万とかで売買して来た私なのだが。
ライブでの展覧会の最終日に作品をとりに来てもらうことになった。一月に「少女マンガの影響を受けたアートシーンの検証」というベキ展覧会をやるのだ。始まりはアンディウォーホールが10代のころ熱狂していた子役アイドルのドローイングだ。しかも私もその中にくくっていただいた。
私が少女マンガの影響を受けているかどうかはさておいて、アートシーンの文脈に語られるのはなんだか不思議。ちなみに私が最も影響を受けた少女マンガは「七色マジック」(だれもしらない?)

でも今日はみんな放っておいて。
作りたいから。新作を。

携帯でません。メール見ません。さよなら。
[PR]
by renaart | 2006-11-30 10:32 | Trackback | Comments(2)

現代の自殺とはなにか。

昨日のイベント、わざわざ見に来てくれて皆さん、ありがとうございます。
至らぬ所ばかりでしたが、なんとか無事終わりました。でも私の集客が悪かったと、愛子に怒られました。人気が無くすみません。
白井愛子の新曲はよかったなあ〜。あの人は作曲のセンスもあるなあ。当たり前だけど。
そして会場にいらしてくれた女の子が突如舞台に乱入し、自らの幼少期からの自殺体験を語る、というハプニングもありました。Xちゃん、勇気あるカミングアウトありがとう。
通常のイベントよりもなんだか、重いテーマを持ち帰ったような気持。
そして、ちゃんと私達は、苦しんでいる子達のリアルに直面しなければならないな、と思いました。マンガやお笑い番組の影響もある。社会のせいにする事も出来る。でも、そこで苦しんでいる人がいるなら、彼が何を思い、何を考えているのか、何が彼らを苦しめているのか、その苦しみは何処から来るのか、何が原因なのか、一人一人を周りの人たちが理解していこうとすること努力が大事だと思いました。

命は、大事。そんな当たり前の事を何度でも言おう。熱くって周りが引いてもいい。空気読めなくても良い。ダサくてもいい。一人でも多くの子供達を助けたい。そんなヘンな大人が居るという事をわすれないでくだされ。
c0046559_14265224.jpg


どあ〜と気がつくと、部屋がぐっちゃぐちゃ。いつも何がパフォーマンスとかする度にこんな感じ。これから片付けましょう。ねじを巻き直します。キコキコキコ・・・。

雑念を取り払うんだレナ!絵を描かねばならぬのだ!個展は後一週間に迫っているのだ。
新作、のみ!っていうか旧作はいま千葉に飾られているから、新しい作品を産み出さねばならないのだ。
[PR]
by renaart | 2006-11-27 14:27 | Trackback | Comments(0)

26日パフォーマンス〜自殺撲滅キャンペーン〜

皆様 お久しぶりです。増山麗奈です。しつこくってすみません。転送歓迎、イベント案内です。
最近おそらく世界初、国立大の授業で母乳クッキーを生徒さんと作りました。(実話。↓以下で映像も見れます。しかも五つ星!)

テレビでは毎日いじめによる自殺のニュースばかりですね。
本当は誰だってもっとわくわくして生きていけるはずなのにと、とても心が痛みます。
そんな訳で、自殺撲滅キャンペーンを始めることにしました。
その第一弾は、明後日、11月26日(日)(すぐだ!)赤羽劇場で行うパフォーマンスです。
インディーズ売り上げ一位を記録する(一部で)人気歌手、白井愛子と、私増山麗奈が、一人芝居あり、母乳ペイントあり、愛のある似顔絵あり、歌謡ショーありの盛りだくさんパフォーマンスを披露します。
寒い部屋でリストカットしてる暇があったら、炸裂する芸術に触れて、命の可能性を爆発させるべき!

お友達をお誘い合わせの上、是非ご来場ください。また、以下のアートプロジェクトもよろしくです。
12月3日までは千葉市栄町のWI-CANで個展「妄想くらぶ・ピンク!!」
12月4日からは、銀座のexhibit LIVE&MORISで個展「母乳含有成分」
2月からは川崎の岡本太郎美術館で第十回岡本太郎現代美術大賞展に参加します。(なんと入選者に選ばれてしまいました!ラブ!太郎★)
アート魂燃やして、史上初の岡本太郎賞受賞を狙います☆
4月からは横浜のzaimで日韓中の合同展「LAN TO ASIA~進化する妄想・脈うつ記憶〜」のキュレーターにも挑戦します。詳しくは増山麗奈最新情報↓をどうぞ。
http://renaart.com/news/

11月26日(日)予約券は残りわずか。ご予約はお早めに☆

11月26日 日曜日  桃色ゲリラ パフォーマンス「PINK ドーピング〜自殺撲滅キャンペーン〜」
(画家)増山麗奈×白井愛子(歌手)
時間:19:00オープン 19:30スタート
予約1000円 当日1500円 プラス「おひねり」 飲食物持ち込みOK
場所:赤羽劇場 北区赤羽1-37-13 03-3901-7717
c0046559_22592842.jpg
c0046559_22593916.jpg
c0046559_22595359.jpg

[PR]
by renaart | 2006-11-24 23:00 | Trackback(3) | Comments(1)

母乳ダイエット!

ストレス溜まると、割と、食べるタイプ、です。
そしてそれは下腹とか二の腕に刻印として残ります。

しか〜し、私にはこの武器がある。THE 母乳!
昨晩から熱を出したこのあぷぷっこは、私のおっぱいを片時も話しません。しかも、最近あみ出したワザで、カンガルーっていうだっこひもの中で、外でも中でも、調理中でも食事中でも常時、あーたんはおっぱいを飲み続けられるのです。え〜い、重度の母乳依存症で逮捕しちゃうぞ!と書いてて思いついた、最近私の周りには重度の麗奈アート依存症な人々が集まっており・・。よく考えてみると皆あーたんみたいなもんだ。はい、つい深夜までこのブログをチェックしてしまう、そこのあなたのことです!
そんな訳で飲まれてます。イマも。10時間ぐらいず〜っと。朝も、ず=っと。
そんな訳で、昨日食べ過ぎたシュークリームとか、ウィンナーとかは、多分消費されたな。
1月からM書房の雑誌で連載(仮)決定!やっほ〜。
がんばりますぜい。

23日は、千葉でパフォーマンス。
そんで26日は赤羽でパフォーマンス。さすらってます〜。
来てや〜

11月26日 日曜日 桃色ゲリラ パフォーマンス「PINK ドーピング」 出演 
(画家)増山麗奈×白井愛子(歌手) 歌あり、絡みあり、ライブペイントあり、母乳ペイントあり
時間:19:00オープン 19:30スタート
予約1000円 当日1500円 プラス「おひねり」 飲食物持ち込みOK

場所:赤羽劇場 北区赤羽1-37-13 03-3901-7717 「JR赤羽駅徒歩5分=北口改札出て東口を左手の一番街入り、ファミマ、来来軒すぎ、ラーメン蔵六を右(赤羽中央街)150m先、サンワハウスを左、すぐ左に赤羽劇場
地下鉄南北線赤羽岩淵駅、徒歩4分=一番出口、左の「雅」手前を左に100m、スナックセレと(青い建物)茶の思月園の間を200m(途中、おばけ屋敷居酒屋赤羽霊園)レインボープラザを左曲がる、すぐ右手赤羽劇場
[PR]
by renaart | 2006-11-22 11:28 | Trackback | Comments(1)

LAN TO FACE ~sakae~


11月16日千葉の栄町での模様です。
栄町商店街をまわり、店のものをもらって大竹伸朗もびっくりのコラージュ作品を作ります。

これはノーマルバージョン。
実際に23日のイベントで流す予定の母乳クッキー作り入り映像は残念ながらドガログスタッフのお眼鏡にはかなわなかったみたいです。

とりあえずyoutubeで

増山麗奈 「妄想くらぶ・ピンク!!」
会場: Wi-CANP
スケジュール: 2006年11月23日 〜 2006年12月03日
住所: 〒260-0016 千葉県千葉市中央区栄町24-7
電話: 080-3493-8774 ファックス: 043-290-2658
[PR]
by renaart | 2006-11-21 03:07 | Trackback | Comments(1)

出来る女は・・

朝8時に起きて、お弁当をちゃちゃっとつくってあげて、”ライオンの遠足”(と、にゃんは言う。)へ娘を送り出し、しかも9時保育園着っていってたのに、なんと8時50分着!
ハンカチとかティッシュもポケットに入れてあげてる!

その後韓国のアーティストに電話。むっちゃごり押しの英語で展覧会への出展にOKをもらう。12月にソウルで会いましょう。

ああ、わかってるよ、自称・大竹伸朗・激似のサンダーさん。
今から制作します。
こっちが大竹伸朗さん↓
c0046559_11251645.jpg

こっちが澤田サンダー氏↓
c0046559_1839834.jpg

似てないよねえ・・、別に。
[PR]
by renaart | 2006-11-15 11:26 | Trackback(1) | Comments(3)

ママファン、いとありがたし千葉っこ魂炸裂

最近様々な応援をいろんな方にしていただき、ホント、ありがたいなあと思っているのです。
今日はにゃんのバレエ教室の日。同じチューリップ組のNちゃんママが、なんと我がレナ革命鍋ブログを3課間かけて読破した、と教えてくれた。しか〜も本まで買ってくだすった。何にハマってくだすったのやら、ありがたやありがたや。なんだか、ママファンが増えていく予感,

日中、岡本太郎賞の入選企画「幼なじみのバッキー」の原作者、澤田サンダー氏が我が家来訪。「早く描け〜早く描け〜とっとと描け|名作を描け〜。」という怨念のようなエネルギーを感じながら、絵の制作。今回の岡本太郎賞には共同制作者であるサンダーさん自身の作家人生がかかってるからなぁ。これで賞をとれるかとれないかで、生涯収入、3ケタぐらい変わってくるだろうからなあ。しかしなかなかはかどらず。すまんす、明日っていうか、今日、もう一度描きます。がんばります。がんばりますよう。

明日はにゃんの遠足。さきほどお弁当を作っておきました。朝起きてから作るのは、多分無理だからなあ。遅刻常習者な私は、今日先生に「ママ、明日は9時。ジャストに登園してくださいねえ。電車に乗っていきますからね。絶対ですよ。」と念を押していただきました。何しろ私は今日が保護者会である事すら、すっかり忘れて、10時20分に登園してしまった、駄目ママなのです。明日こそは、明日こそはがんばります。

チャップリンのドキュメンタリーNHKの番組を見る。すばらしいね。彼の表現に対する情熱と執念。妥協を許さない姿勢と、社会の本質を見抜く力。表面的じゃないよね。
チャップリンに比べたら、私なんて妥協妥協の毎日ですよ..流され、ふて寝し、現実逃避し・・権力には屈し、甘い誘惑と男には弱く・・自分に甘く・・
と、思わず卑屈になってしまいそうだがそこをぎゅっと我慢して、制作をするのです。

そして今週は〜千葉で展示をやってます。千葉市美術館の9階、市民ギャラり−で開催されている「平和を願う美術展」で三番瀬に関する新作や、LAN TO FACE~上海〜などが展示されています。
18日は13時半から愛すべき桃色おじいちゃん、画家の首藤教之さんとトークです。
首藤さんの作品への情熱には頭下がります。かわいい飾りビナみたいなインスタレーションを発表しています。大好きな作家さんなんです。他にも石橋別人さんら、千葉県に関係するアーティスト180名ほどの作品が集まっています。千葉にそんなにたくさんの平和を願う絵描きの人々が居たとは、驚きでした。千葉出身、千葉県民として、ピーナッツ心込めてお願いします。ゼヒ見に来てください。私は16日の日、会場すぐ近くの栄町にあるWI CAMP付近で栄町の町内会の皆様と一緒に大きな絵を描いています。遊びに来てね。


c0046559_142784.jpg
c0046559_195861.jpg
c0046559_1124510.jpg

[PR]
by renaart | 2006-11-15 01:14 | Trackback(1) | Comments(0)

死ぬな!

自殺する方法をえんえんと考えたり、遺書描いてる暇があったら、一枚でも良いから絵を描け!音楽でも何でもいいから作れば良いじゃないか。
発表する手段など、いくらでもあるぞ。
簡単に死ぬんじゃねえ。

命は、大事。
[PR]
by renaart | 2006-11-14 12:26 | Trackback | Comments(0)

東田理恵子

友人のイラストレーター、
東田理恵子のグループ展。曙橋
MOTTギャラリーにて。
いいじゃ〜ん。ぐんぐん良くなってるじゃーん。
こちらが会場

負けてられるか、と、帰ったら私も制作をしております。
[PR]
by renaart | 2006-11-11 20:56 | Trackback | Comments(0)

祝☆麗奈への投資!

我が家に帰ると、サプライズ!
Qさんから「芸術家への投資」
としてお金と、食料が入った段ボールが届いているではないか!
スゴイ。すごいうれしい。
お手紙に
「配当のお支払いに関しましては、”新しい芸術の創造”でお願いいたします。」
とあるではないか。
ありがたやありがたや。本当にありがとうQ様!!!

がんばって作らねば。みんな、みててや〜。
[PR]
by renaart | 2006-11-10 19:21 | Trackback(1) | Comments(1)