<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

針生一郎さん死去と、大阪での上映

忙しかった。一昨日、丸木美術館へ「原爆の図」レプリカを返却しに行く。
江戸川区議会議員の滝沢泰子さんと、村田訓吉さんが一緒に行ってくれた。
ニュースを見ていなかった私は、原爆の図美術館の館長針生一郎さんがお亡くなりになった事を知らず、丸木美術館へ向かう電車の中でその事実を滝沢さんに届いたメールで知った。

急遽地球の地軸が変わったような、重い綱を渡されたような、手に持っている絵が重くなったような、運命に引き寄せられているような不思議な感覚を覚えた。
丸木位里さんも俊さんもお亡くなりになられた。そして針生一郎さんもお亡くなりになられた。被曝者の方々はご高齢で、戦争当時の事を知っている人はどんどん少なくなる。
美術館はある。「原爆の図」の絵もある。

私は生きてる。

なぜかあの絵の魅力に引き寄せられて、ニューヨークまで行った。
若者が引き継いで繋げていかなければならない重い記憶。

丸木さんの才能に嫉妬しつつ、それを上回る尊敬があります。
というか、だんだんあの絵を愛してきてしまった!もはやなにか絵の一部が自分であるような錯覚さえ覚えてきた!

これからも丸木さんが許してくれるならば、丸木さんの絵を中心に、世界中に平和と反核を訴えたいと思う。

今年の8/6。9/11は丸木美術館でパフォーマンスすることになりました。
c0046559_18291098.jpg
c0046559_18291925.jpg
c0046559_18293171.jpg


大阪でも「桃色のジャンヌ・ダルク」大阪第七藝術劇場で、公開してます!
初日記念でパフォーマンスもしてきました。書き下ろした絵がその場で売れました。最近、白井愛子ちゃんとのライブペイントで描いた絵がその場で売れる率高い。考えて見ると・・4回連続だっ。愛子の歌のマジックでしょうか?
暴力や矛盾を含んだこの世界を平和に切り裂くそんな顔をイメージして描いてみました。

「いかすあーと」のヒントはチャクラ(第3の目)にあるんではなかろうか。
写真だと見にくいけど、これ第三の目の部分キスマークなの。母乳の次はキスマークアーティストになる。
以下
ニューヨークで原爆の図を持って「非核アクション!」

[PR]
by renaart | 2010-05-30 18:31

Tシャツ

久米繊維工業さんにお伺いしてTシャツ制作の打ち合わせ。夏用にデザインを創ろうと思っている。
エコなものつくりにこだわる久米繊維工業さんは、完全太陽光発電で縫製の電気をまかない、風力発電で印刷の電気をまかなっているのだという。また職人さんたちの健康の為、印刷も油性インクではなく水性の塗料をつかっているそうだ。
裁断、縫製、全ての行程が国内工場で行われる。モノづくりの心臓部分を中国やアジアに移す企業もおおいが、良質な職人さんが支えるこういう会社は応援したい。着心地も最高だし、しっかりして全然型くずれしない。
c0046559_21514237.jpg
c0046559_21515268.jpg


デザインは猫にしようと思っているのだ。猫の家、そしてバステトというエジプトの猫の神様にかけまして。猟奇的で暴力的な神様から、憎しみの心だけを取り除いてうまれたのが、バステトという神様なのです。うちのかわいいりあこは、自称猫の生まれ変わり。実家の猫が亡くなった一週間後に産まれた、というのがその理由です。
彼女を見てると確かにバステト的というか、本当にやさしいこです。今後は、人類はゆるゆるとそういう優しい進化を遂げたら、バージョンアップするのではないでしょうか。
って今日ものろけてしまった!
NO WAR NO MORE 核兵器!

皆さんも買ってくださいね。MサイズとSサイズ、色は友に薄ピンク。黒い猫とメッセージ(ご希望の方には+1100円で洗濯でも落ちない生キスマーク付き)で3800円に使用かな〜ト考えています。(キスマーク+は4900円)

ご予約受け付けます〜。
c0046559_2222097.jpg

[PR]
by renaart | 2010-05-26 21:53

近所密接夏祭り

近所で夏祭り。子ども神輿に参加。今年は新しい公園が出来たせいか、例年の倍以上の子どもがわんさか集まる。
地元のお祭りってなんだか高齢者の皆さんが働いてばかりなので是非うちら若手世代もさんかしたいなーと提案してみた。

こういうお祭りで近所に誰が住んでいるか知ったり顔見知りになる事はその後の防犯とか日々の挨拶とか、生活の質の向上につながると思われる。

おばあちゃんに
「私は産まれた頃からこの辺にすんでてね。お祭りも50年やってんのよ。子供のころは地域疎開で山中湖のほうに行ってたけどね・・この辺は全部戦争で焼けて・・ほんといちめん焼け野原よ。それからがんばってみんな家を建ててね。」
などと昔話を聞いたりして楽しかった。
そう思うとおんぼろの我が家(築50年)もなんだか愛おしいものに思えてきました。
アパートの上に住んでた方が引っ越しをしたので、上を借りる事になりそうなんだ。そうなると新宿に一軒家。そうなるとかなり広くなるので何か展示とか上映会とか勉強会とか出来るようなオープンスペースを住居の一部を改造して創ろうかと思っている。
出来たらアートと社会活動に関係するイベントをやりたいな。
場所は新宿御苑駅より徒歩10分。のんびりした住宅街です。何かやりたい人は教えてね。
[PR]
by renaart | 2010-05-22 20:41

ママとあーたんのお仕事

あーたんは保育園がおやすみなので、お家で公文。
私は白井愛子ちゃんのライブのときに描いた絵を仕上げています。この絵は2時間ぐらいで愛ちゃんの曲を聴きながら描きました。優しい歌声と星の涙というアルバムのコンセプトにあわせて、傷ついた地球を抱きしめる女性像です。
音楽関係の方が買ってくれたので、細かいところをも少しだけ整えます。
c0046559_15362453.jpg
c0046559_15364590.jpg


おーっといまリータンが帰ってきて、「私習字も一度やりたいから、アータンの隣で勉強するね!」
とのこと。
という訳でみんなで机をそろえてお勉強なのだ。
c0046559_15431658.jpg


大人も子どもも学んだり働いたりするのけっこうたのしいよね。

なんだか私、年々大嫌いだった「教育ママ」なお母さんに似てきているっ!
[PR]
by renaart | 2010-05-20 15:43

【news】5月23日ニューヨーク報告のお知らせ


~転送・歓迎~~~~
こんにちは。画家の増山麗奈です。
5/7~5/11までNPT開催中のニューヨークに行き、丸木位里・俊夫妻の描いた「原爆の図」レプリカをもって、ピースアクションを行ってきました。
参考
ニューヨーク経済新聞「NY国連前に「原爆の図」-桃色ゲリラ、カーネーションで反戦運動」
http://newyork.keizai.biz/headline/photo/150/
http://newyork.keizai.biz/photoflash/71/

応援してくださった方に心からお礼申し上げます。
ニューヨークアクションのミニ報告を、5/23(日)東京ウィメンズプラザで行われる「第二言論サミット~メディアに政権交代を~」にて行いますので、よろしければ是非ご参加ください。(下に案内を貼付けます)

また、ニューヨークのOUCHIギャラリーでも上映させていただいた私の主演ドキュメンタリー映画「桃色のジャンヌ・ダルク」、大阪、東京で上映が決まりました。東京はレイトじゃなく、朝10時半~。夜が苦手な方も是非見てくださいね!

【「桃色のジャンヌ・ダルク」大阪上映★】5/29~公開 第七芸術劇場
http://www.nanagei.com/movie/next.html
【「桃色のジャンヌ・ダルク」東京再上映★】6/5(土)~6/25(金) 10:30~渋谷UPLINK
http://www.uplink.co.jp/x/log/003559.php

ちなみに・・ニューヨーク行き企画は「桃色のジャンヌ・ダルク2~海外編~」の映像撮影も兼ねていたのはここだけの秘密!ワールドワイドな桃色革命闘争を目指します☆


以下、第二言論サミット詳細

5月23日(日)
「5・23第二言論サミット」

~メディアに政権交代を! 世界は周辺から変わる!~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いま、静かな地殻変動が起き始めています。変革の息吹がいたるところに芽生え始めていますが、その流れにブレーキをかけ敵対しているのが大マスコミ(新聞・テレビ)ではないでしょうか。彼らを第一言論とするならば、それとは違う視点を持つ私たちの言論を第二言論と定義します。権力のない側の個人メディア・小メディア・表現者が24人が集まり、どのように社会を変革していくかを語るリレートーク集会です。ジャーナリストと活動家がともに集まる場でもあります。ぜひご参加ください。

【日時】 2010年5月23日(日)13;20開場13:45開演16:40終
【場所】 東京ウイメンズプラザ・ホール    
     渋谷区神宮前5-53-67
【交通】 JR渋谷12分 地下鉄表参道7分
【参加費】 500円(前売券販売中)
【主催】  第二言論サミット実行委員会
 協賛  (社)マスコミ世論研究所・草の実アカデミー
【問い合わせ先】 集会参加は予約の必要はありません。懇親会のみ予約
が必要です。
        TEL 03-3916-2664(火・木・土日祝)
        FAX 03-3916-2676
        E-mail kusanomi@notnet.jp


発言者(発言順)

【大マスコミとの闘い】

1、林克明(ジャーナリスト)
http://ankoku-mirai.cocolog-nifty.com/
 テーマ「自民・大マスコミ連合軍VS自由民権運動」
2、三宅勝久(ジャーナリスト)
http://blogs.yahoo.co.jp/jieijieitaitai
 テーマ「記者クラブ」というアパルトヘイト(えこひいき)政策と御用
新聞の100年
3、寺澤有(ジャーナリスト)
http://www.incidents.jp/index.html
 テーマ「国家公安委員長の記者会見に出席させろ」
4、黒薮哲哉(「新聞販売黒書」主宰者)
  http://www.kokusyo.jp/
 テーマ「読売による言論弾圧」

【反戦&街へ】

5、志葉 玲(ジャーナリスト「「イラク戦争の検証を求めるネットワー
ク」事務局長
  http://reishiva.jp
 テーマ 「ジャーナリスト・政治家・市民活動家によるイラク戦争検証」
6、阿部めぐみ
 テーマ「新宿西口 反戦スタンディング」
7、(市民の意見30の会・東京)から
http://www1.jca.apc.org/iken30/
テーマ「政策提言から発した反戦を訴える市民メディア」


8、園良太(元編プロ・今アクティビスト)
http://d.hatena.ne.jp/Ryota1981/
 テーマ「落書き、張り紙、街宣、デモ、路上上映 ー閉塞メディアよ街
へ出よう」
9、早川由美子(自主映像製作者)
www.brianandco.co.uk
 テーマ「ビデオカメラで自己発信~自主映像制作のすすめ~」
10、増山麗奈(画家)
http://renaart.exblog.jp/ http://www.momoirojeanne.com/
 テーマ「育児とエロスと芸術~人生まるごと革命!桃色ゲリラの挑戦」
 (アメリカで原爆の図を前にしたアクションの報告)

【個別テーマから】

11、太田光征(「平和への結集」をめざす市民の風)
http://otasa.net/
 テーマ「日常の中に食い込むメディアアクションと主権者独自の調査・
分析活動」
12、永野厚男(教育ライター)
 テーマ「取材・分析・発信で、文科省等国家権力による、教育の国家統
制に歯止めをかける」
13、伴英幸(原子力資料情報室共同代表)
http://www.cnic.jp/
 テーマ「       」
14、山中幸男(救援連絡センター事務局長)
http://kyuen.ld.infoseek.co.jp/
 テーマ「司法改悪、裁判員制度だけではない。刑事公判前手続き、国選
弁護」

【プレカリアート系(新しい労働運動)】

15、小林蓮実(インディユニオン書記長)
http://www.indy-union.org/
 テーマ「インディーズのための労働・生存組合活
16、清水 直子(ライター、フリーター全般労働組合執行委員、派遣ユニ
オン執行委員、自由と生存の家実行委員会)
http://shimizunaoko.cocolog-nifty.com/blog/
 テーマ「ライターとプレカリアート運動を往復しながら書く」
17、コールさとう(学芸家・大学非常勤講師)
http://blue.ap.teacup.com/bluesato/
 テーマ「非常勤ブルース!~教育の貧困と貧困の教育をつなぐ~」

【政治文化】

18、木村三浩(一水会代表)
http://www.issuikai.jp/
 テーマ「映画『靖国』の上映を巡る顛末」
19、中田順子(戦場体験放映保存の会事務局長)
http://keepast.seesaa.net/
 テーマ「名も無き声の結集~戦場からの歴史証言~」
20、わかち愛(詩人・レイバーネット川柳班)
http://www.labornetjp.org/
 テーマ「文化のないたたかいなんて・・鶴彬から学ぶ川柳」

【第2言論】

21、鈴木邦男(著述家)
  http://kunyon.com/
 テーマ「右翼は言論の敵か」
22、山崎康彦(ブロガー 『杉並からの情報発信です』)
http://blog.goo.ne.jp/yampr7
 テーマ「大本営発表世論」VS「草の根ネット世論」
23、矢崎栄司(ジャーナリスト、アースワークルーム代表)
 テーマ「ジャーナリズムとミニメディア(微小)の可能性」
24、村岡到(プランB編集長)
http://muraoka-itaru.blogzine.jp/
 テーマ「マスコミの責任――石橋湛山の闘いの意義」


【懇親会】2010年5月23日(日)午後5時30分受付開始
     場所  原宿の隠田区民会館・集会室
   参加費 2000円
     申し込み締め切り 4月29日
     申し込み方法
      懇親会参加の旨と氏名を書き、メールかファックスで送信
     ●メールkusanomi@notnet.jp
     ●ファックス03-3916-2676


増山麗奈
080-6687-4118
info@renaart.com
http://renaart.exblog
[PR]
by renaart | 2010-05-19 14:56

おたふく風邪

今週はあーたんがオタプク風邪で保育園おやすみ。熱はあんまりなく、元気そのものなんだけどほっぺがぷくぷく〜カワイイからいいや。
c0046559_1463436.jpg

[PR]
by renaart | 2010-05-19 14:06

【news】国連前でのニューヨークアクション報告

ふぅ・・チビ達に絵本を読ませながらひたすら書いていた図書館にて書いていた原稿が一瞬のうちに消えた・・悲しい、けど悲しさを乗り越えてもう一度アップです。

5/7国連本部前では、カーネーションと、母の日をテーマにしたカードを配りました。
トルコ人の方、インド人の方、ニューヨーカー、国連で働いている方、ハーバード大学の方、ルワンダから来た方、などいろいろな人種の方と語り合うことができました。

不思議だったのは、どんな国の方も、
丸木さんたちの絵を見て、花のカードを渡して、「核兵器の無い世界を目指して全ての国の母子が平和であるように訴えているんだ」というと、本当に快くカードを受け取ってくれたり、絵をじっとみてくれたりしたことです。中には涙ぐんで必死に読んでくれた方もいました。

たった一瞬外国ですれ違った赤の他人同時が、奇跡的に深いところまで繋がれる瞬間がある。原爆の図や、花のブーケ、私のパフォーマンス、などいろいろな要素が起こした奇跡だと思いました。
これこそアートの力!かも。

中国からは、「現共産党政権によって華やかな上海万博の裏で様々な暴力が行われている!」という事を訴える中国民主党世界同盟の方がアクションをしにきていました。

いきなり家をブルトーザーで壊されたという男性↓は「本当に困っている。世界の人々にこのことを知ってほしい」と自宅が壊される様の映像をモニターで上映していました。
c0046559_16291594.jpg

c0046559_16293573.jpg

この男性は、中国民主党主席のWang Junさんです。主席って!政権交代したら中国首相ってこと?
(夜名刺を整理してて気がつきました)
c0046559_16294916.jpg

ふとビッグに逢えるというのも国連の面白さなんでしょうか。

オーストリアから来たというご夫妻は、丸木さんの絵をじーっと見て
「オーストリアには原発が一つもないのよ。一度も運転される事の無かった原発施設は太陽光発電施設になったのよ。」と訴えた。
「ザルツブルグには去年いきました。とても素晴らしい景色と文化のある土地ですね」というと
ほんとうにうれしそうに
「そうなのオーストリアは世界一素晴らしいところよ」
といっていました。

参考

オーストリアで原発を太陽光発電施設に転換
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/271007/


原子力発電と、核廃絶と繋げて考える感覚が鋭い!そういう国民性が国から原発を追い出すのねっ。(続く)
[PR]
by renaart | 2010-05-16 16:18

【news】ニューヨーク経済新聞にしていただきました。レポート2

おっと!気がつかない間に、ニューヨーク経済新聞で記事を書いていただいていた事が判明!

^^^^^^^以下記事より

核拡散防止条約(NPT)再検討会議が開催中のニューヨーク国連本部前で5月7日、画家の増山麗奈(れな)さん率いるアート集団「桃色ゲリラ」が反戦パフォーマンスを行った。

 当日は、画家の故丸木位里・俊夫妻が被爆者をモデルに描き上げた「原爆の図」の原寸大レプリカを展示。「戦争でいのちを失った母と子」をテーマに、広島・長崎原爆投下の被害とイラク戦争で使用された劣化ウラン弾についてつづったメッセージカードをカーネーションとともに配布した。目標は400枚。・・続きは以下!

NY国連前に「原爆の図」-桃色ゲリラ、カーネーションで反戦運動(5/8/2010)http://newyork.keizai.biz/headline/150/

桃色ゲリラ反戦運動自由の女神像のトーチに見立てたブーケもhttp://newyork.keizai.biz/photoflash/71/

室島記者、ありがとうございました。

 
c0046559_165482.jpg

[PR]
by renaart | 2010-05-16 16:05

【news】ニューヨーク原爆の図アクション報告1(国連本部前)

帰国後、松井やよりさんの本やら、向こうで買ってきた英語の雑誌やらをのんびり読んでしまって、レポート遅くなった事お侘びします。現地でどんな風にアクションを行っていたか、簡単にですがブログ場でレポートしたいと思います。詳しいレポートは、
5/23日 ウィメンズプラザ
5/28日 大阪オレンジルーム
6/12日 東京ウィメンズプラザ 「いま語り描き写し歌い舞うとき」
などでレポートしたいと思います。是非会場まで足を運んでくださいね!

まず最初に今回の企画を行うにあたって本当にたくさんの方々にお世話になった事をお礼申し上げます。ホームステイさせてくださった妙法寺石橋行受さん、アメリカでイラストレーターをやられている殿平有子さん、oneshot onekillプロデューサーの影山あさ子さん、現地でデモに参加させていただいたコードピンクの皆さん、文章の翻訳を手伝ってくださったブログを読んでくださっている皆さん、一緒にアメリカにいったフラワーデザイナーの小澤弘邦さん、そして原爆の図を貸していただいた丸木美術館の学芸員の岡村幸宣さん、なにより素晴らしい絵を次世代に託してくださった丸木位里さん、丸木俊さん、その他カンパしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。私たちが行ったアクションは小さいものですが、ここから一人一人の人に何かを伝えて、次に繋がるように努力したいと思っています。
c0046559_1031614.jpg


今だからいえるのですが、出国前いろいろな方々に「アメリカで反戦デモするとすぐ逮捕されるよ。」「アメリカは冷たい国だから誰も協力してくれないと思うよ」などとアドバイスいただいたり、
「ヒロシマ」なんて一言でもいおうものなら、「リメンバー・パールハーバー!!」といわれて怒鳴られてしまうんではないか、なんてビビりまくりだったのですが、実際はとても人々に温かく迎えていただきました。
 丁度マザーズディ5/8の近くだったので、小澤さんのアイデアで「テーマは母と子でいこう」ということで、母の日にちなんだカードと造花を400部配ろうということになりました。
ヒロシマでも、ナガサキでも、イラクでも、アフガンでも、グラウンドゼロの下でも、そこには逃げまとう親子の姿があった。もう二度と苦しむ親子を見たくないのだ、という意図でね。

c0046559_10028100.jpg


おっと、今ちびたちに「ママ図書館に行こう!」といわれてしまったもので、続きは図書館でまとめます。取り急ぎ。
[PR]
by renaart | 2010-05-16 10:03

【news】5/13付け朝日新聞で「ロスジェネ」終刊が紹介されました。

c0046559_17551531.jpg

以下記事より・・
若者の現実を伝えたいと2年前に生まれた雑誌「ロスジェネ」が、今年4月発行の第4号で終刊した。貧困や生存の問題を当事者世代が言葉や絵で表現し、多くの人が手に取った。新卒の就職率は低迷し、第2のロスジェネの誕生も心配される今、なぜ幕を下ろすのか。

 「もう一度立ち上がるために我々は、この虚(むな)しく飽和した言論状況を自らの実行=作品によって終わらせることを選びました」

 最終号の黒い表紙に白い文字で、静かに決意が語られている。

 
続きは・・
「ロスジェネ」2年で終刊 「本来の仕事に集中」選ぶ(1/2ページ)

今日アマゾンでチェックしてみたら、アマゾン順位が7万位ぐらいから3000位ぐらいに上がっていた!朝日様々です。
読者の皆様短い間でしたが、本当にありがとうございました。これからもお互い自分の足場から、再び立ち上がってたたかってゆきましょう。
取材をしてくれた高重記者ありがとうございました。
[PR]
by renaart | 2010-05-14 17:56