<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

【news】8/8 「いのち、まっすぐ。ふれあうまちかど音楽会」に出演します。

8月8日に江戸川区で開かれる「いのち、まっすぐ。ふれあうまちかど音楽会」に、増山麗奈がライブペイントで参加します。

いのち、まっすぐ。ふれあうまちかど音楽会

8月8日(日) 
開演 13:00  開場 12:30
チケット 一般 1000円 18歳未満 無料

第1部 トークと音楽。音楽あふれる街角
オープニングアクト〜ポップスとアートのコラボレーション
 仲本友香(歌とギター)+増山麗奈(画家)
松江(ギターユニット)
大正琴アンサンブル
 山田頼子と五弦の会(井内寿子/吉田まゆみ/亀井龍郎/山田宣昭)
  +斎藤三記(歌)+松井千恵子(ピアノ演奏)
ピアノ演奏による感動パネルシアター
お話クレヨン 竹縄妙子+松井千恵子(ピアノ演奏)

第2部 メオコラソン
 昼下がりのボサノバ
ボサノバデュオユニット メオコラソン

総合司会 滝沢やすこ(江戸川区議会議員)

作品展示&販売 もぐらの家

会場 小松川さくらホール
〒132−0034 江戸川区小松川3丁目6番3号
TEL 03−3683−7761
FAX 03−3683−7764

主催 滝沢やすこ後援会
お申し込み お問い合わせ
滝沢やすこ後援会事務局(滝沢やすこ事務所内)
TEL 03−5609−8111
FAX 03−5609−8112
Email yasukojimusyo@gmail.com
[PR]
by renaart | 2010-07-26 19:52

【news】8/6原爆の図丸木美術館にて、ニューヨーク報告

8/6 午後二時より、丸木美術館にて
ニューヨークでの「原爆の図」ピースアクション+WAPAの活動について
報告を行います。

この日は丸木美術館の入場料、なんと!ただ!です。ので、今まで原画見てみたいナーでも遠いなー未鯛に思っていた方も是非!来てくださいね!

丸木美術館http://www.aya.or.jp/~marukimsn/

財団法人原爆の図丸木美術館
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1401
tel:0493-22-3266
fax:0493-24-8371
[PR]
by renaart | 2010-07-26 19:01

【news】8/19~8/25 ネコノマにて「こどもたちと戦争」展

●●●多目的ギャラリー「ネコノマ」オープン企画●●●

展示+トーク「こどもたちと戦争」

【会期】8/19(木)〜25(水) 午後2時〜午後8時

【展示】
「しんじゅく・戦争の記憶」絵/新宿在住の戦争体験者の方々+増山麗奈(画家)
「紛争地の子どもたち」写真/志葉玲(戦場ジャーナリスト)

【関連トーク】
8月21日(土)午後2時〜4時「しんじゅく・戦争の記憶」語り/新宿在住の戦争体験者の方
8月22日(日)午後2時〜4時「紛争地の子どもたち」語り/志葉 玲

【場所】東京都新宿区富久町33−3 1階 多目的ギャラリー「ネコノマ」

【入場料】 無料(カンパは歓迎)

【問い合わせ】050−1283−2309 (ネコノマ)
c0046559_18512046.jpg

[PR]
by renaart | 2010-07-26 18:52

【news】リアルライブさんに書評+Tシャツ記事を配信していただきました。

エロス革命家! 増山麗奈のアートエッセー、ネコが主役のTシャツも
http://news.nifty.com/cs/item/detail/rl-20100724-2833/1.htm
^^^^^^^^^^^^^^^^

今年「桃色のジャンヌダルク」という映画にもなった、平和、環境、社会にエロ&エコで体当たりする話題の若き画家パフォーマー、増山麗奈がつづるアートエッセー『いかす! アート』(白澤社定価 1700円(+税))が現在、書店に並んでいる。続きは本文で
ーーーーーーーーーーーー

オシャレ オシャレ と記事の中で何度もオシャレを連発していただき・・・これは美貌と美的感覚を磨かねば悪いなあ・・・と考えてしまうまじめな私。
そういえばこの間某ファッション系メディアの方に「Tシャツが好評だったから、次はもう少しいろんなアイテムを増やして、ブランド化しようよ!」とお誘いを受け、
何でもやりたがりやの私はいいかも。。などと思ってしまうのだった。出来たらがんばっている国内の業者さんたちとコラボで、日本の普通の生活に潤いをもたらせるようなブランドにしたい。
でもただでさえキャパオーバーなのに、どうすんの!?と言う気もするんだが、いままで作家人生12年間の中でほとんどの名作はほとんど原画を売ってしまい、「原画をそんなに売ってしまっていいのか。作品がのこらなくてもいいのだろうか」
と考えていたりもして
Tシャツとか、グッツとかが広がることによって、アートの世界の発進力が広がり、本当に大事な原画はいつかオープンする予定の増山麗奈美術館で保存しておこうかな、とか考えたりして。
今日ネコノマのお手伝いに来てくれたモーレツファンのコレクターK氏は増山麗奈を美術界の歴史に残そうと奮闘してくださっている方なのですが(そういうお方に、台所のお皿洗いとかやらせちゃうのが麗奈流なのだが)
今度コレクター目線でセレクトした初期からの作品を回顧するみたいな展覧会をやろうよと言う話になった。
[PR]
by renaart | 2010-07-26 18:40

【news】占い師マリアーナさんの肖像画を描きました。

友人の占い師の方の肖像画を描きました。新しくカラーセラピストとして事務所をオープンするそうです。メインビジュアルとして、名刺やポスター、ブログに活用していただきます。

c0046559_1444592.jpg

「ハッピーレインボー」
21×29.7cm 紙にアクリル、色鉛筆。デジタル処理
2010 (c)増山麗奈

カラーセラピーということで、虹色をテーマに描きました。占ってもらう方の一番輝く色をマリアーナさんが見つけていく、と言うコンセプトで、虹色のチョウチョも描きました。鍵しっぽのクロネコは幸せのキーワード。マリアーナさんの事業が成功しますように!と心を込めて描きました。

皆さんも、運がアップする肖像画受注、おまちしております!
[PR]
by renaart | 2010-07-26 14:46

ニューヨークで展示する作品リストです。

グループ展 「peace4ever」



主催・会場The International Center in New York
50 West 23rd Street 7th Floor, New York, New York 10010
Tel 212.255.9555 Fax 212.255.0177www.intlcenter.org

担当者Shawn Mullin: smullin@intlcenter.org  (Program coordinator)
Kazuko Uchida: kaztyny@aol.com(Planner & curator)


タイトルpeace4ever: lest forget the longest days in 1945
会期7月30日(金)〜8月19日(木)
レセプション 8月6日(金)

2回の原爆記念日と終戦記念日…。8月こそ、戦争に翻弄された市民の悲惨な経験を次世代に語り継ぐべきとき。ニューヨークと東京からの日本人アーティストがいま、さまざまな視点から生命の賛歌・人間の尊厳を表現し、平和と調和をアピールします。


出展者
Yuko Ichikawa (Mixed media, NY)
Mitsuyo Mori (Watercolor, NY)
Yasuyo Tanaka (Printmaking, NY)
Hisayasu Takashio (Sculpture, NY)
Rena Masuyama (Drawing, Tokyo)

c0046559_14362362.jpg

Rena Masuyma
painting
19.2×24.2cm
「town」


c0046559_14373480.jpg

Rena Masuyma
painting
24.2×19.2cm
「in this town 」


c0046559_14383453.jpg

Rena Masuyma
painting
19.2×24.2cm
「my Cat」


c0046559_14392562.jpg

Rena Masuyma
painting
29.7×420cm
[AKIHABARA]













1. アーティスト名 (ローマ字&日本語表記)
Rena Masuyama
増山麗奈
2. 出身校・資格・現職機関等 (英語&日本語表記)

東京藝術大学出身
画家
映画「桃色のジャンヌ・ダルク」主演

It learns in the Tokyo UNI of fine art.
painter.

movie[Pink Jeanne d' Arc]Starring


3. リンク先 (所属・活動・著書等の関連サイト)
http://renaart.com
http://momoirojeanne.com/


4. Artist Statement: 「日ごろの制作ポリシー」「今回のショーにあたって」または「それぞれの作品コンセプト」など、新聞社の編集者にアーティストとして訴求したいこと (サンプルご参考)をおっしゃってください。日本語でも英語でも結構です(私が翻訳・加工することはありません)。

【今回のショーにあたって】

イラク戦争が開戦した7年前から、平和を訴えるアートパフォーマンス「桃色ゲリラ」を始めた。
イラクや韓国、ベルリン、中国などで公演を行った。平和は、私のアートの生涯のテーマです。

原爆が投下された8月に、アメリカに在住するアーティストの皆さんがPEACE4EVER展を開催する事はとても意味があると思います。声をかけていただいて光栄です。

戦火のイラクで燃やされた図書館や美術館を訪ね、「文化が舐められるところに、爆弾が降ってくる」と確信しました。

誇りとは他の領土から資源を奪う事ではなく、日々や文化を発信してゆく事、心を豊かに暮らしていく事だと思います。お互いの文化をリスペクトし合える未来を作りたい。


いま世界が核廃絶に向けて具体的に歩み始めたとき、私達日本人は、被爆国の国民として核兵器の恐ろしさを訴える義務があります。

被爆者の皆さんがご高齢となる中、記憶を紡いで、記録をつくっていきたい。
そのために丸木位里、俊夫妻の「原爆の図」を中心とした平和教育団体「WAPA」を発足しました。

展示している絵は、モノクロ作品です。歴史や地域と繋がりの薄い現代人の存在を描きました。
日本の新聞小説「さすらい人のフーガ」挿絵として描いたものです。
現代人の孤独な後ろ姿が、罪や傷つけた歴史へと想像力を繋がっていくとき、平和が生まれるのではないでしょうか。
PEACE 4 EVER.



5. 個展や合同展、受賞などの略歴 (英語のみでもOK)。掲載サイトのURLでも可。
born 1976 in chiba japan
It learns in the Tokyo UNI of fine art.
The artist and it exchanges it in Iraq of the war in 2004. it meet Qusim Sabti .
RENA MASUYAMA Artist painter performance artist

It participates in "Fuchu Biennale" Fuchu city museum in 2004.

"ART LAN@ASIA" Yokohama ZAIM synthesis Curation in 2007.
She told Japan the artist of the present age of Asia.

It is selected to the TaroOkamoto art prize in 2008. Picture book "
Childhood friend's Buckie" publication.

Magazine "Lost generation" related as the member of editorial board is chosen to be a
popular word grand prize.

Autobiography「Pink guerrilla~Revolution of peace and art~」However, it
makes it Uts picture.
"eco@asianism" that appeals for environmental problems as the artist
in Asia is planned.

Opinion leader that is positively related to environmental problems, difference problem, and
pacifism. The magazine, the television, and the newspaper, etc. are taken an active part.


6. 今回の出展数: _11_点

7. Label 用データ (各作品をName, Title, Medium, Size, Price の順で。以下は例)
1)
Rena Masuyma
「悩み/Worry」
painting
18.8×18.8cm

$300.00

2)
Rena Masuyma
「消しゴム/Eraser」
painting
19.2×24.2cm

$350.00

3)
Rena Masuyma
painting
24.2×19.2cm
「in this town 」
$350.00

4)
Rena Masuyma
painting
29.7×420cm
[AKIHABARA]
$500.00

5)
Rena Masuyma
painting
19.2×24.2cm
「town」

$350.00

6)
Rena Masuyma
painting
19.2×24.2cm
「夜の散歩 Moonlight stroll」
$350.00

7)
Rena Masuyma
painting
19.2×24.2cm
「飛行機 Airplane」

$350.00

8)
Rena Masuyma
painting
18.8×18.8cm
「Homeless1」
$300.00

9)
Rena Masuyma
painting
18.8×18.8cm
「Homeless2]


$300.00

10)
Rena Masuyma
painting
18.8×18.8cm
「Infant stage」
$300.00


11)
Rena Masuyma
painting
19.2×24.2cm
「my Cat」
$350.00
[PR]
by renaart | 2010-07-26 14:40

【news】 しんぶん赤旗で、美術評掲載

7月13日付けのしんぶん赤旗で、増山麗奈の書いた美術評が掲載されました。

c0046559_11343790.jpg


ps選挙について、赤旗の社説では

自民党が提案した10パーセントの消費税を参考にすると発言した民主党から、まさかの自民党へ票が流れてゆくことへの怒りと憤り、小池あきら氏が落ちてしまった事に対しての落胆、
新顔の党ばかりもてはやすマスコミへの批判が書かれており、最後はワールドカップのスペイン戦と照らし合わせ”個人が輝く党の存在感”を改めて感じた、としめくくられている。

私は共産党の政策は真っ当だなと思う部分が多くあるのだけれど、他党、マスコミへの批判だけではなく少なくとももう少し統括が必要と思う。

●なんで小池さんではなく、イケメン風のコーヒー屋に票が流れてしまったのか
(広報力?ビジュアル・センス?政策のどの辺り?若者を運動に取り入てゆくには?)

「若手を育て、新しい応援団を受け入れていく為に共産党もツイッターを活用するべきだったのだろうか」ぐらいは反省点として書いておいたほうが、建設的というものではないか。

選挙結果という業務成績をのばしていくためにも、党への批判をも含めて検討するぐらいの器が必要と思います。
[PR]
by renaart | 2010-07-21 11:45

【news】社会新報20107/21日付けで”ひと”欄紹介記事掲載

7/21にちづけの社会新報(社民党機関誌)ひと欄で私の記事を紹介していただきました。
記事を執筆していただいた林克明記者ありがとうございました。

c0046559_11231467.jpg



(注)名前が”ますやまれいな”になっていますが、”ますやまれな”です。

ps 今回の選挙では議席を減らした社民党ですが、紙面でその反省、総括をしていました。
民主党の政策に疑問を持つ人たちの受け皿に慣れなかった事が原因。と。

今後は候補者を少なくして票を集中させる。
プレゼン力を増やす等具体的な策が書いてあり好感を持ちました。
[PR]
by renaart | 2010-07-21 11:25

【news】中国新聞にインタビュー記事を掲載していただきました。

2010年7月8日づけの中国新聞の記事に、増山麗奈のインタビュー記事を掲載していただきました。取材してくださったのはなんと!福田元首相から「あなたとは違うんです」という名言を導きだした敏腕記者、道面記者です。とても切れ味の良い素敵な方でした。イルコモンズさんたちとも繋がっているそうで、世界は狭いんだな〜ッて思いました。

映画の他、現在取材を続けている被爆者の方の絵本についても言及してくださっています。

c0046559_15385343.jpg


明日は、江戸川区の原爆被害者の会「新江会」の企画する「平和展」の店番に午後二時~四時行ってきます。葛西区民館2階廊下で開催されています。良かったら遊びにきてくださいね。
[PR]
by renaart | 2010-07-20 15:40

【news】ニューヨーク、インターナショナルセンターにて展示参加

c0046559_1535298.jpg
c0046559_1541843.jpg


今年の夏、ニューヨークでの展覧会に参加します。こういう国際的な展示に声をかけていただけるようになった!というのはとてもありがたい事です。会場となるインターナショナルセンターは、
世界中から老若男女が集い、英語とアメリカ文化を学んでいる施設。
メンバーの3割ぐらいは、やがて自国に帰ります。世界平和をアピールするには格好の場所のひとつとのこと。ぜひアクセスしてみてください。オープニングでは、映画「桃色のジャンヌ・ダルク」英語版の上映もあります。

http://www.intlcenter.org/
私はさすらい人のフーガの挿絵原画や、ロスジェネ挿絵に提供した秋葉原事件をテーマにした原画などを11点展示させていただきます。ニューヨークにお知り合いの居る方は是非インターナショナルセンターをたずねてください。作品販売も行っています。ニューヨークで作品をコレクションする機会はなかなかないので、是非!
c0046559_15161369.jpg

★作品「この町でぼくは」2008年 紙に水彩、ペン サイズ160×200mm 値段 350USドル(額つき)

グループ展 「peace4ever」



主催・会場The International Center in New York
50 West 23rd Street 7th Floor, New York, New York 10010
Tel 212.255.9555 Fax 212.255.0177www.intlcenter.org

担当者Shawn Mullin: smullin@intlcenter.org  (Program coordinator)
Kazuko Uchida: kaztyny@aol.com(Planner & curator)


タイトルpeace4ever: lest forget the longest days in 1945
会期7月30日(金)~8月19日(木)
レセプション 8月6日(金)

2回の原爆記念日と終戦記念日…。8月こそ、戦争に翻弄された市民の悲惨な経験を次世代に語り継ぐべきとき。ニューヨークと東京からの日本人アーティストがいま、さまざまな視点から生命の賛歌・人間の尊厳を表現し、平和と調和をアピールします。


出展者
Yuko Ichikawa (Mixed media, NY)
Mitsuyo Mori (Watercolor, NY)
Yasuyo Tanaka (Printmaking, NY)
Hisayasu Takashio (Sculpture, NY)
Rena Masuyama (Drawing, Tokyo)
[PR]
by renaart | 2010-07-20 15:08