<   2011年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

【news】12/6 沖縄の家庭料理教室

12/6 午前中9時〜12時 
糸満豊見城中央公民館にて、


避難ママ必見!ママじゃなくてももちろんOK。
「命薬(ヌチグスイ)沖縄げんきになる家庭料理教室」
予算/食材材料費+カンパ 
共催/増山麗奈(いのちを守るお母さん全国ネットワーク) × 沖縄食と農を考える会 
問い合わせ 080-6687-4118(増山)

ほんとにおいしい地元のお野菜をつかった沖縄の家庭料理を
沖縄在来種保存会のくでけんさんたちの仲間の方に教えてもらいます!
すでに吸い込んでしまった内部被曝分を熱帯の大地のパワーでデトックスしてしまおう!

c0046559_21101472.jpg
c0046559_2183590.jpg

[PR]
by renaart | 2011-11-21 21:12

【news】中東ニュースパンオリエントニュースに記事を執筆

パンオリエントニュースという中東のニュースサイトに記事を執筆させていただきました。


「東日本でクモ膜下出血などの健康被害が増加
」増山麗奈http://www.panorientnews.com/jp/news.php?k=1420


日本で起こっている様々な被害を、日本政府は「風評被害」という便利な言葉でもみ消そうとしています。
一方で海外のメディアはエキセントリックに被害を大きく見せようとしすぎるところがあります。
その中間をいくような、
真実を海外に向かって発信し、
外圧をかけてもらったり 今後海外への疎開先や安全な食べ物支援を日本の子ども達に行ってもらったりする為にも
繋がりをつくるべきなのではないかと考えています。
なので今回記事を書かせてもらえた事すごくうれしいと考えています。

パンオリエントニュースは中東のメディアです。考えてみると私たちが普段目にする中東の情報はみなAFPとかロイターとか西洋メディアの情報ですよね。

そこがダイレクトに中東と日本が繋がるというのも今まで見えなかったpoint of viewがもらえるかも?
中東も日本もアメリカに踏みつぶされてきた国ですし。


パンオリエントニュースの取締役社長であるアズハリ氏との出会いは、外国人記者クラブで被爆者の方々の記者会見に参加させていただいた事です。↓
c0046559_17345891.jpg


沖縄企画でもご一緒させていただく竹野内真理さん、肥田俊太郎先生と。すばらしい記者会見でした。広島・長崎・第五福竜丸・東海村・福島 私たちはヒバクシャのみなさまの思いを忘れません。そして今私たちは皆新世代のヒバクシャなのです。未来へ残す負担を少しでも減らす為に、今全てのヒバクシャは立ち上がらなければならないのです。
c0046559_17372933.jpg

[PR]
by renaart | 2011-11-18 17:37

【news】沖縄展のDMが出来ました

c0046559_5223463.jpg
c0046559_5222151.jpg
沖縄展のDMが出来ました。まだ参加者募集しています。出来たらぜひ参加してください!

沖縄長谷寺5周年記念【原発も基地もいらない〜沖縄 WAPA 展】
沖縄から世界へ 平和の祈りを届けます。
12/3~12/11 7時から 18時まで 入場無料
長谷寺
沖縄市糸満市潮平一番地 098−852−3533


【参加作家】
池辺幸恵 バリお 村田訓吉 増山麗奈 倉本逸馬  
小澤弘邦 安藤ニキ ノブキソウイチロウ 
アリアリ・ホー 上原文子 YOUL 
Amina(アミナ)
【参考展示】丸木位里・俊夫妻「原爆の図」レプリカ

アート作品の売り上げの一部は、今回の企画をきっかけに地元の方々たちと立ち上げた、子ども達を沖縄に避難プロジェクトに活用します。

企画/ WAPA (world anti nuke peace action ) 増山麗奈  発案/村田訓吉  
問い合わせ先(080-6687-4118 info@renaart.com)共催/沖縄山 城間院 長谷寺 原発も基地もいらない

12月4日(日)午後2時〜 長谷寺にて パフォーマンス×トーク [ カンパ制]
 ●コンサート Amina(アミナ)西アフリカの伝統舞踏ダンス 
                池辺幸恵コンサート
 ●トーク 「内部被曝・母達のたたかい」
竹野内真理(翻訳家)×増山麗奈(画家)

12月5日(月)午前10時〜長谷寺にて 長谷寺岡田弘隆住職による
沖縄戦戦地跡ツアー [昼食付き/1000円]
[PR]
by renaart | 2011-11-18 05:20

11/16 東京電力前でアートパフォーマンス

本日11/16
三時半〜急遽新橋の東京電力の前でパフォーマンス決行。
地球儀を背負ってダイインしようとおもいます。

「TEPCO KILL EARTH 」と題して 地球上の動物、植物、人間の命が脅威にさらされている事を海外メディアに訴えます。

「The Japanese government does not help us 」
[PR]
by renaart | 2011-11-16 09:17

福島殺人駅伝


明日だそうです。
選手の皆さん 誰に罵倒されてもいいから、ドタキャンしろ!!!!!!!!!!!!
一時の組織や団体世間体みたいなもんと、今後一生の自分の体、どちらが大事?


【不買★拡散希望】福島殺人駅伝スポンサー。福島陸上競技協会、福島テレビ、日本陸上競技連盟、福島県体育協会、福島市、福島市教育委員会、福島市体育協会、福島民報社、ラジオ福島、サンケイスポーツ、福島リビング新聞社、ケーズホールディングス、トヨタ自動車、シチズン時計、ミズノ、JR東日本
[PR]
by renaart | 2011-11-12 21:25

【news】沖縄ヌチグスイ料理教室

沖縄で、地元の在来種の野菜や大豆を守る会の方が、疎開中のお母さん達対象の命薬料理(ヌチグスイ料理)の料理教室を開いてくれる事になった。12/6~9あたり。私も参加します。体にいい薬草や呼吸器や内蔵にきく野菜など 知恵が子ども達を守るはず。

場所は沖縄本島 那覇もしくは糸満あたり。

沖縄では、亜熱帯の美味しい食べ物のことを「命薬ヌチグスイ」という。お母さんはこどもたちに愛を食べさせたい。すくすく大きくなってほしいとおもって自然から恵を頂いてご飯をつくってる。そんな温かくて素敵な言葉


また、
【拡散希望 】 沖縄県では、●福島県全域(311 福島に住民票 その後避難した人も)や岩手宮城で半壊以上、一年間以上の沖縄在住を計画する人を対象として、飛行機代+一ヶ月のホテル代(3食込み)+2年間の家賃補助を行っている。詳細→090-3794-0530(沖縄県被災者受入相談窓口



生き延びる知恵を学びに 

大阪も含めて私たち本土の人間はかなり被曝しているはず 白血病など どんどん表に出ていますが、人間の体は数日間で血が入れ替わるはず
だから食べ物や水 空気がいいところで がっつり 癒せば 大病にならない (と信じたい。)

逆に言えばいくら遠くに言っても国内で外食がんがん食べてたらリスクは同じ。沖縄もチェーン店とかコンビニ食してたら意味ない。

c0046559_823647.jpg

[PR]
by renaart | 2011-11-11 08:02

浅尾大輔元編集長の新作小説

公文の教室で「婦人通信」の執筆しつつ、浅尾大輔元ロスジェネ編集長の新小説を読む。たまには放射能関係ない名文を読みたいな・・ト思ったら編集長も足柄茶がセシウムを吸い込む描写してまちた。園子音監督もいうようにこれから放射能抜きの表現は無理?
c0046559_1832315.jpg


ちなみにmonkybusinessはこれで最終号なのだそうです。
[PR]
by renaart | 2011-11-10 18:04

【news】広島で講演会+ライブペイント

13日は広島で 講演会を企画していただきます。
映画「黒い雨」の舞台になった場所です。東京での瓦礫問題の事、こどもをどう守っていけるのか、広島から脱原発 などお話しさせていただき、その場で絵を描かせていただきます。

「アートとエロスと育児と革命」の画家
増山麗奈さんが広島に来たる!

   
   「みどり広島」結成記念公開講演会
    「市民がつくろう!子どもたちの安全な未来」
ーー3.11後の新しい社会と政治を考えるーー


11月13日(日) 15時〜
安佐南区民文化センター 大会議室
http://www.cf.city.hiroshima.jp/aminami-cs/

講師 増山麗奈さん(画家・命を守るお母さん全国ネットワーク代表世話人)


聞き手 さとうしゅういち(みどり広島共同代表・広島瀬戸内新聞社主)
資料代 500円

内容(予定)対談/地元団体の活動報告/フリー討論

  3月11日の東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響は、半年以上経った今も深刻です。しかし、「エラい人」たちは責任逃ればかりで動きが鈍く、政治は混迷を深めています。

  このような中、市民は「エラい人」に任せていては、自分たちの暮らしも子どもたちの未来も守れないのではないでしょうか?市民が考え、行動し政治や行政も動かして行かんといけんのではないでしょうか?

 わたしたち有志の実行委員会のメンバーは「こどもたちに安全な未来を残す政治」をめざします。そのためには「お任せ民主主義」ではなく「参加型民主主義」をらつくっていく決意です。そして、「特別にエラい人にしかできない政治」ではなく「市民がそれぞれの暮らしの延長で参加できる」政治勢力をつくっていこうと考えています。今回の共催団体のひとつの「みどり広島」もそのような趣旨で結成されました。

  ゲストでいらっしゃる「アートとエロスと育児と革命」の画家・増山麗奈さんは、1976年生まれのいわゆる「ロスジェネ」。画家として、活動家として活躍されてきました。現在は、母親として全国のお母さんと一緒に「子どもたちの命をまもろう」と活躍しています。また、脱原発をテーマとした創作に邁進されています。

 広島市安佐南区は、小説「黒い雨」の舞台です。その安佐南区で増山さんと一緒にどうしたら安全な未来を子どもたちに残せるか考え、そして行動しましょう。今回の企画をきっかけに、広島市民/安佐南区民のみなさまおひとりおひとりが少しでも行動される事になれば、これに勝る喜びはありません。




主催:増山麗奈さん講演会実行委員会
共催:みどり広島
  クオータ制の実現をめざす会

皆様のご協力をよろしくお願いします!

賛同人、賛同団体も募集します!

連絡先
さとう 090-3171-4437

以降、情報は随時更新です。よろしくお願いします!

参考記事
『非戦と反貧困のロスジェネツアー』で増山麗奈さんと語る
http://janjan.voicejapan.org/living/0910/0910061299/1.php

「桃色のジャンヌ・ダルク」、9日まで広島・横川シネマで!
http://www.janjanblog.com/archives/7943

増山麗奈さん略歴
1976年 千葉県千葉市に生まれる
1995年 東京芸術大学油画科入学(2000年に中退)
1999年 黄鋭 天安門事件10周年記念パフォーマンスに参加
2000年 gallery PAX LAN CHICASなどで個展をひらく。
2002年 個展「露出狂女」gallery Rezonanz(ドイツ・ベルリン)
2003年 イラク戦争反対運動を契機にアート集団「桃色ゲリラ」を主催
     平和運動、反原発運動などで全国各地で活躍。
2008年 超左翼マガジン「ロスジェネ」編集委員(-2010年)
2010年 自伝映画「桃色のジャンヌ・ダルク」制作
2011年 東日本大震災後は「いのちを守るお母さん全国ネットワーク」代表世話人

聞き手 さとうしゅういち 略歴
1975年11月12日 広島県福山市生まれ、東京育ち(本籍地は広島市安佐南区祇園2丁目)。
1999年3月末 東京大学経済学部卒業 2000年4月広島県入庁 2011年1月末退職。
2011年4月の広島県議会議員選挙安佐南区選挙区立候補(無所属、4278票、6位)。
2008年−2010年 エソールひろしま大学応用講座修了。
県庁時代も、イラク戦争反対の「人文字」運動、男女共同参画、瀬戸内海の環境問題、非正規労働問題などに取り組む。現在、民間病院勤務/広島市男女共同参画審議会委員/「みどり広島」共同代表
[PR]
by renaart | 2011-11-10 11:55

【news】10月18日の新社会に増山麗奈執筆記事「内部被曝ゼロを目指して」を掲載していただきました。

c0046559_12465781.jpg

新社会に記事を掲載していただきました。

いのちを守るお母さん全国ネットの活動を報告させていただきました。
私はこれらの運動が一過性のものではなく本当に社会を変えるものにする為には、
歴史をひもといていく必要があると思います。
被曝の流れを見てみましょう
●広島 長崎 ←アメリカに落とされた
●第五福竜丸 ←アメリカの核実験

その後盛り上がるお母さんたちの反核運動が核兵器の地上実験を止めさせた

その運動封じの為に核の平和使用キャンペーン

●爆発した福島第一原発はアメリカのGE社製のマークⅠ型

アメリカに有利なTPP導入の流れ

やっぱりこの流れはおかしいと思います。
真実を追究しながら、
声をあげていくことが必要だと思います。

そろそろ発売時期を過ぎたかなと思って記事をアップさせていただきます。
ご興味がある方は購読をどうぞ
[PR]
by renaart | 2011-11-09 13:05

【news】11月6日京都民放に中村和雄氏との対談記事が掲載されました。

c0046559_12164996.jpg


なんだかどでかく乗っけていただいて感謝・・・
いつも思うけど、私って何者なんだろう・・。

水俣病弁護団の経験をお持ちの中村和雄さんは「海は広く薄まるから大丈夫」という体質が被害を拡大させたと指摘。今回の原発事故でも東電+霞ヶ関の同じ体質だだ漏れ中ですね・・・。

私は

京都は日本で外国人が来てくれて、外貨を稼げる重要ポイント。
絶対汚染させてはならない。
瓦礫NO。

と発言しました。

記者のN記者、取材していただいてありがとうございました。
[PR]
by renaart | 2011-11-09 12:19