<   2011年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

【news】急遽開催 ガレキのこと相談しよう会

【急遽開催】10/2 午前10時〜11時30分 入場無料 /増山麗奈 も行く予定です。来れる人はよかったら【関西みんなで交流会×作戦会議  放射能ガレキはゼッタイ持ち込ませない】場所 サンスクエア堺 A棟第一会議室 JR堺市駅スグ 大阪府堺市堺区田出井町2−1
[PR]
by renaart | 2011-09-30 20:18 | Trackback(1) | Comments(0)

【news】10/1トークショー 古居みずえさんと

《映画「ぼくたちは見た」関西での上映のご案内》

映画「ぼくたちは見た」は、9月3日から大阪の第七藝術劇場にて

上映が始まっています。

10月1日からは神戸元町映画館、そして京都シネマでの上映が予定されています。

どうぞ足をお運びください。

(大阪)第七藝術劇場 �06-6302-2073 http://www.nanagei.com/

9月 3日(土)~9月16日(金)10:40~
9月17日(土)~9月23日(金)16:55~

(神戸)元町映画館  �078-366-2636 http://www.motoei.com/
  
10月1日(土)~10月14日(金)11:00~

1日舞台挨拶、1日関連トークイベント「ガザの子どもたちの絵から観る
パレスチナの現在」が、まちづくり会館であります(13:00~開場)。
出演:古居監督、増山麗奈さん(画家)、志葉玲さん(ジャーナリスト)

(京都)京都シネマ  �075-353-4723  
10月1日(土)~10月7日(金)時間未定
2日舞台挨拶  http://www.kyotocinema.jp/

★特別鑑賞券のご案内
 当日一般1700円のところ、支援の会扱いの特別鑑賞券ですと
1300円でご覧になれます。(映画館で販売している特別鑑賞券は
1400円) ただし、シニアの方は当日窓口で入場券をお求めに
なったほうがお得です。それぞれの映画館の入場料をご確認の上
特別鑑賞券をご希望の場合は、1300×枚数+送料80円(何枚でも)を
下記の郵便振替口座にご送金ください。
また、委託販売をお引き受けいただける場合は、メールでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

             古居みずえドキュメンタリー映画支援の会
             http://suport-miz.thyme.jp/
             TEL 042-708-8577 FAX 03-3209-8336
             便振替口座 00210-3-95264 口座名 古居みずえ映画支援
----------------------------------------------------------------------------
[PR]
by renaart | 2011-09-29 15:36 | Trackback | Comments(0)

【news】ACTIO10月号

ACTIO10月号、無添加パン屋が店を閉めた訳大量生産の怖さを増山麗奈ページ拡大で執筆。今月号はNHKのGJ「ネットワークで作る放射能地図」ディレクター七沢潔&飯舘村農家インタビュー、震災直後福島20キロ圏内の様子が分かって読み応えあり。
c0046559_1143888.jpg


ACTIO HP定期購読がおすすめ!http://actio.gr.jp/

ご希望者先着3名には、500円+送料100円で送りますので

infoアットマークrenaart.com
もしくはツイッターrenaart
まで
[PR]
by renaart | 2011-09-29 11:44 | Trackback | Comments(0)

【news】11/13 広島で講演会

広島在住で、弱者のための政治社会つくりに奮闘されているさとうしゅういちさんと対談させていただきます。
是非ご参加ください。

「アートとエロスと育児と革命」の画家
増山麗奈さんが広島に来たる!


   
   「みどり広島」結成記念公開講演会
    「市民がつくろう!子どもたちの安全な未来」
ーー3.11後の新しい社会と政治を考えるーー



11月13日(日) 15時〜
安佐南区民文化センター 大会議室
http://www.cf.city.hiroshima.jp/aminami-cs/

講師 増山麗奈さん(画家・命を守るお母さん全国ネットワーク代表世話人)

聞き手 さとうしゅういち(みどり広島共同代表・広島瀬戸内新聞社主)
資料代 500円


内容(予定)対談/地元団体の活動報告/フリー討論

  3月11日の東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響は、半年以上経った今も深刻です。しかし、「エラい人」たちは責任逃ればかりで動きが鈍く、政治は混迷を深めています。

  このような中、市民は「エラい人」に任せていては、自分たちの暮らしも子どもたちの未来も守れないのではないでしょうか?市民が考え、行動し政治や行政も動かして行かんといけんのではないでしょうか?

 わたしたち有志の実行委員会のメンバーは「こどもたちに安全な未来を残す政治」をめざします。そのためには「お任せ民主主義」ではなく「参加型民主主義」をらつくっていく決意です。そして、「特別にエラい人にしかできない政治」ではなく「市民がそれぞれの暮らしの延長で参加できる」政治勢力をつくっていこうと考えています。今回の共催団体のひとつの「みどり広島」もそのような趣旨で結成されました。

  ゲストでいらっしゃる「アートとエロスと育児と革命」の画家・増山麗奈さんは、1976年生まれのいわゆる「ロスジェネ」。画家として、活動家として活躍されてきました。現在は、母親として全国のお母さんと一緒に「子どもたちの命をまもろう」と活躍しています。また、脱原発をテーマとした創作に邁進されています。

 広島市安佐南区は、小説「黒い雨」の舞台です。その安佐南区で増山さんと一緒にどうしたら安全な未来を子どもたちに残せるか考え、そして行動しましょう。今回の企画をきっかけに、広島市民/安佐南区民のみなさまおひとりおひとりが少しでも行動される事になれば、これに勝る喜びはありません。



主催:増山麗奈さん講演会実行委員会
共催:みどり広島
  クオータ制の実現をめざす会

皆様のご協力をよろしくお願いします!

賛同人、賛同団体も募集します!

連絡先
さとう 090-3171-4437

以降、情報は随時更新です。よろしくお願いします!

参考記事
『非戦と反貧困のロスジェネツアー』で増山麗奈さんと語る
http://janjan.voicejapan.org/living/0910/0910061299/1.php

「桃色のジャンヌ・ダルク」、9日まで広島・横川シネマで!
http://www.janjanblog.com/archives/7943

増山麗奈さん略歴
1976年 千葉県千葉市に生まれる
1995年 東京芸術大学油画科入学(2000年に中退)
1999年 黄鋭 天安門事件10周年記念パフォーマンスに参加
2000年 gallery PAX LAN CHICASなどで個展をひらく。
2002年 個展「露出狂女」gallery Rezonanz(ドイツ・ベルリン)
2003年 イラク戦争反対運動を契機にアート集団「桃色ゲリラ」を主催
     平和運動、反原発運動などで全国各地で活躍。
2008年 超左翼マガジン「ロスジェネ」編集委員(-2010年)
2010年 自伝映画「桃色のジャンヌ・ダルク」制作
2011年 東日本大震災後は「いのちを守るお母さん全国ネットワーク」代表世話人

聞き手 さとうしゅういち 略歴
1975年11月12日 広島県福山市生まれ、東京育ち(本籍地は広島市安佐南区祇園2丁目)。
1999年3月末 東京大学経済学部卒業 2000年4月広島県入庁 2011年1月末退職。
2011年4月の広島県議会議員選挙安佐南区選挙区立候補(無所属、4278票、6位)。
2008年−2010年 エソールひろしま大学応用講座修了。
県庁時代も、イラク戦争反対の「人文字」運動、男女共同参画、瀬戸内海の環境問題、非正規労働問題などに取り組む。現在、民間病院勤務/広島市男女共同参画審議会委員/「みどり広島」共同代表

c0046559_21561346.gif


c0046559_21575772.gif

[PR]
by renaart | 2011-09-25 21:56 | Trackback(1) | Comments(0)

太田議員、落語みたいな命の告発+横浜

太田議員
おもしろい!


[PR]
by renaart | 2011-09-25 08:44 | Trackback | Comments(0)

原発の無い未来シリーズ

最近とてもいい事が多くて(原発以外)
なんと今日は絵のご注文を頂いたのです。
そのテーマも「原発のない地球」!

最初に”原発がなくなった”というこのテーマで絵を描き始めたのは
STOP HAMAOKAのサイトの絵を、戸倉さんに依頼していただいたのがきっかけでした。

→そしてここ重要!念じてSTOPHAMAOKAの絵を描いたら、なんと、浜岡原発が止まりました!

http://stophamaokanuclearpp.com/
c0046559_7454490.png


その後放射能汚染された首都圏から、やっとの思いで関西に避難してきた私へ、運命的な依頼でした。
「描きます!」と二つ返事で答えました。
元々商業ギャラリーや、主流の現代アートからは見向きもされず、私の方もあんまり近寄らず、という存在であったのですが、311以降、ますます、ただものを売る為だけのことなんかどうでもいいや、と思っていた私でした。

生きる事、育てる事、描く事、表現する事、伝える事、脱原発 そういうことがまるごと一体になった活動をしたいと考えていたのです。地球に残された時間は、そんなには多くないんだ。
(そして正直これから右も左もわからない関西で、収入の当てもなかったもので・・依頼は本当にありがたかったのです。)
戸倉さんには、いのちのお母さん〜立ち上げのときとてもお世話になり、会の方向性やイメージそしてビシバシとした教育などを受けまして、とてもお世話になりました。

毎日深夜まで(おそらくこのブログを読んでくださっている多くの方と一緒に)岩上さんのユーストを見ながら、前代未聞の事態に怯えながら、この絵を描きました。
もし自分がこの時代に生きている意味があるとするなら、
絶望の中で夢を見る。いい未来をつくっていく。って事なんじゃないか。

想像できないものは創造できない。

絵霊(えたま)ってことばを思いついたんです。
みんなでいい未来をイメージして、そこに向けて具体的に一歩踏み出していく。
そんな 思いがたくさん、たくさん集まったら、きっと 思いはほんとになる。

だからそんな未来を描きたいのです。
もちろん廃炉にしたとしても、私たちと、その子孫と放射性廃棄物との付き合いはずっと続く事になります。

次のテーマは、「原発のない若狭湾」。福井県会議員の佐藤正雄議員に買っていただきました。
(これから送るんですが!お待たせしてしまったごめんなさい!)
c0046559_748632.jpg


送電線が、音符♪や、越前蕎麦に変わっているところがポイントです。フクイから延々と関西までのびているあの送電線を断ち切り、もっと美しい風土や文化や大地を大事にした産業を復活させ、子ども達がのびのび遊べる環境を整えてあげたい。
ちなみに・・絵の真ん中ちょい右あたりにあるお寺は..小浜でずっと脱原発活動を行っている国宝の明通寺さん。中島哲演さんのお寺です。
中島哲演さんはずっと福井の原発で働く被曝労働者の方々の事を伝えてこられた、本当に立派な方です。70歳近いとおっしゃっていたけれど、お肌も魂も奇麗。
人って長く生きてどんどん汚くなる人も多いけど、哲演ご住職にお会いして、こうやって毎日心を磨いて、具体的に人や地球の為になる活動をしていたら、きゅっきゅっと奇麗になるんだなぁって思いました。関西に来て、まだたったの6ヶ月なのだけれど、こうやって次々と素敵な方々とお会いできて、幸せです。出会いが私の宝物。それは誰にも奪えない目に見えない財産。
↓中島さんと広瀬隆さんの対談がYOUTUBEにアップされていました!
http://youtu.be/N99Nly97Vzs
http://www.cho.ne.jp/~myotsuji/
そして昨日この原発の無い若狭湾の絵を原和美さんのトークセッションの場で展示していたら、
なんと次の「原発の無い〜」シリーズの依頼を頂いてしました。

買ってくださるのは某生協で働くXさん。

なんたか、そこらかしらで働く人の脳内に、実は「原発のない未来像」がむくむくとある、なんて素敵じゃないですか?

今度のテーマはなんと!

「原発の無い地球」!

でっかく出たー!(笑)

でも最近私はこんな事を考えているの。
日本の原発で使うウランを作る為に、ずっと被曝してこられた
オーストラリアの先住民族アボリジニーの労働者達や、その家族の方々と
「いままでごめんなさい」
「こんな事がつらかった」
「こんな病気になっていた」
「全然知らなかった」
「私たちは間違っていた」
「あなた達を傷つけて、東京という夢を見てた。でもそれは真実ではなかった。金属のメッキみたいな輝きだった。私たちは愚かだった。だから私たちの大地も水も汚れてしまった。もっと本当に輝く世界を作りたい」
と肩を抱きあって泣ける日がくるんだと。
そして一緒に立ち上がるんだ。

こんな差別構造の中で生きていたとしたって誰一人としたって、しあわせにならないもの。例えばずっと権力の中にいたであろう海江田万里だって、決して幸せそうにみえないもの。(ま、彼は結局大きなゲームの中の小さな駒にすぎなかったのかもしれないけど)負けても勝っても幸せにならないもの。
例えば私がこんな下らない戦争に勝ったとしたって、私は子どもを抱えいつも怯えるだろう。いつか民衆が私の高くそびえ立ったビルのガラスを割りにくるだろう。だから頑丈な塀を作って、作って、作っても、まだ作り足りない気がして怯える。そして孤立するんだ。
そんなのつまらないもの。

みんなで楽しくおいしいご飯をたべたいんだもの。
地球は一つしかないんだから

マイケル・ジャクソンはこう言う事をずっと訴えてたんじゃないかな。
マイケルを超える傑作を描けるかな?
c0046559_8131928.jpg



というわけでこれからも私は原発の無いシリーズを描いて一基ずつ原発を止めていきたいので、一緒に私と未来を作りたい方はぜひ私に依頼してくださいね☆お値段やサイズは交渉。
infoアットrenaart.com 
まで!
[PR]
by renaart | 2011-09-19 08:06 | Trackback(1) | Comments(3)

原和美さんとのトーク茶会、ユースト配信。動画でアップ

関西で新たに発足した
「レナチャンネル!」にて、動画配信+ユースト録画していただきました。

原和美さん、とても素敵な方でした。

こうやって日々素敵な出会いが出来る事、こころから幸せに思います。

いやぁ、原発の状況は日々深刻化しているのに、小さいなプライベートとっても充実して毎日楽しいな!
原さんとは、兵庫県庁に、今度ガレキ問題について一緒に申請しにいきましょう!と約束させていただきました。
関西から、がんばるぞ!

http://ustre.am/:1aMkI

[PR]
by renaart | 2011-09-18 20:07 | Trackback(1) | Comments(0)

原和美さんとのトーク茶会、ユースト配信。動画でアップ

関西で新たに発足した
「レナチャンネル!」にて、動画配信+ユースト録画していただきました。

原和美さん、とても素敵な方でした。

こうやって日々素敵な出会いが出来る事、こころから幸せに思います。

いやぁ、原発の状況は日々深刻化しているのに、小さいなプライベートとっても充実して毎日楽しいな!
原さんとは、兵庫県庁に、今度ガレキ問題について一緒に申請しにいきましょう!と約束させていただきました。
関西から、がんばるぞ!

[PR]
by renaart | 2011-09-18 20:06 | Trackback | Comments(0)

そういえば赤旗にIWJ評掲載します

そういえば、明日(今日)金曜日の赤旗全国版文化欄に増山麗奈の岩上安身さん評というか IWJ主催の小田原企画評掲載されます。いつもユーストしていただいているので、愛を込めて取材返し!良かったらどこかの共産党支部でゲットしてみてくださいませ。
[PR]
by renaart | 2011-09-16 02:17 | Trackback | Comments(0)

【news】9/17〜神戸の元町映画館で絵の展示

9/17〜神戸の元町映画館で絵を展示させていただいています。
明日からパレスチナ関連映画3点上映ということで、交流のあるガザのシャハッドさんの貴重な原画と、増山麗奈の新作絵画を展示させていただいています。
c0046559_1452571.jpg

私は、18日の日にいのちの子どもの映画を見に行ってこようかな、って思ってます。
よかったら誰か一緒に行って、そのまま原和美さんとの西宮イベントにご一緒しませんか?


10/1は私が出演する関連トークイベントもあります。

シャハッドの絵!(もったいないから非売品★)↓
鳥と風景を叙情的に描いたもの
c0046559_1424063.jpg


私の新作↓
「籠の中の鳥」キャンバスに和紙・布・アクリル絵の具 コラージュ
ガザのこどもたち
福島の友人母子
日本にいる私たちをイメージして描いたものです。
50000円 気になる方は、映画館まで!
c0046559_1432661.jpg


あと、実は同時期9月17日〜23日まで
「がんばれ日本 第一階チャリティ一万円展」に参加する事になりました。

売り上げの半額を、福島県いわき市にある障害者と高齢者の方の多い避難所にそのまま送るという企画です。
作品は全て一万円なのだそうです。

午前10時半〜午後6時まで
ギャラリー・オスカー
〒650−0011 神戸市中央区下山手通7−13−24
入場無料
c0046559_151151.jpg

余談ですが爪に絵の具がついているのは、今日絵を描いていたからです。

少しずつ、でも確実に関西での活動がスタートし始めました。うれしいな!出会いが広がってゆきます。
c0046559_1544836.jpg

今年後半は、たくさん絵を描くぞー おー

でも眠いやー

これは仙台PANGEAで描いた絵です。↓
「海と大地の愛」
世界中がこうやって愛し合えればいいのにな。
サイズはB2。
ギャラリーにだそうかなでも10000円じゃ安すぎるかな。
と思案中 明日のお昼にもっといいやる出来たらそれをだそうかな?
c0046559_294463.jpg

[PR]
by renaart | 2011-09-16 01:52 | Trackback | Comments(0)