<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

明日の準備

明日の新潟ようのキャンバスを作っています。
ちくちく  ちくちく  ・・
c0046559_1963167.jpg

[PR]
by renaart | 2010-09-30 19:08 | Trackback | Comments(2)

いかれた箱と、新潟行き

こんにちは。明日深夜より、新潟へ行きます。
映画「桃色のジャンヌ・ダルク」の上映が新潟のシネ・ウィンドで、10/2~10/8まであるからです。
シネ・ウィンド公式HP

10/2朝10時の上映後、映画館エントランスでライブペイントをします。午後7時の回の前も舞台挨拶します!
白井愛子さん 鵜飼邦彦監督 増山麗奈の3人で行きます。

ところで、このシネ・ウィンドではみひろさんの自伝映画「nude」も公開され、私の一週間後にはみひろさんが舞台挨拶にこられるとのこと!
なんとなく親しみとご縁を感じて、昨日一人で映画「nude」見てきました。
そしたら、みひろさんの故郷って新潟だったと判明!
高校時代の親友との葛藤、裸の仕事をしていることで去っていく友人達など、心にぎゅっとくるシーンばかりでした。私も母乳ペイント+反戦というダブルの引き要素を兼ね揃え、ついでに生意気で筆無精な性格もありまして、多くの高校時代の友人と疎遠になってしまいました。

でもみひろさん、その故郷新潟で舞台挨拶。パンフレットを見ると、友人が家族も見に来てくれるとの事。
私なんて反核とおっぱいダブルで故郷に迷惑かけそうだなとおもってまだ新潟にいるおばあちゃんに映画上映のお知らせすら出来ていない!以前も新津美術館で個展やった時も親族誰も見に来てくれなかったし・・・
とすこしぐれてしまいました。

肉親は大事に思っているけど、アートは仕事だと思っているから、親族以外のファン層をヨン様じゃないけど家族と思ってすすんでいこうと思います..、
今回の新潟行きもファンのYさまと鵜飼様とシネ・ウィンドのスタッフのみなさまの温かいご好意で実現しました。というわけでこれから展示する絵。公開制作する絵の準備なのだ!

ps
売れた絵の梱包をしていたら、イカレタ箱をつくってしまいました。

c0046559_11231125.jpg
c0046559_11235286.jpg

[PR]
by renaart | 2010-09-30 11:24 | Trackback | Comments(1)

イベント感謝そしてペンの力

昨日は、我が家一階のギャラリーネコノマで、佐々木裕司プレゼンツ「ヨゼフ・ボイス解読会」+ウサギ組のパフォーマンスがあり、さらには2階ではうちのちびちゃんの9歳の誕生日パーティ会が行われ。更には夜中の11時半まで、打ち上げでどんちゃんやると言う濃い一日でした。
来てくださった皆さん、関わってくださった皆さん、ありがとうございました。

私は貧困の問題も、戦争の問題も、原発反対の問題も、環境破壊も根っこは同じ。誰か一部の人たちの富(カネと過剰な欲望)のために弱い者が搾取されているという事だと思っています。
それは明らかにおかしい。しかしメディアに洗脳された人々にはなかなか伝わらないので、絵、パフォーマンス、文章、ネコノマという場づくりなど自分の数十年の人生の中で、使えるものは何でも使ってそのことに対する警告をしているつもりです。
しかし社会派なアートというのはなんでかわかんないけど、どうも日本ではレアもの扱いで
切ない思いをたくさんしています。

しかし、ウサギ組という新たな攻撃媒体集団(笑)が現れ、動物実験廃絶を訴えてアートで活動をしていたりするのをみると、なんか新しい息吹が生まれつつある事を感じます。

よく読んでみるとヨゼフ・ボイスも過剰な資本主義の危険性をとなえつつ、社会主義の限界値も警告していた。

なんかマニフォルドに繋がる流れがあるような気がしたな。


ところで一昨日の水曜日のしんぶん赤旗で私が執筆したギャラリー58で開催中の「R70
展」の美術評を掲載していただいた。
先ほどギャラリー58からお礼のお電話を頂き、
「増山さんの描いた記事の切り抜きを持って、新幹線に飛び乗ったと言う女性が愛知(?だったかな)いらっしゃいましたよ!」
とのこと。これぞペンの力。良い仕事したなーとうれしいのでした。

これからも増山麗奈はペンと絵筆と身体とインテリジェンスとエロスで闘い続けますので、
執筆、イベント出演、講演会、絵を買ってくれる、絵の依頼などお仕事くださいねー!


↓ウサギ少女たちウサギ組(大山結子ら)

c0046559_15172090.jpg


↓こっちは象少女(吉野辰海氏)

c0046559_15191863.jpg


身体は野生を求めているのでしょうか
[PR]
by renaart | 2010-09-24 15:20 | Trackback | Comments(2)

本日ネコノマでイベント

こんにちは。お世話になっています。画家の増山麗奈
本日新宿御苑近くにあるギャラリー「ネコノマ」では、
出展作家の佐々木裕司さんと大山さんのダブルイベントを行います。
雨ですけど・・良かったら来てくださいね。

[マニフォルド2010]展
佐々木裕司×増山麗奈×大山結子の展示もご覧頂けます。
新宿富久町33−3 ギャラリーネコノマ
050-1283-2309

《行き方》
1)新宿御苑駅2番出口を出る。2)角の薬局を左折して直進する3)靖国通を越えたところにあるバイク屋さんを右手に見ながら、そのまま直進する。4)学校の塀が見える交差点に出たら右折する。5)左手に富久さくら公園が見えたら、その手前を左折する。㈮そのまま直進して、公園を過ぎたところから数えて右手3本めの道に面しているのが、ギャラリー「ネコノマ」です。

《本日のイベント》
9/23(木)
料金 1000円(ワンドリンク)
で二つのだしものをご覧になれます。

午後3時から午後5時まで
●佐々木裕司×武居利史(府中市美術館学芸員)
「ヨゼフ・ボイステキスト解読会」

午後6時から〜午後8時まで
●ウサギ組パフォーマンス「月に変わってお祈りを」
ビギナー向けの「化粧品類の動物実験てなに?」を説明するレクチャーもあります。

突然ですが是非おいで下さい。

増山麗奈
http://nekonoma.exblog.jp/
http://renaart.exblog.jp
[PR]
by renaart | 2010-09-23 09:56 | Trackback | Comments(0)

【news】ギャラリーネコノマの地図を修正しました。

c0046559_11125596.jpg
増山です。ギャラリーネコノマの地図ですが、新宿御苑の出口の部分で、訂正箇所がありました。本当に申し訳ありません。実際には
A3出口ではなく、2番出口でした。
私のミスでした。
本当にもうしわけありません。また道の太さ,目印の【店のポジション等もうすこしわかりやすく書き直しましたので、こちらを参考にいらしていただければと思います。本当にもうしわけありませんでした。
[PR]
by renaart | 2010-09-22 11:08 | Trackback | Comments(0)

マニフォルド展で増山麗奈新作も発表しています。

現在新宿御苑のギャラリー「ネコノマ」で開催中のマニフォルド展で、増山の新作も発表しています。
是非、みて、感想等を教えてください。
27×27cmのキャンバス作品「増山麗奈の密教壁画シリーズ」です。このシリーズを拡大して、来年1月の個展用に大作を書いてみようかな〜と思っています。
もっとこうしたらいいとか、アドバイスをいただけると嬉しいです。
ちなみに一枚35000円です。

地方の方とか、来れない方も、もし気に入ったら買ってね★

府中市美術館の武居さんには、「もう少し訳わからない要素があったほうがいいんでは?」と言われました
c0046559_15114364.jpg
c0046559_1511316.jpg
c0046559_15105839.jpg


ps昨日、ギャラリー58で「前衛★R70」展の取材をしてきました。写真は田中信太郎さんと。
先輩たちの熱いパッションに刺激を受けました。
c0046559_15151781.jpg

ギャラリーのブログでもネコノマを紹介していただきました。
ギャラリーの長崎裕起子さん、丁寧な対応ありがとうございました。
http://blog.gallery-58.com/
[PR]
by renaart | 2010-09-16 15:17 | Trackback | Comments(1)

【news】9/20にパフォ+トーク「アートで弱者に優しいネットワークを」@ネコノマ」

9/20(月・祝)午後4時〜6時に、ゲストにアーティスト+バレエダンサーの山田裕子さん(日韓現代美術交流展 現代美術家賞)を御呼びして、増山麗奈(岡本太郎現代芸術賞入選)がライブペイントを行います。

山田裕子さんは、アリスをテーマにした絵画作品を制作しながら、精神障害障がい者の施設とコラボをして制作したアートグッツを作って販売しています。
●アーティストの作品であるという付加価値を加えることで、販売価格を上げることができ、工賃を還元するメリットがあります。
●またモノを作る事が当事者の方々にとって自己評価アップ・居場所づくりに繋がります。
●アーティストにとっては、通常より安価で作業を発注でき、制作行為そのもので社会と繋がれるというメリットがあります。

誰もが失業や鬱病で弱者になる可能性のある時代、当事者の人たちと共存してアート作品をつくる山田さんの試み、とてもマニフォルドだと思います!

【 manifold マニフォルド】=多様性・多様体。多様な文化を受け入れ、動物、植物、人間達が共存していく概念。
また2009年にザルツブルグ博物館で佐々木裕司・大山結子・増山麗奈によって公開制作された作品タイトル。(今回日本初公開)

「アートで優しいネットワーク」をテーマにパフォーマンス後トークも行います。
障がい者の方とコラボで作った山田裕子さんの作品も当日販売いたします。
ーーーーーーーーーー

9/20(月・祝)  16:00~18:00 増山麗奈ライブペイント(マニフォルド2010展関連イベント)

 【アートで優しいネットワークは可能か?】 パフォーマンス+トーク

 【ゲスト】 山田裕子(アーティスト・バレエダンサー)  
          http://www.yamadayuko.com/
       増山麗奈(画家・ネコノマ共同代表)
          http://renaart.exblog.jp

 【場所】多目的ギャラリー「ネコノマ」 新宿区富久町33−3
     http://nekonoma.exblog.jp

 【入場料】1000円(ワンドリンク/アルコール&ノンアルコールを用意/付き)

注)この企画は9/26までネコノマで開催中の「マニフォルド2010展」の関連企画となります。
[PR]
by renaart | 2010-09-15 15:14 | Trackback(1) | Comments(0)

【news】会田誠さんがネコノマに来てくれました。マニフォルド展

会田誠さんが、ネコノマに来てくれました。
絵についてアドバイスもいただいて、とてもうれしかったです。
c0046559_1911245.jpg

マニフォルド展は26日まで開催しています。是非来てくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0046559_1916235.jpg

c0046559_19214449.jpg

〈展覧会名〉「マニフォルド2010」

〈参加作家〉 大山結子 佐々木裕司 増山麗奈

〈日程〉2010年9月13日(月)〜9月26日(日)
    午後3時〜8時

〈展覧会趣旨〉
2009年にザルツブルグ博物館「日本の芸術」展で大山結子.佐々木裕司.増山麗奈の3名によってライブペイントで仕上げられた作品「a manifold」。
「a manifold」の意味は「多様体」でコラボ公開制作を行った3人の制作意図がそれぞれに多様な様を表す。多様性を受け入れるこの作品が世界初公開。同展は、増山麗奈が新宿御苑前にオープンした「ネコノマ」初の本格的現代アート展である。
動物実験反対をアートでユニークに表現する”うさぎ組”組長大山結子による精神障害をテーマにした作品、柔道の受け身でペイントを行う”受身絵画”佐々木裕司、カワイイ系反戦アート集団”桃色ゲリラ”の世界を発展させた、増山麗奈は最新作「Fight for peace」という新作を展示し、多様な未来を体現する。「a manifold」はこの作品単体のネーミングにとどまらず、幅広く様々な活動体として展開出来る可能性をはらんでいる。

〈場所〉
新宿区富久町33−3ギャラリー・「ネコノマ」

〈関連イベント〉すべて1000円(ワンドリンク付き)
9/20(日)   16:00~18:00 増山麗奈ライブペイント   
9/22(水)   18:00~20:00 大山結子ウサギ組 パフォーマンス 
9/23(木・祝) 15:00~17:00 佐々木裕司+武居利史(府中市美術館学芸員)
9/23(木・祝) 18:00~20:00 大山結子ウサギ組 パフォーマンス         
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 〈今後のネコノマ展覧会〉
10/4~10/13 16:00~21:00 倉本逸馬個展「Shinjuku.BIteApple」入場無料 

   galleryネコノマではクリエイターや、ジャーナリスト、”何か”を見つけたい人を応援します。
   展示企画・イベント企画を常時募集しています。(レンタル代 一週間6万円/DM制作はネコノマ負担)
   会議室として活用いただく場合 (2時間3000円/コーヒーやお茶等の飲み物+お菓子付き)
   イベント会場として活用いただく場合(レンタル代 一日 1万円)
   ご興味がある方は是非080-6687-4118までお問い合わせください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネコノマでは、ツイッターを始めました。
アカウントは「nekonoma_」です。展覧会会場では、来てくださったお客様の感想等もつぶやいていただきます。
以下、佐々木、増山、大山それぞれのマニフォルドです。
[PR]
by renaart | 2010-09-14 19:16 | Trackback | Comments(0)

【news】ザルツブルグ博物館でのマニフォルド公開制作風景動画をアップしました。

2009年8月 ザルツブルグ博物館にておこなった「マニフォルド」公開制作風景です。
明日9/11は、丸木美術館にて午後3時より、マニフォルド2010再演を佐々木裕司、大山結子、特別ゲスト”ムエタイダンス披露”中高雅明、増山麗奈にて行います。
昨年ザルツブルグで制作した「マニフォルド」は、9月13日よりネコノマにて行われる「マニフォルド2010」展にて展示されます。
また、9/11に丸木美術館で再演された「マニフォルド2010再演」も、9月13日よりネコノマにて行われる「マニフォルド2010」展にて展示されます。



また、以下はマニフォルド概念の元となった2009年8月、パリのシャンゼリゼ通りで行われた「パリ♥アート革命」のパフォーマンス風景です。
佐々木はえんえんと受身をし、大山は動物実験反対を訴え、増山麗奈は世界平和を訴える.全く噛みあわないような3人ですが、それぞれのキャラを受け入れようということで、多様体”マニフォルド”という概念を思いつきました。みんな違って、みんないい!


[PR]
by renaart | 2010-09-10 19:51 | Trackback | Comments(0)

増山麗奈、密教壁画制作中


F氏より依頼いただいていた絵の制作にとりかかる。チベット密教の5色のもつ意味「空 水 土 風 火」をテーマにして描き降ろす。
「風 製作中」
c0046559_227343.jpg

「空 製作中」
c0046559_2271475.jpg

素材はキャンバスをつかっているのだが、下地材を工夫して一見和紙にもみえるマットなテクスチャーだ。実は和紙に木炭とかで描くと現代アート市場的には”ドローイング”扱いになってしまい、キャンバス作品の4分の一の価格になってしまうの。

私は和紙の質感が凄く好きなのだけれど値段が4分の一というのもムカつくので、テクスチャーは残しーの、でも素材はキャンバスだもんねーという作品を作ってみたかったのです。

地の色がそこまで残らないように色を重ねていく事もキャンバス作品=本画と位置づける為に大事と思います。
最近とてもよく絵を描いています。なんか初心に戻ったと言うか、芸大受験時代みたいだ!世の中で何があろうと無かろうと私は絵を描くんだ!文句あるか!
といいながら、電話などいくつか放っておいてしまいまして、出れないことや迷惑をかけてしまったりもしました。
すみません。
[PR]
by renaart | 2010-09-07 02:29 | Trackback | Comments(1)