人気ブログランキング |

地球を楽園にする芸術家・増山麗奈のブログ

renaart.exblog.jp

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈が社会×アートを取材発信します!

タグ:辺野古 ( 4 ) タグの人気記事

「辺野古にいる鬼をやっつけよう!」

1月24日、沖縄県名護市の辺野古では厄払いの餅(ムーチー)が、基地反対を訴える市民に振る舞われました。沖縄では一月下旬から二月上旬、厄払いのためにお餅(ムーチー)を食べる風習があります。蒸かしたサツマイモに、餅粉を混ぜ、黒糖で甘く調理した餅を、殺菌効果が高いと言う月桃の葉でくるんで蒸す。妹の鬼退治伝説が由来です。朝から浜辺で女達が数百個のムーチーの準備をします。「本当は孫にも作ってあげたいけど、辺野古の座り込みがあって家に帰れないよ」と地元のおばあちゃん。1月15日に政府が強行した辺野古新基地工事の抗議活動で、24時間態勢で数百人が座り込み抗議を続けています。そんな中、多くの市民が警察や海上保安庁による”過剰な警備”によって骨折などの暴力を振るわれています。

辺野古が普天間基地の新基地移転計画が起こったのは97年。住宅地に近い普天間基地で米軍による婦女暴行事件がおき、その移転先として名指しされたのです。以後18年間、市民が反対の声をあげてきました。70年前県民の四人に一人が亡くなった壮絶な地上戦の後、国土の0.6%の沖縄には国内7割を超える米軍が駐留し、21万件もの犯罪(レイプ、暴力など)を繰り返してきました。「沖縄は基地に経済的に頼っている」と誤解している人も多いですが、1950年代には50%を超えていた県内基地経済が今は5%。アジアの主要な都市から2時間で着くリゾート地として過去最高数705万人の観光客が国内外から沖縄に訪れます。辺野古沖では貴重なジュゴンが見つかり、自然保護の観点からも注視されています。そんな背景があり、昨年の名護市長選、沖縄県知事選、衆院選で基地反対派が勝利し圧倒的な民意を見せつけました。その声を無視する形での強行工事だったのです。

c0046559_17182391.jpg

 

ゲート前に資材が運ばれる瞬間に立ち会いました。米軍基地内から200名を超える沖縄県警が出てきて、道路を封鎖。250名ほどの市民が警察の壁を越え、資材トラックを積んだトラックの前で搬入を防ごうとすると、力づくで警察が市民を排除します。豊見城市から来たYさんは右手第一関節の伸筋断裂で全治4週間の怪我をおいました。名護市議の翁長久美子さんは、警備員に腕を救われている間に殴られ、肋骨を骨折しました。映画監督の影山あさ子さんも、海上の舟で海保にカメラを奪われそうになり、馬乗りになられるなどの被害を受けています。

「本来は私たちが攻撃の対象になる事自体がおかしいんです」と稲嶺進名護市長は語ります。どうして民主的な選挙で出した辺野古反対という民意が、市民を守るための警察によって、踏みにじられなければならないのでしょう。


 ちなみに辺野古基地建設費用はすべて日本政府が負担しています。官僚や憲法の上に米軍が君臨する。そんな日本の歪んだ状況をあぶり出しているようです。「辺野古の鬼」は見て見ぬ振りをしてきた私たち自身かもしれません。



by renaart | 2015-02-02 17:13 | 沖縄 辺野古


1月23日、私が辺野古に行ったとき代表の山城博治(沖縄平和運動センター議長)が
皆がいた所から30メートルほど離れた場所で
10分間ほど10人ほどの警察に取り囲まれていました。
その後、
24日 オール沖縄議員が海上保安庁本部高橋博美次長に抗議。
26日 翁長県知事が海上保安庁本部高橋博美次長と沖縄県警に注意。

などが行われた後も

28日 沖縄県警は、山城さんを20分キャンプシュワブゲート前で拉致、隔離したそうです。

警察に囲まれていたとき、山城さんは腕一本警察に触らず、下を向いていました。
少しでも触れば、公務執行妨害の罪で逮捕される可能性があるからでしょうか。

アブグレイブ刑務所で行われた屈辱的な拷問を思い出します。
周りに10名以上の警察に取り囲まれ 隔離される
このような状況が、どのぐらい 人を精神的に疲弊させるでしょうか。
これが”正当な警備”でしょうか !?

山城さんが隔離されているため、現場の指揮をとるひとがいなくて、
けが人が増えているそうです。

警察のやり方に怒り心頭です。人権侵害です。
法律的には 日米安保条約は憲法より下。
日本は占領国じゃないはず
なんで警察は国民じゃなくてアメリカ軍を守るんだろう。

もう戦後70年経ってる。

外国人基地は国外に出て行くべきだ。

国民ではなく外国人部隊を守るための政府なら、いらない。


by renaart | 2015-02-02 16:44
c0046559_20412046.jpg1月23日、沖縄の那覇の第十一管区海上保安本部に対し、米軍基地の移設計画が進められている沖縄県名護市辺野古湾岸部で、市民による抗議活動を海上保安庁が暴力的な排除をしていることについて、沖縄県選出の国会議員らが「過剰な規制だ」と抗議要請文を提出した。
集まったのは糸数慶子参議院議員、照屋寛徳衆議院議員、玉城デニー衆議院議員、仲里利信衆議院議員、赤嶺政賢衆議院議員、合計5名の国会議員だ。

「政府は県民の8割が反対している中、1月15日から辺野古基地の工事を再開している。名護市長選、沖縄県知事選、衆院選すべての選挙で辺野古基地反対の候補が当選した。政府はその事を真摯に受け止め、速攻基地建設を断念すべきである。
 
 また反対する住民を威嚇して行われる過剰な警備により、現地では肋骨を骨折するなどの怪我が相次いでいる。
今の過剰な警備を続行する事は危険性を高重大事故に発展する恐れがある」
との要請文を玉城デニー議員が読み上げた。

 抗議文の提出は当初建物内部で行われる予定だったが、取材陣の同行を海上保安庁側が断った事から、照屋寛徳議員が「マスコミ排除は国民の知る権利を奪う。報道の自由は民主主義の原点だ」と反対し、マスコミも同席できる一階入り口付近での申し入れとなった。


当日の現地新聞、琉球新報には、現地で取材を続けるジャーナリストの影山あさ子さんが、海上保安庁に馬乗りにされた5枚連続の写真が掲載されていたのだが、赤嶺政賢議員はその写真をiPadで海上保安庁の担当課長に見せ、

「これが正当な規制なのか」(赤嶺)
「女性がこのような暴力を受けてどのような気持ちになるかわかるんですか」(糸数)
「海保は最初、彼女の持ったカメラを奪おうとしたそうです。ジャーナリストにとって命よりも大事なカメラを奪うとはどういうことなんですか」(玉城)
と追求した。

 「暴力をふるう海保は特定の数人」「県内の人間ではなく、本土から来た暴力的な人物ではないかと市民から指摘されている」と議員らは担当者の名簿提出を海上保安庁に求めたが、海上保安庁から具体的な返答はなかった。

 沖縄では表現の自由、市民が弾圧されない自由、当たり前に生きる権利を剥奪されている。 しかし、沖縄にはあきらめずに声を上げてくれる市民や地方議員、国会議員がいて、そこで真実を伝えようとするマスコミの姿がある。
 ペンやカメラに権力の暴力が行われたときは、国会議員が結集し抗議する、互いの信頼関係に基づいた熱いつながりがある。

「報道とは何か」「政治とは何か」失われてしまった当たり前の事を、取材をするたび、沖縄で教えていただいているような気がする。
日本の民主主義は沖縄から始まるのかもしれない。

 沖縄のニュースはなかなか本土で取り上げられる事が少ない。
しかし、戦争への法整備を急ぐ安倍政権の暴走を止めるためにも沖縄は注視すべきだ。安倍政権は対イスラム国対策として、自衛隊海外派兵の可能性をにおわせはじめた。現在進行中の米軍基地新設の辺野古は、”集団的自衛権のため”自衛隊が米軍とともに海外の戦地へと飛び立つ最前線になるかもしれないのだ。

全国から「沖縄の辺野古基地強行をやめて!」「海保や警察は暴力をやめて!」と声をあげよう。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-237757-storytopic-3.html


by renaart | 2015-01-26 20:39 | 沖縄 辺野古
沖縄琉球放送で、増山麗奈が撮影を行ったキャサリン・ジェーン・フィッシャーさんのドキュメンタリー映像制作が紹介されました。
放送された映像↓

by renaart | 2014-11-10 17:00 | テレビ、ラジオなどメディア情報

画家・ジャーナリスト・映画監督の増山麗奈が社会×アートを取材発信します!


by renaart