増山れなの街宣予定6月30日

【6月30日の街宣予定です】
c0046559_21201085.jpg
 増山れなの明日29日の街宣予定です!フライヤー配布などのボランティア歓迎です!自動車で他のボランティアさんと移動できる方、大歓迎です‼

7:30 二子玉川駅
9:30 桜新町
10:05 三軒茶屋駅世田谷線前
10:40 下北沢駅オオゼキ横、または南口
11:40 目黒駅西口
13:10 中目黒駅
13:50 渋谷駅ハチ公口
15:00 新宿駅東南口
15:30 新宿駅アルタ前
16:20 地下鉄早稲田駅
17:00 高田馬場
18:30 
保坂展人世田谷区長& 
増山れな参議院東京選挙区候補& 
羽田圭二世田谷区議&
「自治体から見た国勢の課題」
三軒茶屋キャロットタワー5階セミナールーム

[PR]
# by renaart | 2016-06-29 21:21 | 選挙 | Trackback | Comments(0)

増山れなの街宣予定6月29日

c0046559_17372088.jpg
八王子での街宣にて

増山れなの明日29日の街宣予定です!フライヤー配布などのボランティア歓迎です!

国立駅南口 7:00~8:45

国立駅北口  10:30~11:00

西国分寺駅南口 11:30~12:00

国分寺駅南口 13:15~13:45

西武線小平駅南口 14:00~14:30

一橋学園駅北口 15:00~15:30

花小金井駅北口 16:00~16:30

西武線ひばりケ丘南口 18:00~18:20
[PR]
# by renaart | 2016-06-28 17:31 | 選挙 | Trackback | Comments(0)

増山れな山手線一周アクション&祝18歳選挙・若者トーク

増山れな、明日の予定は山手線一周アクション!
いろいろありますが、とりあえず重要なのは、15:30~16:00の福島みずほ社民党副党首との合同街宣(有楽町マリオン前)、17:00からの若者トーク(渋谷ハチ公前を予定)ですね。
以下、主な予定です。
c0046559_19514463.jpg
8:00 池袋西口
8:30 大塚駅
8:40 巣鴨駅 交番前~とげぬき地蔵
10:00 駒込~鶯谷
10:30~12:00 上野駅公園口(ライブペインティングあり?)
13:00 東京駅丸の内北口
休憩
14:30 有楽町駅
15:30~16:00 有楽町マリオン前(福島みずほさんと合同街宣)
16:00 新橋~恵比寿
17:00 渋谷ハチ公口*予定(若者トーク)
18:00 原宿~代々木
19:00 新宿南口
19:20 新大久保~目白
19:40 池袋東口パルコより
20:00 終了!
[PR]
# by renaart | 2016-06-25 19:53 | 選挙 | Trackback | Comments(0)

いよいよ公示日!第一声は新宿で。

c0046559_1818229.jpg
いよいよ、明日が参議院選挙の公示日です。戦後最大の民主主義の危機の今、立憲主義を守る政治家を一人でも多く国会に送ることが、極めて重要です。私、増山れなも第一声を新宿駅東南口で午前10時からやりますので、是非、応援に来ていただければ。よろしくお願い致します。

また、18時半からは、選挙事務所をオープンします。今後、ボランティアなどで関わりたい方、是非お越し下さいませ。
東京都中野区東中野1-50-2 オクト森ビル5F

よろしくお願い致します。
[PR]
# by renaart | 2016-06-21 18:19 | 選挙 | Trackback | Comments(0)

アベ政治を支える経団連にモノ申してきました!

c0046559_1914271.jpg
アベ政治を支える経団連への、増山れなの怒りの声明。シェア歓迎!写真は今月18日、経団連前での街宣。兼子草平さん撮影。
**********
 人々の民意からかけ離れ、生活や安全、平和を脅かすアベ政権のDV政治、その正体は経団連と自民党の癒着にあります。消費税増税や法人税減税、残業代ゼロ法案や派遣法改悪、原発再稼働や武器輸出、そして集団的自衛権の行使容認、全部、経団連が主張してきたことじゃないですか。アベ政治とは経団連のための政治じゃないですか!自分たちの儲けのために、人々の生活や命を軽視するなんて、どこまで身勝手なんですか。私、増山れなは、あなた達、経団連の横暴さを許しません!


〇内部留保ため込んでいるのに、法人税を減税させ、消費税は上げるなんて勝手!

経団連の中心となっている大企業は過去最大の366兆円もの内部留保を抱え込んでいるのに、昨年1月に公表した提言書「『豊かで活力ある日本』の再生」(以下、提言書)の中で、法人実効税率を25%まで下げろ、と主張しています。2000年代はじめには40%前後だったのですから、半分近くまでに下げろ、と言っているわけです。そのくせ、消費税は最大で19%にまで上げろ、という。消費税って社会保障のためじゃなかったんですか?あなた達、大企業の減税分の穴埋めのために使おうっていうのが本音じゃないですか。私、増山れなは、大企業への法人実効税率を上げ、消費税を下げさせます!


〇残業代ゼロ、派遣法改悪も経団連のせい

提言書では「新たな労働時間制度」というものをすすめていこうと、書かかれていますが、これ、要するに残業代ゼロ法案のことですよね。働いているのに、お金を払わない、というならば、大企業トップの皆さんも役員報酬なしで、無償で会社のために働けますか?過労死ラインの80時間の残業、毎月してみますか?人を働かすなら、ちゃんとお金を払って下さい。「一生派遣」「3年で使い捨て」という派遣法の改悪も、経団連が求めてきたことでした。私、増山れなは、残業代ゼロを許しません。改悪された派遣法も見直し、真面目に働いている人々が報われる社会を目指します!


〇福島第一原発事故が起きたのに、原発再稼働?!

福島第一原発事故はレベル7、世界最悪レベルの原発事故です。その収束作業が今なお続けられている中、事故を起こした東京電力の責任追及が未だ不十分な中、経団連は、原発の再稼働や、もはや失敗が誰の目にも明らかな核燃料サイクルの推進を提言書の中で主張しています。お仲間の大手電力会社や、原発メーカーの利権のことしか考えてないのですか?経団連はこれまでも原発推進を主張してきましたが、福島第一原発事故により、故郷からの避難生活を余儀なくされている人々、お子さん達への健康への悪影響を心配しているお母さん達に、申し訳ないという気持ちはないのですか?私、増山れなは断固、脱原発です。地震大国の日本で再稼働などあり得ません。全ての原発を廃炉にし、自然エネルギーや天然ガスなどの代替エネルギーや省エネを推進していきます。


〇死の商人になりたい経団連

経団連は2004年7月発表の「今後の防衛力整備のあり方について」との意見書の中で、武器輸出三原則の見直しを求めていました。安倍政権が経団連の期待通り、武器輸出三原則を2014年に撤廃した後、昨年9月には、武器輸出を「国家戦略として推進すべきだ」とする提言を発表しています。経団連の皆さんは、そんなに死の商人になりたいのですか?人殺しの道具を売ってまで儲けたいのですか?最低だと思います。私、増山れなは、武器輸出三原則の復活させ、さらに各国と協議しながら国際的な軍縮をすすめ、軍事費削減、そのお金を福祉や教育、環境のために使うことを推進していきます。


〇集団的自衛権の行使も経団連ですか!

 経団連は、2005年1月の時点で、「集団的自衛権の行使」を求めた意見書を発表しています。昨年5月にも経団連の榊原定征会長が、安保法制の成立を求める発言をしています。また多くの憲法学者が違憲だと指摘しているにもかかわらず、榊原会長は、安保法制を合憲だとの発言を今年4月にもしています。私、増山れなは野党共闘の中で、安保法制廃止するべく全力をつくしたいと思います!


〇経団連はアベ政治のスポンサー

平成26年度の自民党の政治資金団体「国民政治協会」への企業・団体の献金額は22億1300万円です。献金額上位の企業は、トヨタ自動車や東レ、キャノン、三菱重工などいずれも、経団連に会長や副会長などを輩出している企業ばかり!結局、ワイロ政治じゃないですか、アベ政治は。私、増山れなと、社民党は、企業・団体による献金を禁止し、身勝手で強欲な大企業からふつうの人々へと政治を取り戻していきます!
[PR]
# by renaart | 2016-06-20 19:04 | 選挙 | Trackback | Comments(0)

あやうし!日本の報道デビッド無双

国連の表現の自由調査団のデビット・ケイ氏についての記事をまとめました。非常に重要な示唆にとんだ内容。
当たり前のことをいってくれてるんだが、今の日本からみると後光が射してみえる。デビット無双すぎる!

【報道の自由72位!あやうし日本の報道】

「国境なき記者団(RSF)」による報道の自由ランキング。今回日本はここ10年で最悪の72位に下降した。


c0046559_02005837.jpg
記者クラブ制度の特権を廃止していた民主党政権時代は11位だったのだから61位も下がった事になる。確かに高市大臣の電波停止命令に始まり、戦後初めてジャーナリストがパスポートを奪われるなど、この間の安倍政権のメディア弾圧、言論弾圧ぷりは目に余るものがある。

 昨年11月に、来日予定直前に日本政府より理由を告げられず突如来日をキャンセルさせられた国連「表現の自由」特別報告者、カリフォルニア大学アーバイン校 教授のデビッド・ケイ氏が4月再来日。ジャーナリスト出身と言うデビッド氏。安倍政権をメッタ切りの囲み取材や報告を、外国人記者クラブで行った。
 
 デビッド氏は、特定秘密保護法の施行から1年余りを経て「多くのメディアが自主規制し、独立性を欠いている」と指摘。また、シリア取材の直前に外務省よりパスポートを強制返納を受けて渡航断念を強いられた新潟県のフリージャーナリストの杉本祐一氏のことをうけ、「好戦的な政策を続ける安倍政権にとって、紛争地取材を行うフリーランスジャーナリストは邪魔なんだろう。だからそのような妨害をするのではないか」(デビッド氏)と語った。

 アメリカ、イギリスなど諸外国でもジャーナリストのパスポートが強制返納されるということは極めて稀。デビッド氏は来日中に外務省にパスポート強制返納について苦言を呈した。

【高市大臣とは会えなかった】

電波停止発言を行った高市大臣に対して、「今回の来日では、高市大臣と会談をし、何を心に抱いているかということを確認したい」と来日初日に語っていたデビッド氏。再三の面会要求を大臣に行ったが、面会は実現しなかった。

「理由は、国会が忙しいということでしたが、会おうと思えば、会えると思うのですが・・・」とデビッド氏はあきれ顔。
  デビッド氏は「放送法4条違反をしたテレビ局を放送法174条にしたがって、「停波」しうるとのことだが、そもそも停波ができる放送法自体が問題。メディアの人々に聞くと「やはり脅威である」と皆さん言う。」と語り、続ける「政府職員はジャーナリストに対して注意深くあるべき。これはジャーナリストが政治や安全保障、その他の事柄の報道をするときに、政府が行動を起こすかもしれないというある種の恐怖を注入しないということが重要」(デビッド氏)と語り、「停止という発言自体するべきではない」と強く牽制した。

「日本はオンラインの自由やインターネットの自由は世界でも上位の国の一つです。報道の問題があると思いますが」と語っていたデビッド氏。  
皮肉にもインターネッをト上での監視強化が懸念される法案が、デビッド氏来日中に、熊本地震の最中参院を可決してしまった。

【サイバーセキュリティ法が参院可決】
一週間で500回を越す地震が続く中、メディアは地震一色。
 国民の知らない間に、次々と着々と衆院参院で着々と重要な法案が可決、審議されている。安倍首相は熊本の現地に足を運ばず、「消費税を予定通り値上げ」とも発言。10万票もの川内原発稼働停止への署名が集まる中「川内原発」の稼働を続け、しかも「伊方原発再稼働」再稼働に必要な全審査を終了。いくらなんでも被災者の方々を軽んじすぎではないか。
 そういった最中4月15日に参院を可決した「サイバーセキュリティ法」は、政府にとって、不都合な人物や団体に対してサーバーの管理人を通してネットの閲覧及び監視をすることができる法律だ。IPアドレスから住所の特定まで可能。原発反対、米軍基地反対など政府批判を日常的にしている人物、団体に対しては逐一監視ができる内容だ。
 社民党全員、共産全員、生活山本太郎議員、糸数慶子議員が反対を示したものの、賛成多数で可決。メディアが後退する中、最後の綱であったインターネットでの自由な言論まで弾圧される可能性のある法案に賛成する一部野党は危機感がなさすぎではないか。


[PR]
# by renaart | 2016-04-22 02:01 | Trackback | Comments(0)

あやうし!日本の報道デビッド無双

国連の表現の自由調査団のデビット・ケイ氏についての記事をまとめました。非常に重要な示唆にとんだ内容。
当たり前のことをいってくれてるんだが、今の日本からみると後光が射してみえる。デビット無双すぎる!

【報道の自由72位!あやうし日本の報道】

「国境なき記者団(RSF)」による報道の自由ランキング。今回日本はここ10年で最悪の72位に下降した。


c0046559_02005837.jpg
記者クラブ制度の特権を廃止していた民主党政権時代は11位だったのだから61位も下がった事になる。確かに高市大臣の電波停止命令に始まり、戦後初めてジャーナリストがパスポートを奪われるなど、この間の安倍政権のメディア弾圧、言論弾圧ぷりは目に余るものがある。

 昨年11月に、来日予定直前に日本政府より理由を告げられず突如来日をキャンセルさせられた国連「表現の自由」特別報告者、カリフォルニア大学アーバイン校 教授のデビッド・ケイ氏が4月再来日。ジャーナリスト出身と言うデビッド氏。安倍政権をメッタ切りの囲み取材や報告を、外国人記者クラブで行った。
 
 デビッド氏は、特定秘密保護法の施行から1年余りを経て「多くのメディアが自主規制し、独立性を欠いている」と指摘。また、シリア取材の直前に外務省よりパスポートを強制返納を受けて渡航断念を強いられた新潟県のフリージャーナリストの杉本祐一氏のことをうけ、「好戦的な政策を続ける安倍政権にとって、紛争地取材を行うフリーランスジャーナリストは邪魔なんだろう。だからそのような妨害をするのではないか」(デビッド氏)と語った。

 アメリカ、イギリスなど諸外国でもジャーナリストのパスポートが強制返納されるということは極めて稀。デビッド氏は来日中に外務省にパスポート強制返納について苦言を呈した。

【高市大臣とは会えなかった】

電波停止発言を行った高市大臣に対して、「今回の来日では、高市大臣と会談をし、何を心に抱いているかということを確認したい」と来日初日に語っていたデビッド氏。再三の面会要求を大臣に行ったが、面会は実現しなかった。

「理由は、国会が忙しいということでしたが、会おうと思えば、会えると思うのですが・・・」とデビッド氏はあきれ顔。
  デビッド氏は「放送法4条違反をしたテレビ局を放送法174条にしたがって、「停波」しうるとのことだが、そもそも停波ができる放送法自体が問題。メディアの人々に聞くと「やはり脅威である」と皆さん言う。」と語り、続ける「政府職員はジャーナリストに対して注意深くあるべき。これはジャーナリストが政治や安全保障、その他の事柄の報道をするときに、政府が行動を起こすかもしれないというある種の恐怖を注入しないということが重要」(デビッド氏)と語り、「停止という発言自体するべきではない」と強く牽制した。

「日本はオンラインの自由やインターネットの自由は世界でも上位の国の一つです。報道の問題があると思いますが」と語っていたデビッド氏。  
皮肉にもインターネッをト上での監視強化が懸念される法案が、デビッド氏来日中に、熊本地震の最中参院を可決してしまった。

【サイバーセキュリティ法が参院可決】
一週間で500回を越す地震が続く中、メディアは地震一色。
 国民の知らない間に、次々と着々と衆院参院で着々と重要な法案が可決、審議されている。安倍首相は熊本の現地に足を運ばず、「消費税を予定通り値上げ」とも発言。10万票もの川内原発稼働停止への署名が集まる中「川内原発」の稼働を続け、しかも「伊方原発再稼働」再稼働に必要な全審査を終了。いくらなんでも被災者の方々を軽んじすぎではないか。
 そういった最中4月15日に参院を可決した「サイバーセキュリティ法」は、政府にとって、不都合な人物や団体に対してサーバーの管理人を通してネットの閲覧及び監視をすることができる法律だ。IPアドレスから住所の特定まで可能。原発反対、米軍基地反対など政府批判を日常的にしている人物、団体に対しては逐一監視ができる内容だ。
 社民党全員、共産全員、生活山本太郎議員、糸数慶子議員が反対を示したものの、賛成多数で可決。メディアが後退する中、最後の綱であったインターネットでの自由な言論まで弾圧される可能性のある法案に賛成する一部野党は危機感がなさすぎではないか。


[PR]
# by renaart | 2016-04-22 02:01 | Trackback | Comments(0)

3115年目

311から5年目。
東日本大震災で犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

2014年に作った図です。あげるといつも、リンクが切られます。
10万人中の甲状腺ガン発症例。最近のデーターも表に起さなければならないですね。

2011年5月福島で反戦デモに参加しました。
東京電力の電気を使っていた人間として、福島の方々にお詫びをさせていただいた。その時に「地方に犠牲を押し付けるような社会ではなく、もっとフェアな世界を作りたい」と強く感じ、何かに取り付かれたように
走り続けた5年間でした。

ドイツの廃炉、再生可能エネルギーの状況を取材した。
このまま原発輸出をされてはたまらないとインドに福島の母、少女とを行って文化交流をした。
福島にも何度も通い、福井の原発、伊方の原発にも出かけた。日本中のお母さんと文科省や経済産業省の役人さんに声を届けました。
秘密保護法も通り、原発の問題は報道規制にかかって、書けない事が増えていく事を肌で感じてきました。

その間に映画を3本、単著絵本を一冊
共著を2冊、本の表紙を一冊、仕上げました。
そして今度国政にチャレンジします。

チャレンジが決まったときに福井の原発立地地域、若狭湾で古くから反原発運動を行う、中嶌哲演ご住職にご報告の電話をした。

哲演さんは「運動の代表として、増山さん一人を応援する立場ではありません」と前置きした上で、公開していい内容として、こうおっしゃった。

「増山さんの選挙区は東京です。東京は日本の中心、大都会です。
東京には原発がなく、選挙の争点になりにくいかもしれない。
しかし、原発はエネルギーの問題だけではありません。
原発は、生き方の問題。地方に犠牲をしいて来たいままでの社会構造全てを改めて行かなければならない、ということなのです。

是非、東京で、多くの方に、原発を止めるようにと、訴えてださい。


c0046559_14485134.jpgそして、脱原発、といっても今までの古い世代だけではなく、新しい世代に訴えていく、そういう責務が、増山さんのチャレンジにはあるんだと思いますよ。そういう意味で奮闘を願っています」(中嶌哲演さん)
哲演さんの言葉を重く受け止め、
核や戦争のない社会の実現、
核の被害に会った全ての人々の救済、
誰か犠牲を押し付ける社会からの脱皮

全ての人が愛を感じられる社会の実現をめざします。

「GIRLY POWER~男性社会から女性社会へ~」
http://urx.mobi/sBCg
「原発依存国家」(扶桑社)共著
http://urx.mobi/sBCc

「母親達の脱被曝革命」(扶桑社)共著
http://urx.mobi/sBCL

「げんばくとげんぱつ」(こどもの未来社)単著
http://urx.mobi/sBDl

「浜岡原発の危険-住民の訴え-小出-裕章」★表紙を担当
http://urx.mobi/sBE4

映画 DVD「ママの約束〜原発ゼロでみつけた本当の豊かさ〜」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/renashop/ncgwnuknph.html

映画 DVD「サダコの鶴〜地球をつなぐ〜」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/renashop/nsakcbepi5.html

映画 DVD「派兵の真実」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/renashop/ntkr1rw9f7.html

[PR]
# by renaart | 2016-03-11 14:49 | Trackback | Comments(0)

子どもの貧困 ワンダフルキッズを訪問


板橋区で行われている、何らかの理由で学習機会に恵まれない小、中学生のための無料学習支援室、ワンダフルキッズに社民党 山としひろ青年担当常任幹事 とともに参加させていただきました。

5年前から代表の六郷伸司さんがたちあげ、毎週日曜午後2時から、午後4時までいたばし総合ボランティアセンターで行われています。継続的な活動に頭が下がります。

不登校の中学生、定時制高校生に通う高校生などが宿題をしたり、大学生も集いおしゃべりをしたり。テーブルのうえには、練馬区のパン屋さんから贈られたという無添加の美味しいパンが並べられています。
c0046559_11585576.jpg


3才の時にご両親が離婚されてから、母子家庭で育ち、現在3年間入院中のお母さんを見舞いながら、家事全般を独りでおこなう男子高校生も。生活保護で暮らしながら、定時制の高校に通っています。帰り道、彼の自転車のかごいっぱいに仲間たちがパンをプレゼント
c0046559_11585765.jpg

。毎週日曜日ここにくれば、いつもの仲間がいるということが、彼にとってかけがえのないつながりなんだ、と感じました。

不登校になったことから、就職の機会に恵まれなかった21才の男性もいます。ワンダフルキッズに通うようになってみんなと顔をあわせるうちに、働きたい、という思いが芽生えてきたそうです。
でも、中卒で働ける職場があまりありません。
彼にはまだパソコンなどのスキルがありません。

一度社会や教育のルートから外れてしまった人が、何度でもチャレンジするための、職業訓練の場や 不登校だった若者たちを雇う際に訓練期間中に雇い企業に補助金がでるような制度があればいいのにな、と思いました。

金融市場の顔色ばかり伺う政治ではなく、国民の側を向く政治に変えていきましょう。
学費を安く、生活保護受給家庭の子達も、皆大学で学べるようにしよう。
就労支援を拡大して、根がしっかりした社会を作ろう!
[PR]
# by renaart | 2016-02-15 11:59 | Trackback | Comments(0)

LGBT当事者の方との意見交換会

2月2日(火)LGBTの方々と意見交流会を東京で行いました。


急な呼びかけにも関わらず、3名の当事者の方から貴重なお話を聞かせてくださいました。
本当にありがとうございました。
c0046559_03340302.jpg

皆さんのお話を聞かせていただく中で、LGBTの事を今まで知らなかったけれど、ひょっとしたら、自分にもその傾向があるのではないかと告白してくださった方もいました。

男性を好きになるということに悩みながら、その状況を奥さんに受け入れてもらいながら、結婚、子育てを行い、教師として働き、暮らしてこられた男性Mさん。
女性として生まれ、自身の性別が男性である事を悩み、23歳で性転換手術を受け、戸籍とお名前を男性名に変え、飲食店で働くAさん。
女性として生まれ、女性として暮らしながら、生まれながら両方の性別を持っておられるBさん。
一口でLGBTといっても、多様な方がいらっしゃることを改めて学びました。

電通ダイバーシティ・ラボの「LGBT調査2015」によると、
LGBTを自認する人は全体の7.6%。13人に一人の方が、LGBTを自認しており、「初恋の相手が実は同性だったな」などの経験を含めると、潜在的にはもっと多い可能性もあります。

「生まれながらの性別」 「ご自身が感じる自分自身の性別」  「好きになる対象の性別」 があり、
①男性として生まれ、自分自身で男性と感じ、女性を好きになる
②男性として生まれ、自分自身で男性と感じ、男性を好きになる
③男性として生まれ、自分自身で男性と感じ、男性も女性もすきになる


④女性として生まれ、自分自身で女性と感じ、男性を好きになる
⑤女性として生まれ、自分自身で女性と感じ、女性をすきになる
⑥女性として生まれ、自分自身で女性と感じ、男性も女性も好きになる
という方の他に
⑦男性として生まれ、自分自身で女性だと感じ、男性を好きになる(MTF Man toFemale)
⑧男性として生まれ、自分自身で女性だと感じ、女性を好きになる(MTF Man toFemale)
⑨男性として生まれ、自分自身で女性だと感じ、男性も女性も好きになる

⑩女性として生まれ、自分自身で男性だと感じ、女性を好きになる (FTM Female to Man)
⑪女性として生まれ、自分自身で男性だと感じ、男性をすきになる (FTM Female to Man)
⑫女性として生まれ、自分自身で男性だと感じ、男性も女性もすきになる

という方、
⑬また生まれながらにして、両方の性をもっておられる、もしくはどちらの性別だと判別しにくい方
その方々も、自身が認識する性 好きになる性 がそれぞれ違います。

みなさん、思春期の時代に、学校やご家庭にもなかなかその事を伝えられず、悩む事が多いのだとおっしゃっていました。職場でも、インターネットを通じてLGBT当事者であることばばれそれが噂となり駅で通りすがりに心ない言葉で知らない人にからかわれた、という体験を語ってくださった方もいました。

男性として生まれ、自身を男性だと感じ、男性を好きになる42歳のMさんは、教師として働いていた事もあったとのことですが、教育の現場におけるLGBTへの理解が無い事を憂いていました。
「教師が、軽い気持ちで「ホモだ」などと冗談でいうたびに、傷ついていました。あれから20年がたっても、教育現場の意識は変わっていません。教育の現場で、相談窓口や、教師に対するLGBTについての配慮、教育が必要」(Mさん 塾講師 42歳)
自分自身のアイデンティティを育んでいく大事な時期に、自らを否定したり隠したりしながら暮らすのはとても大変な事だと教えていただき、教育現場、社会全体で理解をすすめていきたい、と感じました。

【愛する人を看とれない絶望】

Mさんのご友人で、20年一緒に暮らしていた同性のパートナーが、ご病気で亡くなられたときに、生前ほぼ絶縁状態になっていたご家族が現れ、遺品を全て持っていき、葬儀にも参列できなかった男性がいるというお話もおききしました。現在日本では同性婚が認められていないので、病院で危篤状態になったときなどに、家族として病室に入れないという問題もあります。
「実際血のつながった家族よりも深く信頼し合っていたパートナーを看とれない、お葬式にも参列できないというのは本当に惨い事なんです」(Mさん)LGBTの問題は生きる尊厳を奪われる、人権問題なのだと改めて教えていただきました。

「テレビに出ているゲイの方などは、本当に才能のあるキラキラした人達です。LGBTというとそういう方を想像される方が多いと思いますが、ほとんどのLBGT当事者の方は日々を一生懸命働き普通に暮らす人。LGBTに対する政策が、そういう普通の人達が、暮らしながら感じている生きづらさや尊厳を奪われるようなことを、少しでも減らすものになって欲しいと願っています」(Mさん)

【性転換手術と戸籍の性別変更】

小さな頃から、ボーイッシュで、自分自身が女性である事に違和感を感じ、23歳で性転換手術を受けられたAさん(28歳 飲食店勤務)は、その後名前を変え、戸籍の性別を変えました。オシャレで清潔感があり、今時のかっこいい若者という印象です。若くして、自分の人生を切り開いていく行動力に感銘を受けました。

戸籍の性別を変えるためには、子宮を卵巣を摘出することが必要になり施術病院で施術医師の証明書を裁判所に提出するそうです。日本国内にも、性転換手術を行う病院はありますが、順番待ちで予約が埋まっていることと、費用が高額になるので、タイで手術を受ける方が多いそうです。Aさんもタイで手術を受けました。
手術費用は80万円ほどだったそうです。月に1000円ほどの保険適応の費用で男性ホルモンの投与を行っています。
手術後、後遺症がないことなどをタイの病院で証明してもらわないと、日本に帰国できないことが、ガイドラインで決められているため、手術を受けたまま日本に帰国できない方もいるそうです。
個人差があるものの、性転換手術には、更年期障害が急にやってくる、ホルモンバランスが崩れる、男性ホルモン投与によって、薄毛になりやすいなど後遺症のリスクが伴います。

「幸い、自分はほとんど後遺症は、ありませんでした。それよりも女性としての身体で生きていく事が辛すぎた。あのままでは生きていく事ができない、そのぐらい切羽詰まった気持ちだったんです。胸が膨らんでいくのがいやで、いつもさらしを巻いたり、スポーツ用のブラで胸をつぶしないと外出できませんでした」(Aさん)



【同性婚世界の潮流】

LGBT当事者の方々のデモやパレードなどが全世界で行われ、
2000年以降、世界中の多くの国で同性婚が認められはじめています。

2001年 オランダで同性婚が認められる
2002年 スペイン カナダ
2013年 フランス、ウルグアイ、ブラジル、ニュージーランド
2015年 ルクセンブルグ、アイルランド、アメリカ全米

また、日本では昨年より、世田谷区、渋谷区で同性のパートナー同士を結婚に相当する関係と認める
「パートナーシップ証明書」や「パートナーシップ宣誓書受領証」の発行を行っています。
携帯電話の会社では、同性パートナーの家族割りサービスも始まっています。

日本が様々な生き方、家族の形がありのままに認められるやわらかい社会になってほしいと願っています。



[PR]
# by renaart | 2016-02-05 03:18 | LGBT | Trackback | Comments(0)