<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

奨学金に苦しむ若者達

私は国政にチャレンジしますが、訴える政策の柱は、サラ金化してしまった奨学金制度の抜本的な改革です。有利子型ではなく給付型の奨学金制度へ改革を進めたいと思います。若者に希望を与える東京を目指します。以下、私が調査した同制度の現状リポートです。

      

毎月、数万円を卒業後二〇年間に払い続けなければなりません――

大学で学んだ後、若者やかつて若者だった中年たちを悩ませているのは、大学の学費のために借りた奨学金という名の「日本学生支援機構」からの借金の返済です。奨学金の返納ができず、自己破産に追い込まれる例が続出しています。

 自動引き落としの口座に4ヶ月残金がないと、引き落としがされなくなります。実は、その時点で、個人信用情報調査機関に登録されています。返済が滞ると、年利一〇%(借りた時期によって現在は五%)の延滞金が加算されます。延滞が一〇ヶ月を超えると、ある日いきなり一括請求で数百万円を払えと言う請求書が届きます。

 例えば月無利子五万円と有利子五万円の奨学金を4年間で四百六十五万円の貸与を受けた人が、返済の延滞を続け、気がつくと五百八十万円の一括請求が家にやってくるのです。

 その金額を一括で払えなければ、裁判所で支払い催促の申し立てが行なわれます。二〇一二年度、個人信用情報調査機関への延滞情報の登録は九八七一件、支払い催促の申し立てが九五七一件、強制執行が三二六件でした。三ヶ月以上の滞納をしている人は、三十三万人。日本の奨学金は、そのまま全額を給付するものではなく、借りた分を将来返すローンのようなものがほとんどで、七割は利子付きです。

 それでも、学費を家庭の経済力だけでまかなえない人たちは急増し、日本学生支援機構の奨学金を受けている大学生は、全学生の三八・五%。昼間部大学生だけなら、二人に一人以上が奨学金を受けながら、学校生活を送っている状況。


【就職浪人、学費を払うためアルバイトに明暮れる】


 「そんなはずじゃなかったのに・・」。高すぎる学費や、奨学金で人生のボタンを掛け違う若者が続出しています。

O君は十八歳。シングルマザーの母のいる実家を出て、一人暮らしをしながら、大学に通う。給付型の奨学金枠は応募したけれど、無理でした。奨学金は月三万円を借りています。でも全て学費に消えるため生活費が足りません。昼と夜、二つのアルバイトのシフトを工夫しながら、授業に出ています。でも、正直大学の授業中に、疲れて寝てしまう。アルバイトで勉強ができない本末転倒の状況です。

A子さんは二四歳。四年生の大学で奨学金を七万円ずつ借りました。卒業したが、就職活動がうまくいきません。卒業後半年から始まる奨学金返済の猶予の申し込みをするか悩んだけれど、「バイトで返そう」と猶予の申し込みはしませんでした。でも、アルバイトで返済金額を稼ぐのがやっと。肝心の就職活動をする時間が取れません。

「私、どうなっちゃうんだろう」。不安は募るばかりです。



C子さんは、二十六歳。奨学金を借りて4年生の大学に通い、卒業しました。大学在学中に、商売をしていた実家が倒産し経済状況が悪化しました。奨学金の返済と実家への仕送りをするため、高収入の仕事先を探しましたが、良条件の就職先が見つかりませんでした。現在、風俗店で働いています。他に選択肢が無いため、やむを得ずの判断でしたが、いつこの生活を止められるのか、わからない。

「何のために大学にいったんだろう」出口の無い迷い道に入り込んでしまったような気がしています。


【高すぎる大学学費と、充実していない支援】


現在、日本の国公立大学の学費は年間五十四万円。日本政府は、これを二〇三一年までに九十三万円まで値上げしようとしています。一方、世帯収入はこの一〇年間で約一万円下がりました。厳しい家計の中、利子があると分かっていても奨学金に頼らざるを得ない家庭が増えています。

 日本の学費や奨学金の状況は、世界と比較すると非常にアンフェアなもの。

 北欧5カ国(デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデン)やメキシコ、ポーランド、スロベキアでは、国公立大学の学費は無料です。OECD(経済協力開発機構)加盟三六カ国の中で、年間五千ドル以上の国公立大学の学費がかかる国は、日本と韓国とアメリカだけなのです。

以前は、五千ドル以上の国公立大学学費がかかっていたチリでは、二〇一二年、「学費を安くして」と訴える大学生一二万人がデモを実施しました。その結果、一六年度から、貧困層の子どもたちを中心に学生の3割の学費が無料に。徐々にその割合を増やし、二〇年度には全学生の学費が無料になる法案を可決。

 日本中の全ての大学生の学費を無料にするための予算は年間三八〇〇億円。昨年日本政府が米国防総省から買い取ったオスプレイ17機の価格は3600億円とほぼ同額です。


 他国の軍隊よりも、自国の未来を作る学生たちに思いやりをもつことが筋なのではないでしょうか。

(文責 増山麗奈)



[PR]
by renaart | 2016-01-30 19:46 | Trackback | Comments(0)

エール動画について

youtubeチャンネル、FACEBOOKに、2015年12月15日に沖縄の辺野古運動に参加するXさんとの電話のやり取りを

ご本人に確認の上録画した映像を公開しましたが、12月18日に削除致しました。
動画の内容は私の参院選への挑戦にエールを込めた内容でした。

12月18日に、沖縄出身の国会議員より社民党東京都連に動画の削除依頼のご連絡があり、即日動画を削除致しました。

様々な党派の方が参加する辺野古基地運動に関わるお立場もあるとのこと、ご本人ともご意志を確認致しました。

一部Blogなどで言われているような「ねつ造動画」という 事実は一切ありません。

様々な弾圧の中、現地で辺野古の運動を続けてくださる沖縄の皆さんにいつも感謝しています。

民主主義の基本は、地方自治だと、沖縄の皆さんより教えていただきました。

8割以上の沖縄県民の皆さんが反対をしている中、その声を無視して、辺野古基地建設を押し進める、安倍政権はゆるせません。

辺野古新基地NO!、安倍政権打倒の声を、東京からもあげていきます。
[PR]
by renaart | 2016-01-15 16:59 | Trackback | Comments(0)

被ばく発言、性の表現について


増山れなは、今夏、東京から、社民党公認でチャレンジします。

憲法改悪、秘密保護法、戦争法、武器輸出、辺野古基地建設、原発の再稼働と輸出、などを推進する安倍政権の退陣を求めて全力で戦い抜く覚悟です。

この間いただいた いくつかのご質問に、お答えいたします。

【過去のツイートの表現で、「プルトニウム米」という表現を使った事について】


ツイッター上での発言の一部分が切り取られ、私が国民の皆さんに対して「プルトニウム米を食べろ」と発言したようなニュアンスでネットニュースが流されました。
この発言は、日本政府の役人が国民に対して『「プルトニウムを入った食品を食べろ」と考えているのでは?』と想像して書いたものです。

プルトニウムは、最も毒性の高い放射性物質として知られていますが、現在日本では、穀物、卵などの食品(10ベクレル/kg)や飲料水(1ベクレル/kg)のプルトニウム含有が合法とされています。
ネット特有の現象として、一部分だけの表現を前後の文脈と切り離してクローズアップし、それを批判し炎上させるという傾向があります。今後は誤解を与えることのないよう、細心の注意を払ってまいります。

参考●2011年3月17日の時点で、厚生労働省が全国の市町村にFAXした、「 放射能汚染された食品の取り扱いについて」という資料で飲料水1ベクレル、卵などの食品10ベクレル/kgまでのプルトニウム含有が合法と定められています。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf



【現在のプルトニウム測定結果、今後の対策】

厚生労働省は、プルトニウム、ストロンチウムの食品や水道水に対しての測定を行っています。
プルトニウムは、全て検出限界値以下でNDで、一部の水道水や食品の中から、ストロンチウムが検出されています。

●水道水のプルトニウム、ストロンチウム測定
http://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/10,923,c,html/923/20151111-094610.pdf


●食品のプルトニウム、ストロンチウム測定
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11134000-Shokuhinanzenbu-Kijunshinsaka/2015051501.pdf


 東京電力福島第一原発事故から4年9ヶ月が経過し、人々の被ばくへの意識は薄れ、報道も減っています。
自分の発言に責任を持ち、食品測定の現状、被ばく対策の現状(「子ども被災者支援法」の関連事業が、現在どのように行われているのか等)を調べ、今後ホームページ等で発表していきます。

  被ばく労働者の方々にたいしても今まで年間5ミリシーベルト以下の外部被曝で、白血病の労災申請が出た例があるにもかかわらず、事故後日本では特定避難勧奨地点の指定を解除する基準値を年間20ミリシーベ ルトと定め、子どもたちに年間20ミリシーベルトの被ばくを許容しています。

 事故後直後の緊急事態ならまだしも、今後ずっと続く日常の中でこれらの数値が本当に正しいのか、改めて 調査、議論すべきではないでしょうか。

 また、事故から4年9ヶ月も経った今も、日本の食品を一部輸入禁止にしている国があります。モニタリングの結果を公表し冷静に見ることが風評被害を防ぎ、安心・安全の日本ブランドを取り戻すことにつながると考えます。



【性の表現について】

私は、東京芸大在学中よりアートの発表を行っており、その中には、性をテーマにした作品もあります。 性の表現というのは、受け取る側によってご批判をいただく事があります。宗教・思想・信条など様々な状況によって人の性に対する受け取り方は様々です。性の多様性、表現の多様性を認める社会であってほしいと願っています。

日本国憲法には、表現の自由が認められております。 また、その表現について、ご批判、賛同など様々なご意見を発言していただく事も、 憲法で定められた言論の自由として憲法で認められています。 どちらも民主主義の根幹をなすとても貴重なものです。

性にまつわる表現を排除しようとする動きが、実は他の表現についての規制を強化する事にもつながる場合があります。

いま、この表現の自由と言論の自由が危機に直面していると感じています。 安倍政権は「秘密保護法」を制定しました。これは、政府が特定秘密として定めた事に関して、知る事も調べる事もゆるされない、何が秘密かもわからないというとんでもない法律です。 昨年、国連の報道の自由を調べる調査団の正式訪問を安倍政権は直前にキャンセルしました。 声があげづらくなっている現状を変えていきたいと考えています。


【バイブレータにまつわるパフォーマンスについて】

自衛隊が初めてイラクへ海外派遣をされた2003年12月から一年後、私はバイブレータを使ったパフォーマンスを行ないました。 これはブッシュ米大統領によるイラクへの侵略戦争と、その後のアブグレイブ刑務所での捕虜への虐待、戦時性暴力の危険性を、身体を通じて公立美術館の場で前衛芸術として表現したものです。

私の芸術作品も含めたこの展覧会の展示内容は、マスコミの美術番組でも取り上げられ、広く一般に評価されたものです。パフォーマンスの内容は、事前に美術館の担当者と協議をしたうえで行いました。直後に執筆した著書「桃色ゲリラ―PEACE&ART」では、会場に子どもがいた記述はありません。後日、回想と脚色を加えて執筆した絵本「幼なじみのバッキー」(第10回岡本太郎現代芸術賞入選作)の中で、子どもがいたという記述がありますが、これは自分の子ども(当時2才)を会場とは別の場所で預けていたという意味です。

実際には、会場にいた他の作家にも確認しましたが、パフォーマンス当日、会場に子どもはいませんでした。着衣をしてアート表現をしたものであり、これは大人たちへのアート表現でした。お子さんへの悪影響は全くありませんでした 今後、アート表現について誤解を招かないよう細心の注意を払ってまいります。
[PR]
by renaart | 2016-01-03 16:49 | Trackback