人気ブログランキング | 話題のタグを見る

地球を楽園にする芸術家・増山麗奈のブログ

renaart.exblog.jp

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈が社会×アートを取材発信します!

Yさんちでいい塩梅。

赤ワインと〜白ワインと〜いろいろ飲んだのね、そんで、食べ物はカルボナーラと、餅のピザと中華丼みたいなものを頂いたの。Yさんちで。PEACE ONのヤッチのアンマン行きの壮行会を開いていたのです。で、其処で結構一杯飲んだので結構へろへろでアトリエに帰ってからまたもう一杯飲んでいます。だからもう今日はいいや、ってことで・・・・・
実は今、結構いい感じで突っ込まれていたので、地震が来たのか、自分がイッタのかよくわかんなかった。もう日記どころでは無いので・・・・・・でわ。
# by renaart | 2005-02-16 04:54
我らがイラク仲間、フリージャーナリストの志葉玲さんが、昨日アチェ取材から帰国した。志葉玲さんには去年イラクへ行ったとき現地を案内していただいたことがある。貴重なイラク仲間であり、その後も何か〜とお世話になっているのである。今回は10日間ほど現地取材を行っていたようだが、志葉さんのブログ現地での最新写真が公開されているよ。是非チェックされたし。と思ってネットで調べてたら、なんと10日、アチェでM6.2の地震が!yahoo newsより
ぎりぎりでしたね!シバ先生!
我らが革命戦士、志葉玲、堂々とアチェより生還!_c0046559_224112.jpg

彼が其処で何を見て何を感じてきたのかは今後まあいろんなメディアとかブログでも公開されると思うのだが、とても興味あるな。
でも津波での死亡者が11万人って!
なんか戦争より、津波の方が破壊力あるんじゃないか?
アメリカ、いっそのこと恐山とかインディアンとかアフリカとかの霊媒師とか、MRマリック(古い)超能力者集めて、攻撃したいところに呪文を賭けて「天災よおこれ〜!!」とか呪った方がいいんじゃないか?ハイテク戦争より、きとう、祈祷。

あ、いや、そんな事しなくとも、環境汚染は日一日、と進んでいるので、気象異状も起こるか、でも、それってむしろ地球に住む全ての生き物が危ないって。自爆テロだわまさに。笑えないところが痛い。

写真は今府中美術館で行われている府中ビエンナーレに私が出展している「ダイイン*私たちの死の演技」に出演してくれた志葉さんの華麗な死の演技写真。撮影はhirA@farcalmさん。ちなみに志葉玲の「しば」は英語にすると「Shiba」じゃなくて「Shiva」 (シァ)。他人から見て”どっちでもいいだろう!”って所こだわる人って、いいなあ・・。靴下のおしゃれって感じで。などと言ってないでもう寝よう。明日こそNHK教育の”おかあさんといっしょ”の時間(=7時50分)に起きようとにゃんと固い約束をし、新しい目覚ましを買ってセットしたのだから。
# by renaart | 2005-02-10 02:45

56平米なのだ!

やったーついに入手した!アトリエの隣の部屋の鍵を。
住居件アトリエとして使うには6畳&4.5畳&2畳のキッチン 風呂なしアパートはちと狭く、
どうしようかな新しい部屋借りようかな、と悩んでいたが、新しい物件は高くて狭い。しかも台所が電気コンロだったりして使いにくそう。でもあんま高い部屋は借りれないしなー。アトリエと遠くなると不便だしなーと思っていたら、隣の住民の方がちょうど出る事になって、アパートの一階部分を占領する事が出来たのです。
壁には今後ぶち抜いて、ドアも一つで内側で行き来出来るようにするのです。
築35年だけあって超がたが来てるけど、広いのはいいよね。
来週から工事を入れてお風呂屋場も改築していれる事になるのですが、うーんまだ見積もりが来てないので怖い。
でもすごいじゃん!都内新宿近辺で4部屋、2キッチン、2トイレ。総平米数56!お風呂も出来るとしたら、贅沢だわ〜★来週から100号ほどの絵の仕事も始まるので、よかったわー。アトリエ猫の家、まさに拡大中〜!たくさん仕事するぞー。
# by renaart | 2005-02-09 16:57

ライブドアと幼児虐待

ほりえもんがニッポン放送とフジテレビを買収?
凄い事になってきたな=。


11ヶ月の乳児をお父さんが殺した?またかよ。夜中ぐずる子供を殴ってしまったらしい。
ほんと殺伐としておるな。
昨晩はニャンも泣きじゃくりまくり、くずって居たので、人の事とは思われん。
でも子供は、言葉うまく使えないから、泣くとか、叫ぶとか騒ぐ、ということで自分を表現しているのだ。そうしなければパンクしちゃうのだ。だから、親は、それを受け止めるしか無いのだ。そんなとき、私はお母さんが子供だったころの私にしてくれた事を思い出す。ちゃんと叱ってくれたり、トイレで殴り合ったり、宿題をやらなかったとき包丁を持って「宿題をやらないなら、私を殺してから家を出て行きなさい!」と玄関に正座してたな。
おそらく母は私に本気で向かってくれたんだろうな、と。そしてそれは結構大変だったろうな。そして昔の彼氏の事を思い出す。ヒステリーとか鬱とか不安定な私と向かい合ってくれてたよな。と、人はいろいろな感情を持った生き物なのだから、誰かを愛するという事は、そのすべてを受け入れなければいけないという事だ。それは大変だけど、都合のいいきれいなところだけ受け入れるという訳にはいかない。ちゃんとこの子と向かい合おうと思う。でも二人だけだと多分息が詰まるから、いろいろな人にちょっとずつだけでも助けてもらおう。
おそらく「家」という個室の中で、多くのお母さん、お父さんは子供と向かい合って追いつめられていくんだろうな。昔はそれを共有する「隣近所」というチェック機能を持った共同体があった。でも、今は「隣に誰が住んでいるか分からない」世界に突入している。
新宿富久町にはまだ隣近所がある。アトリエの上にすむSさん一家も、ちょっとうるさいなーと思う事あるけど、「にゃんちゃんママ、布団干しっぱなしよ。」とか隣のSさんも「増山さん、自転車のカゴにお財布入れっぱなしだよ。(だめじゃん)」とか「きのうはニャンちゃん大丈夫だった?」とか声をかけてくれる。
加藤散人も、多くの友人も、すこしずつ心配してくれる。
皆さんの好意に甘えて、追いつめられないように、しよう。
昨日は都内の某高級住宅地に住む旧友のセレブママ友Xが築35年の豚小屋アトリエを訪れた。Xの旦那は外国の保険会社の社員。「あーらー!ルーマニア難民の窠かと思ったわ。ここ、本当に、東京?」と言いながら、ヒアシンスの鉢をプレゼントしてくれた。時々水をあげたら、もうすぐ奇麗な花を咲かせるらしい。「麗奈、あんた、いつまでもこんなとこで暮らしてたら、にゃんぐれるわよ。ドラッグに走るわよ。賭けてもいいわ。」私は水あげるのとか超苦手なのだが、そうも言ってられん。何となくこの花を咲かせられるかどうかで、「億稼ぐ」そして「ニャンを守る」夢を実現させられるかどうかが試されている気がする。愛と水を与えて、きれいな花を咲かせますよ〜。
にゃんと、花を咲かせる事を約束すると、眉を歪ませて「ママ、約束、守ってよ」と睨まれる。くぅ〜ママがんばるっす。
ライブドアと幼児虐待_c0046559_1274820.jpg
# by renaart | 2005-02-09 11:36

増山麗奈VSテクノロジー!

明日発売のしんぶん赤旗の朝刊に、私の書いた展覧会評が掲載されます。
これがけっこう魂込めて書いたので、皆さん是非買って読んでください。
テーマは「テクノロジーとの共存を探る」。ブログでは見れない、私のマジメーな面が垣間みれますよ。なんと原稿とともに、私の写真ものせてくれるそうだ。うーん、文化部のNさん、愛をありがとう♥目立ちたがりやだからうれしいわ。

現在東京のICCギャラリーで行われている「アート・ミーツ・メディア」という展覧会について書いた文章。このテーマは以前から興味があったところで、作品の中や、「桃色ゲリラ」を始めたきっかけもその中に含まれている。
戦争だの政治だのアートだので戦っている人たちを見ていて、「戦うべき相手と思っているところが、もう古いんだよなー。」とずっと思ってたのだ。

今、このブログページを覗いていくれている諸君!本当の戦うべき相手はあなたの見ているその液晶画面の中にいるのだよ。ついネットをしちゃう、ネット社会に依存しているあなたの中にあるといってもいい。2ちゃんねるなんかで見られる、あの変な文体”(笑)”とか、あのものすごーく意地悪な気持ちを顔の見えない相手にぶつける気持ち悪さ、とか、そういうもの、機械の発達とともに人の中に浸透していく、あの気持ち悪さの集団制。それこそが、真の敵なのだ、と。そしてそれを誰かものすごいお金持ちな人が取り仕切っていると。その下で無数の名も無き人たちが労働し、搾取され、快楽とともに消費されて、捨てられていく、と。そういうシステムこそが、真の敵だと思うのですよ。そのシステムはもう巨大になりすぎて、そして知らない間に浸透しすぎて、もう誰もそのシステムから逃れられない。

赤旗の原稿にも書いたが、1989年、初期メディアアートの巨匠、ジェフェリー・ショーが《レジブル・シティ》を発表した年に、昭和天皇が死去し、天安門事件が起こり、ベルリンの壁が崩壊した。そして時を同じくして、任天堂のファミリーコンピューターが発売された。どれが一番大きな事件なのか、って話ですよ。

このICCの展覧会、かなり見るべきものがある!是非、要チェックです。展覧会の開催中、同じチケットで2回入れる、という小技も効かしているし。一度は本命と、2回目は、浮気相手と、というのもおつでしょう。

ちなみに!今年の増山はテクノロジーとけんかするのではなくて、その神髄に近づいていく、と言うのが目標なのでありますが、analogicさんに作っていただいた増山麗奈新WEBサイトには見えないテクノロジーがひじきおにぎりの中のひじきのようにマブしてあります。

ーーー(麗奈サイトが強い理由)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、SEO対策
  ・HTMLタグ内のキーワード、説明文の記述
  ・ページタイトルの精確な記述とサイト内での表記の統一
  ・リンクの文言とリンク先のページのタイトルの統一
  ・画像文字のALTによる代替えテキスト情報の記述
  など、SEO(Search Engine Optimaize)つまりサーチエンジン対策がかなり施されています。これにより、通常のWEBサイトよりもさらに検索エンジンで上位に表示される可能性が増します。

2、アクセス解析
  Diary、BBS以外の全ページにアクセス解析プログラムを設置していますので、 閲覧者がどのような経路を辿ってページを見ているか、また、どのページが人気があるのか、などの情報が把握できます。他にも特定ユーザーの追跡(どのようなページをどれくらいの時間見ているか)やリピーター比率(2回目以上訪問してくれている人の数)の確認や、国別、都道府県別、組織別、時間別、週別、月別、利用しているパソコン別など、詳細なアクセス数やユーザー数の統計が確認できます。また、どのサイトからリンクを辿って来たか、また、どの検索エンジンを使って、どのような検索キーワードで辿って来たのか、という統計も確認できます。

3、動的ページ
  ブラウザでデータを編集することで、即座にWEBサイトの内容が更新可能なシステムを実装。トップページ上部のニュース欄とNewsページの全文がこの機能の対象です。

4、掲示板
  この掲示板は誰かがメッセージを記入すると麗奈さん宛にメールでメッセージが届く仕組みになっています。

5、コピーガード
簡単にはウェブ上にアップされている文章や画像がコピーできないようになっている。作家の著作権を守る為にも必要なことだ。

6、XHTML + CSS
  「画家 増山麗奈 公式WEBサイト」は
  World Wide Web Consortium (W3C) というWorld Wide Webで使用される各種技術の標準化を推進するために設立された非営利団体が策定している世界標準の仕様書に準拠したXHTMLとCSSによって記述されています。そのため、現在普及しているブラウザはもちろん、今後未来の世界で現れる可能性のある新型ブラウザでも、きちんと「文書」として閲覧することができます。

この技術は大手に限ってまだ普及していません。なぜなら大規模なサイトをまるとごこの新しい技術に変えるのには大変なコストがかかるためです。yahooや、ライブドア、Inforseek、Goo、楽天市場などもどれもXHTMLどころか、古いHTMLとしてもまともに記述されていません。ほんとにどれもこれもエラーだらけなのです。

▼画家「増山麗奈」WEBサイト(旧版)
http://validator.w3.org/check?uri=http://www.gameni.org/renaart/
↑文字コードに問題があり、検証そのものができず、
 まず、通常の文字コード(S_JISなど)に手動で変換する所からはじめます。

▼画家「増山麗奈」公式WEBサイト(新版)
http://validator.w3.org/check?uri=http://www.renaart.com/
↑完璧なXHTMLで記述されていると、こうなります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すごいねー寺田君!そしてanalogic!!
この時代に戦っていくには、ただ路上でギター片手にフォークを歌っているだけじゃだめなんだ。悲しいかな、そうなんだよ。これも、愛だね♥テクノロジーラブ♥今までそういう愛し方をしてくれた人って、いなかったんだよ。だから私は這いずり回った。長らく地下を這いずり回っていたんだ。地下も居心地のよいものではあった。其処に居た人達はとても良い人達であった。でもね、良い人なだけじゃだめなの。それだけじゃぁ濡れないの・・。強くて危険な男が好きなの。・・・つうか自分で稼ぐの。うん、あたしアートで、億稼ぐ!そしてシステムを変える!いままで私を愛してくれた人たちから滲み出ていた声を形にする為にも。何よりにゃん守る為にも。寺田君の愛に、答える。今年は、めちゃくちゃ愛して愛されるわ★
っていうか、yahoo,もライブドアもまだHTMLなんか使ってるのぉ!?あーりーえーなーいー!!つーか遅れてる〜!!

という私のアトリエ「猫の家」では昨晩初めてテレビのコードがテレビデッキに接続された。
だって、よくわかんなかったんだもん。屋根からぶら下がっているあの黒いコードに、電波の粒が潜んでいたとは。アトリエの裏にすむ奥様Mさんからコードもらって、初めて試したの。ここ借り始めてから3年ぐらい経つけど、テレビが通ったの初めてよ。もう、「ニュースステーション」も「徹子の部屋」も「笑っていいとも」もリアルタイムで動画配信だよ!!なんだか進んでんだか遅れてんだか。
# by renaart | 2005-02-08 14:50

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈が社会×アートを取材発信します!


by renaart