悪魔の幸せ〜異端ぶってる余裕は無い!

写真は加藤散人がとってくれた、先日某所で行われた桃色ゲリラ創立時メンバー、ふみえの結婚式での一こま。にゃんと私しあわせショット。ああ、同じ、顔だ。
c0046559_14192389.jpg
朝起きるともう昼の12時。でも日曜日だから保育園が無いからいいの。しかも今日放送された新日曜美術館の放映時間に合わせ、new 増山麗奈サイトをアップするべく、analogicの寺田さんと朝の8時頃までメールと電話のやり取りで資料をおくりあっていたのだし。寺田君、アシスタントの方々もほんとうにありがとね。みなさん力作増山新WEBサイト、是非見にいらして!
http://www.renaart.com/
リンクフリーなので是非みなさんリンクはってちょ。
何故だか加藤散人がアトリエにオリジン弁当の朝飯を支給しにきてくれる。ああ、ありがたや。ニューウェブには加藤散人が書き下ろしてくれた「桃色ゲリラ」論もアップしたよ。
http://www.renaart.com/works/pink/

じゅりっちと昨日の夜、コメントの欄で話していた内容がとても興味ある部分だったので、ここで書きたい!

ずーっと考えていた事なんだ。私は「変わっている。」とか「ドラッグやってるでしょ。」とか
「絵描きはアウトローだから・・」とか言われ続けてきた。
でも言うよ。私は一度たりとも、「不幸になろう」「絶望系になろう」として生きてきたわけじゃ無い。それは拒食症だったときも、クスリをやっていたことのある在日韓国人の彼に殴られた時もそのショックで父ちゃんが半身不随になった時も、自殺未遂した時も、フランス人とユダヤ人にレイプされた時も、公園でも部屋でもどこでもSEXしまくった時も、ちんどん屋と結婚しようと決めた時も、別れた時も、子供を産んだ時も、イラクに行った時も、そうだ。いつだって本気で人を愛してきたつもりだ。ジミヘンだって、尾崎豊だって、ゴッホだって、「破滅型」と言われるアーティストたちって居るけれど、私は彼らが破滅しようと決めて破滅した訳じゃないと思うよ。周りでも居るよ。自殺したり、リストカットを繰り返したり、アル中になったり。それは、悲しい。友達がそんな風に壊れていくのを見るのは、悲しい。

そりゃあ、若かりし日々、そういうアウトローな芸術街道に憧れていた事もあるよ。でもね、そんなふうに芸術を特権化して「普通の幸せ」という事を軽蔑してはいけないのですよ。人類皆みんな母ちゃんのアソコから産まれてきたわけですよ。あーた、それは産むってことはたいへんなことよ。中出しされてから10月10日、お腹はどんどんふくれあがり、産んだ後も歯は悪くなるわ、お腹の妊娠線もなおらないわで。乳だってすわれてしぼむよ。未熟児で産まれる人だっている。お産で死ぬお母さんも居る。みんなお母さんの命を削って産まれてきたんだよ。ありがたい事なのよそれは。だからそんなふうに異端に憧れて絶望をわざわざするなんて、そんな失礼な話はないのよ。わざわざ絶望しなくたって、世界には溢れるほど多くの絶望で満ちているのだから。せめて、私は今、隣に居る人に、壊れてほしくないんだ。そしてその想いが伝染菌のように周りに伝わっていくといいと思うんだ。出来たら世界に溢れているそんなひび割れた壊れた心に染み通る表現をしていきたいです。多分それは簡単な事ではないのですが。その為には私は人を愛する事を馬鹿みたいに信じていきたいのです。

異端ぶる余裕なんてないですよ。必死です。ご飯食べれるとうれしいです。おいしいとなおうれしい。好きな人と食べるとなおおいしい。にゃんにはそんな暖かい時間をたくさんしってほしい。それが今後彼女の心を襲うかもしれない、「現代の絶望」という魔物を追い払う心の力になるかもしれないから。必死ですよ。そろそろ脱力系の表現も出来るようになりたいなーと思いながら、なかなかね、常に肩に力はいっちゃうよね。締め切りを守る事、にゃんの保育園にコップ持っていく事、掃除する事、おしゃれ着はエマールで洗濯する事、出来るだけいい作品を作る事、約束の請求書を送る事。そんな事で必死で、絶望に憧れる余裕なんて無いのです。うまく書けなかったかもしれない。また、書きます。
[PR]
# by renaart | 2005-02-06 15:29 | Trackback(2) | Comments(4)

アポロの譜面台


幸せな絵を描いてくれ、と。作詞家&歌い手アポロの 譜面台のペイントを頼んでもらった。
「増山麗奈は今が底値。買い時だ。」と思ったらしい。失礼な!
アポロとは3月に北海道桃色ゲリラ旅芸人ツアーを一緒に行く。
今日はその打ち合わせもあったのだが、どうなる事やら。
c0046559_20592235.jpg


















その下絵↓
c0046559_210224.jpg

[PR]
# by renaart | 2005-02-05 21:02 | Trackback | Comments(3)

松尾スズキ様

最近私の心から離れない男が居る。
その名も松尾スズキ様。もはや誰もが知る小劇場からやってきた大人計画のボスだ。でも、松尾さん奥さんいるんだよな〜。もう(もう?)不倫はやめようって固く心に誓ったのだが・・・・。困ったなー、でも愛する心にバンドエイドは貼れず。

彼の著書「この日本人に学びたい!」(1999年10月ロッキング・オン刊を加筆修正の上2004年に慶昌堂印刷から出版)を読んだ。ノイジーな世界に向かい合うという事はその奥にある絶望と対峙するということなんだな。松尾さんは可愛いずみとか、テリー伊藤とか、酒鬼薔薇聖斗とか、飯島愛とかワードショー的なモチーフをちりばめて、単なる現象としてではなく、社会の根底にある問題を摑み撮ろうとしている。それは社会問題を語る人がいつのまにか宗教に行き着いたり、自然農法に悟ったりするような安易な解決法ではない。
一見アホに見える文体の中で松尾様は深ーく世の中を見据えていらっしゃるんだな。
そのまなざしは愛に満ちて。
表現者として、尊敬してます。
[PR]
# by renaart | 2005-02-05 13:18 | Trackback | Comments(4)

シャンソン歌手 古坂るみ子さん

のイラストを書かせていただいてます。大人のセクシーさ出てる?


c0046559_175865.jpg







もひとつ。

c0046559_1203213.gif


どうも画像のサイズの感覚がまだ使いこなせませんわ。
[PR]
# by renaart | 2005-02-05 01:10 | Trackback(1) | Comments(1)

日韓文化交流の一環として、カン様がアトリエへ!

カン様こと韓国の映画監督の李康先(イ・カン・ソン)氏がアトリエにやってきた。
カン様は去年ソウルでのパフォーマンスを手伝ってくれたりした大事な友人。
映画「夜を賭けて」
 http://www.artone.co.jp/yorukake/
のスタッフもやってたり、いままで日韓の文化交流に貢献してきたあったかい兄ちゃんなのだ。 私も美術で協力したいな、と思ってる。
カン様はこれから撮る映画の事で、いろいろと忙しそう。血と汗をにじませて書いたと言う、必殺の台本を手渡していただく。そのタイトルも「旅路」&「宝石と恋人」。日本と韓国で撮影をする日韓合同企画。

猫の家文化大革命第2弾!なんとLANケーブルを二股、三股に出来る機材(有線Bルーター¥3880をサクラヤにて。)を購入し、カン様のウィンドウズXP韓国版にLANをぐいっと挿入。なんかこの機械エロティック。韓国と日本のパソコンが繋がれる、二国に二股かけて、不純機器交遊♥このウィンドウズ、ハングルなんで、なかなかめんどくさいところもあるのだが、無事、インターネット接続完了!!!!歴史と国境を越えて今、夢の橋が結ばれようとしてます。あれなのね、ウィンドウズの構造って、言葉が違っても同じなのね。コントロールパネルとか、なんとかプロトコル、とか。同じシステムが各国に翻訳されている訳ね。そりゃあ、ビルゲイツ、こんなもの作ってりゃあ、お金持ちになるわさ。
「どうしぇ作るなら、こう言う映画を作らないとだめでしゅね。各国で翻訳されるような。」とカン様。c0046559_1524435.jpg

カン様は今、映画製作のために日本を走り回っている訳だが、出来上がった映画は堀江もんのとこのライブドアで無料配信される予定らしい。これからは映画や、TVの映像配信システムも大きく変わってくるんだろうな〜。結構インターネット系の会社はお金余っているから(球団を買えるぐらい)、芸術にももっと投資してくれるようになるといいな。ヨーロッパだってどこだって、教会とか、その当時お金を持っているところがアーティストを育ててきた訳だしさ。プロバイダーって、今世界を牛耳っているインターネット信仰の教会や寺院の様な役割な訳じゃない。日曜日教会で貧しきものがコンサートを無料で聴けるように、ありがたーい壁画やステンドグラスを見れたように、アートを見せて、作らせて!
ではみんなもカン様の映画の事、応援してね!
[PR]
# by renaart | 2005-02-04 16:12 | Trackback(1) | Comments(2)

ADSLが我が家にやってきた。

ああ、やっときたよ、yahoo BB。ADSLがこの青いLANコードにのってえっちらおっちら新宿富久町までやってきた。つらかったな、繋がってない日々。なんか世界と隔離されているようで、自分だけ取り残されているようで。もう私、画像も送れるし、メールチェックもスムーズだし、ネットサーフィンも出来る現代人になったよ。簡単な事じゃないか、コードを3、4本繋げるぐらいで。
でもネットの不自由な日々もなかなかよかったとも言える。ついいつもあると考えないじゃん、ネットとは何か、と。なくなってからわかるその存在。親とか恋人みたいなものでさ。
ずっとぬるま湯みたいな愛でくるまれて生活してきたから、いつの間にかいろんなものがあったから、最近の生活、風呂なし、ネットなし、テレビなし、って言うのは、貴重だったんだよ。今、私は何を必要としているか、という事がちゃんとわかると言うか、大事にものを使う勉強だね、これは。だいたい私は大事なものを破壊したり、無くしたりしすぎてきたのです、いままで。
c0046559_2132557.jpg

ああ、このLANケーブルがくるまでが長かった。固定電話の無いサービスだとNTTの登録の住所が違ってるだの何だのいわれ、大家さんのご慈悲で電話の加入権を貸してい頂き、
かおりんからFAX電話を頂いたのだが、それが送信は出来るが受信は出来ないというはぐれもので、その後巨大なFAX件電話件プリンター件スキャナー件カラーファックスという新機種を購入し、そして何度か電話した後SAKURAYAで一時間以上もかけて店員さんとヤフーの会社の人と電話して、あまりの大変そうさに、おもわず店員さんも1000円分ポイント上乗せしてくれたりして。結局固定電話の方のサービスに切り替えたんだ。最初の契約時から考えるともう名字も吉野から増山に変わっているし、住民票も変わってるから、書類も一から作り替えてさ、大変だった〜。でもこれが、ちゃんと自分で獲得した初めてのLAN。うれしいので今夜はもう2時なのにこれから世界と繋がっている感を噛み締めながらビールでも飲みたい気分です。書き込みしてくれた方にもちゃんとお返事を書くので、みんながんがん書いてね。では。ブラボー
[PR]
# by renaart | 2005-02-04 02:24 | Trackback | Comments(6)

洗濯地獄とディズニー祭り

東京都指定特大ゴミ袋2個分の巨大洗濯物群をアトリエ中に干し終わり、この世は洗濯地獄。干す場所を考えてなかったよ。部屋中濡れた服が垂れ下がり、室内湿度は上がるばかりだ。にゃんは今夜ちょっと夜更かししている。ビデオでディズニーのアニメ、「美女と野獣」を見ているから。最近家はディズニーアニメ祭りで、「シンデレラ」「シンデレラ2」「ダンボ」「アラジン」「ピーターパン」「ロマになった王様」「リトルマーメイド」などを毎日ビデオをレンタ ルして見ている。子供用だと思っていたら、結構面白い。特に初期のディスニーアニメは、卓越した画力とストーリーがある。「ピーターパン」のふんわりと 飛ぶその服の具合とか、ピーターパンの筋肉質ですばしっこい動きとか、ある意味レオナルド・ダビンチ。同じ画家として、嫉妬するわ。しかもCGをいっさ い使わないで、一枚一枚手書きと思うと、なんだか泣けてくる。宮崎のハウルの動く城も見たけど、「ピーターパン」に比べたらとてもかなわないね。無駄な 装飾ばかりで、原点が抜けている感じ。なんつうか、ティンカーベルの絵の一枚一枚に魂がこもっていると言うか、ドキドキして書いている感じが、わかる訳よ、見た人にさ。侮れないなーウォルトディズニー。童話って結構毒があってすばらしいわ。最近のはちょっと手を抜いてんじゃないの?と思うけど。アメリ カ資本の縮図という感じで嫌煙してたけどディズニーランドも、行ってこようかな。”母子家庭には年に3度ディズニーランドのチケット3000円分寄付” という暖かい新宿区の制度もあるし。

今日はpoco21の雑誌撮影を行う。近所のママ友MさんとKちゃんとにゃんと。カメラマンは初期桃色ゲリラを追っかけて撮ってくれていた旧友田口マキ。久しぶりにあえてうれしかったな。どんな作品になるか楽しみ。ちなみに3月号のpoco21の表紙イラストは私が書かせていただきました★

3月は北海道の某平和団体の皆さんに桃色ゲリラを招待していただく事になった。1時間半ほどのライブあり、踊りあり、歌あり、芝居あり、ライブペイントあり、演説あり、のミニ芝居を作る事に。台本演出を作らねば。なんだか旅芝居の劇団みたいになってきた。桃色ゲリラは今度、個々のアーティストに焦点を当てて、そのクオリティーを上げていくつもり。そして今回みたいにパッケージで各ジャンルのアーティストを紹介する事が出来たらいいな、と。平和集会で講演といってもだいたい呼ばれる人は限られているし、基本的には喋りが多いから、ニーズはあるかも。エンターテイメントとしてお客さんを楽しませつつ、社会の事を考えるきっかけを訴えていくっていいかも。平和集会だけではなくて、もっとサブカルチャー系のイベントとかテレビなどにも呼んでいただけるとうれしいのだがな。
最近はイラストや絵と同時に「誰かカメラできる人居ない?」とか「ウェブも一緒に作りたいんだけど、誰か紹介してもらえないかな?」と言われ、一つの企画の中に友人を紹介できる事が少しずつ増えてきた。これは貧しき友人たちに仕事を振れるという利点だけではなく、クライアントにとってもまとめて頼むと連絡等が楽だ、という利点がある。しかもちゃっかりマージンも頂いたりしてね。貧民は助け合う、つうか、出来たらみんな売れるといいなあ、もちろん私も。皆さんも絵の仕事、振ってね。桃色ゲリラがこのように総合アート企画としてこのアトリエ猫の家が発展していくとうれしい。別に桃色ゲリラという名前を使わなくても、関わった方々に恩返しが出来るといいなあ。みんなデモとかさ、無給でさんざん私のわがままのために関わってくれてきたからさ。その内、国内だけではなく、「あ、ベルリンの役者でいい人が居るから、この企画は彼でいきましょう。」とか仕事を世界中に拡大していければいいな~。それが世界を愛とアートで繋ぐ!新生 LOVE&ART NETWORK,ことLAN企画。そのためには、個々の芸の質向上!(私含む)

今日はアトリエの2階に住む、Sさんの作った餃子のネタを隣のMさんの奥さんとKくんとにゃんが包んだスペシャル餃子をMさんちで頂く。おいしかったわ~。皮も特注らしく、ぷりっぷりだぁ。ああ、LOCAL AREA NETWORK・・・・・。おやすみなさい。

ちなみに韓国映画「友よ=チング」も見た。今よりちょっと若いチャン・ドン・ゴンのキレた目つきにやられる。”暴力的な韓国人男性”、っていうのは私のトラウマっていうかツボなの。カメラワークも凄い。チャン・ドン・ゴンの最期のシーン、血だらけの顔から、カメラが雨の振る路上に移っていくところなど、もう哲学だね。スタッフがいいんだろうな、現場のテンションも高いんだろうな。
[PR]
# by renaart | 2005-02-03 16:23 | 日記 | Trackback(1) | Comments(16)

山梨帰り

今日は嘘つく日。エイプリルフールだ。年がら年中嘘ついている私にはあまり関係ないけれどね(※入力者注/画伯!そりゃ4月1日)。アトリエで生活を始めてからはや一ヶ月。まだ生活が落ち着いているとは言えない。
腹が立つのはyahoo BBのネットサービス。ADSLを申し込んでから一ヶ月以上になるが、まだ繋がらない。という訳で私はこの遅~いエアーエッジでこの日記を書いている。 しかもサイトにログインできないので、一度じゅりっちにメールで送ってからそのデーターを更新してもらうというややこしさだ。すまぬな、じゅりっち、掃除もろともありがとう。しかもアトリエはテレビが見れないので、私は新宿に住んでいるのに、情報からかけ離れた仙人の隠居生活のようだ。ニュースは銭湯のテレビと電車の中で読む新聞と多田恭子さんの送ってくれるメールのみ。

昨日は山梨の小淵沢にあるフィリア美術館へ行った。去年の2月にPEACE ONの相澤恭行さんと一緒にバクダッドを訪れて持ち帰ってきたイラクの現代アート、LAN TO IRAQの展覧会を企画してもらったのだ。昨日のアートトークには、平日というのになんと50人ほどの人が集まってくれる。先週まで行われていたアートレジスタンスという70名ものアーティストたちによる展覧会が好評で、各メディアが取り上げてくれたためらしい。今回の企画は、アートレジスタンスとの共同企画なのだ。フィリア美術館は渡辺禎男さんの版画展開催中であったのだが、急遽LAN TO IRAQ展を受け入れてくれる事になったのだ。美術館に展示されていたアウシュビッツの中で描かれた絵も、印象に残る。骸骨の絵。死の臭いのする絵。
フィリア美術館の中山しほさんの絵本のようなほんわかした雰囲気も素敵。しほさんはこんなコメントをイラクアートたちに捧げてくれた。
「いい作品というのは、そのときわかろうと思わなくてもいい。その絵を通して見る人が心の中に心情風景を思い浮かべればいい。そして心が苦しくなったとき、何度でもその心象風景を思い浮かべればいい。」反戦運動という枠の中に捕われない、自由な言葉でイラクアートたちを迎えてくれる。

去年イラクを訪れたあの狂気の2週間から一年か。その間に東京、韓国ソウル、沖縄那覇と、イラクのアートとともに相澤さんとよく旅をしていたものだ。我ながらようやった。回りに居てくれた方はその倍、大変だったろうな。そしてだんだんその輪が大きくなってくる事が、うれしい。雪の降る露天温泉にも入って、にゃんも感激。幸せな一日。

今日は坊主頭の編集者Kさんから頼んでいただいた生協の会員雑誌POCO21のイラストを仕上げよう。明日はPOCO21の写真撮影もある。近所のお母さん仲間Mさん親子とともににゃんと親子モデルとなるのだ。何を着ようかな~スニーカーを買おうか。

そういえば皆さん、2月6日(日)NHKの新日曜美術館見てね。今府中で展示されている作品「BOUND WORLD」とともに私のインタビュー映像が放送される予定。イラクのハニ・デラ・アリさんの映像もカットされずに映っているはず!いや、映ってくれ、ふんばれ、NHK!

西新宿にあるICCギャラリーで現在行われている「アート・ミーツ・メディア」という展覧会表の展評も今週書く。ADSLも繋がっていない私にメディアアートを語る資格があるのかは疑問だが、今年はテクノロジーというものにちゃんと向かい合おうと思っている。
桃色ゲリラ VS YAHOO BB!!
増山麗奈NEW画家サイトも現在進行中、寺田さんがいうにはHTMLよりもっとハイテクな、マックでもウインドウズでもnetscapeでもmsnでもsafariでも何でも見れるスタイルでウェブを作ってくれているそうだ。今週第一稿ができるらしい。楽しみだなー。

では作業に戻ります。
[PR]
# by renaart | 2005-02-01 14:02 | 日記 | Trackback(1) | Comments(2)

新しい人生、新しい日記

新しい人生、新しい日記!
アナロジックの寺田氏の絶大な貢献により、なんと、あたらしいブログを開設することが出来ました。
おめでとうございます〜

明日は山梨に行ってきます。
[PR]
# by renaart | 2005-01-30 19:48 | 日記 | Trackback(5) | Comments(3)

インドへのアート発信 出品者募集

インドへのアート発信 出品者募集

インド国際夏期学校コラボレーション企画 インド展示会

あなたも『PEACE Move!』展に出品しよう!

2014年8月8日(金)~10日(日)

am 11:00 - pm 8:00


ガンジーやマザー・テレサの想いを受け継いだインドの人々と広島・長崎そして福島を経験した日本のアーティストが交わるアート展を開催します。

アートをこよなく愛するインドの市民へ向けて、日本から社会を鋭いアートの視点で切り取り平和と自由を表現した作品を募集しています。


出品条件:

 ・平和や人権、地球市民をテーマにした自由な表現

 ・平面作品:複写レプリカ可能(※縦1.5m以内であれば代理運送、販売可能。元の状態での返却は保証できません。

  サイズ大きい作品はご相談下さい。作品現物を展示される場合は、原則、運搬はご自身でご手配下さい。)

 ・映像作品:アートセンターのシアター上映が可能かどうか事務局で検討の上、お断りする場合がございます。

 ・立体作品(インド国際夏期学校ツアーに参加されることをお勧めします。

 ・主催者は、本展の宣伝広報のため、作品撮影し、新聞、雑誌、HPなどへの掲載、放送などを自由に行うことができるものとします。

出品料: 1点 5,000円 + 企業(個人)協賛1枠 5,000円      申込期日: 2014年5月31日  

振込先: ゆうちょ銀行 14140-73978441 口座名 ボーンフリーアートJapan ※他銀行からの場合:店名 四一八 店番 418 普通預金  7397844


[PR]
# by renaart | 2004-04-14 15:55 | Trackback | Comments(0)