地球を楽園にする芸術家・増山麗奈のブログ

renaart.exblog.jp

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈が社会×アートを取材発信します!

【news】記者会見のお知らせ

年末、一番記者の方が忙しい時に記者会見を兵庫県庁内記者クラブでさせていただくことが決定!担当の産經新聞のうしじま記者、ありがとうございます!

【記者発表のお知らせ】

福島とインドの子ども達が原発について話し合う国際交流企画

-心身ストレスを抱える子ども達がアートで交流!-

日時:2013年12月26日(木)
    午後3時半〜
場所:兵庫県庁記者クラブ
   兵庫県庁内 

記者発表に参加を希望の記者の方は、
担当の牛島記者(産經新聞)090−7880−4926までお申し込みください。

記者会見参加者 /
増山麗奈 (画家・ジャーナリスト) 
YUZUKI (福島から札幌へ避難した12歳) 
りあん (一緒にインドに行く12歳)

福島&インド子どもアート交流プロジェクト進めています。
応援よろしくお願いいたします。
☆全ての子ども達が安心して生きれる社会を☆

https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart 

【兵庫県政記者クラブの皆様へ】

日頃より、市民のためにお仕事してくださりありがとうございます。
私は原発事故による避難で東京から神戸市北区に引っ越してきた画家でジャーナリストの増山麗奈です。

自分自身の体験から、原発事故によって心身に被害を受けた子どもたちへの支援活動を行ってきました。

その一貫として、この冬、福島の子どもやお母さん達とともにインドへ行き、アートによる国際交流を行います。

現在、日本政府はインドと日印原子力協定を結び、インドへ原発を輸出しようとしています。

インドにて児童労働者の支援を行うボランティア団体、ボーンフリーアートJapanは、福島の原発事故を体験した福島の子ども達と児童労働を体験したインドの子ども達が交流するプログラムを12/27~1/6にインド(バンガロール)にて実施します。

現地では、講演会のほか、パブリックスペースで核を乗り越える未来をテーマにした絵画の共同制作、日本とインドの子ども達が多角的な視点で「原発」や「核」という問題についてとらえ、「ヒューマンエラー」で著名なFrying DuchmanのLee Tabascoさんに子ども達への楽曲を提供してもらい、日本とインドの子ども達が歌詞を制作して歌う音楽交流を行います。子ども達の目線で、本当の豊かさとは何か?地球に出来た550基の原発とどう向き合うべきか?皆が幸せに生きるためのエネルギーってなに?ということを考える舞台発表を行うプログラムです。
1月6日には神戸市の元町映画館で帰国報告会を行います。


27日の出国前に、
福島から札幌に避難したゆずきちゃん(12歳)が神戸に来ます。
ゆずきちゃんは「福島原発事故を福島で体験し、仲の良い友達同士が離れなければならない状況、故郷を失う悲しさなど原発についての思いを、福島の子どもとしてインドの人びとに伝えたい。」と今回の企画に参加してくれました。
札幌で福島から避難した子ども達13名でつくったダンスチームの一員として、ダンスを踊る事がいまの一番の心の支えだと言っています。
インドでもダンスを通じて、インドの子ども達と交流を行います。

ゆずきちゃんは兵庫県の記者の方に、顔を出して出国前に思いを伝えたいと言ってくれています。是非福島のお子さんの思いをうけとめていただき、記者会見や報告会にご参加いただけるとありがたいです。


【帰国後の報告会について】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下の報告会を予定しています。

■□■市民社会フォーラム協力企画のご案内■□■

インド福島子どもアート保養 プロジェクト報告会

「インドで体験した事~福島の子どもの目線から」



【日時】 2014年1月6日 (月)  

午後6時30分~午後8時30分 (午後6時開場)

【入場料】 1.000円(資料、チャイ代込み)

【場所】元町映画館2階

神戸市中央区元町通4-1-12TEL&FAX:078-366-2636 

【 出演者 】

増山麗奈 (画家・ジャーナリスト)

YUZUKI (福島から札幌へ避難した12歳/一緒にインドにいく) 

りあん (関東から関西へ避難した12歳/インドに行く12歳)

【主催】ボーンフリーアートjapan

【問い合わせ】080-6687-4118 info@bornfreeart.org

本プロジェクトに関する詳細は、クラウドファンディングサイトでもご覧いただけます。https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart



★ボーンフリーアートJapanとは

インドにあるボーンフリーアートスクール(NGO)では、児童労働のバックグラウンドを持つ子ども達に対し、

音楽やダンス、絵画、彫刻などのアートを通じた教育を行うことで子ども達の社会復帰を支援しています。

当団体は日本からボーンフリーアートスクールの活動を支えると共に、日本の子ども・若者に対してもアートと

平和教育による活動を通じて、子どもたちの権利を守る平和な世界をつくるため活動しています。



【お申込み・お問合せ】ボーンフリーアートJapan http://www.bornfreeart.org/

電話:080-6687-4118  E-mail:info@bornfreeart.org

(事務局住所:大阪市東住吉区南田辺2-2-29(阪口方))





今回の企画に参加する子ども達↓前列右から二人目がゆずきちゃん。


画家・ジャーナリスト
増山 麗奈
info@renaart.com
080-6687-4118
T&F 03-6779-4538
[PR]
by renaart | 2013-12-25 03:56

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈が社会×アートを取材発信します!


by renaart