<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

秘密保護法について

私は「反自衛隊的活動を行った人物」として自衛隊に監視されたことがある。数万人が反戦デモを行った2004年のことだ。私の他にも500人を超えるジャーナリストや市民、政治家が監視されていた事が内部告発で公開された記録によって、2007年に明らかになった。自衛隊が税金を使った業務として民間人を監視した事が発覚したのは、戦後初だった。私はイラクに行き20名ほどの画家の絵を購入し展覧会をした。戦争は秘密から始まり、表現者が弾圧され、小さな子ども達や女性たちが傷つくとイラクで学んだ。

 自衛隊情報保全隊の分厚い監視記録を開くと、10人~20人ほどの小規模な集会で、誰がどんな発言をしたのかも緻密に記録されていた。顔見知りだと思っていた集会に来ていた誰かが自衛隊員だったということだ。あの人?ひょっとしてあの人かも?ナチスの秘密警察や戦前の特高警察とダブり、なんともいえない権力の薄気味悪さを感じた。子どもが虐められるのではないか、家族が村八分になるのではないかと不安だった。同じく監視リストに入っていたジャーナリストの志葉玲氏や森住卓氏、川田龍平氏と防衛庁に抗議に行った。

 あれから6年。もっと怖い法案が交付された。12月6日に野党を押し切って強行採決された特定秘密保護法案だ。防衛、外交、スパイ活動防止、テロ防止の4分野で、閣僚ら行政機関の長が「特定秘密」を指定し、漏えいした公務員、民間人は最高10年の懲役を科される法案だ。権力側に都合の悪い声を上げる市民を捕まえてしまう事が出来る。

 今国会では武器輸出を認める法案や、ガン患者の情報を漏洩した職員に懲罰を与えるガン登録法、年金未払い者の資産を差し押さえる法案などが次々と可決された。この国は原発事故による健康被害を隠蔽し、国民から全てを搾り取り、戦争へ突き進んでいるのか。一緒に防衛庁に抗議した川田龍平参議院議員は秘密保全法に反対票を投じて、14名の議員とみんなの党を飛び出した。私たちは子ども達を戦争で失うかどうかの歴史の転換期にいる。特定秘密保護法が施行される一年以内に、監視しきれないぐらい大勢の国民が声を上げたら、廃案に持っていける可能性もある。声をあげて国をひっくり返すか、国籍を捨て海外移住するか。そんな選択肢を真剣に考える時かもしれない。
[PR]
by renaart | 2013-12-25 03:59 | Trackback | Comments(1)

【news】記者会見のお知らせ

年末、一番記者の方が忙しい時に記者会見を兵庫県庁内記者クラブでさせていただくことが決定!担当の産經新聞のうしじま記者、ありがとうございます!

【記者発表のお知らせ】

福島とインドの子ども達が原発について話し合う国際交流企画

-心身ストレスを抱える子ども達がアートで交流!-

日時:2013年12月26日(木)
    午後3時半〜
場所:兵庫県庁記者クラブ
   兵庫県庁内 

記者発表に参加を希望の記者の方は、
担当の牛島記者(産經新聞)090−7880−4926までお申し込みください。

記者会見参加者 /
増山麗奈 (画家・ジャーナリスト) 
YUZUKI (福島から札幌へ避難した12歳) 
りあん (一緒にインドに行く12歳)

福島&インド子どもアート交流プロジェクト進めています。
応援よろしくお願いいたします。
☆全ての子ども達が安心して生きれる社会を☆

https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart 

【兵庫県政記者クラブの皆様へ】

日頃より、市民のためにお仕事してくださりありがとうございます。
私は原発事故による避難で東京から神戸市北区に引っ越してきた画家でジャーナリストの増山麗奈です。

自分自身の体験から、原発事故によって心身に被害を受けた子どもたちへの支援活動を行ってきました。

その一貫として、この冬、福島の子どもやお母さん達とともにインドへ行き、アートによる国際交流を行います。

現在、日本政府はインドと日印原子力協定を結び、インドへ原発を輸出しようとしています。

インドにて児童労働者の支援を行うボランティア団体、ボーンフリーアートJapanは、福島の原発事故を体験した福島の子ども達と児童労働を体験したインドの子ども達が交流するプログラムを12/27~1/6にインド(バンガロール)にて実施します。

現地では、講演会のほか、パブリックスペースで核を乗り越える未来をテーマにした絵画の共同制作、日本とインドの子ども達が多角的な視点で「原発」や「核」という問題についてとらえ、「ヒューマンエラー」で著名なFrying DuchmanのLee Tabascoさんに子ども達への楽曲を提供してもらい、日本とインドの子ども達が歌詞を制作して歌う音楽交流を行います。子ども達の目線で、本当の豊かさとは何か?地球に出来た550基の原発とどう向き合うべきか?皆が幸せに生きるためのエネルギーってなに?ということを考える舞台発表を行うプログラムです。
1月6日には神戸市の元町映画館で帰国報告会を行います。


27日の出国前に、
福島から札幌に避難したゆずきちゃん(12歳)が神戸に来ます。
ゆずきちゃんは「福島原発事故を福島で体験し、仲の良い友達同士が離れなければならない状況、故郷を失う悲しさなど原発についての思いを、福島の子どもとしてインドの人びとに伝えたい。」と今回の企画に参加してくれました。
札幌で福島から避難した子ども達13名でつくったダンスチームの一員として、ダンスを踊る事がいまの一番の心の支えだと言っています。
インドでもダンスを通じて、インドの子ども達と交流を行います。

ゆずきちゃんは兵庫県の記者の方に、顔を出して出国前に思いを伝えたいと言ってくれています。是非福島のお子さんの思いをうけとめていただき、記者会見や報告会にご参加いただけるとありがたいです。


【帰国後の報告会について】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下の報告会を予定しています。

■□■市民社会フォーラム協力企画のご案内■□■

インド福島子どもアート保養 プロジェクト報告会

「インドで体験した事~福島の子どもの目線から」



【日時】 2014年1月6日 (月)  

午後6時30分~午後8時30分 (午後6時開場)

【入場料】 1.000円(資料、チャイ代込み)

【場所】元町映画館2階

神戸市中央区元町通4-1-12TEL&FAX:078-366-2636 

【 出演者 】

増山麗奈 (画家・ジャーナリスト)

YUZUKI (福島から札幌へ避難した12歳/一緒にインドにいく) 

りあん (関東から関西へ避難した12歳/インドに行く12歳)

【主催】ボーンフリーアートjapan

【問い合わせ】080-6687-4118 info@bornfreeart.org

本プロジェクトに関する詳細は、クラウドファンディングサイトでもご覧いただけます。https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart



★ボーンフリーアートJapanとは

インドにあるボーンフリーアートスクール(NGO)では、児童労働のバックグラウンドを持つ子ども達に対し、

音楽やダンス、絵画、彫刻などのアートを通じた教育を行うことで子ども達の社会復帰を支援しています。

当団体は日本からボーンフリーアートスクールの活動を支えると共に、日本の子ども・若者に対してもアートと

平和教育による活動を通じて、子どもたちの権利を守る平和な世界をつくるため活動しています。



【お申込み・お問合せ】ボーンフリーアートJapan http://www.bornfreeart.org/

電話:080-6687-4118  E-mail:info@bornfreeart.org

(事務局住所:大阪市東住吉区南田辺2-2-29(阪口方))





今回の企画に参加する子ども達↓前列右から二人目がゆずきちゃん。


画家・ジャーナリスト
増山 麗奈
info@renaart.com
080-6687-4118
T&F 03-6779-4538
[PR]
by renaart | 2013-12-25 03:56 | Trackback | Comments(0)

今年のまとめ報告

今年も後わずかとなりました。
皆さんにとってどんな一年でしたか?
私にとっては、単独著書を一冊、執筆陣に加えていただいた書籍を2冊出版する事が出来、
東京と大阪と神戸で個展を開催することができ、
念願だったお米の栽培の規模も来年拡大することが決まるなど、
実りの多い年でした。

特に、3年がかりで取り組んできた絵本「げんばくとげんぱつ」をなんとか出版でき、
当初から追悼碑をテーマにした絵本をつくることをを約束していた追悼碑の建設のために奮闘された被爆者の銀林美恵子さんがお亡くなりになる前日に、
絵本をお渡しにいけたことは、一生忘れません。
ご老人とした約束は優先的に守ろう。そう思いました。
「銀林さん、今まで原爆を無くすため、日本中に足を運んでくださりありがとうございました。これからは私たち若い世代ががんばりますので、安心してくださいね」
そう病床にいる銀林さんに伝えました。

流行り廃りに惑わされすぎず、自分の信念を維持し、確実に形にする。人との約束を守る、戦争や貧困をなくすためにアートが出来る事を模索する。
それを一生の仕事にしたい。と強く思いました。

あんまり公言はしてませんでしたがトラブルもありました。
ドイツの脱原発活動を行う著名な博士との本の企画も2度の契約書を交わし、確認を行いながら進めていたのに、
出版が直前で反故にされ、費やした時間や通訳代数十万がパーになってしまったのです。
泣けてきました。
内部被曝をテーマにした事はどうも変な横やりが入る可能性がある、語学力を磨いていく事、トラブルの元になりそうな事を見つけたら早期に解決する事など、未然にトラブルを防ぐ努力を行うことを学びました。

また、連載していた雑誌が休刊になるなど
いままであった固定収入が減りました。
その分、Tシャツや絵画の販売などの収入の割合を意識的に増やしました。
夢を実現するために、不安定な時代でも馬力と基礎体力、甲斐性と実力のあるアーティストになりたいのです。

ただマネージャーや事務員を雇う余裕もない私1人での制作、発送作業には限界があると痛感しました。
発送が遅れたり、ご迷惑をおかけしてしまったお客様には深くお詫びします。
時間を短縮し、事業を安定させるためにホームページからの注文受付サイト、協力者の方々との繋がりを作る必要性を感じています。
また本業であるアートで、国際展に呼んでいただけるメジャーな存在になる事、絵画一枚一枚のクオリティを上げていくなど
いままで避けてきたオーソドックスな努力、絵を磨く作業、業務改善ももっとしなければならない。
そのために増山麗奈のアートマネージメントや、ビジネスパートナーになりたいという方は声をかけてください。自分を鍛え、おし上げてくれるパートナーと出会いたいです。

そんな中2年前から撮影を続けているドキュメンタリー映画「ママの約束」を制作するために
編集機器を購入したり、ソフトを購入することができました。
ン十万円の資材投資を生活の中から捻出する事は大変でしたが、多くの皆さんの応援のお陰で、何とかなりました。感謝しています。
アートと真実を様々な形で発信するメディアセンターを作りたいという夢に少し近づきました。
TVディレクターの大賀慎一さんの力をお借りし、年が開けたらとりためてきた映像をいよいよ集中して編集する作業が始まります。
この映画もまた、ご老人との約束でもあります。
昨年の冬仏教協会前会長の河野太通さんに応援していただき、ドイツに旅立ち、核の廃棄物の問題、再生可能エネルギーの問題を取材しました。
多くの方々にも応援していただき80万円の募金を頂き、ドイツでの撮影をしてきました。雑誌や新聞での発表もできましたが、絶対映画という形で仕上げます。
原発を一基廃炉処理するのに70年、660億円がかかる事や、
地域からエネルギーの自給を行っていく事で人びとの誇りや生活のゆとりが生まれる事をしりました。
来年は念願の小水力発電事業の実験を、地元の神戸市北区で田んぼ仲間たちと始めます。
私たち大人の生きている間には原発を片付け終わらない。どうしても子どもたちに、負の遺産を引き継がせなければならない。
だとしたらせめて核の廃炉への道筋だけはつけてあげたい。そんなことを考えるきっかけになる映画にしたいのです。
これから行くインドへ、日本は原発を輸出しようとしています。
そこで福島の子どもやお母さんとともに、原発の真実を伝え、もっとフェアな未来のために何が出来るのかアートを通じて交流をします。
映画の後半には、そんなシーンを導入する予定です。

12月22日には、千葉麗子さん、志葉玲さんとともに、ノンベクレルの食材でのパーティを行いました。その様子は
これから、被ばく防護を当たり前に、楽しく、ポジティブな感じでやっていこう!生産者と消費者をつなげよう!というコンセプトで冊子にまとめる予定です。
来年は女性誌にも是非進出して、子どもを守る事、フェアな世界を作っていく事をママたちや女性たちに伝えられるようにしたいです。
千葉麗子さんの輝くばかりの美貌とプロ意識には脱帽でした。
ついさぼりがちな美容も、これから向き合っていこう!と思いました。みんなに憧れられるかっこいい女性になれるように気をひきしめていこう!

そして、今興味がある事は、子ども達を放射能から守るだけではなく、
自分たちで感じ、考え、行動し、表現し、人を理解し、簡単には諦めず
地球のために行動できる子ども達を教育する事です。
自分の二人の娘もですし、地球に居る全ての子ども達に
良い教育、生活の場を与えてあげたいです。
核を含む地球の大問題は大人達の世代では解決しきれないのですから、これからの次世代を育成することに力を注ぎたいです。
その中で自分自身も、成長していきたいです。
来年は講演会や執筆のテーマにそういう部分も含めていきたいです。

信頼できる仲間作りを丁寧に行い、自分の足場を作り実力を磨くようにがんばります。
どうぞ今後もご支援ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

LOVE & PEACE
& MERRY X MAS

10月後半〜12月24日まで
ご支援頂いた皆さん 合計  337.470円

yuzu企画 Y木K美さん N野S子 K良Y一さん H川Y美さん Y田C歳さん N村怛さん T松K代さん K野T通さん M原H臣さん S木S司 神戸青年センターさん S木T也さん
A山法律事務所さん T橋M子さん 田中石材 S藤M雄さん S藤I郎さん Y板Sさん アジア子ども支援フジワーク基金 F村Tさん 討論BARシチズン 専福寺
T田Tさん 子どもの未来社さん

【ノンベクプロジェクトにご賛同いただいたみなさん】

みんな地球のこどもじゃんさん 
おどりまゆみさん 
大山結子(うさぎ組組長)さん 
中澤純さん
阿部善穂さん
ゼロノミクマさん
白井愛子さん
高橋美子さん
さくらWORKSさん

【インド行きの費用、募集しています!】
応援よろしくお願いいたします

増山麗奈は絵画、映画、取材発信を通じて、戦争や格差、原発のない世界を作る為に真実を伝えます。活動経費は皆さんのカンパです。

【ゆうちょ銀行】 14260-4104251 [増山麗奈の未来をつくるアート・ 取材活動を応援する会] 【店名】四二八 【店番】428 普通口座 0410425

増山麗奈より
[PR]
by renaart | 2013-12-25 01:40 | Trackback | Comments(0)

【news】アジア協会を訪問しました

1979年からアジア各国に井戸を掘る、学校を作るなどの活動をしてきた公益法人のアジア協会さんを訪問しました。
c0046559_18281242.jpg

アジア13カ国に井戸を掘り、9カ国に106校の学校を作ってきた、長い歴史と実績をもった団体です。創設者であられる村上公彦事務局長と、先日ライブペイントの時にお会いして、
「アジア協会も絵本を作った事あるんだよ」
「福島の子ども達に家の学校に保養にきてもらっても良いなぁ」
という有り難いお言葉を頂き、
インド福島プロジェクト
https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart

にも是非ご協力いただきたい!と
ご挨拶にお伺いしました。

来年の夏に企画している福島の子ども達インド国際交流で、
アジア協会がインド・ビジャプールにもっている学校と併設した宿泊施設を利用させていただきながら、
アジア協会と恊働で、
福島の子ども達とインドの子ども達が交流しながらアートを制作するという国際交流に育てていけそうです。

インドに行った時に現地の学校を視察してくる事になりました。
アジア協会は、いままで何度も国際スタディツアーを行った経験があり、
各国の子どもたちをあつめた高校生などの会議(アジア・ユースサミット)なども定期的におこなっているそうです。
c0046559_18284967.jpg

インド担当で副事務局長の田中壽美子さんにインドの貧困に悩む子ども達を支援してきたリアリティのある話しをしていただき
子ども達が誇りを取り戻していく過程など教えていただきました。

子ども達が自由に発想し、学び、本気でぶつかり合い成長する国際交流をアジア協会さんとの繋がりで見つけていきたいです。

「自分で感じ、考え、行動する」力が大事なんだという言葉が心にのこりました。

来夏のインドスタディツアーでは、田中壽美子さんも同行していただく事が可能との事。ほんっっとに心強い仲間の登場です。ありがたい。がんばるぞ。

日本の子どもというと、アジアの子やインドの子から見て
すごい国のすごい子どもという印象があるのだけれど、
実際の団体行動を行ってみると、集中して話しを聞けなかったり、やってはダメだと言われた事をする、発表をするときに、コミュニケーションがとれない日本の子も多いとの指摘もありました。

自分たちの足下を作ることを大事に、
国際交流を行っていきたいとおっしゃっていました。

経済一辺倒ではなく 地球環境やバランスを考え、
”感じ、考え、行動する”次世代を育てる事
それがインド福島プロジェクトの根底にあります。

アジアから経済的に成功して憧れられてきた私たち日本人が
福島事故をへて
本当の豊かさとは何かを改めてアジアの人たちと問い直していくことは
これからの地球の歩みを考えても
とても大事なことだとおもうんです。

私たちがやることは、
札束をちらつかせながら
原発や武器を輸出することなんでしょうか?

大人も又、まだまだ成長できるはずです。福島×インドプロジェクトを通じて「本当の豊かさって何?」を考える絵本を作りたいな〜と思っています。
是非、応援してね!

https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart

【帰国後の報告会のご依頼、受け付けています!】
お問いあわせ
→info@renaart.com
080-6687-4118(増山)

【福島×インドプロジェクト活動費カンパ募集!】

[今年 目標50万円 来年の夏まで300万円]

個人サポーター3000円から 団体サポーター5000円から
振込先/ ゆうちょ銀行 14140-73978441
口座名/ボーンフリーアートjapan
他銀行からの場合:店名 四一八 店番 418 普通預金  7397844
[PR]
by renaart | 2013-12-13 18:29 | Trackback | Comments(1)

フライングダッチマンLeeさんが、福島の子ども達に曲をプレゼント

インドでこの曲を歌ってきます!

[PR]
by renaart | 2013-12-06 14:29 | Trackback | Comments(0)

【news】12/7京都で秘密保護法イベント/インドに福島を伝えよう!

明日12/7の京都のノンベクレル食堂のイベントで
12月5日、6日の国会前での秘密保護法抗議活動の最新映像を、
TBSのやBSの報道番組のプロデューサーなどの仕事をしてきた太賀ディレクターの撮影映像を公開。一番生な情報です!
関西の人たち、東京と連帯し、インドへ真実を伝え、暗黒化する国に
アートで希望の光を作ろう。

c0046559_13493770.jpg

秘密保護法の状況が気になってどうしようもない人は是非来てください!↓
facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1434509303429212/

「“福島”が 特定秘密 になる前にインドに伝えてきます!」

【日時】12月7日(土)
 午後7時から午後9時(午後6時半開場)

【場所】NONベクレル食堂
京都市左京区岩倉花園町247-3 艮宮ビル2F
TEL:075-200-2885
  最寄り:叡山電鉄 岩倉駅 徒歩4分

【料金】2.000円 (ディナー、資料代込み 別途ドリンク代 )
放射能測定で不検出の食材だけで料理したディナーです。

【出演】
萩原ゆきみ(福島からの自主避難者・原発賠償京都原告団)
増山麗奈(画家・ジャーナリスト)
阪口しほ(ボーンフリーアートjapan代表)
  
【主催】 ボーンフリーアートjapan
問い合わせ info@bornfreeart.org 090-3862-2295(阪口)

【内容】12/26〜1/6まで福島の子どもとインドバンガロールへ行き保養、講演、アート交流を行う3人が抱負を語ります。
インドの児童労働アートが開く子どもたちの可能性
/メーカーが事故責任を負うインドへの原発輸出リスク
福島こどもダンスユニットが世界デビュー!他

★★福島キッズアートプロジェクトを応援してくれる方 大募集中!★★
[目標年内50万円 来年の夏まで300万円]

個人サポーター3000円から 団体サポーター5000円から
振込先/ ゆうちょ銀行 14140-73978441 口座名/ボーンフリーアートjapan
他銀行からの場合:店名 四一八 店番 418 普通預金  7397844

クラウドファンディングも展開中!

~世界のどこでも、子ども達が安心・安全に暮らせる平和な世界を一緒につくろう~
ぜひこちらをご覧下さい⇒ 
https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart

nonベクレル食堂
〒606-0024 京都府京都市左京区岩倉花園町247-3


c0046559_1348599.jpg

[PR]
by renaart | 2013-12-06 13:49 | Trackback | Comments(0)

愛媛でインド行きのカンパを集めさせていただきました。

今日は、NO NUKE愛媛の脱原発集会で、福島の子ども達インドアート保養についてのチラシを配り会場でカンパを集めさせていただきました!
なんと!1日で10万円ものカンパを頂きました。うれしい!三宅洋平さんや、座間宮ガレイさんから応援メッセージも頂きました!
アピールをしながら、バングラディッシュの支援活動を10年間やっているあるお母さんから「最近バングラディッシュで原発を作るという動きがあるんだけど、現地の人たちと話しても『経済発展をしたいから、原発が必要』といわれて、被ばくの被害や原発事故の被害の事が全然伝わっていない。」というご意見を頂きました。
 今回、国や東電を訴えている福島から京都からの避難者である萩原ゆきみさんに、原発事故によってうけた肉体的(すでに身におこった鼻血や体調不良←因果関係はわからないけれど・・これからおこるかもしれない内部被曝、外部被ばくの被害)、精神的被害(コミュニティがバラバラになっていく辛さ、仲が良かった友人や親戚が切り離されてしまう悲しさ)をインドの人たちに伝えてもらうのですが、原発事故の被害について、生の声をきちんとインドの人たちに伝えるというのは凄く大事な仕事なのだと改めて感じました。
 「本当の豊かさって何?」ということをインドの人たちと改めて考えるツアー企画に育てていけたら良いな。

座間宮ガレイさんに「99%の人が愛しあう世界を」と描いてあるチラシを見せたら、「え、1%の人は入れてあげないの?」と言われました。
「1%のお金儲けしてる人たちの中にも善意でやってる人いっぱい居ると思うなぁ。そう言う人も混ぜてあげようよ」と言われ、
なるほど〜と思いました!
正直戦争で亡くなった方々 イラク戦争で苦労した友人たちのこと
貧困で苦しむ人びとを思うと
武器輸出や核関係の仕事で儲けてる人をすぐ許す気持ちにならないんだけど
でもしっかり話し合えば
チャランケすれば 
おたがい共存しながら
仲良く出来る方法をあみだせるのかもしれないよね!

私視野が狭かった!

そういうわけで、いままで戦争でお金を儲けていたり、東電で働いていたり、ウラン鉱山で儲けていた人たちも、お金の儲ける方法を変えれば、仲間にいれてあげますので、是非インドと福島を繋げ、世界中の人たちが幸せになるバランスを見つけて
私たちと一緒に、楽しみましょう!

福島&インド子どもアート交流プロジェクト進めています。
カンパよろしくお願いいたします!
☆全ての子ども達が安心して生きれる社会を☆

https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart

[PR]
by renaart | 2013-12-02 01:09 | Trackback | Comments(1)