<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

[news]12/21徳島で映画「ママの約束」上映会

2014年12月21日 (日)午後4時〜
ママの約束〜原発ゼロでみつけた本当の豊かさ〜上映会
場所:徳島 脇町 カフェ フナトト
https://www.facebook.com/funatoto/timeline
徳島県 美馬市脇町大字脇町156 050-3433-8411
入場料 1000円 (子ども無料)
出演:増山麗奈監督トークあり(革命的ゲストも)
主催:アースアートファクトリー + 黒川敦彦  
協賛: フナトト 

c0046559_17205034.jpg

STORY:画家でジャーナリスト、二児の母である増山麗奈が3.11以降 関東から移住してきた神戸市北区のたんぼを耕しながらドイツ、福島、インドで撮影したドキュメンタリー映画。元東京に住んでいた都民として、福島にリスクを押し付けてしまったこと、イラクでの劣化ウラン弾の被ばくを心配して産んだことを娘に伝えた母、増山麗奈は「戦争や原発のない平和な世界を」という娘との約束を実現するため旅にでる。ドイツの廃炉や核のゴミ、福島の旧警戒区域の真実、福島の子と行ったインドでの文化交流、食とエネルギーの自給を目指した稲作などに挑戦する地球サイズのロードムービー

出演:小出裕章  山本太郎  藤波心  志葉玲  セバスティアン・プフルークバイル(ドイツ放射線防護協会会長)  木田節子  オリバー・ストーン  河野太通  武藤類子  佐々木るり  広河隆一 松本なみほ 増山麗奈 りあん あいしゃ ゆずき ミーナ
編集:鵜飼邦彦 太賀慎一 増山麗奈

写真・映像・資料提供:

広瀬隆一 森住卓 ドイツ廃炉業者EWN社 チェルノブイリへのかけはし 野呂美香 志葉玲

☆クラウドファンディングで全国出張上映ツアーを企画中
https://motion-gallery.net/projects/mamanoyakusoku

予告編、映画に込めた想いなど。。。
https://www.youtube.com/watch?v=eXgIOVq-38M&spfreload=10
c0046559_23265804.jpg

[PR]
by renaart | 2014-12-18 23:27 | ママの約束上映情報 | Trackback | Comments(0)

[news]ママの約束全国上映

モーションギャラリーで、
映画「ママの約束」全国出張上映クラウドファンディング始まりました!
ぜひ応援お願いいたします!
https://motion-gallery.net/projects/mamanoyakusoku

c0046559_17205034.jpg

[PR]
by renaart | 2014-12-18 17:21 | Trackback | Comments(0)

沖縄県庁前行動 糸数さん照屋さん赤嶺さん撮影成功

c0046559_15460237.jpg
沖縄県庁前行動。「先日の翁長さんの県知事選での10万票の差をつけた勝利は辺野古新基地はいらないという県民の民意であり、それを侮辱するような仲井眞知事の行動は許せない!」と2000人が集まりました。仲井眞知事が、12月9日の任期終了前に駆け込み的に辺野古基地建設についての工法の変更申請を許可しないように民意を伝える集会でした。衆院選をたたかう社民党照屋寛徳前議員と、共産党の赤嶺 政賢前議員も参加。

糸数慶子参議院議員が「沖縄4区すべてで自民党を打ち負かして、いい正月を迎えましょう!」と力強く語りました。”いい正月”というのは昨年末、仲井眞知事が国の要求に押され辺野古を容認し「いい正月が迎えられる」と語ったことを皮肉っているのですが、糸数さんは花があり美しいだけではなく、機転もきいて知的でパンチが効いてて強くてかっこいいなぁ。

ああいう女性になりたいです。
 
c0046559_15383326.jpg


照屋さんの演説、赤嶺さんへの単独インタビューも成功。無線LANが強い那覇で映像編集してあと50分で編集してyoutubeにアップして(間に合うかな?)これから仲里さんの決起集会に向かいます。
c0046559_15464403.jpg

[PR]
by renaart | 2014-12-04 15:49 | 選挙 | Trackback | Comments(0)

安倍倒し 推し候補動画「辻めぐむ」大阪9区

大阪9区 辻めぐむさんのインタビューです

[PR]
by renaart | 2014-12-04 10:49 | 選挙 | Trackback | Comments(0)

高槻でのワークショップ

c0046559_23345161.jpg

先日高槻で行ったアートワークショップの様子。27名ほどの参加者と 本場イギリスでダンスセラピーを習った小西江莉(ダンスセラピスト)先生とダンスをしたり、布を使ったりして身体をほぐした後に、増山麗奈先生と一緒に大きな模造紙に絵を描きました!
支援学級の子どもたちや、障がいをかかえているお子さんや大人、そのご家族の方も一緒でした。
ダンスの後、好きな色をまとったまま、好きな色の紙に向かって
「好きなもの」を描いてもらいました。
c0046559_2334529.jpg



そしてみんなの好きなものをあわせて、大きな1つの映画を作るように、これから各8メートルの巨大絵画のイメージをみんなで相談しました。
「高槻が巨大恐竜に襲われている!」「僕の家も!」「海や空がひろがる」「動物を守る守り神」「太鼓マンが、奏でる音楽が平和を作る!」「♥︎がいっぱい」
とてつもないスペクタルロマンファンタジーアクション映画(なんだそりゃ)
な絵画が出来そう!
「普段はこんな風に集中力が続かないのに、夢中で絵を描いていました」「2時間半、もつかなとおもったけど、すっごく楽しそうでした」と参加者のご家族の方に喜んでいただきました。
「布マンだー」といいながら闘いごっこする子どもと本気で遊んだり、たのしかったなぁ。
c0046559_23344922.jpg


体中でアートと創造力を膨らませていると、
普段、私たちが過ごす社会で子どもたちも大人達もなんだかしんどいな、小さくまとまっておこうかなというような無言の圧力に囲まれていることに気がつきます。
せっかくいただいたいのち 頭の細胞から心の感覚、足の先のつめまで
精一杯動かして、感じて、生きていきたいな
それがいのちを産んでくれたお母さん 先祖代々への感謝じゃないかな?
c0046559_2334514.jpg


産まれてきてくれてありがとう!出会えてありがとう!ケンカしたけど気づくことが出来たよ、ありがとう
そんな風にすべてを受け入れながら たくさん表現する。
そうしたらいつもよりちょっと やわらかく 生きやすい世界が広がっている。
アートには心を解きほぐす力があると 信じています。
c0046559_23345056.jpg


欧米ではアートを使った心のメンテや、セラピーが職業として成立しています。こんがらがって 見えない占領や圧力に がんじがらめになっている日本こそ アートによるセラピー こころのひらき が必要だと思います。
ボーンフリーアートの仲間達とその世界の第一人者になりたいな!
c0046559_23344874.jpg

[PR]
by renaart | 2014-12-03 23:36 | Trackback | Comments(0)