<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

沖縄山城さん釈放に思う

(写真 2/23 名護警察から釈放され、市民に迎えられる山城博治さん(沖縄平和センター議長) Yasuさん提供)
c0046559_13405941.jpg
  沖縄県名護市辺野古で新基地建設反対の運動が始まってから19年。2月22日に、初めて市民が米軍によって身柄拘束されました。拘束されたのは辺野古基地運動のリーダーで沖縄平和運動センター議長の山城博治さんら2名。国道に引かれている黄色い線より内側に入ったことが「日米地位協定」で定めらえた「刑事法違反」にあたるというのが逮捕理由です。抗議中に「黄色い線より中に入らないように」と市民に注意していた山城さんを、米軍の護衛の日本人ガードマン(雇用主は日本政府)が足を掴んで、基地内に引きずり込んだ形です。36時間の拘束を経て釈放されました。以前より山城さんは何度も十数名の警察に取り囲まれ隔離・拘束されています。2月15日、警察に拘束、釈放された直後の山城さんに電話インタビューをしました。「辺野古基地反対を明言した翁長県知事を全力で支える。日々応援の声が高まっています。沖縄に来てください。本当は沖縄そばでも食べながら綺麗な海を案内したいです」(山城)。24時間態勢の抗議で大変なはずなのに、優しさを忘れない大きな方です。

  国民が、戦後初めて他国の軍隊に拘束されたのですから、本来であれば官邸が邦人救出のため緊急対応するべきですが、ISILのテロ事件のあとに「国民に指一本触れさせない」と豪語した安倍政権は米軍と一緒になり、反対派のリーダーを不当逮捕したのです。
 
  骨折など市民への暴行を続ける名護警察は、基地内に車両を止め、基地内から現れ国道を封鎖します。基地賛成派の地元名護市議は基地内に車を止め、基地から現れ基地内に入っていきます。基地に賛成する政治家や警察は黄色い線の中に入ってもおとがめなしで、反対する市民は逮捕。めちゃめちゃです。
   
  反対運動の封じるために山城さん達を拘束した米軍や日本政府の思惑は、逆効果になってしまいました。この不当逮捕の様子は、全国メディアでも報道され、NYタイムスでも、8割の民意を無視して強行される辺野古新基地建設が報道され、声はひろがるばかり。冷静な判断が出来ないほど日米両政府が追いつめられているのは、沖縄に米軍基地を置く事に何の論理的整合性もなくなっているからです。
 観光客が急増する沖縄には、今年1月には一月として過去最高の121万人が訪れました。基地返還された沖縄新都心エリアは、雇用が160倍以上に増え、海外ブランドなどの免税店でにぎわう繁華街になりました。沖縄経済界を代表するホテルチェーン「かりゆしグループ」会長の平良朝敬さんは「沖縄から飛行機で3時間半の円を描くと、22億人が入り、無限のビジネスチャンスがあります。先進国の工場だった東南アジアは今や市場。沖縄は日本のアジアの窓口になりえるのです」と語ります。かりゆしグループは今年那覇に急増する中国人や台湾人の富裕層向けに新しいホテルをオープンしました。世界中の人たちが武器や戦争で縛られた沖縄ではなく、自然豊かな楽園を愛しています。権力が真実から目を背けさせようとしても、この勢いは止まりません。

  「米軍基地は沖縄の経済発展阻害要因だ」とは平良会長が唱えた翁長県知事当選のキーワードでしたが、「米軍基地は日本の経済発展阻害要因だ」と言い換えてもいいのではないでしょうか。米軍追従で軍国化に走る安倍政権の暴走で、日本は国際的にテロの標的になり、長年高い品質で得てきた国際的信用はガタ落ち。貿易赤字は過去最悪の2兆円となりました。
 アメリカ軍に広島、長崎の原爆を落とされ、日本中を焼け野原にされ、地上戦で四分の一の沖縄県民を殺された戦争から70年。いい加減、国民を脅し、美しい自然を汚す暴力装置はもう日本から出ていくべきです。

[PR]
by renaart | 2015-02-24 13:38 | Trackback | Comments(0)

沖縄辺野古の山城博治さんら市民が米軍基地内に拘束

今朝から、米軍基地内に拘束されている山城博治さん。
日々の抗議でけが人が出ていないか、いつも確認して現場の安全を管理してくれていた方です。(動画は1/23)
暴力一辺倒の権力に比べ、いつもユーモアを加えながら、
人をつなげ、人権、平和、民主主義のあり方を教えてくれるすばらしい方です。

仲間をかえせ!
本当は警察が市民を守るべきでしょう!
本当は政府が米軍に怒鳴り込むべきでしょう!

なぜ日本国内で
警察が市民に暴行を加え、外国人兵士が日本人を勝手に拉致するんだ!
戦後70年経っているんだ 米軍は日本から去れ!


動画 1/23 この日も警察の拘束によって、指が動かなくなった市民などけが人が出ていました


[PR]
by renaart | 2015-02-22 12:54 | 沖縄 辺野古 | Trackback | Comments(0)

ママの約束の福島仮設住宅での上映会

福島の仮設住宅で ママの約束の上映会を行いたいです。
どなたか、いい場所をご紹介、コーディネイトいただけませんか?
足代などは自腹で行こうと思います

ps 交通費などを援助していただける方も同時に募集いたします。
活動にはお金がかかります。どうかご支援をお願いいたします。


【ゆうちょ銀行】 14260-4104251
[増山麗奈の未来をつくるアート・取材活動を応援する会]

他金融機関からの振込の場合 【店名】四二八 【店番】428【預金種目】普通預金【口座番号】0410425


以下のサイトでも、ママの約束全国上映についての
クラウドファンディングを行っています。どうか応援をおねがいいたします。
https://motion-gallery.net/projects/mamanoyakusoku
[PR]
by renaart | 2015-02-10 17:18 | Trackback | Comments(0)

沖縄の経済発展は基地ではなく平和で〜かりゆしグループ平良会長提案〜


「米軍基地は沖縄の発展阻害要因」
沖縄を代表する経済人、
かりゆしグループの平良朝敬会長のインタビュー動画です。


米軍の居住地だった那覇の新都心エリアは、免税店や美術館が立ち並び、168人だった雇用が100倍の1万7285人、雇用所得が69倍となりました。

「沖縄から半径飛行機3時間半にアジア市場21億人がいる。沖縄は日本のアジアの窓口です。発展するリゾート地にオスプレイは似合いません」(平良)
参考

(問13)沖縄県の経済は米軍基地経済に大きく依存しているのではないですか。(沖縄県HP)

c0046559_18054215.jpg
c0046559_18034177.jpg


[PR]
by renaart | 2015-02-02 18:01 | 沖縄 辺野古 | Trackback | Comments(0)

辺野古の鬼は沖縄を見てこなかった私たちなのかもしれない

「辺野古にいる鬼をやっつけよう!」

1月24日、沖縄県名護市の辺野古では厄払いの餅(ムーチー)が、基地反対を訴える市民に振る舞われました。沖縄では一月下旬から二月上旬、厄払いのためにお餅(ムーチー)を食べる風習があります。蒸かしたサツマイモに、餅粉を混ぜ、黒糖で甘く調理した餅を、殺菌効果が高いと言う月桃の葉でくるんで蒸す。妹の鬼退治伝説が由来です。朝から浜辺で女達が数百個のムーチーの準備をします。「本当は孫にも作ってあげたいけど、辺野古の座り込みがあって家に帰れないよ」と地元のおばあちゃん。1月15日に政府が強行した辺野古新基地工事の抗議活動で、24時間態勢で数百人が座り込み抗議を続けています。そんな中、多くの市民が警察や海上保安庁による”過剰な警備”によって骨折などの暴力を振るわれています。

辺野古が普天間基地の新基地移転計画が起こったのは97年。住宅地に近い普天間基地で米軍による婦女暴行事件がおき、その移転先として名指しされたのです。以後18年間、市民が反対の声をあげてきました。70年前県民の四人に一人が亡くなった壮絶な地上戦の後、国土の0.6%の沖縄には国内7割を超える米軍が駐留し、21万件もの犯罪(レイプ、暴力など)を繰り返してきました。「沖縄は基地に経済的に頼っている」と誤解している人も多いですが、1950年代には50%を超えていた県内基地経済が今は5%。アジアの主要な都市から2時間で着くリゾート地として過去最高数705万人の観光客が国内外から沖縄に訪れます。辺野古沖では貴重なジュゴンが見つかり、自然保護の観点からも注視されています。そんな背景があり、昨年の名護市長選、沖縄県知事選、衆院選で基地反対派が勝利し圧倒的な民意を見せつけました。その声を無視する形での強行工事だったのです。

c0046559_17182391.jpg

 

ゲート前に資材が運ばれる瞬間に立ち会いました。米軍基地内から200名を超える沖縄県警が出てきて、道路を封鎖。250名ほどの市民が警察の壁を越え、資材トラックを積んだトラックの前で搬入を防ごうとすると、力づくで警察が市民を排除します。豊見城市から来たYさんは右手第一関節の伸筋断裂で全治4週間の怪我をおいました。名護市議の翁長久美子さんは、警備員に腕を救われている間に殴られ、肋骨を骨折しました。映画監督の影山あさ子さんも、海上の舟で海保にカメラを奪われそうになり、馬乗りになられるなどの被害を受けています。

「本来は私たちが攻撃の対象になる事自体がおかしいんです」と稲嶺進名護市長は語ります。どうして民主的な選挙で出した辺野古反対という民意が、市民を守るための警察によって、踏みにじられなければならないのでしょう。


 ちなみに辺野古基地建設費用はすべて日本政府が負担しています。官僚や憲法の上に米軍が君臨する。そんな日本の歪んだ状況をあぶり出しているようです。「辺野古の鬼」は見て見ぬ振りをしてきた私たち自身かもしれません。



[PR]
by renaart | 2015-02-02 17:13 | 沖縄 辺野古 | Trackback | Comments(0)

沖縄・運動の代表を隔離〜警察は何を守る組織?〜


1月23日、私が辺野古に行ったとき代表の山城博治(沖縄平和運動センター議長)が
皆がいた所から30メートルほど離れた場所で
10分間ほど10人ほどの警察に取り囲まれていました。
その後、
24日 オール沖縄議員が海上保安庁本部高橋博美次長に抗議。
26日 翁長県知事が海上保安庁本部高橋博美次長と沖縄県警に注意。

などが行われた後も

28日 沖縄県警は、山城さんを20分キャンプシュワブゲート前で拉致、隔離したそうです。

警察に囲まれていたとき、山城さんは腕一本警察に触らず、下を向いていました。
少しでも触れば、公務執行妨害の罪で逮捕される可能性があるからでしょうか。

アブグレイブ刑務所で行われた屈辱的な拷問を思い出します。
周りに10名以上の警察に取り囲まれ 隔離される
このような状況が、どのぐらい 人を精神的に疲弊させるでしょうか。
これが”正当な警備”でしょうか !?

山城さんが隔離されているため、現場の指揮をとるひとがいなくて、
けが人が増えているそうです。

警察のやり方に怒り心頭です。人権侵害です。
法律的には 日米安保条約は憲法より下。
日本は占領国じゃないはず
なんで警察は国民じゃなくてアメリカ軍を守るんだろう。

もう戦後70年経ってる。

外国人基地は国外に出て行くべきだ。

国民ではなく外国人部隊を守るための政府なら、いらない。


[PR]
by renaart | 2015-02-02 16:44 | Trackback | Comments(0)

沖縄報告の動画です。

2月1日に 討論バーシチズンで行われた、増山麗奈の沖縄辺野古報告講演の動画です。

http://www.ustream.tv/recorded/58307075

[PR]
by renaart | 2015-02-02 16:21 | Trackback | Comments(0)

ショックドクトリンにだまされない


911の後、テロとの闘い とブッシュが騒ぎ、アメリカ国民は恐ろしさで思考停止し 中東への空爆を初め、イラク戦争の泥沼に入り込み、10万人以上のイラク人を殺し、米軍帰還兵の四分の一がホームレスになるほどPTSD(もしくは劣化ウラン弾などの健康/神経毒被害)をうけた。
日本は全面的にアメリカにを支援しイラク戦争の戦費の半分を日本が払って
自衛隊は戦後初めて海外に派兵され、米軍のアッシーとして活動した。
戦争に金をつぎ込んでいる間に 日本の格差は拡大。
働く人の三分の一が被正規
シングルマザーの二人に一人が貧困になった。
戦闘行為はしないとされていた自衛隊は実際は戦地で死人を運ぶなどの行為をした。
帰国後自殺した自衛隊員は25名。戦地で負傷した池田さんは重い後遺症に苦しんでいる。
私たちは学んだ。戦争は勝ち負け関わらず 99%の人を不幸を吸って0.1
%の誰かが肥えて行く愚かな貧困ビジネスだって。

結局 フセインは大量破壊兵器を持ってなくて、参戦したイギリスやオランダの代表は、イラク戦争加担の罪を法廷で問われた。

イラク戦争の後、混乱する状況の中で すがるような形で ISISの用な暴力組織が勢力を拡大してきた。

もともとアメリカが攻めなければ ISISは誕生しなかった

また後藤さんの殺害映像のショックドクトリンで
新しい戦争が始められようとしてる。

でも私は信じたいんだ。911以後みたいに人類は馬鹿じゃないって。日本人はバカじゃないって。

過去の反省をもとに、今急に自衛隊派兵だの 憲法改正だの そんなことさせない。自力で考えられる人は増えてる。まだ止められる。

[PR]
by renaart | 2015-02-02 15:23 | Trackback | Comments(0)

後藤さん、湯川さん殺害事件で解せない事

解せない。

湯川氏のBlogと 後藤氏のホームページを詳しく読んでみた。

後藤氏は善意の戦場ジャーナリストで
湯川氏は素人の軍事マニアということになっていて
なぜか湯川氏の死はあまりさわがれず後藤氏の死を戦争へ向かう美談として
政府は最大限に利用している。

後藤氏が喋ってレポートしている昨年のイラクレポート映像@報道ステーションは、湯川氏が撮影したもの。後藤さんのジャーナリストとしての仕事も湯川氏と共同で行っていた。

湯川氏と後藤氏は、仕事上のパートナーだったのでは?

昨年湯川氏と後藤氏は何度も一緒に
中東のISILの国境付近などに行っている。
その旅費は誰がどう出しているのだろうか?

戦場ジャーナリストの知人がいる私としては、
戦地取材 とくにセキュリティを強化しなければならない
前線においての取材がとても金銭的なコストがかかるものだということはわかる。

なぜ彼らは一緒に動いていたのか
湯川氏はBlogに
"さぁ~。みなさんの出番です!ジャーナリストとコラボで、
支援任務です。参加を募集。『クロスオーバー・オペレーション』
僕が会長をしている『アジア維新の会』も含め詳しくは次回に。"
と記してあり、
シリア国内の避難民への食料などの人道支援のための募金を集めたりしている。
ちなみにそのご捕まったからかいくら集まり何に使ったかの報告がない

そのプロジェクトの日本問い合わせ先は、
田母神の支援団体の茨城支部の代表 木本信男(湯川氏の会社顧問)
であり、水戸市議の木本信太郎の支援団体と同じ住所・電話番号である。

田母神は湯川氏と一緒の写真を湯川氏のオフィシャルホームページにアップされているし、茨城の木本氏を通じて面識があるはずだし、アメンバーに登録されているにもかかわらず全く面識がないと否定している。

後藤氏殺害によりますます政府批判をしにくい雰囲気が作られようとしている

しかしこれらの疑問点を無視して
ISIL 憎し→ 戦争を出来る国づくり
なんてしていいのだろうか。

私はまだ二人が本当に亡くなったとは信じてない。

だからお悔やみの言葉をおくるよりも 真実を追究したい。


[PR]
by renaart | 2015-02-02 15:20 | ISIL | Trackback | Comments(0)