<   2012年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

【news】作品【歌うペンギン♪NUKE IS OVER】

c0046559_2335317.jpg
第一回Wapa経産省テントスケッチ大会で書いた作品
額に入れてみました。

「歌うペンギン♪NUKE IS OVER」
原画サイズ 55㎝×58㎝
額に入れたら 57㎝×71cm
素材 紙にコラージュ+水彩です。
テーマ 人間だけじゃなく動物達も原発いらない!お魚が食べられなくなっちゃうペンギンだって困っちゃうよ♪と歌うペンギン太陽光など未来を歌います。

もしご購入希望の方いたら、ご連絡ください。
売り上げは脱原活動(今年はアメリカ進出を計画中)に活用します。

info☆renaart.com(☆をあっとまーくに)
値段は、3万円から〜
NUKE IS OVER GO GO GO!

This is a painting that Rena Masuyama draw in the Tent in front ofMinistry of Economy, Trade and Industry.

【Title】"Singing Penguin♪NUKE IS OVER"
【size】 painting  55㎝×58㎝
with frame 57㎝×71cm
【Material】Paper collage water paint
【Theme】Animals don't Like nuclear Energy. Penguin said "I can't eat fish!"
Penguin sing a song about future ..sun energy sunflower.....
【Price】 ¥30.000-

Sales are used for activity of a nuclear power reactor fadeout.
I have planned NO NUKE action in the United States this year.
 
info@renaart.com(Rena Masuyama)
c0046559_23183282.jpg

[PR]
by renaart | 2012-04-30 23:04

映画「HIBAKUSHA」上映後のトーク


藤波心さんの追っかけをしている、KAZUさんが4/20のエルおおさかでのトークショーの模様をYOUTUBEにアップしてくれました。
映画を見ていただく際の補足に、監督の思い、心さんの思い、WAPA村田代表、増山のこの映画に対する思いを感じていただけると幸いです。

映画「Hibakusya」ラルフ監督と藤波心ちゃんとのトーク
http://youtu.be/qt5lGk0BgjI

映画「Hibakusha~広島から福島へ続く原子力ビジネス~」トークショー 1
http://youtu.be/kLwmh1-S7Zc

映画「Hibakusha~広島から福島へ続く原子力ビジネス~」トークショー 2
http://youtu.be/KSFC3FKaTgI

映画「Hibakusha~広島から福島へ続く原子力ビジネス~」トークショー 3
http://youtu.be/kDNbjX7lpnA

映画「Hibakusha~広島から福島へ続く原子力ビジネス~」トークショー 4
 http://youtu.be/9oPCepe4QR0

藤波心 かなる 映画「HIBAKUSHA」 トークショー終了後コメント
 http://youtu.be/_ET47gh0djE


映画「Hibakusha〜広島から福島まで続く原子力ビジネス〜」
の日本での上映は、WAPA(World Anti Nuke Peace Action)が行っています。
上映レンタル料は
DVD基本料金5000円+500円×人数分
となります。
多くの方にぜひ見ていただきたいと思っています。

映画「Hibakusha」上映ご希望の方は
info@renaart.com
070-5540-2910(村田)
までご連絡ください。
c0046559_1531314.jpg

[PR]
by renaart | 2012-04-30 15:31

NUKE IS OVER GO GO GO!

4/28

WAPA( World Anti Nuke Peace Action )村田訓吉代表と、増山麗奈代表で映画「HIBAKUSHA」東京会場(戦争と貧困をなくす国際映画祭)上映会挨拶@明大リバティタワーを行いました。

「日本からフェアトレードを実現させられたら、先進七カ国の中ではじめの一歩。福島をその転機に。原子力資本主義を脱却しよう。1%の人が富を独占する資本主義から、本当に必要な製品が作られる新しい経済制度へ 」
というジャーナリストであるラルフ・T・ニューメイヤー監督さんからのメッセージを読み、

「この映画を中心に、日本で真実への追究・脱原への新しい動きができつつあるということを聞いてうれしい。」とドイツ連邦議員であるドロテー・メンツナー監督のメッセージを増山が代弁し、

「とてつもない被害を生んでしまった福島第一原発事故後の世界で、私たちが希望を作るとすれば、それは国際社会との横繋がりだ」
と増山が発言しました。

村田代表は5月5日(こどもの日)に日本の原発がゼロになることをうけて、
「NUKE IS OVER GO GO GO!!」
と拳を上げました。

GO GO 日本の5/5のゼロから
GO GO GO! 世界の原発をゼロに!
ヒロシマ・ナガサキ・フクシマを体験し、核エネルギーは原子爆弾そのものであると知った私たちは
だれよりも核の愚かさ恐ろしさを、骨身で感じています。
だから日本から世界へ
NUKE IS OVER!

日本の製品が放射能濃度で輸入を跳ね返されても
日本の食べ物が国際基準値で跳ね返されても
私たちの思想は輸出する事が出来ます。

NUKE IS OVER GO GO GO!

もうこれ以上の核の被害を世界で生み出してはなりません。
これ以上核で苦しむ母子が産まれないように
既にたくさんの放射能が地球に漏れだしてしまいましたが

私たちは人類がこの愚かな歩みから足を洗える事を信じています。

NUKE IS OVER GO GO GO

原発の無い未来へ

WAPA(World Anti Nuke Peace Action)は今年ドイツやサンフランシスコ、ニューヨークを訪れ、
「NUKE IS OVER GO GO GO !」
と叫び続けます。





上映後、経産省脱原発テント前で、WAPA脱原スケッチ大会を行いました。
森下泰輔さん、織部佳積さん、村上史枝さんとお子さん、多田恭子さん、が参加してくれました。
BS11「Inside OUT」(インサイドアウト)という番組の取材を受けました。
放送は5/22 午後9時からです。

アーティスト達はもう次の原発の無い未来を見ています。
私たちはもう歩き始めています。
私たちは知っています。

その次の世界では
人々はそれぞれの違いを愛し合い、
子どもたちは安心して外で遊ぶ事が出来ます。
おんな達は怯える事なく子どもをはらみ、
新しく産まれた命を抱きしめる事が出来ます。
恋人達は海で愛を語り合い。
大地からの恵を胸一杯に頂く事が出来ます。

どんなメディアも
私たちを洗脳する事は出来ません。
私たちはもう真実の輝きと重みを知っているからです。
もう騙されません。

水、空気、食糧、
全てのものは皆で分け合い

欲を出しすぎる事なく
そのぶん日々の恵への感謝を感じ
だからこそ目の前のいのちのかわいらしさを感じる事が出来ます。

数値よりもカワイイ
目の前の命
それは人によって
恋人だったり
ペットだったり
道草の花であったり
友人だったり
親だったり
するのですが

とにかく命は核に怯える事なく
愛し合い
時にケンカし合い
たまに許し合い
生でぶつけ合う事が出来ます


核の愚かさを知った私たちはいま 断言します。
子どもたちにとって
美しい水 空気、大地、
これ以上大切なものなどありません。

そしてそれはとてつもなく
生命が輝く
心地よい
エロティックな世界なのです

さあ、あなたも勇気をもって 
たくさんのものを捨てて

原発ゼロのGO GO 以降の世界へ一緒に旅立ちましょう。
c0046559_19371087.jpg
c0046559_19364044.jpg
c0046559_19361959.jpg


Yesterday, I and Murata went to Tokyo .for "Hibakusha"Movie show in festival.
maybe over100 people come.
We said Ralph's message and" I am glad to hear about with this movie,In japan New Action happen "By Dorothee.

The visitor's reaction was good.
There was also an offer of the following show meeting.
There was also coverage of Japanese television.


After Show we went to Ministry of Economy, Trade and Industry tent .
and With Artist friends we painting.
5th May. japanese NUKE energy wi be ZERO.
5th May(5 5 = GO GO ) is Children7s day.in Japan.

to make ZERO nuke world is best present to children.

Nuke is over Go GO GO!!!
[PR]
by renaart | 2012-04-29 19:38

経産省テント前の演説です。


[PR]
by renaart | 2012-04-29 19:34

【news】スケッチ大会 in経産省テント

戦争と貧困をなくす国際映像際http://www.videofes.jp/での映画「HIBAKUSYHA」の予定です。
「Hibakusha」の各会場での上映時間は以下の通りです。いずれの会場でも66分の作品を上映致します。
・4月28日【東 京】10:30~
・4月29日【神奈川】11:25~
・4月30日【広 島】16:00~
会場へのアクセス等はhttp://www.videofes.jp/こちらで

特別企画

○4月28日東京会場では監督ラルフの変わりに増山麗奈、村田訓吉も参加します。       明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー1011教室
[所在地]〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
[備考]共催:明治大学社会思想史研究会にて

○脱原スケッチ大会第2回主催WAPA                             [場所] 経産省前脱原テント「地下鉄霞ヶ関前下車」                     [時間] 4月28日午後1時から3時
                                   

WAPAのアーテイストによる第2回原発スケッチ大会が開かれます。WAPA以外の方でも我もと思う方ぜひ来てくださいね。
参加予定者、村上史枝、増山麗奈、村田訓吉、

スケッチの道具は水彩でも鉛筆スケッチでも自分の好きな画材と紙で大丈夫です。
出来たら皆で絵を抱えて記念撮影しましょう。BS11も取材来ててくれるそうです。
参加費無料です。ぜひ参加者は脱原テントを著名して寄付して応援しよう。
[PR]
by renaart | 2012-04-26 18:38

【news】映画「Hibakusha」上映会

【拡散希望】こんにちはBCCで失礼いたします。画家の増山麗奈です。

ドイツで放映され,話題をよんだ日本の原子力洗脳を告発する
ドキュメンタリー映画「Hibakusha~広島から福島へ続く原子力ビジネス~」(ラルフ・T・ニーメイヤー×ドロテー・メンツナー監督作品)
日本上映のご案内です。

WAPA(World Anti Nuke Peace Action)・増山麗奈が日本語版の製作総指揮を行いました。藤波心さんがナレーションによって作品にあらたな息を吹き込んでくれました。
「戦争と貧困をなくす国際映画祭」正式招待作品

●CIAが広島の被爆者に対し「原子力はすばらしいエネルギー」と洗脳を行い原発導入した。
●ドイツ銀行が東京電力に多額の融資をし、原子力エネルギーの推進をすすめている。

など驚きの連続。広島から福島へと70年近く続いてきた核占領の実体を暴きます。この映画を日本人自身が作れなかった事が悔しいw
私たちはそろそろ核・原子力の洗脳から脱却し、本質的な背景に気がつかなければ。ドイツ放射線防護協会会長のセバスティアン博士も出演。

今後全国各地での上映企画のオファーも受け付け中。
(監督来日後改めて確定ですが、4000〜5000円基本料金+観客数×500円を予定しています。)
→上映会希望の方は info@renaart.com(WAPA増山)まで
→4/20~4/24までラルフ監督が来日します。メディア取材も歓迎です。


【上映会開催費・交通費・通訳・日本語版制作費などのカンパも募集しています。】
正直自腹でやっていたらかなり真っ赤っか(汗)脱原発の国際的連帯の為にご支援ください。
●振込先 ゆうちょ銀行 (手数料はかかりません)
00160-0-496609 口座名 WAPA(ワパ)        
●他銀行から、お振り込みいただく場合は以下の情報が必要です。 
店名 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)当座預金 口座番号 0496609

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【緊急イベント 新作海外ドキュメンタリー上映&トーク】
「Hibakusha~広島から福島へ続く原子力ビジネス~」

4/20(金)@大阪 21(金)@広島 22(日)@尼崎 22(日)@神戸 24(火))@沖縄  28日(土)@東京 29日(日)@神奈川
 戦争と貧困をとめる国際映画祭正式招待作品

ラルフ・T・ニーメイヤー監督の講演会もあります。(英語―日本語への翻訳あり)

ドキュメンタリー出演/肥田舜太郎(医師) 小出裕章(京大原子炉実験所助教) アイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション)山本太郎(俳優) 中島哲演(明通寺住職) 服部良一(衆議院議員)田中 利幸(歴史家・広島市立大学広島平和研究所教授) セバスティアン・プフルークパイル博士(ドイツ放射線防護協会・会長) 村田訓吉  増山麗奈(画家)
ナレーター/藤波心

【大阪会場】4月20日(金)18:30〜20:30 エルおおさか606 ラルフ監督講演あり
 特別ゲスト 脱原発アイドル・藤波心さん
 進行役/増山麗奈(画家)村田訓吉(WAPA共同代表)
  会場アクセス http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
   京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」西300m/
   京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」東500m/
   地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」東1,200m
   JR東西線「大阪天満宮駅」南850m
    参加費 500円+カンパ

【広島会場】4月21日(土)17:00〜19:00 広島平和記念資料館地下会議室2 ラルフ監督講演あり
 あいさつ 森滝春子(NO DU ヒロシマプロジェクト) 村田訓吉(WAPA共同代表)
 進行役/増山麗奈(画家) 嘉指信雄(通訳兼任 NO DU ヒロシマプロジェクト)
  会場アクセス http://www.pcf.city.hiroshima.jp/frame/Virtual_j/tour_j/guide2_4.html
   参加費 500円+カンパ

【神戸会場】4月22日(日)18:30〜20:30 こうべまちづくり会館ホール ラルフ監督講演あり
 進行役/増山麗奈(画家)村田訓吉(WAPA共同代表)
  会場アクセス http://www.kobe-toshi-seibi.or.jp/matisen/4kuukan/kaikan.htm
   元町商店街4丁目西端の南側角
   地下鉄海岸線「みなと元町駅」西1出口北1分
   神戸高速「花隈駅」東口南3分/「西元町」東口東5分
   JR・阪神「元町駅」西口西8分
    参加費 500円+カンパ

ここまでは市民社会フォーラム例会です。
共催/WAPA(World Anti Nuke Peace Action) 市民社会フォーラム NO DUヒロシマ・プロジェクト
協賛/いのちをまもるお母さん全国ネットワーク
お問い合わせ先 070-5540-2910(村田) info@renaart.com(増山麗奈)


ーーーーここから下は、
戦争と貧困をなくす映画祭出展も正式に決まりました。
http://www.videofes.jp/

【兵庫尼崎会場】4月22日(日)〔戦争と貧困をなくす国際映画祭招待上映〕ラルフ監督講演あり
[参加費][一般] 当日1,500円(前売1,300円)[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)[高校生以下] 500円
  10:30〜16:00尼崎市女性センター・トレピエ トレピエホール
   映画上映時刻 14:30
    ラルフ監督講演 15:40
     [所在地]〒661-0033 尼崎市南武庫之荘3丁目36−1こちら
 

【沖縄会場】 1日目4月24日(火)入場無料 〔戦争と貧困をなくす国際映画祭招待上映〕
 09:00〜10:30沖縄国際大学 3号館309号教室
 [所在地]
  〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1
   ●沖縄会場は、30分の短縮バージョンのみの上映になります。

【東京会場】4月28日(土)〔戦争と貧困をなくす国際映画祭招待上映〕
10:00〜17:00明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー1011教室
 [所在地]〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
  [参加費][一般] 当日1,500円(前売1,300円)[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
    [高校生以下] 500円

【神奈川会場】4月29日(日)〔戦争と貧困をなくす国際映画祭招待上映〕
11:00〜18:00川崎市総合自治会館
 [所在地]〒211-0063 川崎市中原区小杉町3-1こちら
  [アクセス]JR南武線武蔵小杉駅北改札口、東急東横線・目黒線武蔵小杉駅から徒歩7分 
    JR横須賀線・湘南新宿ライン武蔵小杉駅新南改札口から徒歩15分
     [参加費][一般] 当日1,500円(前売1,300円)[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
       [高校生以下] 500円

【広島会場】4月30日(月)
14:00〜18:00広島市まちづくり市民交流プラザ 6Fマルチメディアスタジオ
 [所在地]〒730−0036 広島市中区袋町6番36号
   [備考]電話:(082)545−3911 ファックス:(082)545−3838こちら
    [参加費][一般] 当日1,500円(前売1,300円)[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
      [高校生以下] 500円

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【作品解説】
 3.11から一年を経た日本。巨大な力で勧められてきた原子力政策と、それに対抗したちあがる民衆の姿を伝えるドキュメンタリー「Hibakusha~原子力資本主義の転換~広島から福島へ(暫定タイトル)」(67分 英題“Hibakusha – from Hiro to Fukushima, nuclear capitalism tries to rebound”)。
2月に来日したドイツ人監督ラルフ・T・イーメイヤー氏とドイツのエネルギー政策担当ドロテー・メンツナー連邦議員・共同監督作品。
ドイツ、フランスでテレビ放映され、大きな反響を読んだ本作を、国内稼働中の原発が残りあと一基となった日本への監督来日にあわせ、緊急上映決定!福島第一原発30キロ圏内への取材、もんじゅ敦賀原発地元への取材、福井若狭湾の原発が止まった関西電力への取材、福島の母、原発震災避難ママ、広島の被爆者へのインタビューなど。
 エネルギー転換期を迎えた日本の姿を、同じ工業国でありながら3.11後に脱原発を実現したドイツからの目で切り取る。
ジャーナリストの鋭い目は、広島での原爆投下後、アメリカ占領の中で、経済発展の夢とともに導入された“原子力の平和利用”のベールを暴き、日本人がだまれ続けてきた原子力資本主義の姿を浮き彫りにする。

【ラルフ・T・ニーマイヤー監督 プロフィール】
ドイツ人、モスクワ在住。映像エディター、ジャーナリスト、作家、ドキュメンタリー映画メーカー、映画製作者。
13歳のときに、西ドイツ首相にインタビューしたのが映像活動のスタート。大統領になど世界的指導者に「ちゃんと眠れていますか?」などユニークな質問をして本音を引き出す。
ジャーナリスティックな仕事は本名で行い、文化的な仕事はペンネーム「サイレント・クリーク」で行う。
歌詞作詞も行う。著書多数。

【共同監督 ドロテー・メンツナー プロフィール】
(今回来日せず)/DIE LINKE(ドイツ左翼党)連邦議員、エネルギー政策スポークスマン 
環境・自然保護・原子炉安全委員会 ゴアレーベン調査委員会(注 ゴアレーベン=ドイツの放射性廃棄物の埋設予定地)2005年秋よりドイツ連邦議会議員を務める。
反原発および非軍事化運動、反ファシズム運動に力を入れている。一児の母。

【募金のお願い】
監督来日、日本語版制作 翻訳、通訳、交通費など諸経費についての映画上映についてのカンパを集めています。
脱原発の未来にむけた国際的な連帯のためにご協力お願いいたします。秋にはドイツでのアートアクションも計画しています。
(WAPAは村田訓吉・増山麗奈が共同代表を務める脱原発、反核を訴えるアート集団です。)

●振込先 ゆうちょ銀行 (手数料はかかりません)
00160-0-496609 口座名 WAPA(ワパ)        
●他銀行から、お振り込みいただく場合は以下の情報が必要です。 
店名 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)当座預金 口座番号 0496609

============================
[PR]
by renaart | 2012-04-19 14:27

【news】映画[Hibakusha]上映情報

【緊急イベント 新作海外ドキュメンタリー上映&トーク】
Hibakusha~広島から福島へ続く原子力ビジネス~

4/20(金)@大阪 21(金)@広島 22(日)@尼崎 22(日)@神戸 24(火)or25日(水)@沖縄  
28日(土)@東京 29日(日)@神奈川
 戦争と貧困をとめる国際映画祭正式招待作品

ホールラルフ・T・ニーメイヤー監督の講演会もあります。
(英語―日本語への翻訳あり)

ドキュメンタリー出演/肥田舜太郎(医師) 小出裕章(京大原子炉実験所助教) アイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション)山本太郎(俳優) 中島哲演(明通寺住職) 服部良一(衆議院議員)田中 利幸(歴史家・広島市立大学広島平和研究所教授) セバスティアン・プフルークパイル博士(ドイツ放射線防護協会・会長) 村田訓吉  増山麗奈(画家)
ナレーター/藤波心

【大阪会場】4月20日(金)18:30〜20:30 エルおおさか606
 特別ゲスト 脱原発アイドル・藤波心さん
 進行役/増山麗奈(画家)村田訓吉(WAPA共同代表)
  会場アクセス http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
   京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」西300m/
   京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」東500m/
   地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」東1,200m
   JR東西線「大阪天満宮駅」南850m
    参加費 500円+カンパ

【広島会場】4月21日(土)17:00〜19:00 広島平和記念資料館地下会議室2
 あいさつ 森滝春子(NO DU ヒロシマプロジェクト) 村田訓吉(WAPA共同代表)
 進行役/増山麗奈(画家) 嘉指信雄(通訳兼任 NO DU ヒロシマプロジェクト)
  会場アクセス http://www.pcf.city.hiroshima.jp/frame/Virtual_j/tour_j/guide2_4.html
   参加費 500円+カンパ

【神戸会場】4月22日(日)18:30〜20:30 こうべまちづくり会館ホール
 進行役/増山麗奈(画家)村田訓吉(WAPA共同代表)
  会場アクセス http://www.kobe-toshi-seibi.or.jp/matisen/4kuukan/kaikan.htm
   元町商店街4丁目西端の南側角
   地下鉄海岸線「みなと元町駅」西1出口北1分
   神戸高速「花隈駅」東口南3分/「西元町」東口東5分
   JR・阪神「元町駅」西口西8分
    参加費 500円+カンパ

ここまでは
共催/WAPA(World Anti Nuke Peace Action) 市民社会フォーラム NO DUヒロシマ・プロジェクト
協賛/いのちをまもるお母さん全国ネットワーク
お問い合わせ先 070-5540-2910(村田) info@renaart.com(増山麗奈)


ーーーーここから下は、
戦争と貧困をなくす映画祭出展も正式に決まりました。
http://www.videofes.jp/

【兵庫尼崎会場】4月22日(日)〔戦争と貧困をなくす国際映画祭招待上映〕
[参加費]
[一般] 当日1,500円(前売1,300円)
[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
[高校生以下] 500円
10:30〜16:00尼崎市女性センター・トレピエ トレピエホール
映画上映時刻 14:30
ラルフ監督講演 15:40
[所在地]〒661-0033 尼崎市南武庫之荘3丁目36−1こちら
 

【沖縄会場】 1日目4月24日(火)入場無料 〔戦争と貧困をなくす国際映画祭招待上映〕
09:00〜10:30沖縄国際大学 3号館309号教室
[所在地]
〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1


【沖縄会場】2日目4月25日(水)入場無料 〔戦争と貧困をなくす国際映画祭招待上映〕
13:00〜14:30沖縄国際大学 9号館202号教室
[所在地]
〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1

【東京会場】4月28日(土)〔戦争と貧困をなくす国際映画祭招待上映〕
10:00〜17:00明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー1011教室
[所在地]
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
[参加費]
[一般] 当日1,500円(前売1,300円)
[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
[高校生以下] 500円


【神奈川会場】4月29日(日)〔戦争と貧困をなくす国際映画祭招待上映〕
11:00〜18:00川崎市総合自治会館
[所在地]
〒211-0063 川崎市中原区小杉町3-1こちら
[アクセス]
JR南武線武蔵小杉駅北改札口、東急東横線・目黒線武蔵小杉駅から徒歩7分
JR横須賀線・湘南新宿ライン武蔵小杉駅新南改札口から徒歩15分
[参加費]
[一般] 当日1,500円(前売1,300円)
[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
[高校生以下] 500円


【広島会場】4月30日(月)
14:00〜18:00広島市まちづくり市民交流プラザ 6Fマルチメディアスタジオ
[所在地]
〒730−0036 広島市中区袋町6番36号
[備考]
電話:(082)545−3911 ファックス:(082)545−3838こちら
[参加費]
[一般] 当日1,500円(前売1,300円)
[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
[高校生以下] 500円

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【作品解説】
 3.11から一年を経た日本。巨大な力で勧められてきた原子力政策と、それに対抗したちあがる民衆の姿を伝えるドキュメンタリー「Hibakusha~原子力資本主義の転換~広島から福島へ(暫定タイトル)」(67分 英題“Hibakusha – from Hiro to Fukushima, nuclear capitalism tries to rebound”)。
2月に来日したドイツ人監督ラルフ・T・イーメイヤー氏とドイツのエネルギー政策担当ドロテー・メンツナー連邦議員・共同監督作品。
ドイツ、フランスでテレビ放映され、大きな反響を読んだ本作を、国内稼働中の原発が残りあと一基となった日本への監督来日にあわせ、緊急上映決定!福島第一原発30キロ圏内への取材、もんじゅ敦賀原発地元への取材、福井若狭湾の原発が止まった関西電力への取材、福島の母、原発震災避難ママ、広島の被爆者へのインタビューなど。
 エネルギー転換期を迎えた日本の姿を、同じ工業国でありながら3.11後に脱原発を実現したドイツからの目で切り取る。
ジャーナリストの鋭い目は、広島での原爆投下後、アメリカ占領の中で、経済発展の夢とともに導入された“原子力の平和利用”のベールを暴き、日本人がだまれ続けてきた原子力資本主義の姿を浮き彫りにする。

【ラルフT.ニーマイヤー監督プロフィール】
ドイツ人、モスクワ在住。映像エディター、ジャーナリスト、作家、ドキュメンタリー映画メーカー、映画製作者。
13歳のときに、西ドイツ首相にインタビューしたのが映像活動のスタート。大統領になど世界的指導者に「ちゃんと眠れていますか?」などユニークな質問をして本音を引き出す。
ジャーナリスティックな仕事は本名で行い、文化的な仕事はペンネーム「サイレント・クリーク」で行う。
歌詞作詞も行う。著書多数。

【共同監督 ドロテー・メンツナー 】
(今回来日せず)/DIE LINKE(ドイツ左翼党)連邦議員、エネルギー政策スポークスマン 
環境・自然保護・原子炉安全委員会 ゴアレーベン調査委員会(注 ゴアレーベン=ドイツの放射性廃棄物の埋設予定地)2005年秋よりドイツ連邦議会議員を務める。
反原発および非軍事化運動、反ファシズム運動に力を入れている。一児の母。

【募金のお願い】
監督来日、日本語版制作 翻訳、通訳、交通費など諸経費についての映画上映についてのカンパを集めています。
脱原発の未来にむけた国際的な連帯のためにご協力お願いいたします。秋にはドイツでのアートアクションも計画しています。
(WAPAは村田訓吉・増山麗奈が共同代表を務める脱原発、反核を訴えるアート集団です。)

●振込先 ゆうちょ銀行 (手数料はかかりません)
00160-0-496609 口座名 WAPA(ワパ)        
●他銀行から、お振り込みいただく場合は以下の情報が必要です。 
店名 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)当座預金 口座番号 0496609

============================
[PR]
by renaart | 2012-04-18 21:39

【news】映画「Hibakusha」上映場所です。


1)movie show (when you are in Japan)監督が来日中の上映場所

20th(Fri)

movie show  18:30~20:30 Eruoosaka606 (Osaka) 
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
○after movie
talk with
Mr. Ralph and guest( KOKORO(Naleter) Rena Murata)
The question from the visitor

21th(Sat)
movie show 17:00~19:00 HIroshima memorial peace museum広島平和記念資料館地下会議室2
○after movie
Mr. Ralph talk with
guest( mr kazashi(who is person dp action abput DU) Rena Murata)
The question from the visitor


22th(Sun)
movie show 14:30 ~ Amagasaki woman center
http://www.amagasaki-trepied.com/
15:40 your talk
Mr. Ralph talk 15min(Translation lump )

movie show 18:30~20:30 KOubemachidukuri hall
Mr. Ralph talk with (Rena Murata)
The question from the visitor .

2) movie show (after you back to German)監督来日後

4/28 TOKYO 10:30 『HIBAKUSHA』(66min) ★ Rena and mr Murata greet.
明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー1011教室

4/30 HIROSHIMA 15:30 『HIBAKUSHA』上映(66分) ★
広島市まちづくり市民交流プラザ 6Fマルチメディアスタジオ



RENA MASUYAMA
[PR]
by renaart | 2012-04-18 17:02

【news】増山麗奈製作指揮「HIBAKUSHA」日本版が戦争と貧困をなくす国際映画祭で上映されます。

ラルフ・T・ニューマイヤー監督・ドロテー・メンツナー監督の「hibakusha」日本語版(増山麗奈製作・藤波心ナレーションWAPA World Anti Nuke Peace Action)が
戦争と貧困をなくす国際映画祭
http://www.videofes.jp/
に招待作品として上映されます。
全国各地で行われるので、ぜひ楽しみにしていてください。
(場所によってHIBAKUSHA上映のない会場もあるので、あらかじめご確認ください。)

 日程と会場

開催地日時会場地図
大阪会場4月21日(土)
14:30~20:00エルおおさか 南ホール
[所在地]
〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14こちら
[アクセス]
京阪本線・地下鉄谷町線天満橋駅より徒歩5分
京阪本線・地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩10分

・ [参加費]
[一般] 当日1,500円(前売1,300円)
[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
[高校生以下] 500円
兵庫会場4月22日(日)
10:30~16:00尼崎市女性センター・トレピエ トレピエホール
[所在地]
〒661-0033 尼崎市南武庫之荘3丁目36-1こちら
[アクセス]
阪急神戸線武庫之荘駅下車、武庫之荘南出口からまっすぐ南へ240m
JR神戸線立花駅下車、北口を出て武庫之荘駅方面に1.8km(約20分)
尼崎市バス15・43・43-2・47-2・49番で「北図書館」下車、北へ100メートル [参加費]
[一般] 当日1,500円(前売1,300円)
[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
[高校生以下] 500円
京都会場4月22日(日)
14:30~20:00ひと・まち交流館 京都 大会議室
[所在地]
〒600-8127京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1こちら
[アクセス]
【バス】
市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車

【電車】
京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分
地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分

【車】
立体駐車場 最初の1時間400円、以後30分ごとに200円。
台数に限りがありますので、
可能な限り公共交通機関でお越しください。

・ [参加費]
[一般] 当日1,500円(前売1,300円)
[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
[高校生以下] 500円
沖縄会場 1日目4月24日(火)
09:00~10:30沖縄国際大学 3号館309号教室
[所在地]
〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1
[備考]
「国際平和学」公開講義こちら
[アクセス]
最寄のバス停:110系統または98系統「沖縄国際大学前」、または27系統または90系統「長田」

・ [参加費]
無料
沖縄会場 2日目4月25日(水)
13:00~14:30沖縄国際大学 9号館202号教室
[所在地]
〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1
[備考]
「平和運動史」公開講義こちら
[アクセス]
最寄のバス停:110系統または98系統「沖縄国際大学前」、または27系統または90系統「長田」 [参加費]
無料
東京会場4月28日(土)
10:00~17:00明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー1011教室
[所在地]
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
[備考]
共催こちら
[アクセス]
JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅下車 御茶ノ水橋口から徒歩3分
東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅下車 B3出口から徒歩5分
都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅下車 A5出口から徒歩5分

・ [参加費]
[一般] 当日1,500円(前売1,300円)
[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
[高校生以下] 500円
神奈川会場4月29日(日)
11:00~18:00川崎市総合自治会館
[所在地]
〒211-0063 川崎市中原区小杉町3-1こちら
[アクセス]
JR南武線武蔵小杉駅北改札口、東急東横線・目黒線武蔵小杉駅から徒歩7分
JR横須賀線・湘南新宿ライン武蔵小杉駅新南改札口から徒歩15分

・ [参加費]
[一般] 当日1,500円(前売1,300円)
[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
[高校生以下] 500円
広島会場4月30日(月)
14:00~18:00広島市まちづくり市民交流プラザ 6Fマルチメディアスタジオ
[所在地]
〒730-0036 広島市中区袋町6番36号
[備考]
電話:(082)545-3911 ファックス:(082)545-3838こちら
[アクセス]
周辺の駅、バス停
■広島電鉄(以下、広電)市内電車:「袋町」電停から徒歩約3分
「紙屋町東」電停から徒歩約6分
■バス:「袋町」バス停(広電・広島バス)から徒歩約3分
「放送会館前」バス停(広島バス)から徒歩約6分
「広島バスセンター」から徒歩約9分
■アストラムライン: 「本通駅」から徒歩約5分
【以下、JR広島駅南口からのご来館例】
■バス:乗車時間約15分

[広電バス3号線]観音マリーナホップ行き、西飛行場行き「袋町」下車
[広島バス24号線]吉島営業所行き「袋町」下車
■広電市内電車:乗車時間約20分
1番紙屋町経由宇品行き「袋町」下車
宇品行き以外、「紙屋町東」下車でも来館可能(乗車時間約15分)

・ [参加費]
[一般] 当日1,500円(前売1,300円)
[大学生・失業者・シルバー・障害者] 当日1,000円(前売800円)
[高校生以下] 500円

画家・ジャーナリスト/増山 麗奈
[PR]
by renaart | 2012-04-15 06:25

【news】4/17サンテレビに出演

先日取材を受けまして
4/17のサンテレビの夜9時半からのガレキ特番に私のインタビューがでるみたいです。
[PR]
by renaart | 2012-04-12 13:14