<   2011年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

【news】2012年WAPAとともに飛ぶ作品を募集!

【WAPAからのお知らせと作品募集】

WAPA(Worlld Anti Nuke Peace Action)は2012年 WAPA展[WE ART HIBAKUSHA]を全国で開催します。
核の廃絶と世界の平和を訴えて地球を飛び回ることにしました。

その第一回の作品展示が、1月に北海道の北海道鍼灸専門学校かでるホールで行われる311後の北海道 〜平和をつくる食・医療〜 2012年1月7日(土)のロビー展示に決まりました。

ご応募いただいた作品は、その後2012年のWAPAの活動とともに、12月に開催予定の“東京展”まで公開され続けて行きます(沖縄WAPA展、六本木国際美術館日本アンデパンダン展、横浜ノーウオー展・丸木美術館反核反戦展など)。

参加希望者は、作品を郵送(手描き)またはメール(JPGデータ)にて下記にお送りください。
作品は、最大A3サイズまでとします。
参加費用は、作品1点(サイズに関係なく)1000円です(下記の口座にお振込みください)。

展覧会の開催ごとに参加を呼びかけますが、作品は常時募集しています。あなたの作品を、ぜひこの[さよなら原発戦争]プロジェクトに参加させてみませんか?送っていただいた作品は、このブログでもご紹介させていただきます。

【応募締め切り】
第一回 2012年1月6日
●振込先 ゆうちょ銀行 00160 - 0 –496609 口座名 WAPA(ワパ)        
●他銀行から、お振り込みいただく場合は以下の情報が必要です。 
店名 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)当座預金 口座番号 0496609

作品の送り先は、
メール(JPGデータ)は「info@renaart.com」 
郵便による送り先は、
〒270-2214
千葉県松戸市松飛台144-1與作ビル205号室 村田訓吉宛
*どちらも第1回に間に合うためには1月3日必着になります。
[PR]
by renaart | 2011-12-27 14:00 | Trackback | Comments(0)

【news】「港湾労働」新年号で記事を書かせていただきました。

全日本港湾労働組合の機関誌
http://zenkowan.org/
「港湾労働」新年号で一ページまるまる記事を書かせていただきました。

貴重な機会をありがとうございます。お母さん達の運動について書きました。
編集の片柳さん、ほんとうに細かいところまでご指導いただきありがとうございました。勉強になりました。

ぜひ2012年は子どもをまもる!年にしたいです。

記事のなかでご紹介いただいた皆さんもつたない原稿をチェックしていただき本当にありがとうございました。

組合員の方以外に発売できないそうで・・ネットでの公開を許していただきました。
ありがとうございます。


c0046559_1144493.jpg

[PR]
by renaart | 2011-12-27 11:11 | Trackback | Comments(0)

【news】お野菜無事福島に届いたみたいです

昨日沖縄の長谷寺からお野菜10箱と避難パンフが福島の学童コミュニティハウス「おのほっぺ」に到着したそうです。既にお一人妊婦さんが避難を決定。「つなごう命」の皆さん、長谷寺、お野菜提供していただいた皆さん、上原文子さん、食と農を考える会の久手堅先生に感謝。FMたまんの新井稲子さん、沖縄タイムスの内間記者もありがとうございました。
そして何より急な申し入れを受けてくださったおのほっぺの秋葉さん、ありがとうございます。
梱包を手伝ってくださった皆さんもありがとうございました。先輩もありがとう!

私はご住職の似顔絵付き避難パンフを制作させていただきました。

福島の皆さん、
岩手、宮城の半壊以上の罹災証明をおもちの皆さん、

年内の問い合わせは28日までだそうです!お早めに
c0046559_10441527.jpg



出来たら安全な作物がとれる西や南、北
の地域で、
同じように「安全なお野菜を福島・東北関東の子どもたちに送って、疎開情報を送る」というようなアクションが起こせたらいいですね。
似顔絵を描いたりパンフレットを作ったりというところで私もサポートしますよ!
政府が行っている事は瓦礫を拡散させ、子どもたちを危険地域に囲い込むということです。
なら私たちはその反対を行えればいいのではないか、と思います。

c0046559_104544.jpg


みんなで守ろう、いのちの輪!
c0046559_1049184.jpg

[PR]
by renaart | 2011-12-27 10:49 | Trackback | Comments(0)

今日関西でヒューマンチェーンあるよー

みなさん
今日瓦礫アクション、関電ヒューマンチェーンあります。
お時間あればぜひ。

********************************
今後のガレキ受け入れ反対アクションの日程です。
12月26日 10:00~集会 署名集約 会場:エル大阪
        11:00~デモ 府庁まで
               本庁にて署名提出
        14:00  関電前ヒューマンチェーンに合流
2012年
 1月9日  今後のアクション相談会 会場、時間:未定(12/26通知予定)
   10日 フェニックス計画,埋立地見学会
 2月4日  びわこネットワーク おおい原発再稼動反対署名集約 会参加
   18日  ガレキ受け入れ反対 シンポジウム&市民による検討会開催 会場:未定

これから会場を決定し、時間を調整します。
決まり次第お知らせします。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
*********************************
[PR]
by renaart | 2011-12-26 09:12 | Trackback | Comments(0)

【news】ACTIOに連載「農はアートだ!」掲載されました

メリークリスマスー
c0046559_21163418.jpg


ACTIOもでたよー
[PR]
by renaart | 2011-12-24 21:17 | Trackback | Comments(0)

【news】ヘンリーオーツさんの本の表紙を書きましたよ!

メリー楽しみます!
麗奈サンタだよー!
c0046559_1527148.jpg


いつもお世話になっているヘンリーオーツさん始めての著書の表紙を書かせていただきましたよ!
c0046559_212677.jpg


本の注文はこちらから
[PR]
by renaart | 2011-12-24 21:02 | Trackback | Comments(0)

【news】西宮市で、給食測定に関する誓願が全会一致で可決されました。

西宮の放射能検査(給食)に関する請願、全会一致で可決されました!
3学期、1/11から給食測定が始めてくれるとのこと。

署名は3237名集まり、311西宮子どもの未来を考える会の皆さんと要望書と共に市長へ提出してきました。

市長と面談(15分の予定が少し多めに時間を頂きました)後2時間も教育委員会N課長さんと担当者の皆さん、保健所S所長と担当者の皆さんとお母さん達で話し合いを行いました。
何度もいろんな方が涙ぐむ、本気の話し合いでした。教育委員会のN課長や保健所のS所長にも人間として何かが届いてくれてたんじゃないかと思います。


311西宮子どもの未来を考える会の、発起人Kさんほか皆さんのの努力の結果です。ありがとうございます。

署名を書いてくださったご近所の皆さん、ツタヤの店員さん、ルペール苦楽園ナチュラルビューティサロン フェローニアのみなさんも本当にありがとうございます。

西宮市議の皆さんも党派を超えて子どもたちの為にご尽力いただきありがとうございました。

議員の先生方を紹介してくださったヨガ教室のYさん、
ありがとうございました。

西宮市議の先生を紹介してくださった西宮冷蔵の水谷社長も本当にありがとうございました。

今日ご近所の皆さんに報告しました。なんだか誇らしかったな!

子どもたちも本気で君たちを守ってくれようとしている大人が周りにいるってこと、忘れないでね!
[PR]
by renaart | 2011-12-23 23:04 | Trackback | Comments(0)

沖縄の避難情報

**********

広げよう~充実の沖縄の受入れ情報!沖縄はあったかくて海もきれいでいいですよ~
岩手宮城の半壊以上の被災者 福島県民のみなさまは
航空券、一か月分の食事つきホテル代、その後2年間は家賃と水道料金が無料。
相談窓口にまずは電話で問い合わせてください
090-3790-0137, 090-3790-1713, 090-3790-0530

その他にも、被災者と沖縄県をつなげる市民の会「つなごう命の会」発足しました。
ブログ http://tsunagouinochi.blogspot.com/
連絡先 mariscontact@gmail.com

**************
[PR]
by renaart | 2011-12-20 17:51 | Trackback | Comments(0)

【news】2012年1月7日札幌にて高遠菜穂子さん・shut泊の安斎由希子さん、宍戸隆子さんと増山麗奈講演会

c0046559_1805826.jpg

311後の北海道
〜平和をつくる食・医療

2012年1月7日(土)
午後5時半開場 6時開演
【場所】道民活動センターかでる2・7
札幌市中央区北二条西7丁目
【入場料】500円(+カンパ)
         会場内に無料託児所もご用意しています。  
【講師】
高遠菜穂子(イラク・福島支援最新報告)

たかとおなほこ 1970年、北海道生まれ。2000年からインド、タイ、カンボジアで
ボランティア活動に取り組む。03年からイラク入り。04年4月にはイラク・ファルージャ
で「自衛隊の撤退」を要求する現地武装勢力に拘束された。解放後、日本国内で「自己責任」
バッシングを受ける。その後も、「イラクホープネットワーク」を軸に、国際的なイラク人道
支援活動を展開中。「9条世界会議」、「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」呼びかけ人。
著書に『戦争と平和 それでもイラク人を嫌いになれない』(講談社)『破壊と希望のイラク』
(金曜日)など

増山麗奈 (画家・ジャーナリスト)
いのちを守るお母さん全国ネットワーク

ますやまれな  1976年、千葉生まれ。二児の母。岡本太郎現代芸術賞入選 反戦アート
集団「桃色ゲリラ」を結成後脱原発・反核・反戦・反貧困を軸にアートと社会活動を活動を行う。
高遠菜穂子氏拘束一ヶ月前にイラクでアート交流。活動が映画「桃色のジャンヌ・ダルク」
(鵜飼邦彦監督)でドキュメンタリー映画化。311以後東京から関西へ移住。福島や福井,沖縄
京都などで脱原発や食の安全、低線量被曝対策などデモ・講演会や展覧会活動を行い「いのちを
守るお母さん全国ネットワーク」を結成。ジャーナリストとして新聞や雑誌「週刊金曜日」
「紙の爆弾」で原発関係記事を執筆。著書に「未来を生み出せ!GIRLY POWER」(鹿砦社)など

【特別報告】
shut泊 安斎由希子(有機農家)
宍戸隆子(福島→北海道に避難・原子力損害賠償紛争審査会で証言)

問い合わせ) 佐々木伸 090-6210-5482  sasaki.shin@lilac.plala.or.jp

【ロビー特別展示】
YES!PEACE! 
札幌WAPA展 
+増山麗奈絵画展

WAPA(Worlld Anti Nuke Peace Action)は増山麗奈・村田訓吉が共同
代表を勤める原発を含む核兵器廃絶を訴えるアート集団です。
[PR]
by renaart | 2011-12-17 18:01 | Trackback(1) | Comments(0)

【会計報告】沖縄WAPA展・避難支援応援プロジェクトについて

c0046559_2333372.jpg


沖縄WAPA展の会計報告と、新しく立ち上がった沖縄→福島野菜サンタプロジェクトへの募金について

【沖縄WAPA展・展覧会 会計報告】

入金/

展覧会参加費 3000円×8=24000円
搬入搬出補助費 1400円×5=7000円 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
              31000円 

作品売り上げ

5000円×2=10000円 
1500×6=9000円  合計19000円

     5割  作家還元    9500円
     5割WAPAにカンパ   9500円
――――――――――――――――――――――
 収入   展覧会参加費    31000円
     +作品売り上げ     9500円
――――――――――――――――――――――
 収入合計           40500円







 支出
展示打ち合わせ雑費       18900円
DM制作費              10000円  
丸木さん作品郵送費         6410円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計                35310円    




収入―支出             40500円
                 ―35310円
―――――――――――――――――――――――――――――――――
                  +5190円
寄付     村田訓吉共同代表から 4810円 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     + 10000円


●会期中の食費、貸し布団代などは既に沖縄に行ったアーティスト達で清算済です。


    
今回のプロジェクトの収支で出た+10000円を
福島の子どもたちに安全な沖縄産の野菜を贈り、
避難を提案するプロジェクト「沖縄→福島 野菜サンタプロジェクト」に募金いたします。




「沖縄→福島 野菜サンタプロジェクト」は、今回の沖縄WAPA展、会期中のヌチグスイ料理交流会を通じて発足したプロジェクトです。

福島の子どもたちに愛のある安全な食事を食べてもらい、出来たら今後県の疎開補助があるうちにより多くのこどもたちに疎開してもらい、

外で思いっきり遊べる環境で健やかに過ごしてほしいというコンセプトで、沖縄の地元の農家さんや地元のお母さん達、疎開ママ達の出会いによって産まれました。

「野菜サンタプロジェクト」は上原文子さんが企画してくださったヌチグスイ料理交流会のお土産で美味しいご飯をお寺に持って帰ったときに

ご住職の発した「このお野菜を本当は福島の子どもたちに食べてもらいたいねえ」という一言から始まりました。

疎開支援についての情報が掲載されたパンフレットと一緒に、沖縄・地元の農家さんから提供していただいた野菜を、沖縄・長谷寺を通じて梱包を行い、

福島の森愛和尚さんがサンタクロースの格好をして子どもたちを集めてイベントを行ってくれるという皆さんの力を合わせて、実現しました。

 すばらしい出会いに感謝します。



【 共同代表村田訓吉よりメッセージ 】
ジョンとヨーコの平和活動はガンジーの無抵抗主義からつながっています。
増山は彼らに負けない平和活動をしたいといっていました。
僕は勝つとかまけるではなく平和活動はその思いをつないでくことだよと思います。
僕らWAPAの活動は彼ら愛と平和の先導者達に近づけるかもしれないと最近感じています。


【野菜集荷・発送日程】

日時:12月23日(金)午前10時〜16時までの間に、規格外の野菜や食材の提供・子どもたちへのプレゼントなどを提供してくださる方がいいましたら、沖縄・長谷寺に届けてください。運送費のカンパも歓迎です。
場所:沖縄・長谷寺 にて  問い合わせ)岡田弘隆 (おかだこうりゅう)
住所:沖縄県糸満市潮平一番地  電話  098-852-3533
(注)あつまった野菜などはその日中に宅急便で福島に送ります。→福島では12月25日に子どもたちやお母さんに野菜やプレゼントを届けるイベントを開催していただきます。


 


【沖縄県での避難支援】
沖縄では3月11日の時点で福島の住民票を持っていた人全員・宮城岩手の半壊以上の罹災証明書を持っている被災者全員に対し、 

1)往復渡航費無料

2)一ヶ月のホテル代無料(三食付き)

3)最大二年の家賃無料

という破格の条件で疎開支援を行っています。


(参照 東日本大震災に伴う沖縄県への避難者に対する住宅支援について

http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=288&id=24203&page=1

)しかしこの制度はメディアを通じてもなかなか紹介される機会が少なく、多くの福島県民の方々はこのことをしりません。

ぜひこの制度を活用して一人でも多くの子どもたちや若い人たちに安全な沖縄に避難していただける事をWAPAは祈っています。

             村田訓吉 増山麗奈  (WAPA共同代表)






     
[PR]
by renaart | 2011-12-16 12:05 | Trackback | Comments(0)