アンマンから愛を込められて・・・・

いやあ、桃色ゲリラアンマン支局長である(いつの間に!)イラク人画家、ハジム・アル・ブスターニさんのプッシュが凄いですわ。ブッシュじゃないよ、プッシュPUSH。
昨日も2通もメールと電話を頂き、今年行う予定のハジム&麗奈の展覧会の打ち合わせ、と称して、あれはラブコールだと思うの。私も先日東京でやった桃色ゲリラ反戦デモの様子を写真でメールしたんだ。「あたしら、忘れてないぞ♥」というメッセージを込めてさ。
実はあのデモ、ハジムさんにその写真を送りたいが為にやったような所もあるんだ。
だって喜ぶと思ったんだもの。母国にことでずいぶん落ち込んでそうだったからさ。

全ては愛の為に始まるのだ!愛の為に作るのだ!それがアンディ・ウォーフォール後のそして9・11後の現代アートなのだ!複製されてもされてもされまくっても愛が溢れまくるようなものを作るのだ!LOVE! ハジム!!

ハジムさんからの電話はアラビア語で「ミシュミシュ」ことにゃんにも変わってあげて「マリハバ!(アラビア語でこんにちは)ハジム〜」などと言わせたら、結構ハジムさん参っちゃったらしい。

「ミシュミシュと麗奈に会いたい」とメールでも愛の攻撃が続行。
しかも麗奈とにゃんの体と顔の写真を送ってほしいとのこと。ハジムさん、何に使うの〜?

これは是非展覧会成功せねば!そして出来たらアンマン〜日本にも展覧会巡回して、日本の皆さんにもハジムさんと彼の作品を是非おみせしたいな。そして我がアトリエ猫の家で一緒にビールを飲みたい。
彼の絵画における寓話的表現はかなりのものだと思うのよ。それは府中美館長の本江さんも太鼓判を押してた。今の日本に無い才能だ、と。
ハジムさんがただのエロ親父ではない事は伝えておかなくてはいけない。彼は私が尊敬する真のアーティストの一人だ。彼とのコラボレーションは私にとっても大きな挑戦。絵の中でいろいろな発見があると思う。いろいろな物事を深く考え、感じ、今度こそゆっくりいい絵の制作に取りかかりたい。彼に負けない絵を描かなくては。新しい時代を切り開くようなものを描きたい。
画像*ハジム・アルブスターニ「- 野蛮の前に立つ文明、あるいは9.11後の世界 -」

c0046559_12542292.jpg


ハジムさんのプロフィールはここをご覧ください。

関係ないけれど、昨日とあるボーイフレンドにコルセットを買ってもらおうと思って新宿の街をうろついていたんだけど、コルセットって随分デザインが少ないよね。私が欲しいのは黒くて、ブラ部分のストラップが取り外せて、腰骨ぐらいまでの長さで、しっかりしてて、でもレースとかついていて、デザインもかわいく、Gジャンからちらっと見せられるようなかわいいもの、なのだが、何処探しても無いんだよね。OKADAYAと伊勢丹の下着売り場とマルイは廻ったのだが、どれも帯にするには短し、たすきにするには長し(古い)という感じでデザインがかわいいものはしっかりしてないし、しっかりしているものはベージュのおばさんっぽいのしか無いしでさ、ブラはいろんな種類があるのに、何故コルセットは如何にも矯正下着みたいのしかないんだー!!どこに行ったら手に入るかな?知っている人教えてください。今年の夏は腰がきゅっとくびれたキュートな出来る女になりたいんだけどさ〜。
[PR]
# by renaart | 2005-03-23 13:01 | Trackback | Comments(2)

保育園での地位格上げとアナロジック寺田の逆襲

先ほど保育園ににゃんを送りにいったら、I先生がニコニコして近づいてくる。しかも、いつも「にゃんちゃんママ」と呼ばれているのに今日は「芸術家増山!」に格上げだ。「芸術家増山〜いい事思いついちゃったのよ〜!!!」どうやらI先生は先日某新聞に私の記事が載っていたのを見て、惚れ直してくれたらしい。(赤線を引いて家族中で記事を読んでくれたそうだ。)そしてひらめいちゃったらしいのだ。
「保育園の外観に絵を描こう!」と。
「芸術家増山にほら、全体のイメージを作ってもらってさ、子供たちも参加してさ、保育園に絵を描きましょうよ。ね、ね、Aちゃんママも参加してさ、ほら、園長先生やりましょうよ!」
と偉い盛り上がりぶりだ。
確かに家の保育園は新宿にあるし、ビルの中そのままが保育園なのでちょっと見かけが殺伐としているのだ。ひょっとしてここでいい絵を描いたら、毎日保育園に通う子供たちもお母さん、お父さんたちも心が和むかもしれない。願わくばそれで子供たちの心を襲う現代の絶望からみんなを救えるかも〜!絶望野郎にパンチをお見舞いするぜ!桃色ゲリラ〜パーンチ!
しかし最近数人の男どもを保育園のお迎えや見送りに連れて行ったりしていたので、おそらく保育園内での私の評価は「素行の悪い不良ママ」だと思っていたので、一安心。

昨日お知らせした古坂るみ子さんのHP、アナロジック寺田が懲りずにパワーアップさせてくれたぞい。
薔薇と猫の動きに注目・・
昨日見た人も、だまされたと思ってもう一度!
古坂るみ子さんのHP
[PR]
# by renaart | 2005-03-22 10:00 | Trackback | Comments(2)

古坂るみ子さんのHP

アナロジックの寺田さんと渾身のコラボレーション、
シャンソン歌手古坂るみ子さんのHPがついにオープン致しました。
トップページや、中面、ギャラリーに、イラストを描きおろさせていただきました。
トップページの猫の動画はディズニーアニメに勝るとも劣らない、かも。
でも寺田君、もう数秒早く猫動かさないと、見れないよ〜
という訳で皆さんゆっくりトップページを堪能してくださいね。

古坂るみ子さんのHP
[PR]
# by renaart | 2005-03-21 14:32 | Trackback | Comments(2)

日本が誇る反戦カメラマン

我らがカメラ小僧ムキンポ氏の
お仕事を見よ!
桃色ゲリラ
WPNの人々
まだあるよ

ムキンポ氏が見つめてきた道筋は日本の運動史を語る上で欠かせないものになるでせう。
そして更新がはやいね。
[PR]
# by renaart | 2005-03-21 10:07 | Trackback | Comments(2)

3月19日久しぶり!桃色ゲリラデモ参加


昨日3月19日はブッシュ大統領がイラクへの先制攻撃を始めてから2年。
3月20日だったじゃんと思ったが、イラクの日付は3月19日だったらしい。
c0046559_14221415.jpg


Photo by 山口花能


久しぶりに桃色ゲリラで行ってきました。反戦デモ。
c0046559_1445149.jpg
c0046559_146251.jpg

女の子だけじゃ無くて、今年はサルとか
c0046559_1410222.jpg
ちびっ子なども参加。  PHOTO BY 海樹
[PR]
# by renaart | 2005-03-20 14:24 | Trackback | Comments(9)

あ、赤旗にでてた。

先日、アトリエで有馬理恵さんと対談した、しんぶん赤旗の記事がウェブで見れますよ〜。
靖国問題などにも突っ込んで話してあって必見です。

対談記事

みんなみてね。
編集部のKさんからの情報によると日刊紙で3回連載で載せてくれたこの記事への評判はかなり高かったみたいで、読者の方からの反響が多かったのだそうです。
うれしいな〜。でも使われている写真の髪が跳ねてて自分ではちょっといやなんだよね。
有馬さんが美人だから余計に落ち込むかも・・・・。

実は今実家に来ていて、19歳になる弟と恋バナで盛り上がっていたところ。今度後輩にデートに誘われているらしい。かわいい~。弟は強いて言えば、元スマップ今レーサーの森君とあたしを足して2で割った感じ。浪人時代を経てやややつれ、ぱっと見20代後半に見えるけど、話してみるとまだまだ子供。
桜の咲くこの季節、弟にも早く春が来るといいなとお姉ちゃんは思うのであった。
今弟はコーヒーに凝っていて、いつも豆から挽いて絶妙なおいしいのを入れてくれるのだが、今日は手抜きして100円ぐらいの粉コーヒー。まずいとも言い切れないが、まあ、冷えたドトールコーヒーよりはましかな、ぐらいだった。彼女においしいコーヒーを入れてあげられるいい男になっておくれ。くれぐれも最初の一ヶ月だけは入れるけど、あとは何の家事もしないようないいかげんな男にだけはならないように。
[PR]
# by renaart | 2005-03-19 00:45 | Trackback | Comments(0)

明日はデモだぜ!

2年前の3月19日、私は桃色ゲリラと言う名の変なグループとして新宿のアルタ前路上で戦争反対のカードを配っていた。

世界中で反対の声が上がったにもかかわらずそしてその翌日ブッシュ大統領はイラクに対する先制攻撃を開始した。
あれから2年という年月がたった。イラクにすむ人たちにも、日本に居る人たちにも、アメリカに居る人たちにも、平等に時間は流れた。みんな2年分年をとった。その間に新しく産まれて来た子供たちもいる。あのとき1歳だったにゃんは3歳になった。初期桃色ゲリラ隊員F枝のお腹には今新しい命が宿っている。

1年前イラクへ行った。ほんのちょっとだけの滞在だったが、それは私の人生を大きく変えたのだと思う。私は今イラクに住む何人かの友人の事、そしてアンマンに滞在しているイラク人アーティスト ハジム・アルブスターニさんの事を思う。彼にとっても大変な2年だった。ハジムさんはその間に病気もした。バクダッドでコーヒーをごちそうしてくれた橋田さんは武装勢力に撃たれて亡くなった。お会いした事はなかったけれど、若き旅人香田君は武装勢力に殺害された。じゅりっちはそのショックで髪を切った。みんなにとって、結構しんどい2年だったね。

私は今年のはじめ離婚をした。イラク戦争が直接関係ある訳ではないが、私はどうしてもイラク戦争の事をいろいろな自分たちの想い出を絡めて考えてしまう。
世界平和だの言っている割にはスケールの小さい周りの人々と過ごした時間の事をかんがえてしまう。

おそらく団塊の世代の人々がかつて行っていた闘争を甘い思い出として語るとき、彼らはその闘争の間に自分たちの間に起こった青春の思い出を思い返しているのだと思う。
その気持ち分かるわ〜
運動が力を持つときというのはおそらく無数の個人の人生を絡めて、その中で無数の激動のストーリーがあったんだろうな。それは彼女を寝取られた、とか、男に逃げられた、彼氏が出来た、とかそんな次元の低いと言われているようなそんな物語りなんだろうな。大きな声ではいけないけれど、正直私もかなりすったもんだありました(古い)。は、は、は、いろいろな私利私欲が絡まり、運動は盛り上がっていくのだ。小さな物語の集合体は大きな物語を変えていくのだ。だからいつも頭悪そうな話ばかりしている事、許してください。運動とはそのぐらいじゃなくっちゃ始まらないのですよ。

さて、思い出に浸っている暇はないのだ、私は人生に、地球に絶望するほど暇じゃない。
闘争は今ここで続いている。
大量破壊兵器も見つからなかったし、今もイラクの治安はひどくなる一方だ。
イラク戦争も終わらないが、あたしの戦いも終わらない。
現在進行形、桃色ゲリラ、ゲリラ隊員を引き連れて、ただ今、真っ最中〜!
あんまりに無碍な占領反対!戦争反対!

という訳で、この日記をご覧の皆様、ネットサーフィンしている場合ではござりません。街に出て、デモでもしよう!あたしはパレードなんて言わない。それ、デモだよ、デモ。中途半端にこびる感じがいけ好かねえ。週末はデモぐらいがいけてる女として当たり前ぐらいの世界を作らねばさ。デモは生き様。ファッションじゃねえつーの。
桃色ゲリラはワールドプースナウに参加します。12時から日比谷野外音楽堂楽屋周辺に集まり、
パレードは日比谷〜銀座間。3時から日比谷野外音楽堂出発。
新衣装と旗をつくりましてん。突然参加する人もそのまま服の上から着れるピンクの衣装もつくりましてん。という訳で老若男女だれでもいいよ、いっしょに桃色ゲリラになろう!
平和の事、彼女の事つまらん事つまらなくない事何でもいいから話しながら、一緒に街を歩きましょう。そしてこの日を決して忘れないようにしよう。

イラクで亡くなった多くの名も無き人々に冥福を捧げます。

ではでは〜
[PR]
# by renaart | 2005-03-18 14:43 | Trackback | Comments(0)

ソウルが熱いぜ!

去年個展&イラクアート展でお世話になったソウルは新村にあるギャラリー夢幻で面白そうなイベントが4月9日にあるぜ。私も行こうかな〜
相変わらずフライアーのデザインがめちゃくちゃいけてる。オーナーのKIMさん元気かな〜
c0046559_3513457.jpg

[PR]
# by renaart | 2005-03-17 03:52 | Trackback | Comments(0)

アンマンで展覧会

まだスケジュールは決まってないが、今年、アンマンでハジム・アルブスターニさん(イラク人画家)とのコラボレーションの展覧会を開催する事になりそう。
楽しみです。
[PR]
# by renaart | 2005-03-16 16:57 | Trackback | Comments(0)

北海道から帰ってきて意識朦朧・・・

魂が抜けたように、昨日一日中寝てしまったのだ。
なぜなら桃色ゲリラ北海道公演が終わり、精も魂も使い果たしてしまってね。
今朝ふと気付くと、やる事が無性にいっぱいある事に愕然とし、起き上がったのであります。にゃんはいま実家に行っておって、これから数日間は育児放棄して仕事モード。
古坂るみ子さんのHPの猫の絵の動画用イラスト(=写真)c0046559_1343793.jpg

を作らねばならぬ。猫を動かす為には、30枚ほどのイラストを書き上げなくてはならぬ。さあ私立ち上がるんだ!
そして、そして、忘れてはならぬ。4月は個展だというのにまだ準備が全然なってないではないか、どうするんだよぉ〜///c0046559_145185.jpg

今日は愛する松尾スズキさんの舞台を青山に見に行く。
いやあ、構成のうまさ、芝居の達者さ、脚本のボキャブラリーの豊かさ、意味をつけようとしつつ意味からはなれてゆくあの巧みさ、素晴らしいわ。
でもストーリーの本質には現代の殺意という事とマジに向き合っている、言いたい事は其処に凝縮してあったりして。
楽屋で松尾様にお会いした時あんまりうれしくて挙動不審におろおろしてしまった。
ただ顔色が悪かったのがちと心配。忙しいんだろうな。
桃色ゲリラもあのぐらいになると凄いんだけどな。

加藤散人に「事務的能力のある人に近くに居てもらえるといいんだけどな。」と言われる。
確かにね、まだまだだけどもういっぱいいっぱい、毎日仕事と育児とにおわれてテンパリ気味です。スケジュール管理とか、アトリエ掃除とか、請求書&領収書の管理とか、輸送するべきものをパッキンしてくれるとか保育園のお迎えにいってくれるとか・・そういう秘書的な人が居てくれるといいな。まあ収入が少ないのが痛いけれど、この感じで行けば私結構行けるかもよ。有能なマネージャーがつくといいなあ。マネージャーのおかげで仕事が増えれば、給料も払えるしね。どなたか、最初お試しで、私の仕事を手伝っていただける事務的能力に長けた方はいらっしゃいませんか。プロジェクトを仕掛けてゆくにあたって、いろいろな管理、プライオリティの付け方など近くで『こらー!いまはこの仕事に集中しろ〜』『次はここに営業かけろ〜!』などと対等に私を叱りつけながら伸ばしてくれる有能な方が居るといいのだが。出来たら30代で芸術or芸能or編集などの仕事の経験がありつつ、社会的なルールが身に付いていて、常識のない私を叱りつけてくれる方。給料は要相談。最初はお試しで週一とかで。
興味がある方は増山携帯090−2543−2379 renaart@gameni.orgまでご連絡ください。

今日はピーチ君が奥様力を発揮し、アトリエ掃除、皿洗いなどを行ってくれる。その間私は芝居鑑賞や昼寝をして、いいご身分だわ。

ああ、ニャンの居ないフトンで寝るの、やだなあ。
「あしびきの山鳥の尾のしだり尾の
ながながし夜をひとりかもねむ」
古今東西、独り寝というのは、せつないもの。人肌恋しい!ってまだ一泊目ではないか!
[PR]
# by renaart | 2005-03-16 01:36 | Trackback(1) | Comments(0)