<   2013年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

【news】11/1~3まで出版記念絵画+写真展「げんばくとげんぱつ」展覧会開催

c0046559_13133312.jpg

 「原発と戦争」展~3冊同時出版記念~増山麗奈×志葉玲 

【日時】2013年11/1(金)~ 3(日)12時から19時(初日のみ14時~21時)
【場所】キッド・アイラック・アートホール(京王線/京王井の頭線・明大前よ
り徒歩2分)東京都世田谷区松原2-43-11
【内容】絵画・写真・映像 


【関連イベント】(キッドアイラックアートホールにて)
11/1 (金)  午後5時〜 増山麗奈による絵本「げんばくとげんぱつ」朗読 (入場無料・カンパ歓迎)

11/2 (土)  (入場無料・カンパ歓迎)
      午後2時半〜 首藤教之(前日本美術会会長)×増山麗奈トーク「芸術は平和を作れるか」
      午後5時〜「田んぼから世界を変える!」
       ゲスト 松本なみほ×北村土龍(扶桑社)
        田んぼの実践、自給を行い、来年から農協を通さず販売を行ってみようと計画中の増山麗奈と松本なみほ(参議院選候補者・緑の党)、自身も田んぼを行う2冊の本「原発依存国家」「母親たちの脱被曝革命」を企画した敏腕編集者、北村土龍を迎えて”田んぼから世界を変える”方法を考えます。

11/3 (日) 午後3時〜志葉玲×増山麗奈トーク&パーティ(会費1500円 drink+軽食付き)
11/3 (日) 午後5時半 森住卓(ジャーナリスト)トーク


【関連イベント】(江戸川区追悼碑ツアー)
11/3(日)午前11時 東西線「葛西」駅集合〜江戸川区の滝野公園追悼碑→追悼碑製作場所の石材店→発案者である泉福寺にてお昼ごはん ガイド増山麗奈(参加費500円)

【巡回展示】
11/8(金)〜12/18(水)まで大阪の討論BARシティズンにて
地下鉄堺筋線「恵美須町駅」徒歩1分
大阪市浪速区日本橋5丁目14-20 越前ビル1F
TEL:06-6537-7672

【お問い合わせ】
電話:080-6687-4118(増山)  
メール:reishiva☆gmail.com(志葉) *☆は@
FAX: 03-6779-4538



【トーク&パーティ】11/3(日) 15時~会費1500円(軽食・ドリンク付き)ス
ペシャルゲストあり
【お問い合わせ】
メール:reishiva☆gmail.com (志葉玲)*☆は@
電話:080-6687-4118(増山)
【出版された書物】
絵本げんばくとげんぱつ」
「原発依存国家」
「母親たちの脱被曝革命〜家族を守る22の方法〜」

この度、増山と志葉の執筆した書籍が3冊ほぼ同時に出版されたことを記念して、11月1日〜11月3日まで明大前のキッドアイラックアートホールギャラリーにて展覧会を行います。出版や展示会を通じ、被ばくについて発言しにくい風潮を変え、対策や防御を行うきっかけとなってほしいと願っています。また核のゴミがイラクで劣化ウラン弾として利用され、原発が原爆開発と常に共にあつた事実を伝え、差別を生み出す原発と戦争について問います。

 展覧会「原爆と戦争」展では、絵本「げんばくとげんぱつ」原画の他、増山麗奈の近作絵画40点やTシャツなどの関連グッツの他、戦場ジャーナリストとしてパレスチナやイラクなどの取材を続け、福島第一原発周辺での取材も行ってきた志葉玲の写真30点、国内外で撮影した原発関係映像も公開します。11月3日午後3時からのパーティでは増山麗奈が神戸市北区で自給した米を振る舞うなど、食やエネルギーを顔の見える範囲で自給するいのちを生かすフェアな未来の提案も行います。

 本企画が憲法改正や秘密保全法などが問題になっているこの国で “平和のつくり方”を改めて考える機会となったら幸いです。              

増山麗奈(画家/ジャーナリスト) 
志葉玲(ジャーナリスト)


【出版された書物】
c0046559_1317305.jpg


絵本「げんばくとげんぱつ」
増山が絵と文を執筆した絵本「げんばくとげんぱつ」(子どもの未来社)は3年前より製作してきた、実在の原爆追悼碑をモチーフとし、広島や長崎の被爆者の方々の健康被害や遺伝への不安や結婚差別などを伝え、福島原発事故後の原発3世である母と子の姿を描いた実話を元にしたストーリーです。被ばくの問題に向き合いつつ、暖かい絵で子ども達に命の大切さや希望を伝える内容です。(1500円+税)
(子どもの未来社A4版 読み聞かせ向け低学年より)

c0046559_1316262.jpg


「原爆依存国家」
「母親たちの脱被曝革命〜家族を守る22の方法〜」
共に扶桑社新書、志葉玲・増山麗奈が執筆陣に参加

「原爆依存国家」は、週刊SPA!で掲載された被曝労働者や原発輸出、首都圏の放射能汚染などタブーに切り込んだ特集記事から特に反響の大きかったものをまとめた一冊。

「母親たちの脱被曝革命〜家族を守る22の方法〜」は、福島や首都圏のホットスポットを中心に、北海道から沖縄まで各地で子ども達を被曝から守ろうと活動を続ける“普通のお母さんたち”に焦点をあてた本です。市民測定所を作る、甲状腺エコー検査を行う、電力会社を作る、選挙に出馬する、給食を測定するように行政に働きかけるetc様々なアクションが具体的に紹介されています。これから子ども達を守る為に何かを始めたい!という方におすすめの一冊です。

2011年の4月に震災を気に活動拠点を東京から関西に移し、3年ぶりの東京での本格的な展示会となります。1日、2日は増山が、3日は志葉、増山二人とも会場におります。日頃お世話になっていながらなかなかご挨拶できなかった皆様にも足を運んでいただけるとありがたいです。マスコミ各社の皆様には取材や紹介をしていただけますようにお願い申し上げます。                          

注)本をご注文いただけたら、定価+送料200円でお送りいたします。info@renaart.com

展覧会開催にあたって、会場費、準備費、運動費、取材費などへのカンパを募集しています。
振込先 ゆうちょ銀行 00160-0-496609 口座名 WAPA(ワパ)
○他銀行から、お振り込みいただく場合は以下の情報が必要です。
店名 〇一九( ゼロイチキュウ)店(019)当座預金 口座番号 0496609.


【「原発と戦争」展 展示作品紹介】(一部)
c0046559_13105087.jpg


絵画作品「今でも好きな人」
420×260cm
2013年増山麗奈制作
紙にアクリル・水彩
絵本「げんばくとげんぱつ」原画
●被爆者の方の結婚差別の記憶を描いた作品


絵画作品「みんなの祈りを彫る」
c0046559_13112550.jpg

420×260cm
2013年 増山麗奈制作 
紙にアクリル・水彩
絵本「げんばくとげんぱつ」原画
●追悼碑を彫るたくさんの人の祈りが石に届き、広島や長崎で亡くなった子ども達の願いも石に込められる姿。



映像作品「福島県鮫川村を皮切りに各地が高濃度放射性物質の焼却場に」
c0046559_13114413.jpg

撮影・編集 増山麗奈
映像10分
● 東日本日本各地で置き場に困っている高濃度放射性廃棄物。地元住民への取材を元に吸気被曝を引き起こす焼却処理の是非を問う映像作品。



組写真「イラク戦争」
c0046559_1311416.jpg

志葉玲のジャーナリストとしての仕事は、2003年3月に開戦したイラク戦争から始まり、以後7回イラク取材を続けている。米軍による破壊や人権侵害、劣化ウラン弾による放射能汚染が原因と思われる健康被害などについての写真を展示。



組写真「ガザ」
c0046559_13122188.jpg

2008年末から2009年頭のガザ侵攻、2011年11月のガザ空爆についての写真を展示。パレスチナへの抑圧と攻撃、公然と繰り返される国際人道法違反。さらに武器輸出3原則の緩和がパレスチナでの虐殺に日本が加担する事態を招こうとしている。



組写真「原発事故」
c0046559_13125765.jpg

2011年3月11日は、日本がその日以前と大きく変わってしまった日だ。「死の町」となった警戒区域内、首都圏での超高濃度セシウムを含む「黒い物質」、日本の原発輸出に反対する海外の活動家たちなど3.11後の日本を撮った写真の展示。
[PR]
by renaart | 2013-10-29 10:38 | Trackback | Comments(1)

母親たちの脱被曝革命と谷間

本と谷間写真をとってみたり・・。

3割ぐらい書いています!
母が子を被曝から守りたい気持ちに、理屈なんてないのです!

母親たちの脱被曝革命〜家族を守る22の方法〜(扶桑社新書)
アマゾンリンク↓
http://p.tl/fFvq
c0046559_13402499.jpg

[PR]
by renaart | 2013-10-28 13:40 | Trackback | Comments(0)

アボガドオイル

いまさら気がついたんだけど アボガドオイル(ニュージーランド産)が超使えます。
料理もだし、メイク落としとしても、美容液、ボディオイルとしても使えて老化防止になってビタミンEが豊富らしいです。

料理用素材としては高級価格だけど、化粧品としてみたら超コストパフォーマンスgood。

化粧品って添加物や保存料がたらふくはいっていて、さらに大手の場合女優やTV広告にお金をかけてて超ぼったくりな気がするのよね。
しかも安全な工場や水でつくっているのか謎だし。安心できる極上素材で手作り美容を極めたい。だれか探求仲間になって〜!
[PR]
by renaart | 2013-10-28 13:32 | Trackback | Comments(1)

クッキーの仕込み

三時頃に、娘が帰ってくるのだがその時にお菓子がないと「何か買って〜お腹すいたー」という話しになる。だからといって毎回お金を出していたらもったいないし、そもそもお店で売っているお菓子は危険で不味い。
でも3時は私が最も仕事をして燃えてる時間なので家事をしたくない。
と思って考えた技。
クッキーを仕込んでおいて、クッキー生地をまるめてこんぼうのようにしてサランラップでくるんで冷凍庫で保存。
蜂蜜かきび砂糖、卵小麦粉産地吟味、バターのかわりにオリーブオイル。
ちなみにボールを出してそこに材料を入れたり粉をふるったりするのが面倒くさいので、口の締まるビニールの袋にまず粉を入れて振って空気と混ぜる→そのあと諸々材料を入れてこねると時短。洗い物少なくて便利。

弱冷蔵にしておけば、そのまますぐ包丁で切れる堅さ。娘たちにオーブンの使い方を教えておけば、お腹がすいたら自分たちで焼いてくれる。
自分も小腹がすいた時に焼くと20分でお菓子ができる。
焼きたては美味しい。一度凍らせるのも生地の味がキュッとなって美味しい。
なるべくストックを切らさぬようにしておこう。

あと、揚げ物をつくるときにかき揚げとか、唐揚げとか味付けてあげればいいだけにしておいたものを冷凍保存しておくのも時短。
[PR]
by renaart | 2013-10-25 09:40 | Trackback | Comments(0)

げんばくとげんぱつについての記事

地元の新聞に掲載した記事です。

この秋、ほぼ同時に三冊の本を出版しました。絵本「げんばくとげんぱつ」(子どもの未来社)と「原発依存国家」(扶桑社新著)、「母親たちの脱被曝革命〜家族を守る22の方法〜」(扶桑社新著)です。戦争や原発から子ども達を守りたいと取材してきたことが形になりました。被ばくに対して声を上げにくい風潮を変えていきたいです。子ども達や未来を守るには、きちんと対策や防御をするのが当然です。日本は第二次世界大戦で原爆投下をされた国なのに、被ばくの被害や影響についてあまり知られてきませんでした。私が絵と文を執筆した「げんばくとげんぱつ」は、実在する原爆の犠牲者追悼碑を主人公として、被ばくによる健康被害や結婚差別の問題を伝えるノンフィクションの物語です。この追悼碑は、「原爆の図」で知られる丸木位里・俊夫妻が石に描いた絵を、200人の被爆者の方がノミとハンマーを持って彫り上げたものです。みんなの祈りのような追悼碑は、いまも東京の江戸川区にある滝野公園に置かれています。原発事故後、その公園のすぐ近くで25万ベクレル/kgという高濃度に濃縮された放射性物質が発見されました。原爆投下と原発事故という現実を直視しながら、子ども達へ希望をどう伝えればいいのか、悩みながらの執筆でした。取材にご協力いただいた被爆者の方々に出版のご報告をすると、食事ができず点滴で栄養を取るようになったり、外出ができなくなるなど体調が悪化されている方が多かったです。平均年齢が70代後半となった被爆者の方々による語り部という役割を、私たちが担っていく番なのかもしれません。
絵本は、全国の書店の他、info@renaart.comにご注文いただければ、私からもサイン付きで送付可能です。(一冊1500円+送料200円)
[PR]
by renaart | 2013-10-19 10:01 | Trackback | Comments(0)

私たちが語り部になろう〜「げんばくとげんぱつ」を出版して

絵本「げんばくとげんぱつ」のモデルとなった追悼碑を作った被爆者の方々に連絡した。絵本ができたむねを伝えると、背中に腫瘍ができて食事ができなくなっていたり、外出が難しい被爆者の方が多い。語り部のバトンを若い人が受け取る重要性を感じました。この本をそのための絵本に育てたい。是非皆さんの力を貸してください。私たち一人一人が、語り部になりましょう。

下のアマゾンリンクでご購入いただいても有り難いし、
増山麗奈にメッセージやメールinfo@renaart.com
FAX 0367794538
までご連絡を頂ければ一冊1500円+送料200円
で振り込み用紙を入れてご郵送いたします。
5冊以上ご注文いただいた方には、8掛けでお送りします。



c0046559_1832940.jpg
http://www.amazon.co.jp/dp/4864120668/ref=cm_sw_r_fa_dp_hH7rsb1J3766D

内容紹介
東京に実在する原爆追悼碑を主人公に、広島・長崎の原爆と3・11の原発事故を重ね、“ヒバク”と正面から向き合う。一人の母親として子どもたちを守りたいと願う著者が、取材や活動をとおして知った多くの人々とのつながりをもとに、忘れることの出来ない悲しみや、命の尊さを心に刻む絵本。

子供たちに「げんぱつとげんばく」という言葉も少し入れて、知らないで育つのでなく怖さを知って欲しいと言われていました。


著者について
増山麗奈...
増山麗奈(ますや まれな):画家・ジャーナリスト。東京芸大中退。府中ビエンナーレ招待作家。日本、ドイツ、韓国、オーストリア、パリ、ニューヨークなどで個展や展覧会開催。核兵器や原子力エネルギーの問題に取りくみ、講演活動のほか雑誌・新聞等の取材や執筆を行っている。著書「幼なじみのバッキー」(月曜社)で岡本太郎現代芸術賞入選。自伝「桃色ゲリラ~PEACE&ARTの革命~」を出版後、ドキュメンタリー映画「桃色のジャンヌ・ダルク」(主演/企画 増山麗奈・鵜飼邦彦監督)を映画化。また、ドイツと日本のエネルギー政策を比較しながら、放射能から子どもを守ろうと立ち上がる母親たちをテーマにしたドキュメンタリー映画「ママの約束」を初監督、製作中。家ではなるべく信頼出来る材料でなんでも手作りをこころがける二児の母。3・11東日本大震災以降に東京から神戸市に移住
こちらから↓    
http://www.amazon.co.jp/dp/4864120668/ref=cm_sw_r_fa_dp_hH7rsb1J3766D
[PR]
by renaart | 2013-10-17 18:32 | Trackback | Comments(0)

関西でのオスプレイ訓練について

関西にもオスプレイがやってこようとしています。

先日大阪の万博博物館では自衛隊の訓練が初めて行われたり、戦争色が強くなってきています。

75年間戦争をしまくってきたアメリカが
経済破綻していることから、
人や環境を壊す戦争経済というものが
”儲かる”どころか
無益で持続不可能なものであると

私たちはもう知っています。

NO MORE WAR!
沖縄の人たちとの連帯は、「沖縄にも関西にも世界のどこにも落ちプレイはいらない!」と訴えることだと思います。
今朝きたメールを転送します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
要求書

安倍首相様
京都府山田啓二知事様
京都市門川大作市長様
嘉田由紀子滋賀県知事様

2013年10月15日京都生協の働く仲間の会
以下、強く要求する!
台風・暴風下、オスプレイを飛ばすな!オスプレイを、沖縄、滋賀、京都上空から永久追放せよ!日米共同演習は、台風・暴風下、直ちに、全面的に中止せよ!
京都府山田啓二知事、京都市門川大作市長、嘉田由紀子滋賀県知事らは、直ちに上記要求書を安倍首相に突き付けよ!以上。
///////////////////////////////////////////////////////////////////

全国全世界からオスプレイ追放を!
10月16日オスプレイ参加の日米共同軍事演習を、京都上空飛行を必ず阻止しよう。
京都市は、四条河原町も、金閣寺も、10月18日まで危ない!オスプレイは勝手気ままに飛んでいいとなっている。全国の皆さん!京都に来ないでください!
軍事演習即時中止せよ!その金は全部福島などの被爆地の人々の避難支援などに使おう!

朝早く7時から7時30分横断幕とハンドマイクで訴えた。自衛隊の中から共に闘おうと訴えた。
2013年10月10日

本日は、オスプレイ参加の日米合同演習が滋賀県で行われる予定であり、そこに向け、オスプレイの編隊が、京都上空を飛行する予定であった。
そこで、私たちは、この日、早朝7時に、京都府宇治市黄檗の自衛隊宇治駐屯地への訴えを行い、自衛隊員に、自衛隊の中から、共に連帯する取り組みをしようと訴えた。そのあとこの日、10月10日午後には、滋賀県で、10月6日の自衛隊京都地連へに抗議をしたのに続き、滋賀県地連にも抗議、さらに、脱原発滋賀アクションの県庁前すわり行為に参加した。


陸上自衛隊宇治駐屯地で朝早くハンドマイク等で訴えた。

それに対して、装計部はひどい妨害をした。『横断幕は駐屯地の境の垣根には掛けてはいけない。住居不法侵入だ。警察を呼ぶ。』と言う。そのために横断幕は移動した。
また『ハンドマイクでの誠実な訴え』を妨害するために、落ち葉を風で吹き飛ばしたり、風で集めたりする機械2台で大きな音をたてハンドマイクでの訴えの声を聞き取りにくくした。などだ。しかし、出勤する多くの自衛隊員などは皆さん共感を寄せていた。
自衛隊の中から共に闘おうと訴えた。
1つは、日米共同軍事演習の費用を全部福島36万人の子を先頭に200万人の福島県民200万人を被曝こ救う為に使え!岩手、宮城、栃木、群馬、茨城、千葉、東京、埼玉の被曝地の住民を避難、救う為に使え!人殺しではなく、命を救う為に使え!と訴えた。
2つは、不当不法な命令は拒否しようと訴えた。自衛隊員は被曝強要、命奪う命令は拒否しよう!
3つは、今回の日米共同軍事演習は山田京都府知事さえ私達の要求行動を受けた防衛省への申し入れに、明らかだ。防衛省は全く不法不当にも申し入れを完全拒否した。京都府、京都市はオスプレイ日米軍事演習の当該自治体だが、防衛省は事前説明を100%拒否した。ひどい。更に、オスプレイの飛行ルートと高度の公表も拒否した。その上、日米合意の市街地上空を飛ばないと言うのも履行約束を拒否した。まさに安倍と防衛省の独裁であり、京都府民220万人、京都市民150万人を煮て食おうが焼いて食おうが勝手!と言う非道だ。絶対認められない。
秘密保全法案は、オスプレイの飛行ルートと高度の公表拒否、市街地上空をどんどん飛ばすことを、山田知事や嘉田知事にさえ、上記「申し入れ」さえさせないというものだ。絶対反対だ。
[PR]
by renaart | 2013-10-16 10:37 | Trackback | Comments(0)

【news】11/1~3まで出版記念絵画+写真展「げんばくとげんぱつ」展覧会開催

c0046559_15343639.jpg

【展覧会名】「原発と戦争」展~3冊同時出版記念
【作家】  増山麗奈(画家・ジャーナリスト)
      志葉玲(ジャーナリスト)
【日時】  2013年11月1日(金)〜 11月3日(日)
【入場無料】 12時から19時 初日のみ14時〜21時
【内容】  絵画・写真・映像 

 11月3日(日) 15時〜 志葉玲×増山麗奈 トーク&パーティ
 スペシャルゲストあり
 会費/1500円 (軽食・ドリンク付き)

 
【場所】キッド・アイラック・アートホール
      〒156-0043 東京都世田谷区松原2-43-11
       京王線/京王井の頭線・明大前より徒歩2分
    http://www.kidailack.co.jp/

【主催】「原爆と戦争」展 実行委員会

【問い合わせ・取材など】
reishiva●gmail.com (志葉玲)080-6687-4118(増山)
*●は@

【出版された書物】

●絵本「げんばくとげんぱつ」絵・文 増山麗奈(子どもの未来社)
http://amzn.to/1bsFkc

●「原発依存国家」(扶桑社新著)志葉玲・増山麗奈が執筆陣に参加
 http://amzn.to/1hmBgYG

●「母親たちの脱被曝革命〜家族を守る22の方法〜(扶桑社新著) 
 志葉玲・増山麗奈が執筆陣に参加
 http://amzn.to/16jmsIT
[PR]
by renaart | 2013-10-12 15:34 | Trackback | Comments(0)

【news】11月3日(日)絵本「げんばくとげんぱつ」の舞台を歩くツアー

c0046559_15201597.jpg
絵本「げんばくとげんぱつ」出版記念
平和とアート秋の探索ツアー〜江戸川区原爆追悼碑辿り


【日時】11月3日(日) 午前11時 東西線「葛西駅」集合
午後13時半 泉福寺にて解散
    (最寄り都営新宿線船堀駅、JR新小岩駅)

【ツアーガイド】 増山麗奈
画家・ジャーナリスト絵本「げんばくとげんぱつ」作者

【参加費】
 500円(バス代別)+絵本1500円
注)絵本「げんばくとげんぱつ」(子どもの未来社刊)をお持ちの方はツアー参加費のみでご参加できます。
(ご家族でご参加の場合、絵本は親子一冊でOKです)

【当日のルート】雨天決行です。
東西線葛西駅集合→徒歩5分→   
滝野公園 ● 原爆犠牲者追悼碑見学→徒歩15分
田中三角石材店(追悼碑を被爆者の方々が彫った場所)
  →バスで移動(200円)歩ける方は歩きましょう♪(20分ぐらい)
泉福寺  東京都江戸川区東小松川2−7-17
  ● 追悼碑作りで中心的な役割をされた岡田弘隆氏の息子さんである岡田隆法さんに当時のお話をお聞きします。
  ● お寺でお弁当を食べます。各自お昼ご飯やお飲物をご持参ください。現地解散

【主催】絵本「げんばくとげんぱつ」を江戸川区で広める会
【協力】泉福寺
【問い合わせ】sukidesu.nakamura-atuo.@docomo.ne.jp (計良)電話 /080-6687-4118 増山麗奈

絵本「げんばくとげんぱつ」
増山麗奈絵・文(子どもの未来社)A4版
江戸川区に実存する原爆犠牲者追悼碑である主人公は、広島・長崎と3.11の原発事故を重ね、ヒバクと正面から向き合う。1人の母親として子どもたちを守りたいと願う著者が、取材を通じて多くの人びとの繋がりとともに忘れることのできない悲しみやいのちの尊さを刻む絵本。読み効かせに最適
1500円+税 10月中旬刊行
[PR]
by renaart | 2013-10-12 15:21 | Trackback | Comments(0)

【news】トークセッション「福島の子ども達はいま?」の動画です。

「福島の子ども達はいま?」トーク&シェアCafe(1)〜(4)
福島から京都に避難中の萩原ゆきみさんと増山麗奈、
ボーンフリーアートジャパン共同代表の阪口しほさんとのトーク動画です。

http://www.ustream.tv/recorded/39571402

http://www.ustream.tv/recorded/39571905

http://www.ustream.tv/recorded/39572530

http://www.ustream.tv/recorded/39572904
[PR]
by renaart | 2013-10-12 15:02 | Trackback | Comments(0)