<   2009年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

派遣村閉村会

昨日浅草で派遣村閉村会に行って来た。一般の方は、「え?派遣村って一月5日で終わったんじゃなかったの?」トの認識の方も多いと思うのですが、その後も湯浅さんら実行委員の方々は
○電話による相談窓口
○24時間態勢の相談
○3月危機の対応
などに追われていたそうだ。
一月は500人だった村民たちは、3月前後では1000人以上にふくれあがり、その一人一人に対し、就職相談や生活保護申請のサポートを、実行委員の皆さんがしていたそうです。
「携帯電話の番号をいろいろな方にお教えしたんですが、夜は電話はやっぱりやめてくださいね」と実行委員の方が言えば、
「ボクも、夜は勘弁してくださいね。緊急の場合はしょうがないですけど」と湯浅さん。
皆さん本当に奮闘していたんだなあと、改めて感じました。
その間テレビや雑誌の取材、執筆活動や講演会なども行い、想像を絶する忙しさだったんだろうなと。
もやいの残業代は大丈夫なのかとか、心配になってしまった私でした。

しかし昨日集まった村民の方は、生活保護は受け、住むところと食べ物の心配は無いけれど、就職活動がなかなか難航しているという方が多く、問題はまだまだ山積みと行った感じ。
そもそも健康な若者ですら仕事を首になるこのご時世、40代50代60代の多い村民の方たちが就職できるところはなかなかない。
私も数人の派遣村村民の方とその後交流をしていますけれど、免許の再発行も出来ない、仕事もない、食べるものも最近は一食300円以下です・・と相談をうけていました。
昨日集まった数百人の元村民の方々からも「派遣村はセイフティネットが失われた日本の希望。この繋がりを何らかの方法で維持したい」
「自分たちが助けてもらったように、今度は自分たちが路上で寝泊まりしている仲間たちを助けたい」
「家族とも兄弟とももう連絡が取れない。この繋がりが最後の砦」
など悲痛な叫びが。

しかし実行委員側としては
「もう体力の限界」
「派遣村という名前が大きくなりすぎて、利用する人も増えて来た」
「貧困への取り組みは維持していくが、派遣村は半年経ったので区切りとしていったんしめたい」
という意見でした。


思ったのですが、反貧困ネットワークで新しく職場を作ることは出来ないでしょうか。
いつまでも国や個人の募金でサポートしてもらうというのもおかしい。

派遣村リサイクルショップとか、派遣村クッキーとか
やる気はあるけど職場がみつからない 人材が豊富。
だとすれば彼らが働ける場を、なんとか事業化して作れないのか。
国も、ただ生活保護として現金をわたすだけじゃなくて、新しく貧乏人たちが立ち上がる時の低金利もしくは金利なしで融資をするとか、余った土地を解放するとか、余った不動産物件を格安で貸すとか。
潰れた会社のコピー機を格安でどこかにわたすとか、なにか次に繋がる貧困対策をすればいいのにな、と思いました。

理想論かもしれませんが、人材を旨く活用して、経済効果もあげながらも、ちゃんと弱者たちが喰っていける場をつくれないものかな〜
と思ったときに頭に素人の乱の松本さんの姿がよぎりました。

一足早く、彼らは貧乏人が喰っていける場所を高円寺に作っている。
もちろん、経営の悩みはいろいろあるとおもうし、働くという事は最低限のルールを守らないと行けないという事だと思うのだが、やっぱり先見の銘がある。

団体交渉を続けて、人を使い捨てしてゆく大企業の倫理観を変えていきつつ、自分たちを自分たちの手で守る場を作っていけたら良いなと思います。
私ももう少しビックになったら専従で誰か雇いたいなと思いつつ。

いろいろな事を考えさせられた一日でした。
エロスジェネにも元派遣村の村民の方のインタビュー掲載しています。是非読んでくださいね。

なぜか帰り道に新宿で辛酸なめこさんとばったり御会いする。エロスジェネを一冊進呈。
[PR]
by renaart | 2009-06-29 11:13 | Trackback | Comments(1)

三浦海岸でリフレッシュ!

ああ楽しかったぁ〜温泉に、新鮮なマグロのお刺身に、夜の宴会!遊びじゃないんですって。全医労のみなさんの会合で講演会をさせていただいていたのです。会長に絵も買ってもらって感激☆
久しぶりにチビの居ない夜を満喫してしまった〜。極楽でした〜。


皆さんとお話ししてわかった衝撃の医療の現場!!
○医療従事者のサービスカット
○医師不足、看護士不足によって、現場で仕事の加重が一人に押しかかる。
○過労で体を壊してしまって長く続けられない医療関係者も多い。
○女性の体への負担も大きい。夜勤など生活リズムが大きく崩れたり、患者さんを持ち上げるなど体を酷使する労働からか、8割の女性が異常分娩!!(早産、流産なども多い)
○忙しすぎて、書類とか会議とかいろいろありすぎて、患者さんとちゃんと向き合いたいのに、心が鬼になってしまいそう。

人を治し、元気にする為の病院なのに、職場の皆さんがそんなにストレスフルな状況っておかしいでしょう。
もっと笑顔が自然に溢れる病院になって欲しい。
そのためには、やっぱり
小泉アホがカットした医療にあてる税金を再び増やしていくべきである。
そしてもっとたくさんのお医者さん、看護婦さんを現場に送るべきである。
そして医療費を安くして貧乏人、高齢者にもちゃんとした医療を受ける権利を!

今度、「お医者さんを増やせデモ」やろうよ!と話をしました。
私も桃色ゲリラで駆けつけます。
全医労のナースたちによる、「桃色ゲリラ全医労支部」が結成されてしまった!みんな声を挙げて、変えていこう!許可とってないので、顔がぼけてますが、「桃色ゲリラ全医労支部」のみなさんです!
c0046559_11275083.jpg

[PR]
by renaart | 2009-06-27 11:27 | Trackback | Comments(2)

モテ期到来?

どうも、最近「MMMM」です。 めちゃ・めちゃ・モテ・モテ!
今日友人の会社のドアに壁画を描いていたら、隣の不動産屋さんの社長さんに声をかけられた。
「絵描きさんっていっても、君の場合は実に労働者だねえ。」
そしてなぜだか新たに壁画を依頼していただいて、その場で商談成立。

通りすがりのペンキ屋さんに
「君、若い女の子なのに、がんばってるねえ」
(突っ込みどころ①別に若くない。突②女の子なのに、って何?)
と声をかけられ
「偉いねえ。本当に偉い。家で働いてみないか?近所でペンキ屋をやっているんだよ。」
と就職の話を持ちかけられた。(笑)

「いやあ。実はわたしフリーの画家でしていろいろ個展とかあるものだから・・・」

と断ったのだが、うーん、世間は不況らしいのだが、どうも私の周りは仕事が一杯あるっぽいぞ!

近所のおじさんからは
「ボクね、ワシントンDCでギャラリーをやっている友人が居るんだけど、君を紹介するからアメリカでデビューしてみないかい。」と誘われ、なぜかその場でエロスジェネの購入が予約される。

新宿に戻って友人宅でご飯を食べていると、
「そうだー麗奈ママに頼みたかった絵があるの。忙しそうだけど、7月半ばまでにちょっとお願い」
と企業のロゴマークの依頼。

その後新宿タイガーが私に届けたという植木をとりに猫目に。
(突①なぜ突如植木?突②なぜわざわざバー猫目に私宛のプレゼントを届ける?直接わたせばいいのに 笑)立派なバンブーの植木でした。にゃんは「ねえ、この竹を育てて大きくなったらパンダが飼えるね!」と喜んでいた。
(突①パンダは飼えない。竹が有る無しに関わらず。食費が大変だし,上野でも買えないぐらい高いし、家で買うにはでかすぎる。)

そしたら今度早稲田での講演会を依頼してくれた塚原史先生がカウンターで飲んでいたので、ちゃっかりおごっていただきながら増山麗奈と今日のダダイズムとの関係、女性のアートについて激論する。先生は私の描いた秋葉原の絵を気に入ってくださったそうだ。買ってもらえる事になりそう。その場でエロスジェネ十冊ほどの予約決定。

まさに 生きてるだけで丸儲け。 なんだこりゃ!!!

どうなってるんだー

以前に比べて、邪心が少なくなったので、それが逆に営業的に+なのかしら。
c0046559_028087.jpg

[PR]
by renaart | 2009-06-26 00:17 | Trackback | Comments(4)

大澤信亮と岡本太郎と小森陽一氏と漱石

昨日は一日が100年の歴史を辿るたびでした。
大月書店のMさんと打ち合わせ、
大澤信亮さんと漱石研究で究明な東大の小森陽一先生と企画会議。
イギリスに行った漱石は,資本主義の行方を誰よりも早く察知していた。はじめて印税システムをとりいれたのも漱石だったそうだ。今,本当の意味で「なまえはまだ,無い」と無名性を尊重した漱石の意義を捉え直す時期だ。
もうすぐ発売が始まる「エロスジェネ」、上野さんや小森さんという偉大なる先輩方に囲まれて産声をあげることができそうです。
本当にお母さんとしては、嬉しい限りです。
拙著「桃色ゲリラ」は私の人生前半期の総括でした。
それは情緒不安定な女の子が社会とぶつかり、男性と関わり、傷つく中で、生命を見つめ直すイタい系一冊でした。
言ってみれば娘としての私の総括。
今回の「エロスジェネ」は、個人の不安を乗り越えて、周りの方々のノイズとぶつかり合い、耳をひそめて
この時代の歪みと向き合い,受けとめる大きな母としての一冊になったんじゃないかなと思っています。
近代化が始まって100年。それはおじさん達が資本と土地の私物化し、占領と略奪を起こした時代でした。
そろそろ社会も本当の意味で反省をし、新しい一歩を生み出す時期。
文学や芸術もまたしかり、です。
エロスという生命の根源を問う一冊が、
殺しと権力にまみれた社会を串刺しにする。
まさに「ロスジェネのマイナスカードをプラスに転じる、エロス・ジェネの錬金術をみよ!」(上野千鶴子さん)
とは予言の言葉である気がします。

帰り道渋谷で岡本太郎の「明日の神話」の前を通り過ぎる、清潔なる魂と才能をもった大澤さんを見たときに
あ、これはイケル、と根拠なしで思ったのです。なんかすごく綺麗だったので。
反核を訴えたこの岡本太郎の画は、大阪万博の太陽の塔というまさに資本主義の最前線で戦いながら作られたものです。
天才は、時代を超えるものをつくり、その時代に潜む矛盾を視覚化します。

いつか私も世界中の人の心のチャンネルを変えるような画を描きたいなーと思いましたとさ。
c0046559_11123761.jpg

[PR]
by renaart | 2009-06-24 11:14 | Trackback | Comments(0)

そんな事やってる場合ではないのだが

絵を書いてマース。明日締め切りです。
数週間前の日曜日は、さいたまのこども動物自然公園にいったなあ・・
はい。現実逃避です。
c0046559_247469.jpg

[PR]
by renaart | 2009-06-22 02:47 | Trackback | Comments(1)

先客万来な扉

友人が、会社を設立するので、オフィスのドアに絵を書くことになりました。
明るくて、誰もが入っていきたくなるカワイイドアにしたいと思います。
c0046559_15402149.jpg

[PR]
by renaart | 2009-06-21 15:42 | Trackback | Comments(0)

【news】7/9(木)早稲田大学法学部「芸術論Ⅱ」で増山麗奈の授業があります。

早稲田大学で「芸術論Ⅱ」という授業のゲスト講師をやることになりました。
塚原史先生の授業で紹介していただきます。
桃色ゲリラの過去の映像、増山麗奈作品世界、ザルツブルグ&パリのツアーの予定などなど盛りだくさんの授業にしたいと思います。
エロスジェネの紹介&販売もありますよ!教室の空きがあれば、一般参加もOKとのことです。御興味のある方は、この機会に早稲田デビューしてはいかがでしょうか?

【とき】7月9日(木)午後13時〜14時半
【ところ】早稲田大学早稲田キャンパス8号館B102教室
【内容】[芸術論Ⅱ]増山麗奈の世界(仮題)





この授業は以前観念芸術の松澤宥氏、天命反転の荒川修作氏、現代史の松井茂さんなどが参加されたそうです。女性はじめてじゃないですか!やた!こうやって女性が活躍できる場をじわじわと世の中に作っていきたいなと思います。芸術は”白人&男” だけのもんじゃないぞ〜!これからは女性の時代なんだぃ!
[PR]
by renaart | 2009-06-20 16:17 | Trackback | Comments(0)

ロスジェネ発売延期

6月末に予定していたロスジェネの販売が、一週間ほど伸びてしまいました。

楽しみにしてくださっていた皆様,本当に申し訳ありません。

増山麗奈

でもね!トップ・オブ・フェミニズムの上野千鶴子さんに、絶賛の評をいただきましたのです。
そのお陰かこの一週間書店からの注文もガンガン増えているみたいです・・・。貧困格差を、性・ジェンダーの視点から捉え直すエロスジェネ。世間に地殻変動をおこしそうな予感。之は絶対永久保存版だす!

〜〜上野千鶴子さんから推薦の言葉〜〜
フェチなセックスをエロ(ス)とカンチガイしている諸君!
資本主義こそ究極のフェチ(物神崇拝)だ。
生きのびる女のエロスは、蒼ざめたフェチをぶっとばせるか?
ロスジェネのマイナス・カードを集めてプラスに転換するエロス・ジェネの錬金術を見よ!



c0046559_10425343.jpg
c0046559_1043595.jpg

ちなみに、7月15日は東大で行われる上野千鶴子研究所の「ジェンダーコロキアム」でエロスジェネを扱っていただくことになりました!参加されたい方は、お問い合わせをロスジェネ
info@renaart.com
まで送ってください!歴史に残る一日になるぞッ!!!

第7回ジェンダーコロキアム

【日時・場所】
:2009年7月15日(水)18:40-20:30@東京大学法文1号館315室
テーマ:上野千鶴子×「ロスジェネ」第3号執筆者座談会「資本主義に、愛はあるのか?」

【基本文献】
超左翼マガジン/ロスジェネ第3号「エロスジェネ」(2009年6月下旬刊行・かもがわ出版 増山麗奈責任編集)
総特集「資本主義に、愛はあるのか?それでも生きたい、愛したいッ!!」

【本の紹介】
バブル崩壊以後の慢性的不況下を生きる若者のリアルな言葉を届け、昨年、各メディアで話題を沸騰させた超左翼マガジン「ロスジェネ」。
今回の第3号は、画家・増山麗奈を編集責任に据え、「愛とエロス」をキーワードに、過酷な世界を生き抜くロスジェネたちに寄りそった。
若者の3分の1が未婚の時代、私たちの恋愛・結婚・ジェンダーはどこへ向かうのか?
自己責任で片付けられてしまいがちな「性」と「生」を、構造の問題としてとらえ直し、新時代の生き方を切り開く渾身の一冊。
台湾、韓国、中国、イラクなど、アジア各国から届いたマンガ・ルポも掲載し、日本国内を超えた世界連帯の可能性も探る。

参考:「ロスジェネ」ホームページ!
http://losgene.org/

・参加する執筆者紹介

増山麗奈(画家・本号「エロスジェネ」責任編集)
第10回岡本太郎現代芸術賞入選/ロスジェネ」編集委員/反戦アート集団「桃色ゲリラ」代表。
この夏ザルツブルグ博物館とパリで欧州展覧会ツアー 「2009パリ♥アート革命」を決行。
11月、主演ドキュメンタリー映画「桃色のジャンヌ・ダルク」が公開予定。
アートとエロスと育児と革命!性別や国境を越え、多種多様な文化を受け入れながら愛し合える世界を作りたい!

大澤信亮(批評家)
1976年生まれ。ロスジェネ編集委員、フリーターズフリー組合員。
著作に「宮澤賢治の暴力」(新潮新人賞)、「柄谷行人論」(「新潮」)、「私小説的労働と組合」(「思想地図」)など。

・司会進行
岩川大祐(いわかわだいすけ)
東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻修士課程在籍。
「ロスジェネ」第3号では、男の子にも女の子にもなりたくない主人公のサバイバルを描いた物語「買われる”少年”のための歌物語」執筆。
[PR]
by renaart | 2009-06-20 08:17 | Trackback | Comments(6)

椎名林檎さんに会いたい!

最近は本杉美智子さんにおすすめされてから、この曲をYOUTUBEで毎日聞いてる。
椎名林檎さんは、エロスジェネ(資本主義に愛はあるのか?あなたのエロスは偽物(ネタ)じゃない)と同じ事を言っている気がする!
エロスの表現を繰り返して来た椎名さんそしていま母になった椎名さん。
おこがましいけど、彼女と私,似た世界を見て、同じ問題意識を持っているんだと思う。椎名さんはきっと
環境や人を殺す社会を変え、いかすアート いかす音楽を作りたいんだと思うの。
椎名林檎さんと仕事がしたい〜〜。だれか対談とか、DVDのアート提供とか企画してくらさい〜。
これ、今年の夢だなあ。

もしも 君が彼らの言葉にうなずいたとして それは つまらないことだよ
涙流すまでもないはず
なぜなら 言葉は 嘘を孕んでる。

もしも 彼らが君の何かを盗んだとして それは くだらないものだよ
返してもらうまでもないはず
なぜなら 価値は いのちに 従ってついてる
ほらね 君には 富が溢れてる。


[PR]
by renaart | 2009-06-17 14:46 | Trackback | Comments(0)

紙爆効果

紙の爆弾を読んでくれたという方から、3件も仕事の依頼がありました。
うれしいですね。紙の爆弾は決して大手メディアというわけではないのですが、コアな読者のみなさまに応援していただいているんだな〜。と実感します。
表現が届いているんだな,と思う時ほど嬉しい事は無いのだ。
本当に皆さんいつもありがとうございます。
紙爆も休刊しないぞと意気込んでいたけれど、私も絵筆でこの不況を乗り越えてみせるのだ。
この津波を乗り越えれば、本物のアーティストという証明になるような気が。

しかし今までテレビや、コンビニ系週刊誌などに掲載された事もあるのだが、その時は特にこれといって反応がなかったんだけどな・・・。
ところで実際のところ雑誌の宣伝効果ってどんなもんなのでしょう。今どこの雑誌も広告を載せてくれる企業が減ってヒーヒーいっているようですが、もともと雑誌広告ってドンぐらい効果があるもんなのだろうか。コスト対効果として、バランス取れてんのかしら。部数が多いメディアと,小さいメディアとどのぐらい効果がちがうものなんだろ。ひょっとして部数というよりも、届くべき相手にメッセージが届くかどうか、ということのほうが大事なんではないかと思ったりする。
多くの人に売る為、スポンサーに文句言われないため、記事がすり減ってゆく。もうネットで見れるミクシニュースとか記事とはナばかりのユニクロ大絶賛広告、映画の一方的宣伝ばかり。批評性もあったもんじゃねえぞ!宣伝垂れ流しって、結局面白くないから読者も離れていくし、広告的効果も薄いんじゃないかとか、おもったり。
あたしゃ自分の信じる道を行きます。じわじわ、時間かかりますけどね。じっくりじっくり。
イメージとしては、すぐにカネにならない、目に見えないものを実績として社会に積み上げていくという感じ。
厚み、深み、味わい、アナログ的手法 絶滅危惧種的な”何か”をこの世界に積み上げていくのが、どっかで大金を儲けてうはうは貧民を搾取してる誰かに対する私なりの抵抗なんである。
ふん!負けるもんかッ。

というわけで深夜まで毎日働いています。プチ引きこもり状態が続き、やや二の腕にお肉がたぷたぷ。やっべーとおもってセルライト除去するマッサージをしてみたり、ボクシング的な事をしてみたり、奮闘してます。
桃色ゲリラ、フォーエバー。私だってほしのあきちゃんと同い年なんだぃ!


ps 先日の四谷のイベント、段取りが悪かったとコメント欄でご指摘いただきました。た、たしかに!反省!次は受付のおにいさんやおねえさんをちゃんとお願いしてあたふたしないようにします。ご指摘ありがとうございました!
[PR]
by renaart | 2009-06-17 03:23 | Trackback | Comments(0)