<   2007年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

麗奈タン、夜の蝶になる!

c0046559_185412.jpg
c0046559_15121961.jpg

アートお水の花道を駆け上る私、麗奈タン、
千葉の会員制高級倶楽部「RANCHU」で、絵の展示と、母乳カクテルと、似顔絵÷÷
麗奈タンの持てる美貌と才能をフル稼働させて、
エグゼクティブなサービスをご提供させていただいております。

次回似顔絵は2月2日と3日。
節分ですし(意味不明)
是非遊びにいらしてくださいまし。
5000円で、麗奈タンの絵をイメージしたオリジナルカクテル(世界大会出場バーテンダー土屋かなえさんが目の前で作ってくれます。母乳生絞り入り・・)5杯をお飲みいただけます。通常ならとン万円かかってしまうお店ですので、考えてみるとかなりお得なお値段です!

http://renanews.exblog.jp/4480490/

岡本太郎賞ノミネート芸術家★増山麗奈★ 
世界大会出場バーテンダー☆土屋かなえ☆

期間2007年1月27日(土)〜2月3日
会場 Restaurant&Bar Ranchu 増山麗奈の「ART∞COCKTAIL」
OPEN 20:00〜4:00 入場料5000円(FreeDrink)
27日(土)レセプションパーティー ★アーティスト麗奈の母乳カクテルを披露致します。★
28日(日)トークショー
2日(金)〜3日(土)似顔絵イベント

Restaurant&Bar Ranchu
千葉県千葉市中央区富士見2-21-1 CLUBGARIMPO 6F
TEL 043-226-1517
c0046559_1513283.jpg

[PR]
by renaart | 2007-01-30 15:13 | Trackback | Comments(0)

ガンダム芸人×越中芸人

昨日のアメトーク、テレビ嫌いな私も久しぶりにハマりました。
[PR]
by renaart | 2007-01-26 11:48 | Trackback | Comments(0)

高嶺格さん個展

4月の横浜でのアジアアート展「ART LAN ASIA」にも出展していただく、
高嶺格さんの個展が、今日から大阪で始まる。


****************
高嶺格個展「Baby Insa-dong」

場所:AD&A gallery
550-0003 大阪市西区京町堀1-6-12
tel.06-6443-3300/fax.06-6443-3397
www.adanda.jp

日時:2007年1月26日(金)〜2月7日(水)
   13:00 - 20:00(最終日18:00)
※1月26日(金)18:00より、オープニングパーティを行います。


本作品「Baby Insa-dong」は、高嶺格・金貴月が2004年6月20日に執り行った結
婚式の模様をドキュメントした作品です。写真270枚ほどと、ビデオ映像が一つ、
及びテキストにより構成されています。挙式後まもなくの時期に開催された、「釜山
ビエンナーレ2004」という展覧会で最初に発表され、今回のAD&Aでの展示が二度目、
国内でははじめての展示となります。

c0046559_10262769.jpg
c0046559_10263883.gif


また、この作品は4月、横浜にも展示されます!関東近辺にお住まいの方!楽しみに待ってましょ=〜。
[PR]
by renaart | 2007-01-26 10:28 | Trackback | Comments(0)

禁煙!

私決意しました、
禁煙します!
受動喫煙で、あーたんの弱まった肺機能を痛めつけない為、もう止めます、皆さん私が煙草を吸っている姿を見たら、あいつイシ弱・・とネット社会にちくってください。
c0046559_10311121.jpg

ところで、今週って、後何日だっけさ。
1200字の原稿(美術インタビュー)と、
2500字の原稿(瞳 photosと言う雑誌の連載企画)
160センチ×100センチの絵(マンコの絵柄)
写真の上にペイントする新シリーズ
を描かねばならぬのらな。
はははははは・・・・(遠い目)

そうそう、今月創刊のマリア書房発行[瞳 photos]
戦場に立つカメラマンの群像〜なぜ彼らは戦場へいくのか〜

の巻頭グラビアを、桃色ゲリラが飾っていますよ、かつ同じページでダーリンの撮った写真も載っています。2月1日に、大きな書店の店頭に並ぶそうです。さらにネットで買っても送料は無料。
来号から連載をさせていただく予定なのです〜。
[PR]
by renaart | 2007-01-24 10:30 | Trackback | Comments(3)

TARO賞玉砕、あーたんカエル

サンダーから電話。
「TARO賞だめだったよ。特別賞もなし。でも史上初の岡本太郎賞、受賞した人が居た!」

え〜。ショーック!
でもでもあーたんが退院して、お家に帰って来たので、実は全然落ち込んでいないのだった。落ち込むどころか、超ハッピー★

おかえりあーたん。
c0046559_10475099.jpg

しかもすばらしきは入院費。3900円の食事代も後で区役所に請求すれば全額至急されるそうだ。個室代なども保険から全額おりる。
4泊5日の入院でかかったのは、なんと初日の病衣レンタル代210円のみ!
すばらしいわ〜新宿区の子供への医療費全額負担制度。
ありがとう!新宿区民殿!皆様の税金であーたん見事人間界に復帰出来ました。
いざと言うときの医療費って、怖いなー私も生命保険はいっておこうかなあとか、ちと思う。

玉砕した(でも入選はしたんだからりっぱなもんじゃないか)澤田サンダーさんとのコラボ絵本幼なじみのバッキーシリーズは、2月3日から川崎の岡本太郎美術館にて展示されます。

また、同シリーズの特別エディションプリントは千葉での個展art∞coctailにて販売されますので、要チェックです。
この個展はバーで開催されるので、入場料がお高いのですが、28日の日曜日夕方5時から7時までは無料一般公開されますので、お近くに住んでいる方は是非。
マンコをテーマにした新作絵画も展示されます。
[PR]
by renaart | 2007-01-23 10:52 | Trackback | Comments(3)

看病の合間に

たまに家帰って来てシャワーとネット。

病院からでるときのあの、「マンマ〜」というあーちゃんの泣き声がたまらない。
娘の入院看病生活を送りつつも、仕事はかどる。
病室で新作3枚仕上げる。

横浜ザイムで打ち合わせ、下見、メディア関係の打ち合わせなど。
結構好調に進んでいるようだ。台湾の有名アーティストRも参加してくれる事に。
打ち合わせが終わって帰り道「よし.今日は有意義だった!」という充実感が毎日ある。
本当ならな、母ちゃん、あーちゃんとずっと一緒に居たいんけどな、仕事やけんしょうがないのや。
愛おしいあーたんを待たしているからこそ、母ちゃん中途半端な仕事ようせんで。
連載の一本や二本、契約や協賛金の一本持って帰らんと、ああちゃんに顔向け出来へんわ。

上海のワンリさんに図面を送らねば。

病室で某誌で始まる連載企画の取材&撮影。こっそり窓からベランダに出て新宿の街をバックに某ギャルを激写。点滴につながれたあーたんに授乳しながら、自傷行為の話や、過去に受けた虐待などの話を聞く。どんなシチュエーションだっつうのまったく。しかも髪が短く化粧っけの無い彼女は一見男の子に見えるので看護婦さんに浮気と間違えられたりして・・。はぁ・・。でも彼女にマッサージしてもらって元気回復なのだ。
[PR]
by renaart | 2007-01-21 20:58 | Trackback | Comments(0)

あーちゃん入院

あーちゃんがおとといから細気管支炎で入院している。経過は順調で、日曜日には無事退院できるとの事。
私も病室に寝泊まりする日々。そして時々こっそりこうやって家に帰ってウェブをするなり。

あーちゃん!かわいそうちゃん!待ってててね。ママ、今メール送ったから、これからお風呂はいって、それからもう一度病室に戻るね。
愛してるよあーたん。

チウアンションのオープニングへ行く。
ART itの編集長の小崎さんも紹介していただく。
連載を持たせて欲しいと初対面で無茶なお願いをする。

サンダーはアンションの才能に嫉妬した模様。
彼のハイテクかつ現代的なセンスに対抗せよと、さざなみ映画祭に出展していたアニメーターの作品を無理やりI tuneで見せる。油絵を一枚一枚描いてアニメを作った力作。
「俺らだって、結構やるっしょ。」と言いたかったんだと思う。
アートのオープニングで大人達がかっこいい服を着てかっこつけているのに、
子供の喧嘩並みのもの作り争いを行っているサンダーがおかしかった。
次回のさざなみにはアンションも参加する事になるのだろうか。
[PR]
by renaart | 2007-01-19 21:51 | Trackback | Comments(0)

邱黯雄 (チウ・アンション)展20日から

c0046559_16494443.jpg

↑画像*上海ビエンナーレ出展作品「山海経(せんがいきょう)」

上海ビエンナーレでも好評だった、水墨画風アニメ作家、邱黯雄 (チウ・アンション)の展覧会が20日から東京都現代美術館で開かれる。
邱黯雄 (チウ・アンション)展


チウ・アンションには4月に予定している私がキュレーションするアジアアート展[ART LAN ASIA]にも参加していただく。

昼、新宿の某会社にて、某会長とネオ春画 壁画打ち合わせ。
2枚書く事になりそう。
昼間から「騎乗位を下から見たアングルで。」とか「マン●を75%描く感じで」とか..。社員さん達も居るのに、結構飛ばした会議でした。
太郎が終わったら終わったで、ふう、、いろんな仕事が山積みだという事が判明。
[PR]
by renaart | 2007-01-15 16:51 | Trackback | Comments(0)

後一日

明日が岡本太郎賞の搬入。
にもかかわらず余裕の睡眠11時間。朝厠にて我が人生最大級なサイズの大便と遭遇す。

なんか史上初の太郎賞、いける気がして来た。
思い返すといつも、私を支えてくれていたのは、応援してくださる皆さんでもあるけれど、この”根拠の無い自信”だったなあ・・・。
とか感慨にふけている暇はないっす。

懲りずに最後のアガキ(絵の細部の書き込み)をする。
サンダーさんF山くんイガちゃんありがとう。絶対捕ろうね!
[PR]
by renaart | 2007-01-12 12:09 | Trackback | Comments(2)

自殺したい頃をすぎて

20代前半の頃、趣味のように海に飛び込み自殺未遂を繰り返していた事がある。
人生は重く悲しく孤独でむなしく、どーもどんよりとどうにもならんと思うと男と寝て、絵を描いて、コンビニのパンを吐いて、自殺未遂を繰りかえす。

つくづく厄介な女だった。

幸いな事にいつもお金がなく、今日明日の食事と電気代の事に追われていたので、精神科とかカウンセリングとかに行った事は無かった。
ソンで無我夢中で絵を描いたり子供を産んだりしてたら、いつの間にか自殺願望という物が全く無くなってしまった。

先日21歳の友達と「自殺とは何か」みたいな話をしていたときに正直ジェネレーションギャップのような物を感じた。

気がつくと最近、人生が痛くない。むしろ楽しい。子供かわいいし。絵も好き放題描けるし。有機野菜とかちゃんといい物食べれるし。
痛さとか恥に図太くなってる・・・・。
もちろん表現で喰うのはなかなか難しく、いつもお金を頂く際に、「これはプロの仕事か?」と自問自答し、様々な葛藤を抱えています。
でもあのどうしようもなく苦しかった人生はどこへいってしまったんだろ。

考えてみると、ただ歳を取った訳ではなく、それなりに自分なりの”どーしよーも無い自分”というものに対処する術を身につけたとも言える。
自分を自殺へと駆り立てたストレスのような物へ、具体的に対処をするようになったのだ。
①金がない。電気が止まりそうだ→稼ぐ、もしくはダーに払っていただく、稼ぐ。借金はしない。冷蔵庫の中にある物でしのぐ。カードで買い物をしない。

②人間関係がめちゃくちゃ→必要以上に、友人を持たなくてもいい。でも出会った人びとには一人一人誠意を持って対応する。でもそんなにしょっちゅう電話しなくてもいい。私は周りの人々に常にお世話になっているので、心の中で言うだけじゃなくて声にだして「おかげさまで」と言う。でも譲らない所は譲らない。

③体の体調が悪い。→ひどいときは医者にかかるが、基本的には日々の健康管理である。
眠たいときは寝る。でも早起きを心がける。食べ物はいい物を食べる、自炊。野菜には体に蓄積した科学物質を外に出す役割があるらしいよ。

④絵が滞ってる感じ→とにかく描くしかない。そして締め切りを守る。いい条件や興味深い内容の展覧会は参加する。

⑤なんか無性に不安定→以前なら酒飲んで男と寝ていたのだが、とりあえず寝る。12時間ぐらい寝る。子供かダーに抱きついて寝る。寝る前の呼吸法と入浴法をあみ出した。死海の塩の入った湯船につかる。

皆さんも独自の心健康保ち方を覚えると良いかもしれませんよ。

あ、あと保育園から借りたものをちゃんと返す事も大事だよね。

あ、あと以前は「あ〜死にたい」と言うのが口癖だったんだけど、最近は止めた。そのかわり、「おいしい〜」とか「幸せ〜」とか言う。一日に10回ぐらい言う。
その方が周りに居る人もストレス減るらしい。
もちろん心の中で「あーアタシのアホアホ!絵が全然終わってないし〜貯金残高ないし〜仕事終わってないし〜温暖化で妙に気持悪いし〜なんか肌が老けたし、どうすんのこの状況!」と落ち込む事はあるんだけど、死にたくはない。全然。対処すればいい。パックしたりとか。

言霊ってある。
いい言葉をなるべく吐いていくことによって、まわりも気持よくなる。

あ、あとげんなりする自分(ケータイ落としたり、物無くしたりする)に対しての対処も以前よりうまくなった。外出する時物を必要以上持たない。
そしていざ失敗してしまったときは、とにかく掃除する、そうするとたいていの物は床のどこかや押し入れのどこかから発見される。
最近乾燥機を買っていただき、家中のものを洗濯してみたところ、ダーの左右びっこだったくつしたが24足もそろった。ソンだけまぎれていたというものすごい。だははは。

さて、もう一枚ネオ春画を描きまする。

しかし、自分が不安定って言うのはある程度克服したが、人に迷惑かけてしまう事に関しての恐怖はとてもある。アートプロジェクトが大きくなればなるほど、怖い。
韓国へのメール2通描きます。見積もりがusドルだったりして、それを日本円に換算したりして、へえ、全体未聞のプレッシャー。
いざ、闘うべし。
[PR]
by renaart | 2007-01-09 13:32 | Trackback | Comments(0)