<   2007年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

個展御礼と種族を越えた愛☆

皆さんのおかげで、個展を無事開催する事が出来ました。
本当にありがとうございます。二人の子持ちで、今日までアートを続けてきて来れた事本当に奇跡のようだなーと思います。
今後もミラクルを起こし続ける所存でございます。
「もっと新作を描け!」「絵が浅い!もっと深い絵をじっくり描け〜!」
などいろいろダメだしも多々頂きました。
逆に「感動して2回も個展会場に行ってしまった。」「2時間位絵を見続けてパワーをもらった」
などファンレターも頂きました。
今後のものつくりの参考意見として、大事にお腹の中で反復させ、よりよいものを作ったり発信したりしたいと思います。地球を救ったり、地域密着な活動をしつつ、世界を飛び回りたいと思います。はい。まったく懲りません。
c0046559_1292656.jpg


ゆるりと買ってくださった方に絵を今日梱包して送ったり、お礼のメールやお礼状をお出ししたり、募金の金額を数えたりしております。
なんと!40000円弱ほどの募金を頂きました。おかげで今月も借金せず家賃が払えました。心からありがとう。
これを元手に、ますます制作をするのであ〜る。みんなありがとう!ミクシの増山麗奈コミュも入ってね!来年公開の映画やCG将軍のDVD、そして一月に発売予定のバッキーの本(短編増山麗奈作の小説も書き下ろしました)も買ってね!

環境問題、というとなんだか難しく構えてしまう人も居ると思うのですが、
地球温暖化を止めるためには、種族を越えた愛!がキーワードだと思う。
人間だけがこの地球にはびこるんじゃなくて、地球には小さなバクテリアから、ぞうさんくまさんまでたーくさんのおおきな命があって。それぞれが結びついて暮らしている。
森林が破壊されてしまう時、「うしし・・この材木でもうかるぜ」だけじゃなくて、
「木さん、痛そう、かわいそう。。」って思う気持ち?木だけじゃなくて土の中や森の中に居るたくさんの小さな命に共感する気持ち?
そこから回復していきましょうや。
ということで、我が家も種族を越えて、愛の母乳をクロエにも与えてみたよ。


c0046559_12285395.jpg

[PR]
by renaart | 2007-10-30 12:29

バレエの発表会!

c0046559_14465964.jpg


昨日はにゃんのバレエの発表会だったのです!
かわいかったなー。両家のじいじとばあば、そして現パパ、旧パパ、保育園のお友達も二人も応援にきてくれて、幸せな一日でした。愛されっこだなあ。

27日はCG将軍がBSジャパンでほうそうされたらしーのですが、私、みてれいないのです。どなたか見た方、感想をきかせてください!
年内、地上波で再放送もするみたいです。 
c0046559_16164950.jpg


家でもダンスの練習をしているお姉ちゃんを見て、あーたんもバレエに興味を持ち始めた様子。ふ、ふたりもバレエを習い始めたら・.・ママとパパはお仕事がんばらねばいけませんね。えんやこらさ〜と。この子達の未来がきらきらしていますように。
[PR]
by renaart | 2007-10-29 14:49

個展は明日が最終日!

増山麗奈 個展 ☆ ストップ・地球温暖化キャンペーン☆
「WATER WARS 〜いのちの水〜」
10月15日(月)から10月27日(土) 日曜日休
入場無料 (22日 7時以降より800円) 営業時間  12:00〜19:30
(最終日のみ17:30 まで) (22日のみ午後9時まで営業)

exhibit Live & Moris 
東京都中央区銀座8−10−7東成ビル地下  tel 03-5537-0023
info@renaart.com   090−2543−2379(増山)





展覧会関連企画  (聞き手‥ すべて 増山麗奈)
10/15 (月) 18:30〜  オープニングパーティ
10/20 (土) 15:00〜  トーク「パート主婦から見たRENAと社会」
ゲスト/本杉美智子(映像作家)
      同日 18:00〜  母乳パフォーマンス
  
【特別企画】 GINZA環境会議 「知ろう 語ろう☆地球温暖化」 (入場料 800円)
10/22 (月) 19:00〜  ゲスト/未来バンク事業組合理事長  田中 優
              環境ジャーナリストの会理事  志葉 玲

☆コンセプト☆
地球温暖化、環境破壊、異常気象による水不足、水質汚染に犯された地球。
画家であり、母であり、革命家である増山麗奈は母乳によって命の大切さを訴え、
拝金主義、大量生産、大量消費を止めない現代社会を痛烈に批判する。 



[ 展覧会作品no1 絵画シリーズ「いのちの水」]
増山麗奈が今回の個展のために描き下ろした温暖化と水の循環をテーマにした油彩シリーズ。

[ 展覧会作品no2 ドキュメンタリー映像「突撃せよ!アクション母ちゃん☆」]
増山麗奈のアクションは、経済に縛られた管理社会の壁を突き破り、もう一つの世界に向かう儀式だ。過激な母乳パフォーマンスや桃色ゲリラパフォーマンス、防衛省、柏崎原発、セブンイレブン本社、メディア、国会に直接申し入れ・。
多面体な存在である増山を、主婦であり、母である本杉美智子が半年間追った記録映像。

[ 展覧会作品no3 写真×インスタレーション「 DANGER ZONE」]
地震によって無惨に破壊された柏崎原発原子炉内部の貴重な写真(撮影/志葉玲)や、増山の故郷である千葉の産業廃棄物
の写真。また消費社会に潜む放射能や化学物質などの危険物をテーマにしたインスタレーション。

[ 展覧会作品no4 巨大絵画「こどものチカラ!」 ]
増山麗奈が”桃色ゲリラ”発案者である村上史枝と企画した、こどもたちと体中を使って描いた巨大絵画。人間性回復を求める。


きてねー。
明日は一日中会場にいますので、よろしくです。
[PR]
by renaart | 2007-10-26 22:46

個展は明日が最終日!

増山麗奈 個展 ☆ ストップ・地球温暖化キャンペーン☆
「WATER WARS 〜いのちの水〜」
10月15日(月)から10月27日(土) 日曜日休
入場無料 (22日 7時以降より800円) 営業時間  12:00〜19:30
(最終日のみ17:30 まで) (22日のみ午後9時まで営業)

exhibit Live & Moris 
東京都中央区銀座8−10−7東成ビル地下  tel 03-5537-0023
info@renaart.com   090−2543−2379(増山)





展覧会関連企画  (聞き手‥ すべて 増山麗奈)
10/15 (月) 18:30〜  オープニングパーティ
10/20 (土) 15:00〜  トーク「パート主婦から見たRENAと社会」
ゲスト/本杉美智子(映像作家)
      同日 18:00〜  母乳パフォーマンス
  
【特別企画】 GINZA環境会議 「知ろう 語ろう☆地球温暖化」 (入場料 800円)
10/22 (月) 19:00〜  ゲスト/未来バンク事業組合理事長  田中 優
              環境ジャーナリストの会理事  志葉 玲

☆コンセプト☆
地球温暖化、環境破壊、異常気象による水不足、水質汚染に犯された地球。
画家であり、母であり、革命家である増山麗奈は母乳によって命の大切さを訴え、
拝金主義、大量生産、大量消費を止めない現代社会を痛烈に批判する。 



[ 展覧会作品no1 絵画シリーズ「いのちの水」]
増山麗奈が今回の個展のために描き下ろした温暖化と水の循環をテーマにした油彩シリーズ。

[ 展覧会作品no2 ドキュメンタリー映像「突撃せよ!アクション母ちゃん☆」]
増山麗奈のアクションは、経済に縛られた管理社会の壁を突き破り、もう一つの世界に向かう儀式だ。過激な母乳パフォーマンスや桃色ゲリラパフォーマンス、防衛省、柏崎原発、セブンイレブン本社、メディア、国会に直接申し入れ・。
多面体な存在である増山を、主婦であり、母である本杉美智子が半年間追った記録映像。

[ 展覧会作品no3 写真×インスタレーション「 DANGER ZONE」]
地震によって無惨に破壊された柏崎原発原子炉内部の貴重な写真(撮影/志葉玲)や、増山の故郷である千葉の産業廃棄物
の写真。また消費社会に潜む放射能や化学物質などの危険物をテーマにしたインスタレーション。

[ 展覧会作品no4 巨大絵画「こどものチカラ!」 ]
増山麗奈が”桃色ゲリラ”発案者である村上史枝と企画した、こどもたちと体中を使って描いた巨大絵画。人間性回復を求める。


きてねー。
明日は一日中会場にいますので、よろしくです。
[PR]
by renaart | 2007-10-26 22:46

恥を覚悟で!

the boomの「手紙」と言う曲で、
「何かと世の中流れが速いので昨日書いた手紙を朝になるとしらけてしまって恥ずかしくて出せない」
と言うフレーズがでてくるのだ。

わかる

でもあえて恥をかきまくる人生を選択してみようかと思う。

思いついたまま、何でも書くぞー、

もしみんな朝になっても白けない発言していたら、わき上がる青春のエネルギーはどこへむければいいんだーっ
30歳だってママだって青春なんだー

とこの間深夜高校の校庭に乱入してエッチしてきておもった。(楽しかったw)

なにやってんだ、わたし、と思う瞬間が10分に0.1秒ぐらいあるけどね。忙しい世の中の尺度を知らんぷりして、20日に一回ぐらい一人突っ込みする位にならないと、ぎゅっとした名作はかけない気がする。とりあえず突き進む。恥ずかしくもない文章なんて書かない今日は新しくできる雑誌「ロストジェネレーション」に寄稿する「戦争よりエロス〜そして環境へ」という記事を書いている。ここ5年の自分の活動を統括する傑作になる気がしてきた。
でも5時にはギャラリーにいかなきゃ。ということは4時半には出なきゃ、と言う事は後20分しかかけない。ラストスパート 8000字など、溢れるエナジーで一日で書けてしまうわっ。ファイト〜〜
[PR]
by renaart | 2007-10-24 15:44

こんなんあればいいな。(1)ジャーナリストの保険ユニオン

旦那がね、フリーのジャーナリストなんでいつも思うんですが〜

危ないところにいくのに、やたら 命が安い!

それも自分の趣味でいくっていうよりはね
世のため人の為に、真実を教えてくれるわけじゃん。
彼らが教えてくれなきゃ、私達くだらないバラエティとかみて税金とお金を払わされて
何も知らされないまま一部のお金持ちの言いなりになるわけじゃん。
(そう!昨日田中優さんがいってたけど、地デジの開発費って、ほぼ私達の携帯料金からとられるらしい)

だから私達はもっとまともな情報と多角的な物事の見方を知るべきなのである。
その為には、良質なジャーナリズムと、それを報道してくれるメディアが必要なのである。
とーこーろーが
長井さんがビルマでなくなったときも、
橋田さんや小川さんがイラクでなくなったときも
メディアは騒ぐけど、具体的なケアがなんにもない。
戦地は保険会社の対象外。
「アブナいところにいった自己責任でしょ」って簡単に切り捨てられる。
ベトナム戦争を止めたのは、マグナムや世界中のジャーナリストが作り出した世論でしょ。
時代を変える事が出来る可能性があるわけでしょ!
だっつうのに
あージャーナリストの命って安い!
なーのーに
イラクで劣化ウランに被爆して白血病になっても、
ビルマで、銃弾にあたって足がぶっ飛んでも
北朝鮮で拘束されても
ただ。

壁画の仕事だって高いと事でやるときは保証がでるぜぇ。
そういえば俳優の有馬理恵さんが役者業界で初めて、舞台稽古中に起こった事故の保証をするユニオンを作ったっていってた。
フリージャーナリストを支える会を作りたい。
足の一本や手の一本なくなっても団体の費用から保証がでる位の組織を作りたいなー。そしたらもっとジャーナリストはいい仕事をしやすくなるのではないだろうか。

私、実はむちゃくちゃ良妻賢母!?
「あなた・・いかないで・・子供達も居ますから」
じゃなくて
「何処にでもいけー命かけろーいい仕事しろー。」
と旦那を送り出すわけですから。

このブログをよんでくださっているジャーナリストの方、そしてそのご家族の方、ユニオンつくりませんか?お宅の旦那さんの足の治療費みんなで出しますから、家の旦那が死んだらケアして(ぶっそうです)ください。お金だけじゃなくて、連帯する事によって勇気付けられるんじゃないかみたいな!泣いて、英雄にされるより具体的なケア!どなたか心当たりある方は、連絡ください。
info@renaart.com
[PR]
by renaart | 2007-10-23 11:47

ゆるやかな抵抗の手段

本日ギャラリーで、田中優さんとシバレイさんに地球温暖化について話をしていただきました。
現代アートのイベントで、環境の専門家やジャーナリストに、話をしてもらうってなかなか無い機会なので、先駆者的試みとしていいじゃない?と思って企画をしました。

だってさ、アーティストって絵のことだけじゃなくて、もっと社会全体に興味をもって見聞を広げていく事が大事と思うのよね〜。
そういう人が作る物の方が、目だけじゃなくて、頭も心にも響く物になる気がするのでア〜る。だから私も勉強したいのだ。

いろいろ至らない所も多かったのですが、すごく身のある話を聞かせていただきました。

今日一番面白かった話!

戦前は日本には各都道府県に電気局があった。
しかし、一度悪の企業東京電力が全体を統一した。その後中部電力とか東北電力とか、7つの電気会社にわかれた。

なんだかその動きって、以前日本に3000もあった地方の新聞社が、戦争とともに大本営発表の政府系のメディアに統一されてしまい、結局60紙ほどの地方紙しかのこらなかったことに似てない?
もっとローカルにその土地土地で土着的なエネルギーと産業、メディアがあってしかるべきなのに、全てが中央に集中されてしまうって。
人と街が骨抜きにされていく過程な気がするわー。
やっぱりそこから抜け出すには、自給自足ですかね。農業も、エネルギーも。そんなもう一つの国みたいな共同体を作りたいですねー。それは、今の政府をクーデターで無くす、とかでなくて、じわじわと少しずつ細部細部から作り上げて、だんだん連帯していく様なそんな物なきがする。
次の目標が見えてきた感あり。

國の隅々まで監視とエネルギーと金の管理行き届き、抵抗する団体は押しつぶされそうになってしまう現代ですが、
そこから緩やかに抜け出していく手段が、すぐそこにある様な気がするなぁ。それってそんな難しい事じゃないような気がしてきた。

ヒントは一人一人が持っている。そんなポテンシャルがあるのに、そこに目がいかないように気がつかないようにされているのでわ。ないでしょーか。

ラブアンドぴーす。
[PR]
by renaart | 2007-10-23 01:28

澤田サンダーと過労死

c0046559_245895.jpg

澤田サンダーとバッキーの絵の修正を描く。
書きながら、就職せず不安定な経済基盤で制作を続ける自分たちの状況について語る。
サンダーさんの大学時代や高校時代の同級生で、
大手企業に就職したが鬱病になってしまったり、自殺してしまった友人が居るそうだ。私の友人でも、子宮系の病気になったり、鬱病になった人は何人か居る。
「そういう人たちは、自分たちの目標とか、これがやりたいあれがやりたいという欲求すらわからなくなってしまう。そこから回復するには、かなりの期間がかかるよ。その状況に比べると、不安定でも俺らはまだましな選択をしたのかもしれない」
とサンダーはいう。
最近働きマンといふ菅野美穂の主演ドラマや、篠原涼子が派遣のドラマやったりCMやったりして、「働く」と言う事を過剰評価する風潮が作られようとしているけれど、それってかなり危険な事な気がする。
会社の中で残業をする事がかっこいいこと、正義となるムードが出来る。
そしたら、部下は抗えない。
身体をぼろぼろに、精神もぼろぼろになるまで働いても治療費の補助はでない。
まさに企業に捨てられる友人を見ていると、
そんな状況は変えねばならない。と思う。
雨宮かりんさんもそんな状況について戦っているんだろうな。
正義とか常識に縛られて殺されていく人がここまで多いとしたら、
そんな正義ゴキブリの餌にもなんねえ。

かくいう私も、ワーキングプア。
今年私は31歳になる。フリーター、ワーキングプア、やたらネガティブで不安定な言い回しをされる年齢。
未来に希望を持てと言われても結構難しい。
その時代のリアルを書きたい。

お互いをいたわる気持ちを持ちながら、友に制作と言う戦いをする澤田サンダーは大事な友人だと思う。ありがとうサンダー。おつかれさんだ−。
サンダーさんの「過労死」をテーマにした写真展が、ピンクカウで今月中やっております。サンダーの目線はいつも人知らず世間の中で傷つけられ、捨てられていく人に向けられている。その視線は偽善や哀れみの色に染まる事無く、残酷なまでにストレートだ。

写真=[エキサイティングスポーツ過労死]澤田サンダー
[PR]
by renaart | 2007-10-22 02:44

桃色ゲリラ基金創設

えーっと、
先日の日記で「桃色ゲリラ」存続の危機?貯金残高3000円!というショッキングな事実をお伝えしたわけでありますが、
その後個展会場に行って、森さんと話して「あんたは、応援してくれる人を集めて少しずつでもお金を頂いて、それを元手に活動をすればいいんだよ。」と言うアドバイスを頂いた。
早速個展会場に募金箱を置いたところ、なんと一日で3000円もの大金が!一気に財産2倍!?
そんなわけで以前から持っていて、あまり使っていなかった桃色ゲリラ郵貯口座を復活させるとともに、増山麗奈および桃色ゲリラを応援してくださる希有な方を募集します。

参加してくださる方にはファンクラブみたいな感じで、2ヶ月に一度位集う会を作るとか、個展の搬入をちょっとお手伝いしていただくとか、
増山麗奈の絵の購入や、本の購入、映画のチケットの会員特別割引で買えるとか、なんらかメリットを考えたいと思います。
頂いたお金は、生活費とは別にし、映画製作、画材購入、パフォーマンス準備小道具、衣装、アート活動、腐った世の中へのパンチ代などに使わせていただきます。
自分では抗議パフォーマンス参加できないけど、気持ちは応援したい!という皆様、よかったら桃色ゲリラを末永く応援してください。

今後計画している事
●来年公開映画「桃色のジャンヌダルク」製作
●出来たら、NYか北京で、環境を考えるアーティスト達のエコアジアニズム展をやりたい。
●全世界をまわって、LAN TO FACEの共同製作をしたい。
●ヒマラヤの氷河に行き、温暖化防止を訴える絵を書きたい。

私,自分でいうのもなんですが、大変ずぼらな性格でして、会計報告は出来ないかも。それでもいいと言う方のみ!応援してください。

個人の方は一口1000円から、団体の方は一口3000円から。『応援したい』と思ってくださる金額を振り込んでくださったら、衣装代やステージの場所代、その他にいかしていきたいと思っております。また振込み時に、皆様からのメッセージをお待ちしています。』

 ゆうちょ
10020−94279691
口座名「桃色ゲリラ」
まで。

桃色ゲリラと一緒に、愛とアートと平和を作ろう!ピース☆
[PR]
by renaart | 2007-10-18 14:15

大澤信亮さん新潮新人賞受賞「宮沢賢治の暴力」

友人の大澤信亮さんが、新潮新人賞の批評部門を受賞しました。
批評賞は今年でなくなってしまうらしいので、大澤さんは最後の批評賞受賞者ということになります。
c0046559_13291498.jpg
新潮11月号に掲載されています。


これは一見の価値有り!ピュアの代名詞みたいな宮沢賢治の詞が戦時中、戦記高揚の為に機能していたのはなぜか。宮沢賢治の中に潜む暴力性を探る力作です。大澤さん自身、高校生時代に振るってしまった暴力により、暴力とは何か、というのが人生のテーマなんだなあと。
宮沢賢治との対決が、大澤さんの人生そのものの宿命となっていて、ずっしり響きました。

こんな輝ける才能の持ち主大澤さんと、来年雑誌「ロストジェネレーション」と言うのを作ります。私も編集委員にしていただきました。

原稿の締め切りは、今月末〜〜。大澤さんは小説に挑戦するそうだ。
私は、「戦争とエロス〜そして環境へ」

書かなきゃ!
[PR]
by renaart | 2007-10-18 13:35