地球を楽園にする芸術家・増山麗奈のブログ

renaart.exblog.jp

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈が社会×アートを取材発信します!

サインについて

このようにいっさついっさつサインとワンポイントアートを描いて、絵本を送ります。そろそろ初版があと30冊ぐらいしかなくなってきました。のこりちょっとです。再版しなきゃ。皆さん、レアものの初版はもう少しですよー。

サインの”レ”のかがみ合わせみたいなものは、 心を蹴っ飛ばして、ま、元気出して、みたいな感じ雰囲気です。

漢字とrenaを併用しているのは東洋出身者である事を誇りに思っている事(現代アートの潮流は西洋だと思われていますけど白人至上主義もどうなのよと思ってます)と、
外国の方にも名前を覚えてもらいたいという意味があります。
年代をサインの下にいれることで、将来なんらか私の絵を買ってくれた人がオークションに出したりする時に、価値と値段があがります。
絵を買ってくれる人に対して、いつかその人がお金に困った時私の信頼を高めておいて、恩返ししたいなという思いで活動しています。

今日は福島のお子さんへお祝いで絵本を送ってくれるという事でそのこの似顔絵を描きました。健康被害も含む描写があるこの本を、どんな風にその子が受け取ってくれるのか、責任重大です。大人の心根は子どもに透けて見えると思うから 誠意をもって描きました。 ものを作る事の重さを感じながら、丁寧に作品を作って届けたいと心の腰紐をキュッと結びます。
[PR]
by renaart | 2013-03-22 13:58

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈が社会×アートを取材発信します!


by renaart