<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【news】3月30日 大阪にて映画「ママの約束」上映会

3月30日は 大阪で映画「ママの約束」上映会をやります。是非いらしてください!
サブタイトルを 「原発ゼロでみつけた本当の豊かさ」
としてみました。
どうでしょう?
c0046559_126935.jpg

日時/3月30日(日)午後2時~ 
映画「ママの約束〜原発ゼロでみつけた本当の豊かさ」上映会
        上映後 製作、監督した増山麗奈のトークがあります。

場所/討論Bar“シチズン大阪市浪速区日本橋5丁目14-20 越前ビル1F
TEL.06-6537-7672 barcitizen@ybb.ne.jp
*地下鉄堺筋線「恵美須町駅」 1-B出口より南に徒歩1分  
主催/古村剛
入場料 500円 開場でワンドリンク以上のご注文をお願いいたします。

「ママの約束~原発ゼロでみつけた本当の豊かさ」
  撮影・監督・編集 増山麗奈
  出演/山本太郎 三宅洋平 オリバー・ストーン 
  小出裕章 ジョン・デバラジ 木田節子 藤波心 
  セバスティアン・プフルークバイル(ドイツ放射線防護協会会長)
  311以降立ち上がった多くのお母さん、お父さん
  これからの地球を生きる福島、インドのこどもたち

画家でジャーナリスト、二児の母である増山麗奈
が3.11以降ドイツ、福島、インドで撮影した
ドキュメンタリー映画「ママの約束」が完成しま
した。 イラクでの劣化ウラン弾の被ばくを心配
した出産、福島での棄民政策、ドイツの廃炉や核
廃棄物、自然エネルギーの取り組み、稲作への挑
戦など、放射能時代のサバイバル法を探す、 地球
サイズのロードムービー! 後半、日本が原発輸出
を予定するインドで、
福島とインドの子ども達がアートを制作します。
 母と子が見つけた本当の豊かさとは・・

○上映会企画してください!
info@renaart.com 
上映権付きDVD 3800円
+入場者数×500円
増山麗奈トークとセットも応相談 
[PR]
by renaart | 2014-02-25 12:06

雪害に思う

ひょっとしてこの政府、無能なのではなく、あえて、国民を合法的に減らすために棄民対策を能動的にしているんじゃないかとすら思えてきた。

朝からテレビはソチオリンピック。腹が立って消してしまった。

ツイッターを見ると、山梨の大月駅で立ち往生している電車の中の乗客の方、急病で倒れたりしているらしい。まだ昨日の夜の時点で900人の方々が電車の中に置かれている。
車で移動中の方も何百台もの方が動けず、車中泊をしていらっしゃる。
独居老人の方など、買い物も行けず体力ももたず亡くなってしまう方だっているんじゃないか。

山梨だけではなく埼玉の方でも物流がとまってスーパーの商品が消えている。このままじゃ本当に国家の一大事じゃないか!

明日からまた雪だそうだが、このまま対策が遅れてしまったら
雪が溶けたら
その下から
何百、何千という単位の死体が出てくるのではないか・・・。

中国の石炭会社が850億円の借り入れ資金をシャドーバンクに返せない状況があるらしい。数日前と桁が一つ変わってきている。雪だるま式にふくれあがり、中国中がパニックになり、中国との流通が止まるという事もあるんだろうか。

国の食料庫の東北、福島も、山梨も、雪害で今年は収穫量が減るだろう。
高齢の農家は精神的肉体的金銭的ショックを乗り越えるのは難しい。
その時に、通常でも3割だったの日本の食料自給率は更に減るはず。

来年以降餓死者がガンガン出るなんて事態、避けたいけど現実味を帯びてきたような。

本当に大丈夫なんだろうか。
原発再稼働してる場合じゃないだろう。
これは戦争なんじゃないか?
[PR]
by renaart | 2014-02-17 11:06

「キッチンの神様」

紆余曲折を経てこんなイラスト完成!
キッチンにたつ男の人って素敵だと思います!
タイトルは「キッチンの神様」。 女性も男性も キッチンに飾って愛をもって おいしいものを大事な人たちに作ってあげてくださいね。
c0046559_15574577.jpg



ほっこりしたこの絵のデジタル版画、

ご希望の方に25×26cm顔料インクプリント6000円(簡易額込み)+送料でお送りいたします。

オリジナルの原画は、絵だけ30000円、+マット入り額で35000円でお譲りいたします。

我が家は版画をキッチンに飾ろうとおもいますヾ(*・∀・)/

ご注文はinfo@renaart.comかフェイスブックメッセージまでお願いいたします。
[PR]
by renaart | 2014-02-14 15:57

都知事選総括

都知事選 総括

細川支持を訴えていたのは、間違えだったかな。
選挙速報を見ながら、予想以上に多い宇都宮さんが集めた票を見ながら思う。

2位の宇都宮さんは前回より一万票以上票をのばしている。
宇都宮さんに2万7千票少なく、細川もりひろ。
結局宇都宮さんの方が、勝てる(可能性のある)候補だった。
自分の見る目のなさ、反省。
私が進めて細川に入れて票をいかせなかった方、ごめんなさい。
宇都宮陣営の皆さん、バトルっぽくなって、ごめんなさい。
雪の中みんながんばってくれてありがとう。
とはいえ宇都宮票と細川票を単純に足しても、舛添を負かすには、足りない。

よかったこと。
細川(+小泉)票は、街頭で初めて脱原発を訴える元総理に感動した人などあらたな保守層の票を掘り起こした。
このエネルギーを各地で行われようとしている(2月14日浜岡、泊も再稼働狙ってる)再稼働反対の運動と繋げる事が出来たら本物なのに。
さっそく小泉さんはツイッターを閉じちゃうようだ。
うーーーーーーん わたし、騙されたのかな?

細川さんはメディア批判をしてたけど、彼自身がメディアのチャンスを生かせなかった努力不足の面があると思う。

一つには、老けすぎていた。声が小さかった。報道ステーションに出た時もなんだかダウンジャケットだったり、TPOわきまえてない感。
ここぞ票を稼いでという露出度の時に押しが弱い。。
せっかく古館さんが、舛添や田母神と討論する場を作ってくれたのに、宇都宮さん
のほうがシャキシャキ チェルノブイリでの死者の数とか出してくるし・・細川さんやっぱり頼りない。(涙)
公開討論会をなんども避けていたことも問題あるよね。
細川さんは上品すぎてちょっと心配だけど奥さんや、南相馬の桜井市長や、応援団の力によって細川さんを、応援してみよっかな、と思った人が多かったんじゃないかな?

多くの有名人と一緒に小泉に騙されたとして。
そこに集まった96万票の都民が、放射能被ばくの問題や再稼働反対、自然エネルギーという政策に賛同したのは事実。
おじいちゃんたちが寒い中街頭でがんばってくれたからです。
細川さんお疲れさま。ありがとう。

96万(細川)票プラス98万(宇都宮)票=194万票のエネルギーを実際に再稼働阻止に生かさないとな。
いろいろありましたが、宇都宮さんを応援してくださった皆さんと仲良くまたやらせてくれませんか!?

311フクシマ後の日本でなんだかんだと稼働原発ほぼゼロの状態で2年半を過ごせているのは、地方も含む日本中の民の力です。
この2年半を無駄にせず、これから廃炉に進んでいくために、力を尽くしたい。
ドイツでは廃炉作業は5年間寝かしてからスタートしていました。
この2年半を廃炉準備期間だと考えると、経済的に大変な思いをしながら原発立地地域の方々が過ごしてくれた時間を、地元に新たな廃炉雇用を生むため無駄にせずにすむのです。
みんなの闘いで勝ち取った原発ゼロのこの2年半を生かそう!

チェルノブイリの後も、人類は原発を止めなかった。
でもフクシマの後、日本は原発を止めた。
そういう流れを作る事は地球史に残る大転換なんだよね。

雪のせいがあるとしても、投票率の低さにはげんなり。
意識のある大人が少なすぎる。20代30代が田母神に投票して、「放射能絶対安全 日本強い国 戦争する国」のビジョンに感動している事にもげんなり。
ひょっとすると彼らはネット以外にお金を使う事が出来ない貧しい心と生活をしていて、その鬱憤をタモ神様に託しているのかな、と思ったり。
目の前の生活の困窮やさびしさ、わびしさ、ルサンチマンで頭が一杯の人たちにとって
それこそ地球史だのなんだの、どうでもいいよな〜心に響かないよな〜。
まだ多重債務に切り込んでくれる宇都宮さんの方が、細川さんより
響くよな〜。

今回私は東京に応援には行かなかった。
交通費と 被ばくリスクを考えて、遠慮してしまった。
インドでお金を使いすぎて余裕がなかったこともあるな。
お金や時間を費やすのは、
子どもの未来に直接関わる事 アート 海外の活動 映画製作
にしようと思っていた。
そういう意味では自分自身、そんなに損をしたわけではないのだけれど
なんだか心に重いものが残る選挙であった。

藤波心ちゃんの投票を呼びかける活動には頭が下がります。
この国が沈没するまえに
子ども達には、外国へ出て行くことや、教育をうける可能性を追求してほしいです。
[PR]
by renaart | 2014-02-10 11:06

【news】愛媛新聞で紹介していただきました。

愛媛新聞で、講演会の様子を紹介していただきました。大洲市の皆さん、伊方原発取材に協力してくださった市民の皆さん、「グリーンコンシューマーおおず」の皆さん、心づくしのおもてなし本当にありがとうございました。

c0046559_1858383.jpg


伊方原発から10キロにある八幡浜の駅前で、市民の方に再稼働について意見を聞きました。
マイクを向けた中で断られた方が半分、しかし答えを返してくださった方全員が再稼働に不安があると語っておられました。
「原発の仕事は危ないから人気がない」
「福島の汚染水のニュースを聞く度にこれがあと何十年も続くのかと思うと、ぞっとする」
「311前は原発の怖さを知らなかったけれど、もう原発は怖い」
「稼働中に比べると地元の経済は悪くなっている気がする。駅前で3時間待っていてもタクシーのお客さんが来ない。しかし、福島の事故を見ると万が一事故が起きたらリスクが大きすぎるから、再稼働はしないでほしい気持ちがある」

正直びっくりしました。原発の立地地域では表立って反対と言える方が少ないのではないかと想像していたからです。初めて会う私に思わず語ってしまうほど、フクシマショックは、日本中の原発の立地地域の方達の意見を変えているのかもしれません。

ドイツの廃炉の現場を取材してわかったのですが、
ドイツでは原発で作業員として働いていた方をそのまま廃炉作業で雇用し続けていました。

またドイツのラインスベルク原発の場合は5年間寝かしてから廃炉作業を行ったそうです。
今日本では2年間、多くの原発や稼働せず休んでいます。
今再稼働をするのではなく、廃炉にむかって舵を取れば、この2年間を無駄にせずすみます。
もし再稼働してしまったら、また振り出しに戻ってしまうのです。
廃炉作業は70年間ほどかかり、原発稼働中に得た売電利益よりもずっと多額の費用がかかります。
小さいサイズの原発で一基660億円ほどだそうです。

原発の立地地域の方々の雇用の問題もきちんと大事にしながら、日本でも
廃炉をすすめ、世界に550基ある原発を安全に終わらせていく方法を
世界に提供することこそが、本当に必要とされている原発技術の輸出ではないかと思うのです。

福島第一原発の作業員の方の取材を幾度も行いました。その中で見えてくるのはとにかく
コスト削減のために、作業員の方への人件費をカットし、満足な休みを与えず、作業着や下着もつかいまわしで(たまにかびているという)ひどい労働条件だということ。
また 汚染水の対策にしても2011年の梅雨には現場レベルでわかっていたのに、
すぐ対応しなかったため、結局事態が悪化しているという状況です。
キツい、利益が少ない、被ばく量が多いという条件の悪さによって
能力のある技術者の方がフクイチを離れ、現場には素人のような方しかしかいないとききます。
その中の多くが他に仕事がない被災地の方も多く居るそうです。
読み書きが出来ない方も多く居るそうです。
本当にこれが技術大国・ニッポンの姿なんでしょうか?

東京電力という会社が本当に誠意のない能力のない会社であるとわかったのだから、
経営陣を一掃して新たに廃炉会社を立ち上げて、きちんとした労働条件で、技術を磨きながら核の片付けに取り組んでほしいです。
[PR]
by renaart | 2014-02-04 19:14