<   2007年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2007年統括

この間のクリスマスライブの写真アップ!
c0046559_251770.jpg
c0046559_251216.jpg
c0046559_2513460.jpg
c0046559_2514597.jpg
c0046559_2515821.jpg
しつつ、今年を振り返ったりしてみるぞー。

今年はたくさん仕事しました。
反省点。一つ一つの仕事を客観的に見るプロデューサーの目を持つ。怖くて鏡とか写真とか自分の個展の絵とかちゃんと見れなかったんだよね、でも欠点もふまえつつちゃんとひとつひとつ検証する。
クロッキーをもっと描く。締め切りぎりぎりに始める仕事がおおすぎ、やっつけ多し。だからこれからは下絵をもっと描く。仕事ととして決まっている発注物だけではなく、自分の無意識の絵を形にするために、家のいろんなところにクロッキー帳を置いておいて、バックにもいれておいて、いつもなんでも描く。手を動かすようにする。
もっと展覧会を見る。
スカイプiPODなど最新器具を駆使し、コストダウン。
人とやる仕事は、ちゃんと確認、確認、間違えたらちゃんと反省。すぐ謝る。
信頼関係をちゃんと作る。

良かったところ
後半携帯電話を無くした事によってやたらゆっくり時間が流れるようになった。
時間を感じる。時代を深呼吸をするように絵を描く。
なぜか長年困っていた背中の凝りがなくなった。

今後の目標
ファッション改革!もっとおしゃれになる。無駄を省いて、出来る女になる。鮮やかで大人ベッキーみたいな年齢不詳な女になる。

遊ぶ
子どもと遊ぶ
オフを作る。

目の前の事への集中力を上げる。

中国とのネットワークを強化して、バブルにのっとく。
絵の単価を上げて、質を上げる。

映画もがんばる!人に頼る。
人をザワザワさせる絵を描く。単なる「ああ、きれいねーかわいいねー」みたいのは多分
2年もしたら飽きられる。
現代人が普段使わなかった原始的な本能に理由はぶっとばして直撃する絵を描く。
プロとして、ある一定の水準を守りながらもいつも2割ぐらいは新しい挑戦を織り交ぜていく。
とまらない。まえのめりで走り続ける。横の仲間を作る。
愛されるアーティストになる。

というわけで
来年もよろしくです。
[PR]
by renaart | 2007-12-29 03:00

かねと権力と女

と言うテーマで絵を描いてよ〜
と某キャバクラチェーンの会長からオーダーを頂いていましたので、
下絵を描いてみました。

こんな素敵な夜景の見えるレストランへ、ダンディな殿方に連れて行ってもらいたいな〜
c0046559_16293185.jpg

[PR]
by renaart | 2007-12-28 16:29

お誕生日ありがとう

凄く贅沢なクリスマスだった。
24日に蟹鍋を頂き、ケーキも家族でたいらげた。
母乳うんぬんで疎遠になっていた高校時代の親友からバースディカードが届いた。
25日出版の打ち合わせをO書店で行った後に回転寿しで穴子寿司をダーチャんにおごってもらった。そしたら隣の席に座っていたおばちゃんになぜか「この子、あげマンよ。あなた(ダーのこと)、大事にしなきゃだめよ。」といわれた。

夜は誕生日ライブと称して段ボールで出来たプレゼントのコスチューム来て踊った。
白井愛子ちゃんとも長い付き合いになる。
客席から通訳の岩川さんが「麗奈ちゃん!誕生日おめでとー」と叫んでくれた。
子ども達も珍妙な母親を微笑ましく応援してくれたようだ。

会場にはたくさんのオタクとたくさんのインディーズなアイドルのみなさんがいて、オタゲイを初めて真近でみた。

家に帰ってシャンパンを飲みながら、ダーが「秀逸だ」というエリックカールのカラフルな世界をDVDで見せてもらう。エリックカールは天才だと改めて思う。あんまりに綺麗で、すばらしくて、涙が出てくる。
いつかサンダーや中村さんとこんな動画を作りたい。そんな芸術的妄想トリップしながらしたエッチはたいそう気持ちがよく、私の身体は泉のごとくベットのマットをいかんなく濡らしてしまったのでした。おそらく麗奈史上最大量の愛液が・・(当社比)おかげで今日はむわんとした蒸気に囲まれてストーブでマットを乾かしています。夕方なのにまだ乾かないの。

応援してくれるとうれしくてたくさん感じてしまうってところ、私自分で嫌いじゃないなー。
そういえば選挙運動中の川田龍平さんもみんなが応援してくれる気持ちを吸い取って、どんどんキラキラ輝いていった。基本素直な人なんだよなー。龍平さんって。

映画監督の鵜飼邦彦さんから花束を頂いたので、絵を描いてみました。
c0046559_15444954.jpg

たくさんの皆さんに祝ってもらえるって、本当に有難い事だなあと思います。いきててよかった
。ありがとう!

あ、そうそう。やいっちさんがブログに増山特集を組んでくださった。
これです。
ありがとうございます。

え、何歳になったかって?28歳ですが、何か?
[PR]
by renaart | 2007-12-26 15:49

明日ライブだよ!

突然ですが25日の夜、私増山麗奈が渋谷でクリスマスライブに登場します!\(^O^)/ ちなみに私は25日にハッピーバースデーを迎えます★★
来年メジャーデビューの決まった歌手の白井愛子ちゃんと、かわいいダンサー栞&紗耶ちゃんにバックで踊ってもらいます!
癒しの歌とアバンギャルドなライブペイントパフォーマンス!?今回は何が飛び出すか?
必見!
クリスマスの予定、まだ空いているそこのあなた!忘れられない夜をプレゼントしちゃいますよ〜/
☆ライブ「X?'mas Live」
日時:2007年12月25日(火)18:00 open / 18:20 start(出演18:55以降予定)
会場:東京・渋谷テイクオフセブン(TAKE OFF 7)
(http://www.remus.dti.ne.jp/%7Ekox/TAKE_OFF7/TAKE_OFF_7.html)
渋谷ハチ公口を出て、東急ハンズを目標に来てくれれば、ハンズの真ん前、スタジオパルコがあります。1Fは HERLEY-DAVIDSON (カッコイイバイク屋さんです)
料金:
前日まで予約で、¥3500
前日まで予約で、ペア割引¥6000(お二人様)
前日まで予約で、グループ割引¥9000(三名様)
当日¥3800(ドリンク別)
司会:一ノ瀬めぐみ
出演:久保亜沙香/山田紗衣/鈴木まりえ/白井愛子&増山麗奈&栞&紗耶/Be next ほか
※撮影・録音・録画禁止。
*出演者全員がサンタとなって会場のみなさんにプレゼントをお届けいたします。
*クリスマスの夜を一緒に楽しく過ごしましょう!

主催:スリートゥリー
企画・制作:PLATINUM-S
協力:TAKE OFF 7
[PR]
by RENAART | 2007-12-24 16:21

エコ@パフォーマンス フィリピンより

友人である役者・竹内知子嬢が一年半ぶりにフィリピンから帰国。
家でお帰りしゃぶしゃぶパーティ。更に年末と言う事で半額セールだったローストビーフも食卓に。
「やっぱり日本のコメは美味しいわ〜」と喜んでくれてうれしい。


知子とは韓国でパフォーマンスしたり、北海道で桃ゲリパフォーマンスしたり、いろいろお世話になっている。考えてみるとであってから5年ぐらいかしら。

今回フィリピンでは山奥で現金を使わない生活を送っていたらしい。
食べる物は、豆、コメ、豆、コメ。
たまーに野菜。
もっとたまーに、そのへんを歩いている鶏をさばいて喰らうらしい。
サバイバルライフ。
フィリピンの役者とも交流を深めてきたそうだ。
フィリピンの山は、日本やアメリカの紙資源として輸出され、裸になってしまったそうだ。
フィリピンの社会派劇団で、
「最初はスペイン、次にアメリカ、そんで日本がやってきて、根こそぎフィリピンの森を苅っていった。最期は何も残んねえ」というような芝居を打つところもあるそうだ。
日本罪深いなぁ。世界中からテロされても文句いえないよなあ。
でもそのお芝居おもしろそう!金を集めて、日本に招聘したいなあ。

みんなエコ@アジアニズム応援してね!
フィリピンからも劇団を呼びたいなあ。

あなたもECO@ASIANISMを応援しちゃおう!募金はいくらからでも超感謝です。
郵便貯金 普通口座 10020 -94279691 桃色ゲリラ 
[PR]
by RENAART | 2007-12-24 16:09

eco@ASIANISM〜環境★アジア!~

自分で作ってみたよー。ああ、画像のサイズとか文字のサイズとか左寄せとか右寄せとか、わけわっかんねーよー。昼一日使っちゃったよ。
以下
努力の軌跡今度おおまかなウェブ更新を有料で頼むんですが、私は細かいイベントなどいろいろアリ、その度に最新情報はブログ形式でアップしているのです。
しかし、そのイベント量がけっこうあって、肝心の記事執筆とか注文画とか制作時間がなかなかとれず。
でも更新は大事なりそして文字サイズとかきちんとしてた方が読者に対しての印象もいいし。とか考えると、ちゃんとしなきゃだよなーウェブは人の第一印象であるので、仕事をとる上でも大事だ。
こういうの、本当は事務所に所属しているアーティストは、マネージャーとかがやってくれるものだよねー。
どなたか最新情報のウェブの更新してくれる人いたらうれしいなあ、ておもうんですが
どうでしょう。携帯代で浮いた分、月に7000円とかご飯4回ぐらいで、講演会とかイベントととかの情報を常時決まった分をアップしてくれるとか、う〜ん。やりたいひといませんかねー。基本的には空いた時間で、メールのやり取りですむ仕事です。基本的なウェブ(ブログですけどね)の知識がある方。時間に融通が利く主婦の方とかがいいなー。どうでしょう?
麗奈タンと一緒にカリスマ主婦になろう!
田中優さんのブログ更新は、金沢に住んでいる某カリスマ主婦の方がおこなっているとききまして、なるほどなーそういうてがあるかーとおもったのです。
[PR]
by renaart | 2007-12-23 18:27

セレブぼうきで大掃除

掃除機の調子が悪くてね、新しいの買おうかな、でも使えないわけじゃないしな〜ト思ってて

考えてみると掃除するたびコード探したり引っこ抜いたりするの面倒くさいなあと思って

セレブほうきを買ってしまった!
1500円もするVIPなやつを。
目が細かく、柄が長い。腰を屈めないでも掃除できるのだ。
畳の部屋はほうきで十分なんじゃないかなぁ?昔はそうやってたわけだし。

「自分が掃除するたびにCO2排出するのも贅沢な感じがしてねえ」
と金物屋のおばちゃんにいうと、
「そう!あんた若いのに偉いわねえ。私はこのほうき使っているのよ。綺麗にしてんのに、(地球)汚しちゃ意味ないわよねえ」

とのこと。

そういわれてみればそうだ。
自分の目の周りからとりあえず汚く見える物を排除して、んでもって実は地球を汚している例はほかにもあるね。界面活性剤の洗剤とか。
最近家の近所でも私はエコ主婦としてエコ話題を振りまいている。
よーし大掃除するぞー。
[PR]
by renaart | 2007-12-21 11:24

愛子ちゃんとバッキーと

来年メジャーデビューの決まった白井愛子ちゃんが我が家で寝てます。25日のライブの打ち合わせしてました。いや、正確に言うとライブの事とか恋とか男とか夢とか話しながら飲んでました。
愛子とのコラボももうすぐ4年になります。なんだかんだと古い仲やねえ。チュ。

澤田サンダーさんと昼間絵を書いてました。
バッキーのハガキデザインできました。この本が300万部ぐらい売れたら、サンダーさんはソーラー付きの家を建てて、自家発電で生活するそうです。全麗奈ファンは一家に一冊買うように。
c0046559_2322448.jpg


アラリオギャラリーにメールを書いて、英語で書いて、うとうとともう寝ます。

障害者への介助ボランティアのドキュメンタリールポの本を読んでいて、
鹿野さんという筋ジス症のことを渡辺さんというひとが追いかけた本です。(ねむいので細かい名前勘弁)ちょっと感じたのは
私は障害者ボランティアって、したことないのですが、糞尿の世話をしたり、ご飯食べさせたりと、子育てににてるのかなーってこと。

あとなんだかやっかいな人ばかり関わる人生だなあと。
そんでやっかいならやっかいなぶんだけ、愛おしさもつのるのかなあとか。
みんな人に迷惑かけないように、ってキャパを決めていきてるけど、それが実はきゅうきゅうで
毎日人身事故と言う名の自殺ばかりがはびこるこの世の中。
じゃあさあ、すこしぐらいさあ迷惑かけてもよくない?
私のまわりは人に迷惑かけてかけられて、どっちもどっちなかんじだなあ。
あーたんとかにゃんとか白井愛子ちゃんとかさ。そのうちお母さんとかお父さんも面倒を見てあげる事になるのでセウ。みんな手がかかるよ。(私の事もそう思われているんだと思う)
なんだかそれは幸せな事に思えたりもする。
かけた迷惑とかさ、借りた恩はさ、大きな意味で返せば良くない?
30年後、綺麗な地球を残すとか。死ぬまでちゃんと子どもに会わせるとか。
そういえば加藤老人がいつも「俺が身体動かなくなったら、面倒見てね」といっていたなあ。多分見ないと思いますが・・。月に一日ぐらいは通うかなあ?
どうだろう。
よくわかんねーもう寝る!
[PR]
by renaart | 2007-12-20 02:42

原発?反原発?なまバトル

レイバーフェスタで桃ゲリアクションを行った後、タクシーで保育園まわり、チャリンコで近所の和民へ。
結局1日桃ゲリ衣装のまま、保育園の忘年会へ。

そのまんまな私を受け入れてくださる近所のママ&パパに感謝。

エコアジアニズムのチラシを渡したところ
川田龍平「原発について」
という箇所に妙に食いついてくるパパがおりました。
聞いてみると、原発の開発研究者なんだそうで。

原発か、反原発か
など酒を飲み(いや、私は今日はソフトドリンクですの、これから締め切りがあるから)
ながら、
朝までなまテレビ!なぜかミニスカで!という保育園らしからぬトークが勃発しました。

結局2次会でも結論は出ないので
というかお互い意見が食い違っているので、
(かなりヒートアップして話題は国有林をどう使うか地方政策をどうしていくか、などにもひろがる)
そしたら電気会社で働いているパパが乱入して
「じゃあ、あんた、テレビ見ないで暮らせるっていうの!?」

いろんな思惑が繰り広げられたんですの。
なぜか原発家のママと再来週日にちを決めて
もー1日飲もう!というはなしになりました。
友人は思想宗教などいろいろ違ってもいいのだ、というかいろんな意見を持っている人とお付き合いした方が広がるってもんですの。

あはは・・
結局本を売って帰ってきました(ちゃかり)
ま、いっか。

最近、自殺を防止するのに一番有効なのは「ま、いっか力」的な物ではなかろうかと思っている。
いろいろ一筋縄ではいかないし、人生でこぼこしておりますがな!
社会も善と悪がパッキリ別れてるもんでもないっしょ!明暗も聖なる物も汚い物も、子供も大人も、エロも清純も
けっこうごちゃ混ぜなもんでしょ!

新宿って奥が深い。
[PR]
by renaart | 2007-12-15 21:59

幼なじみのバッキー帯文

尊敬する美術評論家、山下裕二先生が、来年出版する「幼なじみのバッキー」の帯文を書いてくださった。
本日朝、その文面が届き・・・・・・


素晴らしい一文。
朝コーヒーを飲みながら、うれしくって泣いてしまいました。

って、まだお披露目できませんがね、でも確かな幸せを感じているのです。
ああ、澤田サンダーと新宿のカフェで「幼なじみのバッキー」の台本を渡してくれてから早2年。ついにバッキーが世に出るんだなあ、しかも最高の出版社と最高のデザイナーのてによって。幸せ。

先生本当にありがとう・・
みんなに愛される本にしたいな。
スノーマンみたいにね
[PR]
by renaart | 2007-12-15 10:08