<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

映画出演「窓辺のほんきーとんく」劇場でトークwith 赤木智弘さん

ども〜。日々働いています。今日は警視庁で10/31デモの打ち合わせ。ルートが確定したよ!秋葉原公園6時半集合で、ぐるーっと駅前を歩きます。
秋葉原無差別テロ事件のあった道路も歩きます。追悼の意味も込めて、ナイフではなく、ペンと勇気と愛を持って、電気代値下げ訴えて歩きましょう。

丸木美術館のチラシも作ってます。ゲイダイと原爆私にとって、二つの大きなトラウマ
2Gが交差する展覧会です。遺伝子が熱くならない訳がありません!こちらは11月2日より。楽しみにしててね。

さて、10月3日は、池袋シネマ・ロサで、映画劇場対談。ロスジェネ世代の愛とエロス!この辺は,今後ロスジェネでもしっかり取り上げていきたいテーマです。
そう,ロスジェネ別冊ですが、なんと!発売前なのに書店からの注文が既に5500冊。またもや一万部越えの予感がします。私たちのペンが時代を確実に、動かしています。


10月3日(金)21:10 からの上映後、劇場で赤木智弘さんと対談
「ロスジェネ世代の愛と性を語る!」
出演/増山麗奈 赤木智弘  司会:昼間たかし

窓辺のほんきーとんく公式HP
予告編(麗奈タンも出てる!)




[住所] 〒171-0021東京都豊島区西池袋1-37-12
[TEL] 03-3986-3713
[URL] http://www.cinemarosa.net/
[当日料金] 一般/1500円 大高生/1300円 シニア/1000円 (前売券 1300円) 
◇詳しくは劇場HPをご覧ください。

宣伝お問合せ:AMUMO TEL:03-5919-3961
c0046559_194739.gif
c0046559_19471362.jpg

[PR]
by renaart | 2008-09-30 19:47

山梨日々新聞にでてしまった!

展覧会、見る価値あり。

c0046559_23212547.jpg

白井愛子ちゃんと山梨県立美術館の庭園で、桃色ゲリラパフォーマンス!
お金に縛られた世界からからだと心を解き放ち、愛と大地に結びついたもう一つの世界を体現してみたずら!そしたら4月の桃の収穫祭にも桃色ゲリラをよんでいただくことになったずら!そのころの山梨は、一面桃のお花が咲いてピンクの絨毯みたいなんだって!ビバ☆地産地消♥
命芽吹く桃畑で、いのち咲かすアートを体現してみたい!
桃の花がきれいで、女がきれいで、空気と水がきれいで、チビが元気で、みんな大好き。そんな桃色ゲリラに私はなりたい。
テレビ見てたら、世の中は遅れていて未だにパリス・ヒルトン的セレブライフに憧れて、アイドルがLAを訪ねる番組がやっていた。そろそろみんな目を覚ませ!命を殺して、搾取して作られた虚像と、アスファルトに囲まれた籠城がそんなに素敵か?
食料と水と空気と愛!大地に結びついた人々、そこで具体的にいのちに携わっている人々のほうがぜんぜんかっこいいし、良い顔をしているし、気持ちいいし、美味い酒をのんでいるぞ!(写真は間伐材で焼く増穂登り窯のオーナー太田さんと。美女に囲まれてややにんまりしていますゾw・・)

展覧会情報☆麗奈タンも参加してます

アート & エコロジー【サーキュレーション展 2008】テーマ「木炭画アートで環境を考える」
9月26日(金)〜10月2日(木) ■ 山梨県立美術館 県民ギャラリーC室 制作展示室
入場無料
山梨県立美術館
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27
TEL:055-228-3322
FAX:055-228-3324

万物が生々流転する自然界。人間もその一部に過ぎない。生命、自然、そして物質----Circulation-----。現代美術作家は、こうした自然のサイクルをどのようにとらえているのだろうか。この展覧会は、上記のコンセプトをもとに、自然物質と対峙している現代美術作家の作品展示とともに、自然環境とアートを結びつけたワークショップの紹介と作品展示も同時に開催。展示、レクチャー、ワークショップ、パフォーマンスなどをミックスさせ、今日的エコロジーの問題をアートの面から考える企画です。

■主催/Circulation展実行委員会 ■共催/NPO街づくり文化フォーラム、アート&エコロジープロジェクト ■プロデュース/夢紙工房 ■協力/財団法人やまなし環境財団、山梨県立美術館 ■後援:山梨日日新聞社、読売新聞甲府支局、毎日新聞甲府支局NHK甲府放送局、山梨放送、テレビ山梨、エフエム富士
■ARTIST 志村佳子、浅川洋、神田泰子・野宮昭子、石田泰道、河野誠、西川芳孝、石原美保、増山麗奈、井形練太郎、深沢修

ps, 甲府駅から、6番バスで10分 バス代270円ほど
新宿から甲府まで高速バス運行中(平日特割りで往復2900えん)特割り切符は窓口でしか買えないので,当日買う、でも結構すいているのでどのバスも乗れる
30分から1時間に一本新宿 往復 甲府 バスが出ている。

c0046559_052525.jpg
c0046559_053825.jpg
c0046559_0532244.jpg

[PR]
by renaart | 2008-09-27 23:20

今日から山梨

サーキュレーション展。

9/26〜10/2まで山梨県立美術館で開催される「Circulation展」に増山麗奈も参加します。新作「SUMI KANNON」を出します。
☆会期中イベント☆
9月26日午後13時50分より エコ@アジアニズム映像上映
9月27日午後2時半より 増山麗奈ライブペイント「大地の三美神」with白井愛子 



アート & エコロジー【サーキュレーション展 2008】テーマ「木炭画アートで環境を考える」
9月26日(金)〜10月2日(木) ■ 山梨県立美術館 県民ギャラリーC室 制作展示室
入場無料
山梨県立美術館
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27
TEL:055-228-3322
FAX:055-228-3324

万物が生々流転する自然界。人間もその一部に過ぎない。生命、自然、そして物質----Circulation-----。現代美術作家は、こうした自然のサイクルをどのようにとらえているのだろうか。この展覧会は、上記のコンセプトをもとに、自然物質と対峙している現代美術作家の作品展示とともに、自然環境とアートを結びつけたワークショップの紹介と作品展示も同時に開催。展示、レクチャー、ワークショップ、パフォーマンスなどをミックスさせ、今日的エコロジーの問題をアートの面から考える企画です。

■主催/Circulation展実行委員会 ■共催/NPO街づくり文化フォーラム、アート&エコロジープロジェクト ■プロデュース/夢紙工房 ■協力/財団法人やまなし環境財団、山梨県立美術館 ■後援:山梨日日新聞社、読売新聞甲府支局、毎日新聞甲府支局NHK甲府放送局、山梨放送、テレビ山梨、エフエム富士
■ARTIST 志村佳子、浅川洋、神田泰子・野宮昭子、石田泰道、河野誠、西川芳孝、石原美保、増山麗奈、井形練太郎、深沢修
c0046559_6201783.jpg

[PR]
by renaart | 2008-09-26 06:19

10月31日第2回「電気料金値上げおかしくない?みんなのエネルギー☆デモ開催」

今日は60歳の画家友達、深沢修さんとお茶を飲んで、40代の男友達から電話がきて、ママ友(30代後半)と2ちゃいの男子とダブルデート、17歳の友達Kちゃんから電話がきて”女が身内たたきでエネルギーを使い果たし、社会にアピールできていない事”について議論した。よくわからないけど,年齢的に雑多な感じで生活するのが好きだ。ロスジェネとかだしちゃってあれだけど・・。
横須賀の原子力空母がやってきた。とんでもない。やめてほしい。
原子力にまみれた暮らしが嫌いです。原爆もオール電化も原発づくしも止めてほしい。


またデモるのだ!31日だー。


c0046559_21204351.jpg










[PR]
by renaart | 2008-09-25 21:19

ロスジェネ別冊もうすぐ発売(10月上旬)

私も対談で参加しています。また、表紙および中面の加藤容疑者の書き込み全文に挿絵を描きました。
時代の声を集めて、軋みを細部から掘り下げ、絶望と寄り添い、そこから新しい一歩を生み出せたのではないかと思っています。

奇跡の執筆陣、これを買わずして何を買う!
前回1300円で高いと言われたロスジェねですが、今回は600円だ!
c0046559_17122035.jpg


(キャプション)
○『ロスジェネ別冊2008 秋葉原無差別テロ事件 敵は誰だったのか』を発売(10月初旬)します。
派遣労働に従事する青年労働者は、なぜ、白昼の東京・秋葉原で凶悪事件を起こしたのか。
類似の事件が続くものの事件消費の波にのまれていくいま、このような事件を二度と繰り返さない
ために、何が必要なのか、私たちに何ができるのか——。

「ロスジェネ」創刊号企画のシンポジウムに、出演者が補正・加筆して事件の原因に迫りました。
浅尾大輔と大澤信亮の論文、増山麗奈の書き下ろし挿画、容疑者のネット上での書き込み(一部)
を合わせて掲載しました。
[PR]
by renaart | 2008-09-25 17:12

7さいおめでとう

にゃんが7歳の誕生日を迎えました。
バレエの発表会でした。
にゃんのお友達が手紙を持ってきてくれたり、おばあちゃんが駆けつけてくれたり
幸せな日でした。

舞台裏でママも大変でした。朝から晩まで一日がかりでした・・。
知らない間に、ずいぶんとおおきくなったもんだ。
c0046559_17125662.jpg
c0046559_171365.jpg

[PR]
by renaart | 2008-09-24 17:24

オルタ、おもしろい!

大澤信亮さんが湯浅誠さんと対談をしているので、読んでみたのですが、
けっこうおもしろ〜い。オススメ、コアーな雑誌です。95年(オウム事件があった時代)特集くんでます。

っていうか、知り合いばっか!
オルタ


大澤信亮さん 湯浅誠さん 武盾一朗さん 松本哉さん 紙屋高雪さん
イルコモンズさん うちのダー

しかもみんな男ばっかではないカー!表紙は女の子のイラストなのに(それも・・)ずるいずるい!ロスジェネってけっきょく男文化なのか〜!?搾取されて,むかつかないか〜?
女は高収入の男見つければいいかってか?ふざけんなー!!
あ、別に自分が混じれなかったから怒ってるんじゃないぞー
でもこんどは麗奈タンも混ぜてほしいナ。

そういえば先ほど元旦那から電話で、養育費のことと娘の運動会の事を話してたんですけど〜最近チンドン屋って景気悪いらしく、(まあそうだろうなぁ・・)
なぜか「他ととの差別化を計って、若者入れるとか、顧客ネットワークを広げるとか、コネ作るとかじゃないとこの景気はほっといてもあがってかないよ!」
と生意気ながらロスジェネアドバイスをする私だった。貧乏でも養育費を払い続けてくれる元旦那さんはなかなか立派だと思います、が、失業したら払えないよ〜。っつうか別れてもある意味家族だしね。普通に心配。
男も女も今までの枠通りにはいかない時代と思います。
ウィンドウズのキャンペーンとかAUのキャンペーンとかいっそのこと、白いミニスカートの女の子とかだけじゃなくて、チンドン屋とか使うべきだと思うんだよね。最近はしょこたんも昭和に目覚めているようだし。昭和ですよ昭和!
うん、だからチンドンのご用命は☟
CHINDON YOSHINOに

最近主婦ならぬ主夫やってる友達も増えたしなあ。新時代の男女のつきあい方、もっと議論されるべきと思う。麗奈タン,そんな特集をぜええったいロスジェネでくむんだから!




c0046559_3243540.jpg

[PR]
by renaart | 2008-09-20 03:24

新潟展覧会アンケート公開

自分への戒めのため、
アンケートのご意見公開します。
回収率は370人中6名。なんと6人に一人がアンケート(しかもけっこうかきこんでくれて)を書いてくれました。ありがとうございました。今後の展覧会の参考にいたします。

○一件ラジカルな方法をとっていながら、訴えている事は至極まとも。
しかしアクションとしては効いていない。不買運動こそが効果的なのでは電気をよけいに買わない。いらない夢や希望を持たない。消費行動をなるべくしない。(男性)

○声を挙げるパワーをかんじる(40代女性)

○ちせつな絵だ(50代男性)
○理解に時間がかかるが深い思いが伝わった(50代女性)
○よくわからない点も有るが、平和への思いは共通。(60代女性)

○自分たちが生きている中で問題になっている事を数多く作品として取り上げている 社会を真っ正面から取り組もうとしている(20代男性)

○個性的作品で面白い(60代男性)

○黒川紀章さんの作品アスベスト に、驚かされおびえた。(70代 男性)
○今後応援する

○いつも綺麗な絵ばかり見ていたが、こういうのも衝撃的で良い。伝わってくるものが有る(20代女性)

○パワーをもらいました。私は商店街をなんとかしたい(40代女性)

○日本でエコを語るときのイタさをあえてひきうけること
この美術館までくるのに、化石燃料を使ってしか来れない事 平日のこの時間に美術館に来れる幸せな自分である事
本当に届けなければ行けない人々は、あまりにも疲れている
などいろいろ考えた(30代男性)

○柏崎で原発の事を訴えているが、地元も風評被害をうけていることをわかって(40代女性)

○作者特有のきめ細かい手法を見て、大変良いと思った。(70代男性)

○素晴らしい、世界安全の為にこれからもがんばって(70代女性)


○展示に全く同感!。こんな方が居てうれしい。かんばって(70代女)

○こどもとはみれない、でもこどものえに愛を感じた(30代女性)

○感動した(60代男性)

○自分が日常これはだめかもとおもって実践しない事を、増山さんは実践していてすごい(20代)

○すごく衝撃的で興味深い 。表現の方法はいろいろ新しい方法を見つけた気がする(20代女性)

○もっと大きな展覧会にして!もっとみたいもっと絵や表現がみたい(20代女性)

○ビデオのいんぱくとがすごすぎ

○久しぶりにとんがった展覧会を見た。エコアジアのほうはもっと作品が有ると良かった。来年以降、また新潟で展覧会やってほしい
(40代男性)

○インパクトが強く、普段意識してなかった事をいしきさせられた。(40代女性)

○組み合わせがユニーク(50代男性)

○戦争に反対するリーダーが少なすぎる。もっとがんばって(60代男性)

○写真に手を加えたトリの絵が一番気に入った。いろんなひとがいるもんだ。おもしろいねえ(50代男性)

○何を訴えるかもっと具体的に(60代男性)

○サイコーのパフォーマー同じ主婦として、ファンになりました(30代女性)

○もっとエロかわいいかと思ってました。(60代男性)

○ユージンスミスの水俣を超えるぐらいのすごくメッセージのある、がつんとした誰にでも伝わる表現が欲しい。もっとエロク大胆に表現してほしい(40代男性)

○面白かったです。でも現代アート全般にいえるんだけど、メッセージが伝わらなかったり、曲解されたりしやすいものも多いですね。(オール電化など)現代アートって,見る人の理解力が求められるなあ(30代男性)

○たしかブッシュにおまんこつきつけろ!というデモしてたひとがいるじゃないですか。以前ニュースで見たんだけど。右や左、特にセクト的ではないところが好感モテます。

○もっとパフォーマンスを生で見たかった

○パフォーマンスを含め、多様なイベントでも良かったのでは。しかし愉しく,感動的にみることができた。(50代 男性)

○エコアジアの作家のプロフィールパネルが、作品から離れたところにあったのがもったいなかった。(コンセプトも会わせてみたいので、作品の近くに置いてほしかった)(美術館職員)

○園田さんの作品が、どっち側の立場なのか,わかりにくかった。(東京電力側のキャンペーンに見える)

○初めて見て、とても良かった。またぜひみたい

AIギャラリーでの反応
○去年に比べ、表現が上達している
○絵やパフォーマンス、すべてすごくかわいく、面白かった。もっと若い人に受けても良さそうなものだが、まだまだ若い人が少ない。もっと情報をはっしんしてみたらどうかな?(10代 美術専門学校生)
○地方のロスジェネ世代は、東京の人たちよりも、悲壮感絶望感が強い


全体やってみた感想。
新潟の人は、痛さに関する表現を、すごくスムーズにわかってくれる気がした。なんていうか、バッキーとか、東京よりも受けが良かったかも。東京では年配の方には「バッキーはわからん」という感じでうけとられにくかったが、新潟ではわりとリアルに伝わる。
新潟では絶望感や暴力といったものが、より身近なのかも?
皆さん、作品をただ鑑賞するだけじゃなくて、「私は商店街をなんとかしたい」とか、自分の問題として考えてくださった事がうれしかったです。
[PR]
by renaart | 2008-09-19 18:05

ロスジェネ増刊号色校

かもがわ出版で色校してきました。ロスジェネの増刊号「秋葉原事件 本当の敵は誰だったのか」がいよいよ10月上旬に発売されます。秋葉原事件から見えてくる現代の姿を、いろいろな切り口から、雨宮さん東浩紀さんなど豪華論者が、語ります。
時代のステージをひとつ切り開いたような、一冊になった気がします。ただ評論家のように上から目線で語るだけは無くて、加藤くんの存在に肉迫して、絶望と添い寝したような雑誌になりました。時代の喪失感を、共有する事で、見えてくる新しい世界がここに有るような気がしています。

なんと、今回は表紙の絵を描かせていただきました。
編集委員のOKが出ましたら、画像をアップしますね。麗奈画伯、入魂の一作静かで強いテンションの秋葉原の風景画です。時代にピタリとくるんじゃないかと、YOUtubeでワープアの番組、トヨタの派遣社員のドキュメンタリーなどを見ながら、重い気持ちで描きました。


これは売らなくては!今度は一冊600円。初刷り4000部。増刷目指す。1300円で高いと言われていたロスジェネ、貧困層の皆さんに届けやすい価格で、生まれ変わりました〜。みんな楽しみにまっててねー。また、新宿紀伊國屋さんは一足早く10月2日ごろから店頭に並ぶそうですよ!
[PR]
by renaart | 2008-09-18 18:33

新潟パフォーマンス報告

aiギャラリー個展のイベント「バキバキ祭り」
当日は40名ほどの人が集まってくれました=☆
東京から来てくれたコアファンもいたね!感謝でした
楽しかった〜
来てくれたファンの皆様,ほんとにありがとう。毎日が草の根。
映画の上映のときは、全国行脚するぞー!全国の麗奈ファンの皆さんは是非是非声をかけてね!往復のあご足+アルファで気軽にどこで求んでいきマース。
個展+デモ+パフォーマンス+ライブペイントの出来る芸人は、私ぐらいだぞー、
超お買い得なのだ。さらには周辺の商店街もにぎわして、
革命家と、芸術家と美女と歌手とチンドン屋がいっぺんにくる感じだ。
白井愛子ちゃんとのライブペイントで書き上げた作品もその場で売却が決まった。うーん5分でうん万円を生み出す。無からすべてを生み出す。それこそが芸術家なのだー。

原発による放射能汚染で毎日を不安に過ごす村民の気持ちを、東京で電気を使う人々にもっと知ってほしいと、自作の詩集をくださった柏崎の市民の方も来てくれた。
心にずしりとくる旅でした。
せっかくなので、一つ詩をお披露目します。私的には、森山直太朗と、キョンキョンにテレビで朗読してほしい。

「電気の亡者」桑原さん作

お金は便利 だから いっぱい欲しい
電気は便利 だから いっぱい欲しい
でも あなたは
どんなお金でもいいですか
どんな電気でもいいですか

たしかに
どんな方法で手に入れたお金でも
どんな方法で発電された電気でも
お金はお金
電気は電気
お金に印がついてる訳じゃない
電気に印がついてる訳じゃない

でも 僕は
誰かをだまし 誰かを傷つけてまで
そこまでして お金の亡者になりたくない
誰かを被爆させ 未来に核廃棄物を残してまで
そこまでして 電気の亡者になりたくない
お金も電気もほしいけど
納得のいくお金と電気で暮らしたい

「サクラ」桑原ミエさん作

わたしはサクラ 春 刈羽村で花開く
長い冬をたえ 咲いたわたしを見上げる
村の人たちの笑顔が大好き

でも わたし このごろ少し変
花びらの先がギザギザだったり
花びらが4枚だったり
おしべが花弁になったり・・

原発からでる放射能のせいじゃないかって
村の女の人たちが心配している

そうなのかなあ・・?そうだとしたらわたしはどうなるの?

放射能のせいじゃないって証明できないなら
もう原発は止めてほしい
村の子供達にも
害が出るのは見たくないから

わたしはサクラ
長い冬の後
薄紅色の5枚の花びらをつけ
そう
サクラ本来の姿でわたしはずっと春をうたいたい


(2004年春、柏崎刈羽原発のすぐ近くのサクラで,おしべの花弁化という異常が発見されました。依頼、「刈羽村を守る女性の会」は刈羽村に咲くサクラの花を調査しています。調査開始後去年までは、異常花率はほぼ同じ。(3パーセント前後)
でしたが、今年(地震事故の後)は、花の異常が際立ち、率も去年の7〜9倍と増加しています。)



以下、写真撮影小田アリックさん。
aiギャラリーでの個展は23日まで開催中。是非お友達を誘って、遊びいにってね!
9月11日(木)〜23日(火)11時から18時
入場無料 会期中無休
増山麗奈個展「バキバキバッキー」
9月13日(土)15時から バキバキ祭り
トーク/澤田サンダー×増山麗奈
パフォーマンス/白井愛子(歌手)×増山麗奈

〒950−0901
新潟市中央区弁天3−1−8
TEL&FAX 025-244-6926
info@aigalleryniigata.com
http://aigalleryniigata.com

c0046559_11405580.jpg
c0046559_1141150.jpg
c0046559_1141853.jpg
c0046559_11411534.jpg
c0046559_11412268.jpg

[PR]
by renaart | 2008-09-17 11:39