<   2012年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

【news】ドイツ報告動画

ドイツ報告の動画です。大阪のシティズンという討論バーで行ったときのもの。
是非ご覧くださいませ。

http://www.ustream.tv/recorded/27922819

[PR]
by renaart | 2012-12-26 13:38 | Trackback | Comments(0)

メリークリスマス!

メリークリスマス&ハッピーバースデー祝ってくれてありがとうディ。

あけび書房の久保様に原稿を送り、チェックをしていただいている間に、ちゃっかりと
楽しき時を過ごしておりました。

大家さんのお家でクリスマスパーティ。ご近所のこどものお友だちも一緒
c0046559_202850100.jpg
c0046559_20281174.jpg
。うまれて初めてクッキーのお家を作ってみました。リアンのオトモダチに図面設計を手伝ってもらって、焼きました。
最初、クッキーが割れちゃったんだけど、大家さんにクリームとバナナをお借りして完成しました。完成の瞬間、出ました。
大家さんと一緒にぶりっ子(死語)スタイルで
「カワイイ〜〜〜!!」
免疫上がります♥
幸せをシェア 生き残る為のキーワードはシェア。あたたかい時間とご近所さんに囲まれて 幸せな誕生日を過ごさせてもらってます。

そして年内まだ仕事がいっぱいある事が判明。ダーリンがご飯作ってくれているので仕事に戻ります。


ーーーー昨日は・・
c0046559_20311051.jpg


人生で初めて、切り株の形のケーキ ブッシュ・ド・ノエルを作ってみました。チョコクリームの色が白すぎたかなぁ?とっても美味しかったです!!!憧れてたんだよね〜子どもの頃から。なんか洋風でお金持ちの家の子とかが食べてそうで・・・。
今年は初めて挑戦する事が多かったな。初めてのロール白菜、初めての田植え、初めての稲刈り、初めてのドキュメンタリー映画監督(製作中)、初めてノ・・新聞社会面執筆。初めての壁掛けカレンダー。おとなになっても新鮮な挑戦を出来る環境をサポートしてくれる家族、応援してくださる方々、皆さんに感謝しています。来年もパワーアップして、身体を大事に、がんばるぞい
[PR]
by renaart | 2012-12-25 20:32 | Trackback | Comments(1)

【news】映画「ママの約束」を応援してください。


ドキュメンタリー映画「ママの約束(仮題)」
製作総指揮 増山麗奈(画家・ジャーナリスト・二児の母) 
増山麗奈が、ドイツや日本各地に取材にいって、原発を無くし子どもたちを守る未来の作り方のヒントを皆さんに伝える映画、ルポ、プロジェクト!是非応援してください。
c0046559_18482055.jpg

映画の応援チラシをつくった。とりあえずタイトルを「ママの約束」にしてみた! ママはゼッタイ原発無くしてあなたたちをまもるからね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ドキュメンタリー映画「ママの約束(仮題)」
製作総指揮 増山麗奈(画家・ジャーナリスト・二児の母) 
増山麗奈が、ドイツや日本各地に取材にいって、原発を無くし子どもたちを守る未来の作り方のヒントを皆さんに伝える映画、ルポ、プロジェクト!是非応援してください。
(募金してくださった方には、お礼をお送りしたいのでinfoあっとrenaart.comまでと口座に記載される振り込み者のお名前、ご住所、募金金額、メールアドレスを送ってください。)
応援してくださった皆さんに定期的に、最新情報をメールもしくは郵送で発信します。
また、ドイツ帰国後、前、ご報告の出張講演会を、お受けします。
ママは、マジです。今動かないとこの星に住む所がなくなります。とにかく偉いひとたちに会いにいって、この暴挙を止めさせる、そして日本全国に1000個以上の市民電力会社をつくって人々が立ち上がらないと!

映画製作にお金が必要です。諸々計算すると通訳、編集、交通費、配給代などなど300万〜500万円ぐらいは必要です(汗)是非みなさん応援してください。

【募集】
○facebookで、コミュニティとか作ってくれる方々
○もろもろの発送作業とか手伝ってくださる方々
○資金集め手伝ってくださる方々


【100万円以上→】
エンドクレジットでお名前を記載+
記念Tシャツ
記念絵画30号以上 
映画「Hibakusha」DVD
増山麗奈2013年カレンダープレゼント


【50万円以上→】
エンドクレジットでお名前を記載+
記念Tシャツ
記念絵画20号 映画「Hibakusha」DVD
増山麗奈2013年カレンダープレゼント

【10万円以上→】
エンドクレジットでお名前を記載+
記念Tシャツ
記念絵画 映画「Hibakusha」DVD
増山麗奈2013年カレンダープレゼント

【5万円以上→】
記念グッツ 記念絵画 
「Hibakusha」DVDプレゼント
記念Tシャツ
増山麗奈2013年カレンダープレゼント

【2万円以上→】
記念Tシャツ
「Hibakusha」DVDプレゼント
増山麗奈2013年カレンダープレゼント


【一万円以上】
DVD「Hibakusha」プレゼント
増山麗奈2013年カレンダー



【5000円以上】→
増山麗奈2013年カレンダープレゼント

どうか、頼みます!!
主な取材地/対象(ドイツ)
◯ドイツ北部、寒村を蘇らせた市民風車/
◯ゴアレーベン核廃棄物中間処分場建設計画と住民運動
◯脱原発のための「ドイツ倫理委員会」/ミランダ・シュレーズ氏(ベルリン大学環境政策研究センター 所長)、 ほか

主な取材予定地/対象(日本)
◯高知県梼原町(エネルギー自然率100%超)
◯脱原発を目指す首長会議
◯大分県・由布院の地熱発電施設 

ps ここに取材に来てね、というようなアイデアも募集中です〜立ち上がってるよーという市民の方なども連絡してみてください。一緒に生き残る情報をシェアしましょう。



制作 hibakushaproject

「核兵器を持たず、原発をもっている国は、ドイツと日本だけ。
同じく敗戦の焼け野原から、工業国として発展した両国が
脱原発を実現できれば、「核の平和利用」のウソを暴ける。」
(セバスティアン・プフルークバイル  ドイツ放射線防御協会会長)

「先の大戦で我々宗教者は戦争へ向かう流れを止められず、
世界の仏教国で唯一、僧侶が戦争で銃を握ってしまった。
今度こそ、命への冒涜である原発を、止めなければならない。」
 (河野太通老師 日本仏教協会前会長)


カンパ募集!→ゆうちょ銀行
14220−4122141
ヒバクシャ プロジェクト
他の金融機関から振込いただく場合
【店名】四二八(読み ヨンニハチ)【店番】428 【預金種目】普通預金 
【口座番号】0412214
[PR]
by renaart | 2012-12-25 18:48 | Trackback | Comments(0)

【NEWS】ACTIO1・2月合併号にドイツ訪問記事を掲載

c0046559_17174270.jpg
メリークリスマス!アクティオ1・2月合併号をよろしくお願いいたします!
ドイツのレポートを2ページ掲載していただいています。

http://actio.gr.jp/2012/12/18211228.html
[PR]
by renaart | 2012-12-22 17:19 | Trackback | Comments(0)

【news】カレンダー発売いたします。

c0046559_21512112.jpg
増山麗奈カレンダー2013年 日頃の感謝を込めて、去年よりグレードアップして(中綴から壁掛けにバージョンアップ!)更にお値段も値下げ!(3500円から3000円に!)

ドイツ帰りの最新の絵画や写真、ドイツの風車、廃炉の現場の写真なども盛り込んで豪華13pの壁掛けカレンダーです!

映画に5000円以上カンパを頂いた方には、お礼にお送りいたします。欲しいな〜というかたは是非この機会に☆

売り上げはこれからドイツと日本の脱原発、再生可能エネルギーへの転換、閉塞的なニッポンに希望、未来をつくる映画「ママの約束」の制作費となります。無駄にしません。是非応援してくださーい!
ps 旧ラインスベルク原発の廃炉の様子も写真で収録
ps 来年はイラク戦争10周年でもあるので、オバマが核廃絶でノーベル平和賞貰ったときのイラストも添えたよ。
ps 時々お問い合わせがあるので増山麗奈の原点母乳アートのイラストも収録しました。
psほとんどイラスト書き下ろし。
ーーーーーーーーーーーーーー

増山麗奈2013年カレンダー
ご注文は→info@renaart.comに
(お名前、部数、ご住所、連絡先)を描いてメール
(3000円)×部数+(2冊までは送料500円)
=の金額を以下の口座に入金してください!(カンパも歓迎です☆)3冊以上は2冊ごとに+500円です。

【ゆうちょ銀行】 14260-4104251
[増山麗奈の未来をつくるアート・取材活動を応援する会]
他金融機関からの振込の場合
【店名】四二八 【店番】428【預金種目】普通預金
【口座番号】0410425
-------------------------

30日までにご注文いただければ
年内に投函いたします! 年末or年明けすぐにお届けします!
カレンダー売り上げはドイツ取材映画「ママの約束」の制作費になります!
ではいい年にしましょう!
[PR]
by renaart | 2012-12-19 18:56 | Trackback | Comments(0)

【news】ドイツ活動報告/会計報告

【ドイツ御礼会計報告】
c0046559_17473635.jpg


 11/27〜12/8にかけて、志葉玲と増山麗奈が原発の終え方や、再生可能エネルギーについての取材(映画「ママの約束」取材)でドイツ取材に行きました。
 ドイツ最古の原発ラインスベルク旧原発でドイツ国が所有する全ての原発解体事業を請け負うEWN社の広報担当のヨルク・メイラー氏に原発解体の現場を案内していただき、
 1990年に東ドイツの原発の危険な現状を世界に告発したドイツ放射線防御協会のセバスティアン・プフルークバイル博士にインタビューし、廃炉・解体作業が、発電で得た利益や、最初の建設費よりもずっと多額にかかり、少なくとも70年かかるという事を知りました。
 ラインスベルク原発の近隣のプロテスタント教会で働いていたラインハルト・ダルヒョウ元牧師に、原発解体の過程について周囲の住民への説明があった事を教えていただきました。日本も東海第一原発や浜岡原発で廃炉作業が進められていますが、日本も近隣住民への説明を行うべきだと思いました。ドイツでの宗教者たちの原発に対する動きも教えていただきました。

 ベルリン郊外の自給自足村トロイエンブリーツェン地方のフェルトハイムで、自然エネルギー専門のエネルギー会社、エネルギークバレ社の広報担当のクロービッター氏へのインタビューを行い、環境に負荷のない風力、太陽光、バイオガス、バイオマスによる発電や温水システムを取材しました。フェルトハイムの住民たちは、エネルギークベレ社の発電のおかげで電気代が通常の3割安くなり、暖房代が1割安くなることを知りました。地域にリスクを押し付けるのではなく、利益をもたらす電力会社が日本でも増えていったらいいのにな。

 ザルツレーベン地方で市民風力発電を経営するディーター・シャールシュミットさんの風車の上に上ってインタビューをさせていただき、風車や地域密着のエネルギーが地域の人たちの銀行になっている事も知りました。売電による利益によって年間5%の利息が投資した住民に還元されるのです。「大きな銀行は預けるだけで戦争にお金を使われるからね」とディーター氏。

 またエネルギー政策担当のドロテー・メンツナー連邦議員(映画「Hibakusha~広島から福島へ続く原子力ビジネス」監督)と、の案内でゴアレーベン、モースレーベン、アッセⅡ、コンラードというドイツでの核処分場4つ全てをまわることができました。
ゴアレーベン最終処分場の前で地元住民で元半各代表団体のキャースティンさんにインタビューもさせていただきました。

 ドイツでは60年代から核処分場建設に対しての反対運動があり各地域の運動が今は連動して、お互いの情報をシェアし合ったり、4カ所を繋ぐトラクターのデモを行ったりしています。処分場に選ばれた場所は、岩塩の採掘場。粘土質に囲まれているため安全だろうと思われていましたが、建設より20年ほどたつと水が染みてくる事がわかりました。一旦低レベル放射性物質を運んでしまったアッセⅡは一日16000リットルもの水が浸水する為に、経営者も運営をあきらめ2008年にドイツ国が引き取り管理しています。しかし700メートル地下に埋めてしまった放射性廃棄物をどうやって取り出すのか、いつまでかかるのかめども立っていないと言います。

また倫理委員会のメンバーで環境の専門家である、ミランダ・シュラーズさんにもインタビューを行う事が出来ました。
「ミランダさんは、日本は再生可能エネルギーの資源が豊かな国。日本が本気になればドイツが20年でできたことが4年で出来るはず」といってくれました。ドイツでは福島の事故を受け、昨年は全エネルギーの16%だった再生可能エネルギーのパーセンテージが、二十四%に増えました。また逆に原発は昨年二十四%だったのが15%に下がったと言います。既に原発を逆転しているのです。「ドイツの場合、連邦政府に任せておけないと各地で自分たちの集落のエネルギーから100%以上完全に再生可能エネルギーで、まかなう地域がどんどんと出てきました。政府はそのような市民の動きに後押しされている形です」とミランダさん。

福島の事故から2年弱。原発を作り推進すると公言する自民党が圧勝してしまった日本と、いろんな問題を抱えながらも着々と原発廃炉、核処理、再生エネルギーに取り組むドイツ。
選挙結果に落ち込むと同時に、日本も地方から懲りずに声をあげていかなければと思いました。ドイツと日本は同じ工業国で、国のサイズも似ています。また核兵器を保有せず原発を所有している国は日本とドイツだけ、いろいろな意味で参考になります。日本よりも20年早く廃炉や自然エネルギーに取り組むドイツから私たちが学ぶ事は多いと思います。

取材の報告は「しんぶん赤旗」「紙の爆弾2月号」「週刊金曜日」「Actio」「コープ自然派タブレ」「自然と人間」などで記事執筆という形で発表予定です。
他にも掲載可能なメディアなどがありましたら、ご連絡ください。
また、東京のたんぽぽ舎、船橋の脱原発船橋さんの会などでドイツの報告会を企画していただきました。ドイツの報告会を企画してくださる方がいましたら是非声をかけてください。

ドイツの雑誌にこれから日本の問題を寄稿することになりました。ドイツと日本の脱原発の架け橋として、お互い情報共有、勇気とラブの交換を行っていきたいです!すばらしい仲間に出会えた事に感謝いたします。
c0046559_17474590.jpg


カンパしてくださった方、個人情報保護のためイニシャルで失礼します。
本当に皆さんのお陰です。本当にありがとうございます。



経費(単位/円)
交通費
増山ドイツ航空券往復  80000
空港まで往復       5000
志葉航空券往復     120000
空港まで往復       5000
ジャーマンレールパス  30000
タクシー代        7000
現地でのガソリン謝礼  20000
博物館などのチケット代  3000
雑費         7000
—————————————————
撮影機材購入
カメラ         60000
ビデオカメラ      75000
三脚           5000
ビデオカメラバッテリー 19000
メモリーカードなど   15000
カメラバック       3000
通信費         50000

食費          30000
翻訳・通訳代      130000 
ーーーーーーーーーーーーーーー
           664000
収入

カンパ      540000円
収支       664000円
    —124000円

カンパしてくださった皆さん。
OHさん KYさん TTさん KTさん FJさんTMさん SSさん SSさん IMさん TMさん GYさん TTさん FTさん KSさん SAさん HYさん SHさん MGさん MKさん、ATさん
TYさん NTさん UYさん YSさん

お礼の品は年末〜年始にかけてお送りしようと思っております。
ご住所をもし出来ましたらinfo@renaart.comまで改めて教えていただけたらありがたいです。

c0046559_1748256.jpg
c0046559_17474590.jpg

[PR]
by renaart | 2012-12-17 17:49 | Trackback | Comments(1)

沖縄取材活動報告 

c0046559_14312261.jpg
【活動経費報告 沖縄編】
11月米軍の性暴力被害者であるキャサリン・ジェーン・フィッシャーさんと沖縄へ取材に行きました。その際に、声をかけさせていただいて数人の方々にカンパを頂きました。
お陰さまで、性暴力救援センターREICOの代表高里鈴代さん、糸数慶子参議院議員にもインタビューする事が出来、有意義な取材となりました。米軍の居る所に犯罪あり。それを放置し沖縄に押し付け続けてきた日本政府や私たち国民の姿も改めて感じる取材でした。沖縄では性暴力の救援センターを作ろうという動きが活発化しているそうです。今後も引き続きこの問題を見つめ続けたいと感じました。

また赤旗社会面、週刊金曜日、紙の爆弾などのメディアに沖縄の報告を掲載する事が出来ました。
(現在販売中の紙の爆弾1月号で7ページに渡るレポートを掲載させていただいています。是非読んでくださいね)。

また、沖縄の長谷寺さんや、現地の皆さんのお陰で、宿泊費、交通費、食費などかなり押さえられる事が出来ました。これも日頃応援してくださる皆様のお陰です。改めて応援してくださった方々へ感謝をお伝えいたします。

今後も増山麗奈はいろんな問題を取材して皆さんにわかりやすく伝えられるように日々努力していこうと思いますので、是非応援してください。取材費って驚くほどかかりますので(涙トホホ)、カンパを頂けると助かります。

ーーーーーーーー常時活動カンパを募集しています。
【ゆうちょ銀行】 14260-4104251
[増山麗奈の未来をつくるアート・取材活動を応援する会]

他金融機関からの振込の場合 【店名】四二八 【店番】428【預金種目】普通預金【口座番号】0410425

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【沖縄ジェーンさん取材費会計報告】

ジェーンさん航空券(羽田→那覇往復)  38000円
増山航空券(関空→那覇往復)      24000円
空港までの旅費 バス           3000円
        電車           1800円
        雑費           6000円
食費           5000円 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                    77800円
       
うちカンパ

NSさん 30000円
SSさん    10000円
AYさん    10000円
ーーーーーーーーーー
    合計50000円
 77800円
ー50000円
ーーーーー
△27800円
[PR]
by renaart | 2012-12-17 14:10 | Trackback | Comments(0)

神戸大学で報告会

明日です。

増山麗奈☆日本を脱原発させる映画「ママの約束」
超速報!原発を終わらせるためドイツ取材最新報告会

日時 12月12日(水) 12時30分から13時10分
場所‥「神戸大学国際文化学部M202教室」
講師:増山麗奈(画家・ジャーナリスト)
参加費:無料(ただしカンパ制)
参加条件:どなたでも参加できます(学生以外の方も大丈夫です)

主催:こうべでふくしまを支える会
共催:神戸大学学生ボランティア支援室
問い合わせ:鈴木一正(神大発達4回) suzukobe@hotmail.co.jp

11月末〜12月初めにかけて新作ドキュメンタリー映画「ママの約束」ドイツで脱原発ができた理由を取材した増山麗奈が、帰国後最新情報を報告いたします。
解体中の原発シュターデにて、安全な廃炉の仕方、放射性物質の管理の仕方、ゴアレーベン、市民が作った風力発電所 大手風力発電所の、repower社、グライフスヴァルト旧原発、ドイツ倫理委員会関係者への取材、ドイツ連邦議員エネルギー担当ドロテーメンツナー議員、ベルリンの壁崩壊とともに東ドイツの原発が全て止まった理由、ドイツ放射線防御協会会長セバスティアン・プフルークバイル博士インタビューなどドイツのエネルギーにまつわる様々な状況を最新映像を交えて紹介します。
問い合わせ info@renaart.com
製作総指揮 増山麗奈(画家・ジャーナリスト・二児の母)
                    制作 hibakushaproject
カンパ募集!→ゆうちょ銀行 14220-4122141 ヒバクシャ プロジェクト
他の金融機関から振込いただく場合
【店名】四二八(読み ヨンニハチ)【店番】428 【預金種目】普通預金 
【口座番号】0412214
[PR]
by renaart | 2012-12-11 14:34 | Trackback | Comments(0)

ゴアレーベン地元住民キャースティンさんのインタビュー

【ゴアレーベン核廃棄物処分場建設反対運動を27年間続けてきた周辺住民のキャースティン・ルデクさんのインタビュー/
簡単なかきおこし】
c0046559_16113430.jpg


ゴアレーベンでは中間処分場と、最終処分場とがあり、
現在中間処分場の方に113個の燃料棒などの高レベル廃棄物がおかれている。雨風をしのぐ屋根の下においてあるが、周辺へ漏洩があるのか、この地域では他の原発立地と同じように子どもの白血病の発症率が高い。

女性の遺伝子は放射性物質に弱いという特質があるが、
ゴアレーベンの周りでは19.7%も女の子が生まれる率が低いという問題がある。正確な因果関係はわからないが、州も市もきちんとした調査を行ってくれないので大変不安だ。

元々ゴアレーベンは核廃棄物の処分について塩の採掘場を政府が捜したときのドイツ国内の20の土地のリストには入っていなかった。地理的に好条件だと言う理由で選ばれた場所ではない。ここは東ドイツと西ドイツの境界線で、住民の少ない小さな村。都会から一番遠い辺境の地という事で選ばれたのだろう。

ゴアレーベンではないが、同じく処分場が作られているアッセという地域も塩の採掘場にしてつくられているのだが、建設前は乾燥していると言われていたのに、今では一日12000リットルもの水が毎日しみ出し、タンクで上に運んでいる状況だ。そもそも水を吸着してしまう性質を持つ塩の採掘場は、処分場建設に相応しくないと私は確信している。

70年代から、住民の反対運動が起こっていたが、さまざまな手で警察は運動を妨害してきた。例えば去年の寒い11月の末にはデモ隊の中で仲間をパトカーで輪を組んで取り囲み、一晩中外で放置した。他にもホースで放水するとか、今年は催涙ガスも使われたし警棒を持って殴ったりもした。廃棄物が運び込まれる時は、自宅から出られない。そのようなやり方は民主的なドイツの法に違反している。逮捕者も何人も出た。

でもそのような警察の圧力があっても反対する人の数は減らない。先日は4万人が集まった。

(補足/他の住民の方に聞くと、ゴアレーベン周辺の住民はゴアレーベン中間処分場や、関係の企業に就職していたり、賄賂をもらったりしていて反対運動に参加しないように言われている人が多く、反対運動に参加するのは少し離れた地域の住民が多い)

(補足2/ゴアレーベンの処分場を建設するにあたって、本当は800メートルの地下を掘って地質調査をしなければならないのだが、周辺の教会関係者などが拒否しているので、調査が30年間進んでいない。今になったらこれ以上の地域を調査する必要がないと当局は言っている。)

(補足3/ドイツにはゴアレーベンの他、アッセⅡ、モースレーベン、コンラード処分場という4つの核廃棄物の処分場があるが、全て一日半で車でまわれるぐらいの距離の近さ。キャースティンがいうように国境付近、都会からは慣れた所に密集している。それらの処分場の住民運動がそれぞれ繋がっており、労働組合や市長や連邦議員、住民、ジャーナリスト、風力などの市民電力会社社長などが繋がり情報を共有し対策をする組織が作られている。トラクターでそれぞれの地域をまわるというデモもある。それらの市民運動の根の張り方、情報のシェアの仕方、議員との連帯の仕方など大変日本も参考になると思った)

いまゴアレーベンではドイツ中の原発の廃棄物が集まる最終処分場を建設中で、地下にモノを運ぶ建物が90%以上も仕上がっている。70年代に 核廃棄物の処分センターを作ろうという話が出て、12平方キロメートルの土地を捜して、ここにしようと決めた。核燃料サイクルの施設もここにつくろうとしたのですが、それは断念した。まだ廃棄物は運んでは居ないが・・。既に1800億円の経費をかけて作られている。元々ドイツには原子力法と鉱山法というに種類の法律があるが、ゴアレーベンの処分場建設は、鉱山法に則って作られた。鉱山法であれば、周辺住民に対する責任義務が無いので、推進側に都合良く工事を進める為だ。

政府は学者と癒着し、推進側に都合のいい学者がここは問題が無いとどんどん基準を緩めて、工事を進めてきた。ゴアレーベンは塩の採掘場で、塩によって水を引き寄せてしまう浸水の問題がある、またガスの問題もある。
また周囲にはエルベ川が流れていて、いつか水が溢れて水中になってしまう可能性もある。

(補足3/東ドイツの学者がゴアレーベン処分場建設運動が始まる前に調べた地質調査では、天然ガスの爆発が起きている事や、ゴアレーベンの建設地が天然ガスが濃い事がわかる。)

ーーーーー
日本よりも地震が少なく、地質がしっかりしていると思っていたドイツでこのようなずさんな管理で核廃棄物を処理しようとしていると知って大変ショックだった。

そしてなんていうものを人間は作ってしまったんだという念を新たにした。いったい400基もの原発から生み出される核燃料棒、原発事故で外に放出されてしまった核廃棄物を70%は水で、常に地面がダイナミックに動いているこの地球上のどこに置くというのだろうか・・!

住民にお金をばらまいて声を封じる、暴力で口を封じるなど日本
とやられている事は同じだ。
都会が田舎にリスクをおしつけるという構造も全く同じだし、御用学者を雇って住民を安心させる方法もDR山下商法と同じだ。

くしくも今日、大阪でガレキ拡散について声を上げ続けているリーダー格の下地先生が逮捕されたとのニュースが飛び込んできた。日本は戦時下。

運動し、声をあげる側が繋がり、真実を追究し、発信していく事が大きな力で地球を壊し、いのちを踏みにじってきた側に対する
勝利への道だと思う。貴重な機会を作ってくれた映画HIBAKUSHA、ドロテー・メンツナー連邦議員、ラルフ監督、通訳のケラー佑子さん、寒い中ゴアレーベンでの取材を受けてくれたキャースティンさん、取材カンパをしてくださった皆さん、一緒に行ってくれ英語もつたない私をフォローしてくれ、取材の流儀を教えてくれた志葉玲さんに感謝します。
いろいろ至らない所のある私ですが、希望は日独の脱原の繋がりをつくることにあると思う。

金も時間も体力も限界だががんばろう。
応援してください。
[PR]
by renaart | 2012-12-09 16:12 | Trackback | Comments(0)

【NEWS】募集/秘書募集

こんにちは。私は最近覚え書きやお礼のメールなど様々な事をドイツや日本の方々に対して行っているのですが、とても不器用なのと家事、育児、執筆、制作などの時間に押し挟まれている事、そして体力的にもかなり限界ということもあり一つ一つの仕事が乱雑になりがちです。

それが元でトラブルが起こり、その解決で又時間とお金を使うという事が多いので、なんとかこの負の連鎖を改めて、丁寧なできる女になりたいです。

謝礼についてはまずはボランティアかとなると思うのですが..。
それぞれの仕事の成功報酬(数%)とかも可能性としてあります。しかし最近持ち出しが多いので、
正直あまり支払えません。

でもコミュニケーションという意味でも細かいフォローがとても大切で、
どなたか事務的な文書のやり取り、秘書的な事をお手伝いしていただける方、いらっしゃいませんでしょうか?
また、会計を行ってくれる方なども居てくださるとありがたいです。

たとえば英語の文書を書いたり、日本語の文書を書いたり、いろんな時があるので、語学が出来る方だとありがたいですが、日本語が出来る方でもかまいません。

どなたかお手伝いしていただける可能性のある方、ご連絡ください。
info@renaart.com
増山麗奈
[PR]
by renaart | 2012-12-09 15:16 | Trackback | Comments(0)