<   2011年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

娘たちの事 いまの思い

地震以降、原発に関する情報を発信しているけれど、あまり自分のスタンスを語ってなかったので、簡単に語ろうと思う。正直言って 食料や水の調達や 描いている本の仕上げや依頼のイラストや 義援金を募金することや 子どもたちの事、メディアを即信じられない私は自分なりに原子力の事、放射能の事、毎日毎晩とても調べたつもりで あまりにいろいろ続いたので 本当に心が忙しくて 悲しくて 混乱して 言葉を発せなかった。

結論としては 私は子どもをつれて、地震の二日後に東京から逃げました。
そしてその足で京都に行って、そしていま兵庫県にいます。

怖かったのです。放射能が。濃度もそうだけれど、内部被曝や食料などの蓄積で子どもたちに被害を与える事が。
とても無様で愚かな逃げ方でした。貯金もそんなある訳じゃなかった。親戚がいる訳でもなかった。だから原稿の前借りを出版社に初めてしたり、このブログでカンパを求めたり(!)恥も外聞もなくパニクってしまいました。

「自分だけ逃げて」と罪悪感もあるので
出来る限り社会に恩返ししなければならない と思いながら 未だ西宮冷蔵さんという親切な会社に居候させてもらっています。
あまり長く甘えるのもよくないので

周辺で物件を探して6軒ぐらい見に行ったのだけれど まだ決まらず、来週までには物件を確定しなくてはと考えているところ。
こちらの小学校の始業式までになんとか落ち着いた暮らしが出来るように準備を進めています。

下の娘は戦場取材をするジャーナリストの夫との間に生まれた子どもです。
イラクからの帰還兵で、劣化ウラン弾という原発から出たゴミで生まれた放射能を発する爆弾の関係で、被曝してしまった兵士が多くいるということを常々気にしていました。
あまり知られていないけれど、イラクのファルージャというところは劣化ウランによる放射能汚染がひどくて、新生児の5人に一人が奇形などの健康障害をもって産まれてきます。
イラクもまた被爆国なのです。

下の娘を産んだ時も「ひょっとしたら障害があるかもしれない、でも好きになった人の子だからある程度のリスクはどんとこい!!」
と思いながら産みました。
おかげさまで五体満足な子が産まれたのですが 一歳のときに細気管支炎で入院した事があります。声がハスキーなことと、背が小さい事もずっと心に引っかかっていました。
なので余計に今回行動が早かったのかもしれません。

アーティストである事も、女である事も、ぶっとんで
ただ私は「子どもを守らなきゃ!」と動物的母性本能で頭がいっぱいでした。

子どもたちが今後生きていく人生で「あああのとき逃げればよかった」と後悔するのがいやだったのかもしれない。
そして、子どもたちが子どもを産むときに、安心して子どもを産んでほしいのです。
親というものは本当に勝手な生き物だと、思います。
そして日本中にいるお母さん、お父さんがいま不安を抱えながら暮らしていらっしゃる事と思います。そういう皆さんが少しでも安心して子どもを育てられるような環境を作りたいですね。

これから日本は何処に住んでいたとしてもある程度放射能リスクを考えて暮らしていくことになるでしょう。
「放射能時代を生きる。」というのは「根拠なく」「安全だ」と思い込むことで無理矢理不安を感じないでいるふりをする事とは違います。
正確な知識で、出来る限り守るべき命を守っていく。
そういう事なのだと思います。自治体や国に頼るだけではなく、個人個人が知恵と責任と勇気を持って。
もともと原発54基もあるこの国は、諸外国に比べて乳がんリスクが異常に高い。
国民の三分の一がガンで死ぬ国です。私の親戚もほとんどガンで亡くなっています。
それが二分の一になるのかもしれない。五分の三になるのかもしれない。

でもなるべくその被害を最小限にして 不安をすこしでもなくしていけるように
情報を発信するなど、今後も努力していきたいと思います。


東京は避難地区ではありませんが、万が一の事を考え、しばらく関西に住む方向で準備を進めています。

上の娘の最初のパパから「しばらく関西にいてほしい」
と頼まれた事も後押ししたかな。

私は「フリーだから」そういう決断が出来たのかもしれません。ある意味贅沢なことなのかもしれない。せっかくいただいた命を大事に、アートや文章などで この時代を必死に生きている人たちと連帯しながら 未来を作っていけたら、と考えています。

生き残った皆さん、日本を持ち上げるために、がんばりましょう。
[PR]
by renaart | 2011-03-30 13:50 | Trackback | Comments(18)

プルトニウム始めました。

プルトニウムが原発内の敷地から検出されたそうです。
ただ重いので遠くまでは飛んでないそうです。(何キロ圏内とか発表してほしい)
今後、私たちは放射能とともに生きるという覚悟が必要なのかもしれません。

放射能に負けないメニューとは
天然の手作りみそ (塩濃いめ)昆布 わかめ カボチャ
などだそうです。
私は最近毎日のようにみそ汁作ってます。

では今日はあまりネットジャンキーになりすぎないように頭からランケーブルを抜いて、仕事します。アディオス!

c0046559_829348.jpg
c0046559_8292436.jpg

[PR]
by renaart | 2011-03-29 08:32 | Trackback | Comments(0)

【news】新宿区の年間放射能許容量について・・

続報・・

とっても腹が立った私は新宿区に電話して
新宿区長の秘書の方に話をして、その後この文章をかいたという
保健予防課のK氏と話をして
「一瞬で終わるレントゲンと、シーベルト毎時を比べるのはナンセンス」
「いつの間に一般人の許容量を一ミリシーベルトから100ミリシーベルトまで上げたんですか?その根拠は?」
と問いただしました。

そしたら、文章そのものが削除された模様です。



これは、声を上げた方がいいのでは。区民に何の連絡もなく・・(怒)

新宿区の放射能年間基準値がいつのまにか100倍に。
”年間放射能許容量(一般人)=1msv”だったのに
”100msvまで健康に被害がないからと…新宿区HPトップに掲載!

http://bit.ly/fJxFnS



1 Sv = 1,000 mSv (ミリシーベルト) = 1,000,000 μSv (マイクロシーベルト) ですよね。だから、放射線被ばく量が「年間100,000マイクロシーベルト」は「年間100ミリシーベルト」

ちなみに、
放射線技師の基準が 50ミリシーベルト/年
被曝労働者の今までの基準が 100ミリシーベルト/年
被曝労働者の新しい基準が 250ミリシーベルト/年

もしこれから本当に新宿区民がこんな高汚染生活を余儀なくされるとしたら
(そうではない策を最大限とってほしいし、そうなるとまだ信じていないが)
たとえば、学校などの施設では換気をなるべくしないとか、
区の政策で行き帰りのレインコートを無料で配るとか、
交通のときバスを出すとか、
運動会は屋内で出来るような施設を作るとか
安全な食料の確保を区でするとか、
2週間ほどはすごせるだけの水と食料のストックを町レベルの共同体で持っておくとか
医療保障をしますとか

せめてせめての被曝を最小限にする努力を
するべきではないか。


それもなしにいきなりこの「汚染された、従え」的な大本営通達は、犯罪ではないか。

ところで、中国のオリンピックでは人工の雨を降らせる機械などがあった気がするのだが、
たとえば最も汚染された地帯を限定して作って、そこに雨を集中させるとか、そういう策はとれないのかな。
[PR]
by renaart | 2011-03-28 18:25 | Trackback | Comments(4)

今日の放射能学 チェルノブイリ後の人体汚染

過去から、学ぼう。
今後大量に動員されるであろう 被曝労働者の方たち、そのご家族もみておいた方がいいと思う。

勝間和代にもぜひみてほしい。「放射能なんて子どもの放射線が出るだけで無害(by勝間)」なだけではなく、大人たちにとっても大きな影響を残す。自分や、大事な人たちの命を守るために、私たちは無知ではいられないのです。

被曝労働に従事した方達は、その後神経細胞に異変が起こる可能性が高い。(記憶障害など)

被曝は体外から(呼吸)からを1とすると、体内(食べ物や水から)で1=合わせて2と考えた方がいいみたいです。








[PR]
by renaart | 2011-03-28 11:47 | Trackback | Comments(0)

雨の日ファッションと被曝許容量引き上げ戦犯

c0046559_210178.jpg

あと、未来のための資料として。

被曝労働者の放射線許容値を100msvから一気に250msvに引き上げたのは、この御用学者さんたちです。しかも文章をよく見ると今後500msvに引き上げそうな雰囲気。
c0046559_2132846.jpg
c0046559_213845.jpg

[PR]
by renaart | 2011-03-28 02:13 | Trackback | Comments(0)

副首都!?

日経新聞 首相官邸日誌に以下の文章が掲載されていたそうです。
きっこさんより情報を教えてもらいました。


2011年03月27日
東京放棄準備
日経新聞は以下のような報道をしています。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/3641380.html
リンク先 
《首相官邸》
昨夜20時6分
石井一選対委員長 : 今ここで必要なのは副首都をつくることだと総理に伝えた。首相は「今すぐじゃないが国民にとって必要なことだ」という意味のことを言っていた


東京が放射能で汚染され住めなくなり、東京を放棄することを想定した動きが政府内部で出てきたと言えます。


この副首都は大方は大阪と考えるでしょうが、大阪は【汚染マップ(改訂版)】汚染範囲内となっておりありえません。

[PR]
by renaart | 2011-03-27 17:05 | Trackback | Comments(5)

速報 問題は2号機の水たまりのヨウ素数。2兆9億ベクレル。(保安院会見より)

これは、報道されるのでしょうか?
2兆9億ベクレル。(保安院会見より)
修正 100万倍かとおもったら、1000万倍でした

先ほどの保安院の会見で、約1000万倍と説明がされました

昨日の3号機のたまり水は通常の一万倍ですから、三桁あがりました。
[PR]
by renaart | 2011-03-27 11:59 | Trackback | Comments(0)

【news】本当にあった怖い話 日本政府はプルトニウム入り食料を世界初容認

世界で最も猛毒と言われるプルトニウム入り食物の基準値を、日本政府は世界初で作ったそうです。

でもさ、東京電力はプルトニウムについては「計る必要性がない」ということでまだ計っていないそうです!

ちなみに福島第一原発で使われているMOX燃料は、プルサーマルといってプルトニウムとウランも燃やして作られている。既に3号機から「なぜかわからないけど」プルサーマル入り水が漏れて、作業員が被曝されましたよね。
そしてモクモク黒い煙がたっていたのは3号機
漏れている事を、
日本政府が暗に認めているという事ですよね。しかも3月17日に。なぜ国民に報告しないの?
JAPAN IS NO 1!!!

オリジナルpdfデーター

c0046559_11383629.jpg
c0046559_11382440.jpg

[PR]
by renaart | 2011-03-27 11:33 | Trackback | Comments(0)

シーベルトとは


[PR]
by renaart | 2011-03-24 11:57 | Trackback | Comments(1)

もうやだよ・・3号機から黒い煙

c0046559_18375864.jpg
もうそろそろ通常業務のアートとかに話題を戻りたいのに!
またやってくれましたね

おなじみ
福島第一原発 3号機 から黒い煙が(午後4時頃〜)
3号機は MOX燃料くんで 地上最悪の毒プルトニウム君がばらまかれる恐れがある。
(MOX燃料(モックスねんりょう)とは混合酸化物燃料の略称であり、使用済み燃料中に1%程度含まれるプルトニウムを再処理により取り出し、二酸化プルトニウム(PuO2)と二酸化ウラン(UO2)とを混ぜてプルトニウム濃度を4~9%に高めたものである[1]。)

京都大学原子炉実験所 小出裕章によれば、プルトニウムは、「人類が初めて作り出した放射性核種」であり、「かつて人類が遭遇した物質のうちでも最高の毒性」を持つとされる[12]。その理由は、プルトニウムがアルファ(α)線を放出すること、比放射能が高いこと、体内での代謝挙動にあるとされる[13]。

そんでもしこの煙にプルトニウムが含まれていて、
それが日本中を覆ったら

本当にどうなるのか

なんでメディアで「プルトニウム」という言葉が出てこないの?(怖)

今日のお昼の東電の記者会見では、
14まで「間違えちゃってプルトニウムを検出したの2回って発表しちゃったけど、ごめん!13回だった!」とかふざけたことをいっていましたが___
それすら報道されてないよ・・・・

プルトニウムとはスプーン1杯で2千万人を殺せる史上最強の毒

もうやめてくれよ 東電の社長と会長の 脳みそにプルトニウム埋め込みたいです。
[PR]
by renaart | 2011-03-23 18:37 | Trackback | Comments(5)