地球を楽園にする芸術家・増山麗奈のブログ

renaart.exblog.jp

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈が社会×アートを取材発信します!

【news】バレンタイン・チャリティ展で募金させていただくJVCさんを訪問しました。

2月7日〜14日までネコノマで開催するバレンタイン・チャリティ展で絵画の販売額の一部を募金させていただく募金先の上野のJVC事務所に、WAPAの共同代表である「この指とまれ」事務局の村田訓吉さんと、宮崎和之さん、ネコノマ相方の志葉玲(ジャーナリストです。)と共に挨拶に行ってきました。広報の広瀬哲子さん、パレスチナ事業担当の藤屋リカさん、イラク担当の原文次郎さんとお話しさせていただきました。

とてもスムーズに話を受けてくださり、会期中2月13日にネコノマに来て、ガザについてのミニトークをしてくださることになりました。(ありがとうございます!)
2月13日には、増井彩さん、芸大の大江さんによる音楽バンド、黒田オサムさんのパフォーマンスもあるので、よろしければみなさんバレンタインイブ・イブ午後3時から~はスケジュールあけておいていただけるとうれしいです!
また、JVCのパンフレットやガザのグッツなども展示.販売することになりました。

ガザの状況をお聞きしました。ーーー

●今年5月になってすこし封鎖が緩和し、物資や食料が入るようになったが、物価が高く一般の人は買えない状態
●国連発表の失業率は40パーセントだが、それは週に一日、月に一日現金収入がある人も仕事があるとカウントされてしまうので、体感としては大学教師や医師など特定の仕事以外以外のほとんどの人が定職に就けないという状況である。(工場や畑が空爆で壊されてしまって使えない。人や物資の行き来が限定され経済の動きもストップしてしまう)
7割の人が難民である。しかし親戚通しで支え合うのでホームレスはいない(格差なんて自己責任的な日本とは違う!)
●ガザJVCでは子供たちへの食料支援をしている。

●私達が、戦場で傷ついた子供たちへ、アートでなにか出来る事が無いか模索している、という話をしたら、イラクで子供たちにアートを通じてワークショップをしているJVCの原文次郎さんが席にくわわってくださり、イラクでのワークショップの事を教えてくれました。戦場を体験した子供たちは飛行機というと軍用機しか想像できないそうで、そういう子供たちに「飛行機=外国にも行けるかも、」という夢をプラスして模型をつくってもらったりするそうです。

●仕事の少ないガザでは女性達がフェアトレードの刺繍を行っており、それをJVCを通じて日本で売っているそうです。例えば日本のアーティストがデザインしたグッツを、ガザで刺繍して作ってもらって、それを日本で販売し、雇用を生み出すというアイデアも出ました。
13日により深くトークし合えればと思っています。

●「この指とまれ」の村田さんによって、JVCが事務所を持っている世界6カ国の子供たちに絵を描いてもらって、それをプリントアウトして展示をしたらどうかというアイデアが出ました。

●WAPAがすすめているレイチェルコリー(ガザで亡くなったアメリカの女性活動家)についての絵本の絵を描いてもらうガザ在住の画家シャハッドさんの絵を、JVCオフィスにプレゼントしました。JVCの藤屋さんは3月にガザにいく予定で、ひょっとすると、シャハッドさんにあってきてもらえるかも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シャハッドさんの絵と一緒に。JVCパレスチナ担当の藤屋リカさんと、広瀬哲子さん
c0046559_14414030.jpg

c0046559_14412337.jpg




【WE ART LOVE2011】展

【展示趣旨】今年のバレンタインは、チョコよりアートを送ろう!
      愛を告白するバレンタインにあわせて、
      アートの販売や展示を介して
      戦場のこどもたちに愛を届けるチャリティ・アート展。
【共催】 WAPA ギャラリー「ネコノマ」

【展示期間】2/7〜2/14 午後3時〜午後8時(最終日は午後5時まで)


【場所】 ギャラリー「ネコノマ」
     新宿区富久町33−3ギャラリーネコノマ

【参加アーティスト】 

村田らむ(漫画家・イラストレーター) 東陽片岡(漫画家)山田裕子 アトリエ山田裕子  村田訓吉  
宮崎和之 黒田オサム  佐々木裕司  畭尾かほる   大山結子   伊藤典子  増山麗奈 シャハッド(ガザ在中の画家) 柳 賢男    WAPA(World Anti Nuke Peace Action)  中田舞子   増井彩 
大江晃世(+芸大パフォーマンスグループ) 首藤教之  倉本逸馬  森下泰輔 この指とまれ


【ネコノマからのお願い】
●思った以上に参加していただく方が増え(昨日また二人増えました)、通常のギャラリー空間に加えて、奥にある廊下の一部、庭の一部を改装し、展示可能スペースを増やそうと思っています。基本的には増山麗奈がえっちらおっちらとペンキとのこぎりもって改装する予定なのですが、もし可能ならば、来週14.15.16あたりに少しずつ改装をすすめていこうと思うので、手伝ってくださる方いませんでしょうか?(基本ボランティアだけれど、お礼にご飯を御馳走します!)
もしいらっしゃいましたらいついけるかも含めて増山麗奈(080-6687-4118)までご連絡ください。
[PR]
by renaart | 2011-01-08 14:43

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈が社会×アートを取材発信します!


by renaart